ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929277 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

親不知から栂海新道を経て朝日岳へ

日程 2016年07月15日(金) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー motoius
天候曇り〜晴れ〜雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
東京〜糸魚川〜親不知
蓮華温泉〜糸魚川〜東京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間41分
休憩
10分
合計
12時間51分
S親不知栂海新道登山口05:0906:35入道山06:47二本松峠07:54尻高山08:27坂田峠12:13白鳥山避難小屋12:2314:05下駒ケ岳15:00菊石山18:00栂海山荘
2日目
山行
10時間20分
休憩
15分
合計
10時間35分
栂海山荘06:1006:20犬ヶ岳08:14サワガニ山09:42黒岩山13:45長栂山14:44吹上のコル15:45朝日岳16:0016:45朝日小屋
3日目
山行
8時間15分
休憩
0分
合計
8時間15分
朝日小屋05:3006:48朝日岳07:17吹上のコル13:20蓮華温泉キャンプ場13:45蓮華温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段の危険個所なし
その他周辺情報帰りの蓮華温泉が気持ちよかったですが、日焼けで腕が痛かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ
備考 15年愛用した靴が途中で壊れてしまいました。手入れを怠っていたわけではないですが、事前の点検は入念にしたほうが良いですね。

写真

親不知の海岸です。親不知観光ホテルのわきから下っていきました。
2016年07月14日 16:27撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知の海岸です。親不知観光ホテルのわきから下っていきました。
朝日岳山頂で。海岸から約2,400m登りました。
2016年07月16日 15:43撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂で。海岸から約2,400m登りました。
撮影機材:

感想/記録

 このコースは距離、行動時間が長くなるため、余裕を持った行動が必要と考えます。初日は当初、11時間から12時間くらいの行動を予想していましたが、思いのほかスピードが上がらず、栂海山荘まで約13時間の行動となってしまいました。幸い天候は曇りからガス、最後の1時間は雨で、気温があまり上がらなかったことから、あまり暑さを感じなかったのは幸いでした。2日目は黒岩平あたりから良い天気で、気持ちよく行動できましたが、やはり行動時間は10時間半とかなりの長時間となりました。
蓮華温泉への下りは、およそ8時間半でしたが、大雨の中の行動となり、沢をいくつも越えなければならないため、大変怖い思いをしました。これまで幾多の雨の中での登山を経験しましたが、沢で怖い思いをしたのはこれが初めてでした。
 トラブルですが、1日目の栂海山荘到着直前に登山靴の左のソールが剥がれていることに気づきました。しかしながら、その時点ではもはや引き返すこともできず、栂海山荘で応急修理をして、翌日何とか朝日小屋までたどり着いた次第です。幸い朝日小屋で替えの靴を購入できたことから、蓮華温泉まで無事下ることができましたが、あのまま靴が壊れてしまったらどうなっていたかと思うと怖いですね。朝日小屋の清水さん、お世話になりました。ありがとうございました。
 
 
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ