ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929312 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王連峰 雲上散歩

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー kei737
天候晴れ 稜線上は、たまにガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蔵王温泉街 祓川登山口の近くに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
14分
合計
8時間51分
S祓川コース登山口06:1108:46ワサ小屋跡分岐09:07熊野岳09:0809:16熊野十字路分岐09:22馬の背分岐09:31馬の背10:02蔵王レストハウス内避難小屋10:0810:22刈田岳10:2310:43馬の背10:4410:52馬の背分岐11:01蔵王山11:0211:09熊野岳11:1011:24ワサ小屋跡分岐11:36地蔵山12:25蔵王地蔵尊12:2812:57樹氷の家13:23ドッコ沼13:40中央高原駅15:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況 祓川登山道は刈り払いされていて歩きやすかったです
登山ポスト 見当たりませんでした
気象庁火山情報 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/212.html
その他周辺情報蔵王温泉 http://www.zao-spa.or.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口を探すのに手間取りましたが、ほぼ予定の時刻に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口を探すのに手間取りましたが、ほぼ予定の時刻に到着
ゲレンデ脇の祓川登山口から入山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ脇の祓川登山口から入山
蔵王の西斜面なので日射しがまだ届いてません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王の西斜面なので日射しがまだ届いてません
林は薄暗いですが上空は青空っぽい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林は薄暗いですが上空は青空っぽい
鳥兜山のロープウェイ駅が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥兜山のロープウェイ駅が見えました
花がちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花がちらほら
治山堰堤が現れたと思ったら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治山堰堤が現れたと思ったら
その上を渡って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上を渡って行きます
竜のような雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜のような雲
姥神の標柱を過ぎると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥神の標柱を過ぎると
突然車道に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然車道に出ます
三方荒神山
右の四角いのがそう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方荒神山
右の四角いのがそう?
こんどはスキーゲレンデに飛び出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんどはスキーゲレンデに飛び出ます
ゲレンデはお花畑でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデはお花畑でした
花弁はまばらになってましたがアップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花弁はまばらになってましたがアップで
1
花の奥の標識あたりから再び山に入っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の奥の標識あたりから再び山に入っていきます
しかも、壁のような階段で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも、壁のような階段で
開運弁財天さま〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開運弁財天さま〜
地蔵山へのロープウェイの下を通過中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山へのロープウェイの下を通過中
大黒天さまはいらっしゃいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒天さまはいらっしゃいました
アキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
1
朝露に濡れたヤマハハコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝露に濡れたヤマハハコ
いろは坂からの道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろは坂からの道と合流
御田神を過ぎると見晴らしが開けてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田神を過ぎると見晴らしが開けてきます
青空の下、目指す熊野岳が現れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、目指す熊野岳が現れました
葉はオオカメノキの様ですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉はオオカメノキの様ですが…
吾妻連峰、朝日岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻連峰、朝日岳方面
1
日差しは結構強いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しは結構強いです
危険地帯を通過します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険地帯を通過します
特徴的な雲がいろいろ現れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴的な雲がいろいろ現れます
地蔵山の下をトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山の下をトラバース
鞍部で地蔵山からの道と合流します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部で地蔵山からの道と合流します
ちょっと怖いお顔の神様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと怖いお顔の神様
歩きにくい石畳が熊野岳十字路に向かって延びています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい石畳が熊野岳十字路に向かって延びています
地蔵山方向を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山方向を振り返って
仙台方面は雲の下ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙台方面は雲の下ですね
1
山頂への近道の表示が!
もちろんそちらへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への近道の表示が!
もちろんそちらへ
山頂に向かって直登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向かって直登
蔵王山神社のすぐそばに到着です
蔵王温泉から3時間でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王山神社のすぐそばに到着です
蔵王温泉から3時間でした
山頂は広いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広いです
広い尾根をまっすぐ延びる天空の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根をまっすぐ延びる天空の道
馬の背の奥に刈田岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の奥に刈田岳
1
ここから先、避難方向が細かく表示されています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先、避難方向が細かく表示されています
迫力ある熊野岳のカルデラ断崖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力ある熊野岳のカルデラ断崖
夏雲がムクムクと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏雲がムクムクと
レストハウスに寄ってみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウスに寄ってみました
目的は…
ずんだだんご 1パック2本入り300円也
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的は…
ずんだだんご 1パック2本入り300円也
1
多くの観光客で賑わう刈田岳山頂の神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの観光客で賑わう刈田岳山頂の神社
気温は22℃
超快適です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は22℃
超快適です
蔵王山メートル指導標なるものが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王山メートル指導標なるものが
こちらは山頂の石柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは山頂の石柱
山頂の石碑と一緒に撮っていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の石碑と一緒に撮っていただきました
結局、ガスで刈田岳からはお釜が見えず
熊野岳に向かう途中から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、ガスで刈田岳からはお釜が見えず
熊野岳に向かう途中から
青なのか緑なのか
複雑な色でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青なのか緑なのか
複雑な色でした
1
やがてガスに包まれゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがてガスに包まれゆく
正面に左上の熊野岳山頂へ至る道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に左上の熊野岳山頂へ至る道
刈田岳はすっかりガスに包まれてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳はすっかりガスに包まれてしまいました
夏雲をバックに蔵王山神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏雲をバックに蔵王山神社
1
ここでも記念に撮っていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも記念に撮っていただきました
3
熊野岳山頂
標高1,840m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳山頂
標高1,840m
荒れてきた雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れてきた雲海
石垣で囲われたお社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣で囲われたお社
熊野岳を後に、ワサ小屋跡まで戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳を後に、ワサ小屋跡まで戻ってきました
来た道を帰るのでは芸がないので
地蔵山〜ドッコ沼経由で下山することに決めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を帰るのでは芸がないので
地蔵山〜ドッコ沼経由で下山することに決めました
地蔵山山頂
標高1,736m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山山頂
標高1,736m
時間もちょうどいいので昼食にします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間もちょうどいいので昼食にします
今日のメニューは
キノコのパスタとコーヒー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のメニューは
キノコのパスタとコーヒー
ここではセルフタイマーで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここではセルフタイマーで
ロープウェイの地蔵山頂駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの地蔵山頂駅
地蔵山
左にトラバースルートが見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山
左にトラバースルートが見えます
樹氷原コースをざんげしながら下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷原コースをざんげしながら下ります
こんなゲレンデがはるか下まで延びてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなゲレンデがはるか下まで延びてます
途中から右に折れ、針路を鳥兜山方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から右に折れ、針路を鳥兜山方向へ
ドッコ沼はあの尾根の向こう側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドッコ沼はあの尾根の向こう側
人の生活が感じられるゾーンに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人の生活が感じられるゾーンに
片貝沼が近いのですが今回はパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片貝沼が近いのですが今回はパス
車道を横切ったり並走したり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を横切ったり並走したり
ドッコ沼が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドッコ沼が見えてきました
この辺りは車道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは車道を歩きます
水神様の石碑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神様の石碑
神秘的なドッコ沼
標高1,264m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神秘的なドッコ沼
標高1,264m
1
眺めていると心が落ち着きますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めていると心が落ち着きますね
2
ドッコ沼の謂われ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドッコ沼の謂われ
中央高原駅からゲレンデ沿いに直滑降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央高原駅からゲレンデ沿いに直滑降
間もなく右の登山道に入るのですが、あやうく通り過ぎるところでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく右の登山道に入るのですが、あやうく通り過ぎるところでした
ここからは枝葉が伸びて鬱陶しかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは枝葉が伸びて鬱陶しかったです
温泉街も近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街も近い
左の電柱の辺りから下山しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の電柱の辺りから下山しました
酢川温泉神社の薬師堂
膝の痛みが和らぎますように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酢川温泉神社の薬師堂
膝の痛みが和らぎますように
待ちくたびれた相棒発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ちくたびれた相棒発見
帰り支度をしていると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り支度をしていると
近くのホテルの看板犬のゴマちゃんが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くのホテルの看板犬のゴマちゃんが
やっとカメラを向いてくれたゴマちゃん
可愛いね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとカメラを向いてくれたゴマちゃん
可愛いね
蔵王温泉 上の湯で汗を流しました
入浴料金 200円
この湯の衝撃的な凄さは翌朝実感することに!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王温泉 上の湯で汗を流しました
入浴料金 200円
この湯の衝撃的な凄さは翌朝実感することに!
1
入浴心得
石鹸など不要です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴心得
石鹸など不要です
さて、帰りますか
W8ちゃん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、帰りますか
W8ちゃん

感想/記録
by kei737

宮城に赴任して初めての百名山は蔵王山です。なかなかタイミングが合わなかったのですが梅雨の終盤の天気が良さそうな週末を選んで登ってきました。蔵王は宮城と山形をつなぐ蔵王エコーラインという山岳道路が通じていて車を利用すると簡単に山頂に行くことができるのですが(実際に行ったのですが)歩いて登るのならばリフトを使わないことにして蔵王温泉から登ることにしました。
祓川登山口からワサ小屋跡の手前までは時々スキーのゲレンデを横切ったりリフトの下を通ったりしながら、蔵王西斜面の樹林帯の中を快適に高度を上げることができました。ワサ小屋跡手前で視界が開け蔵王連峰最高峰の熊野岳が現れました。遠くには吾妻から朝日連峰に至る峰々が雲の上に頭を見せていました。ワサ小屋跡からは澄み切った初夏の青空の下、景色を堪能しながらの稜線歩きを満喫できました。熊野岳に到着するあたりからハイカーが多くなり、その人気ぶりが伺えます。山頂を極めた後はお釜を眺めながら刈田岳の蔵王嶺神社を目指しますが、空腹の誘惑に耐え切れず観光客で賑わうレストハウスに立ち寄り「ずんだだんご」を購入。最初は、?と思ったずんだですが今はなぜか病みつきです。刈田岳の山頂は風もなく22℃と快適な気温でしたが、宮城側から沸いてくるガスのせいでさほど遠望はありませんでした。ガスに包まれゆく山頂を後にしてワサ小屋まではほぼ往路を辿り、分岐から地蔵岳に向かいました。刈田岳や熊野岳と違って静かな地蔵岳山頂でランチを済ませ、ロープウェイ駅まで下り、ゴンドラの甘い誘惑を振り切ってドッコ沼を目指します。ここからは一人静かな山歩きだったのですが、膝痛が出てきて下山できるか不安になりながらもなんとかリフトのある所まで下ることができホッとしました。宮本輝の小説「錦繍」の舞台のひとつであるドッコ沼を通過し、膝をだましだましなんとか登山口まで辿り着くことができました。
楽しみにしていた蔵王温泉で汗を流し(というか、それ以上に一皮むけたのではないかというくらい強烈なお湯でしたが)、まだ初夏の日差しが眩しい峠道を、Wを駆って帰りました。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ