ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929414 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

北アルプス西穂高岳登頂2days(モンベルイベント)

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー SHOHEI510205, その他メンバー4人
天候7/30 雨/曇, 7/31 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
■7/30
07:05 バスタ新宿 → [高速バス] →12:55 平湯温泉(1時間20分程遅延)
13:50 平湯温泉(10分程遅延) → [路線バス] → 14:20 新穂高RW
ロープウェイ往復: 2,600円 (モンベル会員割引)
荷物運賃(6kg以上)往復: 300円

■7/31
11:30 新穂高RW → [松本行急行バス] → 12:00 平湯温泉
16:00 平湯温泉→ [高速バス] → 22:00 バスタ新宿(1時間30分程遅延)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
55分
休憩
1分
合計
56分
S西穂高口(千石平)15:0515:30旧ボッカ道分岐15:3116:01西穂山荘
2日目
山行
5時間24分
休憩
1時間21分
合計
6時間45分
西穂山荘04:0104:16西穂丸山04:58西穂独標05:0805:40ピラミッドピーク05:4705:59チャンピオンピーク4峰06:0206:33西穂高岳06:5207:43チャンピオンピーク4峰08:00ピラミッドピーク08:0308:29西穂独標08:3909:10西穂丸山09:23西穂山荘09:5110:24旧ボッカ道分岐10:2510:46西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
独標〜山頂間の岩稜地帯は難所として知られていますが、ホールド&スタンスが豊富なので、マーキングを見落としてルートから外れなければ(上級者コースとして)難しくないはず。
ここ最近でも、ピラミッドピーク(8峰)から9峰の区間にて下山中の事故が多発しているそうです。実際かなり急峻でトラバースするように進む岩場があるので核心部と言えるかも。
個人的に一番緊張したのは西穂山頂直下の岩場の登り降り。下から見上げると巨大な滑り台のように見える急斜面では下山時にスタンスが取りにくく、上からはマーキングも見えにくいので神経を使った。すれ違いも困難。
その他周辺情報平湯温泉バスターミナル3Fにて日帰り温泉あり(600円)。
休憩所もあるので、帰りの高速バスの待ち時間の間に丁度良い。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ガスストーブ ヘルメット ハーネス 安全環付きカラビナx2

写真

平湯温泉バスターミナル到着。
2016年07月30日 12:55撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯温泉バスターミナル到着。
路線バスでRW新穂高温泉駅に到着した頃には強い雨。
2016年07月30日 14:22撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路線バスでRW新穂高温泉駅に到着した頃には強い雨。
第2RWで移動中。雨は降っているが眺望はそれほど悪くない。
2016年07月30日 14:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2RWで移動中。雨は降っているが眺望はそれほど悪くない。
RW西穂高口駅4Fの出入り口。すぐ隣に水場あり。
2016年07月30日 15:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW西穂高口駅4Fの出入り口。すぐ隣に水場あり。
登山道入口の登山届出所。
2016年07月30日 15:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口の登山届出所。
雨は降り続いているが、西穂高岳の稜線がよく見える。
2016年07月30日 15:29撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降り続いているが、西穂高岳の稜線がよく見える。
冬ルートの標識があんな上に…
2016年07月30日 15:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬ルートの標識があんな上に…
西穂山荘が見える頃には雨が上がりました。
2016年07月30日 15:58撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘が見える頃には雨が上がりました。
西穂山荘到着し、先に到着していたメンバーと合流。
2016年07月30日 16:00撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘到着し、先に到着していたメンバーと合流。
テン場も満員。
2016年07月30日 16:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場も満員。
ロビーで寛ぐ登山客。本日満室のため布団は2人で1組。夕食時間は4交代で入れ替え。
2016年07月30日 18:00撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロビーで寛ぐ登山客。本日満室のため布団は2人で1組。夕食時間は4交代で入れ替え。
本日の夕食メニューは肉団子とエビカツ。ご飯と豚汁はおかわり自由。
2016年07月30日 18:30撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の夕食メニューは肉団子とエビカツ。ご飯と豚汁はおかわり自由。
食堂の様子。
2016年07月30日 18:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食堂の様子。
夕食が終わる頃に日の入り 。雲の隙間から綺麗に見えました。
2016年07月30日 18:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食が終わる頃に日の入り 。雲の隙間から綺麗に見えました。
次の日は3時に起きて4時集合。天気は問題無さそう。
2016年07月31日 03:51撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の日は3時に起きて4時集合。天気は問題無さそう。
ヘルメット&ハーネスも装備して出発。
2016年07月31日 03:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘルメット&ハーネスも装備して出発。
東の空がうっすらと明るむ。
2016年07月31日 04:08撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の空がうっすらと明るむ。
丸山通過。
2016年07月31日 04:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山通過。
焼岳方面を振り返ると、後続登山客のヘッドランプの明かりが点々と続く。
2016年07月31日 04:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳方面を振り返ると、後続登山客のヘッドランプの明かりが点々と続く。
1
前方には独標、ピラミッドピーク、西穂高岳の稜線がクッキリ。
2016年07月31日 04:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方には独標、ピラミッドピーク、西穂高岳の稜線がクッキリ。
明神岳に連なるピークもはっきり見えてきた。
2016年07月31日 04:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳に連なるピークもはっきり見えてきた。
独標直下。ここからマーカーに沿って登攀。
2016年07月31日 04:53撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標直下。ここからマーカーに沿って登攀。
西穂独標(11峰)に到着。
2016年07月31日 05:01撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂独標(11峰)に到着。
1
10峰,9峰へ向かうルート。ここからが本番。
2016年07月31日 05:01撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10峰,9峰へ向かうルート。ここからが本番。
まずは、手前の三角に尖ったピラミッドピーク(8峰)を目指して進みます。
2016年07月31日 05:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、手前の三角に尖ったピラミッドピーク(8峰)を目指して進みます。
1
独標から山頂方面に下りて振り返る。
2016年07月31日 05:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から山頂方面に下りて振り返る。
前穂高岳の後ろから朝日が顔を出す。
2016年07月31日 05:27撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳の後ろから朝日が顔を出す。
9峰よりピラミッドピーク方面。
2016年07月31日 05:27撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9峰よりピラミッドピーク方面。
ピラミッドピーク通過。ここから先は団体行動という事もあり撮影する余裕なし。
2016年07月31日 05:41撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク通過。ここから先は団体行動という事もあり撮影する余裕なし。
1
ついに念願の西穂高岳山頂に立てました。青空の下360度の絶景。
2016年07月31日 06:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに念願の西穂高岳山頂に立てました。青空の下360度の絶景。
2
ここから先はエキスパートのみ許される超難路。間ノ岳, ジャンダルム等を経て奥穂高岳へ続く。
2016年07月31日 06:35撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先はエキスパートのみ許される超難路。間ノ岳, ジャンダルム等を経て奥穂高岳へ続く。
上高地方面。
2016年07月31日 06:35撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地方面。
中央に槍ヶ岳が小さく見える。この後、狭い山頂が混んできたので下山開始。
2016年07月31日 06:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に槍ヶ岳が小さく見える。この後、狭い山頂が混んできたので下山開始。
笠ヶ岳方面。
2016年07月31日 07:24撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面。
1
焼岳方面。独標、ピラミッドピーク、チャンピオンピークを一望。
2016年07月31日 07:33撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳方面。独標、ピラミッドピーク、チャンピオンピークを一望。
1
独標を通過。丁度空いていた。
2016年07月31日 08:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標を通過。丁度空いていた。
独標を下って、登る時は暗くて見えなかった焼岳方面の眺望を楽しみながら下山。
2016年07月31日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標を下って、登る時は暗くて見えなかった焼岳方面の眺望を楽しみながら下山。
イワツメクの群生。
2016年07月31日 08:53撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクの群生。
この辺りの斜面はガレてて歩きにくい。
2016年07月31日 09:00撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの斜面はガレてて歩きにくい。
丸山通過。
2016年07月31日 09:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山通過。
振り返って西穂高岳全景。雲が増えてきたようだ。
2016年07月31日 09:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って西穂高岳全景。雲が増えてきたようだ。
1
無事に西穂山荘へ帰還。
2016年07月31日 09:22撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に西穂山荘へ帰還。
山荘の名物ラーメン(みそ味:900円)を頂きます。標高に合わせて味が濃い目に調整されているのでとてもおいしかった。
2016年07月31日 09:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の名物ラーメン(みそ味:900円)を頂きます。標高に合わせて味が濃い目に調整されているのでとてもおいしかった。
1
パッキングを終え、ロープウェイ駅へ戻ります。
2016年07月31日 09:51撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パッキングを終え、ロープウェイ駅へ戻ります。
RW西穂高口駅へ到着。今回のイベントは大満足でした。
2016年07月31日 10:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW西穂高口駅へ到着。今回のイベントは大満足でした。
撮影機材:

感想/記録

以前から登頂したいと思っていた憧れの西穂高岳へ行ってきました。
とは言っても、単身&初トライで独標〜山頂間の難所を越えるには不安があったので、プロの山岳ガイドが付くモンベルのアウトドア・ツアーに申し込みました。

1日目。
新宿を出発した高速バスの遅延のため、平湯温泉で集合時間に1時間程遅れる旨を電話連絡。
ロープウェイに乗って西穂高口駅を出ると外は雨。ここから1時間程歩いて西穂山荘に向かって登り、先行して出発していたツアー参加メンバーと合流します。今回は私を含めて男性2名、女性2名、ガイド1名の計5人のパーティ。

他の団体客も含め多数の宿泊客のため、割り当てられた部屋は寿司詰め状態。
山の夜は夏でも寒いと着込んでいましたが、人口密度が高くて夜中は汗だくでした。

2日目。
3時に起きて出発準備。満天の星空が広がる。
装備を調え4時に出発。雲が増えてきたのが少し気になる。

丸山を通過して独標までは特に難所なし。ここまで1時間程。
独標でガイドとロープを結んで各メンバの安全を確保して先へ挑みます。

・独標から10峰方面へ下る急斜面は道幅が広くスタンス&ホールドが豊富なのでそれ程怖くない。簡単な落石防止対策が施されており整備されているように感じた。
・9峰から少し進んだ所に大きな一枚岩に切られた足場に左足を置いてトラバースする箇所があるが、次の右足の置き場に少し悩む。ホールドはしっかりしている。
・8峰ピラミッドピーク直下の急峻な岩場は事故多発地帯。一部鎖あり。
・8峰より先は一見では分かり難い箇所があるのでマーキングの見落としに注意。ガレ場に浮き石多数。
・4峰チャンピオンピークには標識が立ってないので通過時に気が付かなかった(岩に書いてあるらしい)。
・主峰直下の急峻な岩場が最後の難関。一枚岩のようになっている箇所もあるので慎重にルートを選ぶ必要がある。

心配していた天気も問題なく、西穂高岳山頂は青空の下360度の絶景でした。
奥穂高岳へ登る登山客や剱岳の先端も見える。風も穏やかで20分程山頂に滞在しましたが、後続登山客が増えて混雑してきたので下山開始。

岩場を下りるのは登るよりも難しいので事故が多いです。
特に主峰とピラミッドピーク直下の岩場が急斜面なので通過に神経を使いました。
9:30頃に西穂山荘まで帰還。

荷物の整理を行い、名物の西穂ラーメンを味わった後にRW西穂高口駅まで下山。
予定よりかなり早くイベント終了となりました。

この後、最もショッキングだったのは第1ロープウェイで下りている時に熊を見つけた事。同乗していた子供達が「クマだ〜♪」と騒いでいたので、窓の外を見たらホントに居たので思わず声が出た。。。あんなのと山歩いている時に鉢合わせしたら絶対ムリ。というか、こんな下の方に出没してて大丈夫なのかよ!?と思った。

平湯温泉へ戻るバスに乗っている時に天気が崩れて雨が降ってきたので、タイミングの良い時間帯に行動出来たと思う。

今回初めて山岳ガイド同伴の登山に参加してみましたが、山の知識も豊富でいつもと違う体験できて楽しかったです。危険箇所の通過もロープによる確保があるので、心理的にリラックスした状態で登り降りに集中できました。
訪問者数:314人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2016/8/3 14:56
 はじめまして
SHOHEI510205さん こんにちは。
ザイル確保された方たちと8峰〜9峰辺りですれ違ってた記憶があります。
感想が丁寧に書かれていて初めて西穂に登ったことを思い出しました。とても感心しました。

ひとつ質問ですが、すれ違った時にピンクのウェアの方がザイルを持っていたようでしたが、この方がガイドさんですか?
登録日: 2016/2/18
投稿数: 14
2016/8/3 16:08
 Re: はじめまして
コメントありがとうございます。
タイムスタンプを比べると、私達がピラミッドピークを下りてる辺りですれ違っているようですね。ややこしい場所でハラハラして避けた記憶があるような?
ピンクのウェアの方が山岳ガイドです。
登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2016/8/4 7:25
 Re[2]: はじめまして
スッキリしました(笑)ありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ