ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929437 全員に公開 講習/トレーニング白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳(大雪渓コースとテン場の下見)

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー nobou
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅⇔猿倉P 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
1時間40分
合計
12時間14分
S猿倉駐車場02:5203:00猿倉荘04:04白馬尻小屋04:1404:31ケルン04:50雪渓取りつき06:24雪渓末端06:3307:59避難小屋08:0008:42営林署看板08:4809:032600m岩09:40白馬岳頂上宿舎10:2611:04営林署看板11:38避難小屋12:43雪渓取りつき12:5513:45雪渓末端13:5013:56ケルン14:0714:18白馬尻小屋15:02猿倉荘15:06ゴール地点(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

7月31日(日)3:00 猿倉荘出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7月31日(日)3:00 猿倉荘出発
4:04 白馬尻
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:04 白馬尻
1
4:26 明日が新月か‥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:26 明日が新月か‥
4:29 雪渓が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:29 雪渓が見えてきた
4:31 ケルン通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:31 ケルン通過
4:49 雪渓取りつき点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:49 雪渓取りつき点
同 振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 振り返る
5:36 ウッソ―〜ノンアイゼンで下る人がいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:36 ウッソ―〜ノンアイゼンで下る人がいた
1
同 クレバス注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 クレバス注意
5:55 下山者あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:55 下山者あり
1
5:56 落石の音あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:56 落石の音あり
1
同 この雪渓は歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 この雪渓は歩きやすい
6:23 雪渓ここまで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:23 雪渓ここまで
6:41 進行方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:41 進行方向
6:42 どんどん追い越され‥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:42 どんどん追い越され‥
6:43 杓子側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:43 杓子側
1
6:45 座るなキケン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:45 座るなキケン
6:46 小沢を渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:46 小沢を渡る
7:00 どんどん追い越され‥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:00 どんどん追い越され‥
7:10 ガスが上がって来た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10 ガスが上がって来た
7:12 シロウマアサツキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:12 シロウマアサツキ
7:17 イワオウギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:17 イワオウギ

感想/記録
by nobou

8月5日〜7日の白馬岳冒険学校に向けてのルート偵察とキャンプ場の下見を目的に頂上山荘までを往復する。ほぼ毎年のように白馬岳に登っているが、すべて冒険学校に具合のいい栂池からのコースばかりで、大雪渓から登った経験は1度しかなく、30年も前のことなので覚えていない。下山も数えるほどしかなく、要するに初心者である。なので下見をしないわけにいかないという次第。木道や木の橋を歩き、
午前0時に家を出て1時前に猿倉Pに着き仮眠。2:50に歩き始めて3:00丁度に猿倉荘通貨。林道(工事専用道路)に出ると頭上にカシオペアが見え、後方に新月1歩前の月があったが真っ暗である。天空には銀河があって丁度白鳥座の十字架の柱に沿って西に進んでいることがわかる。山際にわし座があって珍しくその東にイルカ座が見えていた。2:52林道が終わって山道に入り4:04に馬尻の小屋につく。よく晴れていたが、小屋の人は「山だからわかりませんよ」という。小屋から17分でケルン通過。4:40雪渓取りつき点に着き、そもまま登ろうとしたがツルツルに凍っていて蹴りこんでもステップが切れず、「これはまずい」と焦った。目の前の急斜面を登り切れば何とかなると思って雪渓の端の石屑との境を歩き、時には山側に這い上がって、雪渓が痩せる前の踏み後を辿るなどしてようやく緩斜面に出る。そこで写真を撮っている人と挨拶を交わし、多少腰が引けながらもベンガラの道に入ると、上から1人降りてくる人があり、見ると彼もアイゼンをつけずそろりそろりと下っており、しかも靴を見るとハイキングシューズとも言えないようなエッジの立たないゴム靴だったので「この下の斜面は絶対だめですよ」と山道を勧める。(目くそが耳くそに言えたものでもないのだが‥)
クレバス注意の看板を見た後、下から元気のいい若者が上がってきて追い越していく。5時前に猿倉を出たとのこと。「速ッ!」等と思わないことにしよう。やがてロープで右手の山に誘導されて大雪渓が終わる。6:24。地図持ってない。調べてもいない。あるものは記憶だけだが雪渓はこんなものだったのだろうか。針ノ木の方がよっぽどきつい。10分休んで出発。ここからは沢の中を歩いている感じの水浸しの道で「落石キケン 白馬尻まで座らない!」と大書された看板があり、大岩がごろごろしている沢を渡ったりもするが、ハクサンフウロやトリカブト、ミソガワソウ等の花も見られるようになる。結構きつい。
何人か、下から上がってくる人に追い越され、また上からも降りてくる人も徐々に増えてくる。気がつくとガスが上がってきていた。小灌木帯を抜けるとイワオウギが目立つようになり、シロウマアサツキ、ヨツバシオガマやアキノキリンソウが混じる。シロウマアサツキは他ではなかなか見られない。さらに進んで右手の沢の向こうに黄色い花の絨毯を見る。ミヤマキンポウゲかシナノキンバイかわからなかったが、大きな花が混じっていることやわずかながら色の違いがあるところを見ると両方だろう。タンポポもあるのかもしれない。
先週の白馬鑓温泉からの下りの疲労が残っているせいか足が重く、ロープを張り巡らせた巨岩の陰で10分余りの休憩。右手上方に小屋の屋根が見えた。ここからは少し歩いては立ち止まるの繰り返しとなり、8時に避難小屋を通過。続々降りてくる人達を交わしながらのろのろ歩いて8:13にやっと頂上山荘を見る。途方もなく遠い感じでまだ1時間以上かかりそうな気がした(実際かかった)。クルマユリが現れ、タンポポ系やハクサンフウロ、オニシモツケ、せり科の大きな白い花など、色とりどりのお花畑のど真ん中に森林管理局の大きな看板(2553M)があり、木製の会談があり、その先に2600m書かれた大岩があり、杓子岳と白馬鑓ヶ岳が並んで見え、すれ違っては立ち止まり、直下でまた休み〜して9:41頂上山荘に着く。
後から上がってきた人に訊くと7時の時点で雪渓はまだ凍ったままだと言うのでやむなく軽アイゼンを買う。だが微妙に靴にフィットしない。
キャンプ場は山荘を少し上がって裏側に廻りこんだ位置にあり、受け付けは12時半からなので、早く着いた人は先にテントを張っておけと書いてあった。山頂まで行くつもりがなくもなかったが気力がわかず、水場やトイレを確認して10:26から下山開始。森林管理局の看板を過ぎた辺りから雨がぱらつきはじめ、避難小屋では上がってくる人達が雨具をつけているところで休まず通過し、ハイペースで下ったが雨が強くなってシャツが濡れてきたので上だけ合羽を着る。そこから雪渓までの下りは蛇紋岩交じりで濡れると悪路となり、上る人も下る人も難渋を強いられており、登ってくる人を見つける度にしっかり待ち(休み)、いくつかのパーティーを追い越して12:44に雪渓に着く。アイゼンをつけようとしたがうまくフィットしなくてつけにくく、面倒になってそのままツボ足で下る。やっぱり腰が引けてスピードが出ず、最後の急斜面は解けてはいると言っても却って時間がかかるので無理やりアイゼンをつけて下る。軽アイゼンなどつけたことがないので戸惑ってしまった。13:45末端でアイゼンを解く。
雨のおかげで弁当を食べる機会を逃し、あまりの空腹にケルンでおにぎりをほおばる。14:18馬尻通過,14:32工事道路に出る。猿倉壮着15:02。幸い先週痛めた右の膝裏は何ともなかった。
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ