ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929467 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

【白峰南嶺を繋ぐ】畑薙〜青薙山〜所ノ沢越〜笊ヶ岳〜椹島

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー rikimaru
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅を00:15に出発。常磐道・首都高・新東名を走行し、03:45新静岡ICから一般道へ。IC出口近くのセブンイレブンで朝食と食料調達を済ませ、県道189号線の富士見峠を経由して、沼平ゲート手前の駐車スペースには06:15に到着。この駐車スペースは結構広く、40~50台程度は駐車できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間10分
休憩
1時間8分
合計
10時間18分
S畑薙ダムゲート前06:3507:40青薙山登山口07:5010:00池ノ平10:2013:00青薙山13:2015:00稻又山15:1016:40所ノ沢越16:4816:53所ノ沢越の水場
2日目
山行
10時間5分
休憩
1時間0分
合計
11時間5分
所ノ沢越の水場05:0007:30布引山09:05笊ヶ岳09:2009:47椹島下降点10:40上倉沢源流台地11:2513:25標柱(トラバース道起終点)15:45 笊ヶ岳登山口16:05椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 青薙山登山口からの登りの取り付きは,かなりの急登です。転倒すると下まで止まらないくらい急なので,要注意。
・ ガレの縁を赤崩ノ頭まで登るところは,斜面崩壊が進んでいて危険なので,あまり縁に近づかないようにして歩きました。
・ その先,青薙山を過ぎ稲又山山頂までは,踏み跡が薄かったりヤブがあったりしますが,ピンクテープなどの目印はあるので,慎重に見極めれば,それほど迷うことはないと思います。
・ やっかいなのは,稲又山から所ノ沢越の下りです。稲又山山頂から東側に下るよう,木の幹にペンキマークがあるものの,その先のルートは不明瞭です。適当に下ると完全にルートを見失い,10分ほどウロウロ。ピンクテープのあるところに登り返して,慎重にマークを探すと,なんとか右手下のほうにマークを発見。そこからは多少ヤブっぽいですが,ルートを見失うことなく,所ノ沢越まで歩くことができました。
・ 所ノ沢越の水場は,所ノ沢越から西側に5分ほど下ったところにあります。傾斜の緩い小沢なので,ウォーターバッグで直接水を汲むのは難しく,コッヘルを使って採水してウォーターバッグに入れました。水場の脇は平坦な小広場になっていて,ビバークにはもってこい。テント3張程度可能な広さです。
・ 布引大崩れ沿いの登山道は,地図に危険マークがありますが,それほどの緊張もなく登れました。赤崩ノ頭のほうが怖い感じがしました。ただし,布引山頂直下はかなりの急登です。
・ 布引山から笊ヶ岳までは通常ルートで何の問題もありません。笊ヶ岳の山頂がガスで展望がなかったのが残念でしたが,昨年は山頂テン泊して大展望を楽しめたので,一勝一敗といったところでしょうか。
・ 上倉沢のトラバースルートは,沢本流からかなり上部の斜面に付けられた登山道です。6本の沢を通過するので,アップダウンが激しく,岩がむき出しになった危険な場所もあります。今回のルートでは,ここが核心部かな?
・ なお,これまでGPSログ記録に活用していたスマホアプリ「山旅ロガー」が突然動作不良となり,ログの記録ができなかったため,ルート表示は実際のログではありません。地図上で落としたルートとなっていますので,ご注意ください。
その他周辺情報・ バスに乗車するため,今回初めて椹島ロッジに宿泊してみました。風呂に入ることができ,1泊2食付で9千円。さらに,個室を進められ+2千円でしたが,夜中に目を覚ましてしまい,ウィスキーを飲みながらBS放送の錦織圭のテニスの試合を楽しめたので,良かったです。また生ビールはとても冷えていて,味も格別でした。これで600円とは,とても良心的な値段だと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

06:30 沼平ゲート手前の駐車スペースに駐車し、縦走の支度を整えました。
2016年07月29日 06:31撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:30 沼平ゲート手前の駐車スペースに駐車し、縦走の支度を整えました。
登山届を投かんします。
2016年07月29日 06:35撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を投かんします。
ゲートから20分ほど歩いたところ。上空はガス。展望は望めません。
2016年07月29日 06:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから20分ほど歩いたところ。上空はガス。展望は望めません。
畑薙大吊橋を遠望。
2016年07月29日 07:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙大吊橋を遠望。
登山者が吊橋を渡り終えようとしていました。
2016年07月29日 07:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者が吊橋を渡り終えようとしていました。
1
さらに30分ほど歩くと、青薙山登山口に到着。スマホの「山旅ロガー」でなぜか現在地捕捉やログ取得ができなかったため、設定をいろいろいじって試していたので、ここまでの到着がかなり遅れました。
2016年07月29日 07:43撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに30分ほど歩くと、青薙山登山口に到着。スマホの「山旅ロガー」でなぜか現在地捕捉やログ取得ができなかったため、設定をいろいろいじって試していたので、ここまでの到着がかなり遅れました。
登山口から先は、急登の連続でした。黄色のワイヤーロープでのサポートがありがたいです。
2016年07月29日 08:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から先は、急登の連続でした。黄色のワイヤーロープでのサポートがありがたいです。
振り返ると、滑落しそうなほど急な斜面。
2016年07月29日 08:34撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、滑落しそうなほど急な斜面。
午前10時、池ノ平に到着しました。
2016年07月29日 10:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前10時、池ノ平に到着しました。
フラットなテントサイト。3〜4張は設営できそう。
2016年07月29日 10:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラットなテントサイト。3〜4張は設営できそう。
かなりの量の水が湧き出しています。なんだかとても不思議な感じです。
2016年07月29日 10:06撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの量の水が湧き出しています。なんだかとても不思議な感じです。
湧き出した水が沢となって下っていきます。
2016年07月29日 10:06撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き出した水が沢となって下っていきます。
湧水の奥はイチイの巨木。
2016年07月29日 10:08撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧水の奥はイチイの巨木。
1
赤崩の縁に出ました。
2016年07月29日 10:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤崩の縁に出ました。
1
視線を左に移すと、大井川の源流域が見えていました。
2016年07月29日 10:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視線を左に移すと、大井川の源流域が見えていました。
シラビソの森の中を登ります。
2016年07月29日 10:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの森の中を登ります。
こんな倒木が道を塞いでいました。
2016年07月29日 10:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな倒木が道を塞いでいました。
赤崩ノ頭からの展望です。
2016年07月29日 11:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤崩ノ頭からの展望です。
1
ガスで幻想的な森の中を歩きます。
2016年07月29日 11:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで幻想的な森の中を歩きます。
1
標識を見かけると一安心。
2016年07月29日 12:19撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識を見かけると一安心。
踏み跡は薄いものの、迷うほどではありません。
2016年07月29日 12:35撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は薄いものの、迷うほどではありません。
青薙山山頂手前の広場に到着。休憩適地です。でも、この先、山頂へと向かう目印のテープが見当たらず、5分ほどウロウロ。
2016年07月29日 13:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青薙山山頂手前の広場に到着。休憩適地です。でも、この先、山頂へと向かう目印のテープが見当たらず、5分ほどウロウロ。
前の写真の斜め左手を進むと、青薙山の山頂碑がありました。ここで10分ほど休憩。
2016年07月29日 13:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の斜め左手を進むと、青薙山の山頂碑がありました。ここで10分ほど休憩。
青笹ルートとの分岐に到着。
2016年07月29日 13:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青笹ルートとの分岐に到着。
ツツジやシャクナゲ、マツなどのヤブが出てきました。ヤブはそれほど濃くはありません。
2016年07月29日 14:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジやシャクナゲ、マツなどのヤブが出てきました。ヤブはそれほど濃くはありません。
標識の先は、平坦なビバーク適地。
2016年07月29日 14:08撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の先は、平坦なビバーク適地。
1
東側のガレが見えるポイント。
2016年07月29日 14:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側のガレが見えるポイント。
稲又山の山頂に到着。ここまでは、迷うことはありませんでした。でも、この先の下りは迷いやすいです。テープやリボンなどの目印を慎重に辿ることが肝心。ここから進路を東に変えて下るのですが、途中で迷い、10分ほどロスしました。大事なことは、目印が見えなくなったら戻ることです。
2016年07月29日 15:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲又山の山頂に到着。ここまでは、迷うことはありませんでした。でも、この先の下りは迷いやすいです。テープやリボンなどの目印を慎重に辿ることが肝心。ここから進路を東に変えて下るのですが、途中で迷い、10分ほどロスしました。大事なことは、目印が見えなくなったら戻ることです。
1
このような道になればもう大丈夫。ピンクの目印を追っていきます。
2016年07月29日 15:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような道になればもう大丈夫。ピンクの目印を追っていきます。
標識が出てきて、ほっとしました。
2016年07月29日 15:43撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が出てきて、ほっとしました。
ここにも標識。
2016年07月29日 16:06撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも標識。
小屋跡に到着。湿気でレンズが曇ってしまいました。
2016年07月29日 16:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋跡に到着。湿気でレンズが曇ってしまいました。
16:40 ようやく所ノ沢越に到着しました。
2016年07月29日 16:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:40 ようやく所ノ沢越に到着しました。
指導標のところから西に下ります。
2016年07月29日 16:41撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指導標のところから西に下ります。
1
この道を下ります。
2016年07月29日 16:44撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道を下ります。
1
5分ほどで、水場のあるテン場に到着。今宵の宿です。
2016年07月29日 16:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで、水場のあるテン場に到着。今宵の宿です。
1
テントを設営しました。今回はニーモのタニLS1Pです。
2016年07月29日 17:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを設営しました。今回はニーモのタニLS1Pです。
水場はそこそこですが、流れが緩やかなため、ウォーターバッグでの採水が難しかったので、コッヘルで水を汲んで、ウォーターバッグに入れました。
2016年07月29日 17:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場はそこそこですが、流れが緩やかなため、ウォーターバッグでの採水が難しかったので、コッヘルで水を汲んで、ウォーターバッグに入れました。
一人宴会で、すっかり良い気分です。結局、この日は誰にも会わず、テン場も貸し切り状態でした。
2016年07月29日 18:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人宴会で、すっかり良い気分です。結局、この日は誰にも会わず、テン場も貸し切り状態でした。
2
二日目は、午前5時に歩き始めました。
2016年07月30日 05:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目は、午前5時に歩き始めました。
布引山方向を示す標識が出てきました。
2016年07月30日 05:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山方向を示す標識が出てきました。
相変わらず踏み跡は薄いですが、目印があるので問題なし。
2016年07月30日 05:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず踏み跡は薄いですが、目印があるので問題なし。
ガスが漂うシラビソの森。良い雰囲気です。
2016年07月30日 05:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが漂うシラビソの森。良い雰囲気です。
1
シダの緑が新鮮です。
2016年07月30日 06:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダの緑が新鮮です。
2
布引大崩れが見えてきました。
2016年07月30日 06:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引大崩れが見えてきました。
ここから落ちると一巻の終わりです。
2016年07月30日 06:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから落ちると一巻の終わりです。
青薙山が見えました。
2016年07月30日 06:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青薙山が見えました。
ガレの縁を登っていきます。
2016年07月30日 06:33撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレの縁を登っていきます。
イブキジャコウソウが咲いていました。
2016年07月30日 07:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウが咲いていました。
布引山頂への急登。
2016年07月30日 07:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山頂への急登。
ようやく、山頂に到着。
2016年07月30日 07:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、山頂に到着。
笊ヶ岳へと向かう登山道。美しい道でした。
2016年07月30日 07:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳へと向かう登山道。美しい道でした。
1
鞍部から笊ヶ岳を望みますが、ガスで山頂は見えませんでした。
2016年07月30日 08:10撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から笊ヶ岳を望みますが、ガスで山頂は見えませんでした。
このあたり、ビバークできそうな感じです。
2016年07月30日 08:38撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、ビバークできそうな感じです。
笊ヶ岳山頂に到着。残念ながらガスで展望なし。
2016年07月30日 09:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳山頂に到着。残念ながらガスで展望なし。
1
本当は、こんな展望を見たかった(昨年の夏に撮影した写真です)。
2015年07月27日 05:28撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は、こんな展望を見たかった(昨年の夏に撮影した写真です)。
1
一応、証拠写真。
2016年07月30日 09:07撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、証拠写真。
3
山頂から少し北に進むと、テント3〜4張設営できそうな平坦地があります。ビバーク適地ですね。
2016年07月30日 09:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し北に進むと、テント3〜4張設営できそうな平坦地があります。ビバーク適地ですね。
1
本日唯一の展望。
2016年07月30日 09:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日唯一の展望。
椹島下降点に到着。ここを左へと下ります。
2016年07月30日 09:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島下降点に到着。ここを左へと下ります。
道は比較的はっきりしていて、迷うことはありませんでした。
2016年07月30日 09:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は比較的はっきりしていて、迷うことはありませんでした。
涸れ沢のところに降りていきます。
2016年07月30日 10:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸れ沢のところに降りていきます。
しばらくはこのような涸れ沢のところを下ります。
2016年07月30日 10:17撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくはこのような涸れ沢のところを下ります。
トリカブト。
2016年07月30日 10:18撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト。
上倉沢が見えてきました。
2016年07月30日 10:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上倉沢が見えてきました。
テント場です。
2016年07月30日 10:41撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場です。
ここから対岸に渡ります。
2016年07月30日 10:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから対岸に渡ります。
1
赤ペンキマークを追います。
2016年07月30日 10:44撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤ペンキマークを追います。
1
対岸に渡って、40分ほどラーメンタイム。
2016年07月30日 11:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に渡って、40分ほどラーメンタイム。
昼食のあとは、トラバースルートへの登りが始まります。
2016年07月30日 11:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食のあとは、トラバースルートへの登りが始まります。
最初はこんな気持ちの良いルートです。上倉沢からは,かなり高度を稼ぐので,転落に注意が必要です。
2016年07月30日 11:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな気持ちの良いルートです。上倉沢からは,かなり高度を稼ぐので,転落に注意が必要です。
最初の渡渉ポイント。水量は少ないので、問題なし。
2016年07月30日 11:54撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉ポイント。水量は少ないので、問題なし。
二つ目の渡渉ポイント。アップダウンがきついです。
2016年07月30日 12:12撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の渡渉ポイント。アップダウンがきついです。
このようなロープも設置されています。
2016年07月30日 12:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなロープも設置されています。
1
倒木を通過します。振り返ったところ。
2016年07月30日 12:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を通過します。振り返ったところ。
ここは、倒木に足場が切ってありました。
2016年07月30日 12:55撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、倒木に足場が切ってありました。
わかりにくいですが、尾根との合流地点。木にピンクテープが付いている右の道を歩いてきました。
2016年07月30日 13:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりにくいですが、尾根との合流地点。木にピンクテープが付いている右の道を歩いてきました。
ここからはしばらく穏やかな道となります。
2016年07月30日 13:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはしばらく穏やかな道となります。
標柱に到着。
2016年07月30日 13:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱に到着。
シラビソやトウヒの森の中を進みます。
2016年07月30日 13:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソやトウヒの森の中を進みます。
疲れたので、肩のところでフルーツゼリーのおやつ休憩。
2016年07月30日 13:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れたので、肩のところでフルーツゼリーのおやつ休憩。
1
地図に「コル」と表記されているところ。
2016年07月30日 15:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図に「コル」と表記されているところ。
1
送電鉄塔を通過。
2016年07月30日 15:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔を通過。
1
この先は足場の悪い急坂を下ります。
2016年07月30日 15:31撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は足場の悪い急坂を下ります。
ようやく登山道入り口に出ました。
2016年07月30日 15:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山道入り口に出ました。
滝見橋のところから、下ってきた尾根を振り返る。
2016年07月30日 15:50撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見橋のところから、下ってきた尾根を振り返る。
1
15分ほど歩くと、椹島ロッジに到着。
2016年07月30日 16:05撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほど歩くと、椹島ロッジに到着。
ロッジで宿泊手続きをし、風呂でさっぱりした後は、芝生の広場のところで生ビール。600円は格安。
2016年07月30日 16:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジで宿泊手続きをし、風呂でさっぱりした後は、芝生の広場のところで生ビール。600円は格安。
ビールを飲んでいたら遭難救助隊のヘリが到着。
2016年07月30日 16:51撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビールを飲んでいたら遭難救助隊のヘリが到着。
1
2杯目に入りました。
2016年07月30日 16:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2杯目に入りました。
このレストハウスは午後7時まで営業しているので、テント泊や登山小屋泊りの場合でも、カレーなどの食事ができて便利です。
2016年07月30日 17:22撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このレストハウスは午後7時まで営業しているので、テント泊や登山小屋泊りの場合でも、カレーなどの食事ができて便利です。
ロッジではWifiサービスをしていました。電子メール送受信OKです。
2016年07月30日 17:36撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジではWifiサービスをしていました。電子メール送受信OKです。
ロッジの夕食。
2016年07月30日 17:52撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジの夕食。
きれいな自炊室。
2016年07月31日 05:36撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな自炊室。
1
自炊室わきのテーブル。自販機は故障中でした。
2016年07月31日 05:36撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自炊室わきのテーブル。自販機は故障中でした。
のんびり散歩をしていたら、食堂が閉まってしまい、朝食が食べられないかと慌てました。
2016年07月31日 06:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり散歩をしていたら、食堂が閉まってしまい、朝食が食べられないかと慌てました。
今日は快晴。良い雰囲気です。
2016年07月31日 07:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は快晴。良い雰囲気です。
2
椹島ロッジ7:45発のバスに乗り、沼平ゲートのところで下車しました。
2016年07月31日 08:38撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島ロッジ7:45発のバスに乗り、沼平ゲートのところで下車しました。
畑薙ダムからの展望。
2016年07月31日 08:49撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙ダムからの展望。
帰り道、富士見峠休憩舎からの展望です。
2016年07月31日 10:07撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、富士見峠休憩舎からの展望です。
1

感想/記録

池ノ平の湧水



・ 家庭の事情により,しばらくテン泊登山を中断していましたが,徐々に状況が改善してきたことから,そろそろ機会をうかがってテン泊登山を再開することにしました。
・ 昨年は,伝付峠から笊ヶ岳縦走や白峰南嶺縦走をしていたので,そこから南の稜線をつなげてみたいと思い立ちました。ルートは,1日目に畑薙ダムから青薙山に登り,所ノ沢越の水場でテント泊。翌日は布引山を経て南アの展望台,笊ヶ岳の山頂を踏み,上倉沢トラバースルートを歩いて椹島に下山する1泊2日のコース。
・ 布引山までは踏み跡の薄い点線ルートのため,コースロストに注意が必要ということで,ups_downsさんや o-tarさんのレコをプリントアウトして持参しました。お二人のレコがとても参考になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。
・ それにしてもこのルート,登山者が歩いていませんね。青薙山登山口から下山した笊ヶ岳登山口まで,誰にも会いませんでした。ガスに煙るシラビソの森の中を,静かに瞑想しながら,まるで修行僧のような感じとでも言いましょうか。
・ それから,椹島ロッジには初めて宿泊しましたが,お風呂に入れるし,生ビールは飲めるし,素晴らしい登山基地ですね。今度は芝生のテント場でテント泊してみたいと思いました。
訪問者数:401人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/8/22
投稿数: 284
2016/8/9 18:38
 おかえりなさい
rikimaruさん、こんにちは。
テン泊山行復帰おめでとうございます。おかえりなさい。
復帰第一弾が白峰南嶺!いいですね〜。
いつもながらの親切丁寧な案内と素敵な写真、大変参考になります。
自分はこちら側は未踏の地なので、rikimaruさんの記録に触発されて、ちかいうちに行ってみたいと思いました。
これからも素晴らしい山行と記録を楽しみにしております。
登録日: 2010/5/20
投稿数: 169
2016/8/9 21:07
 Re: おかえりなさい
ebi0813 さん、私の遅ればせながらの記録へのコメント、ありがとうございます。
夏山シーズンに入り、なんとかテン泊縦走の時間を確保できたので、まずは今回の白峰南嶺を繋ぐルートを歩いてきました。静かで味わい深いシラビソやトウヒの森の道が、それはそれは美しく、あなたにも、ぜひ歩いていただければと、お薦めします。
実は、この登山は、自分の体力確認が目的でして、その翌週には、荒川小屋や二軒小屋でのテン泊目的で、三伏峠〜荒川小屋〜二軒小屋〜田代発電所と3泊4日の縦走をしてきました。
今、記録写真をまとめているところですが、ebi0813 さんの山行記録のおかげで、二軒小屋のおいしいお弁当や、キンキンに冷えた生ビールを堪能することができましたよ。まさに天国を味わいました。
そんなこんなで、このヤマレコシステムは、本当にありがたいなあと、つくづく思います。
私の記録は、少々お時間をいただきますが、数日中にはアップしますので、それまでお待ちください。それではまた。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ