ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929623 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳・横岳・硫黄岳・峰の松目(赤岳祭り第3弾。真教寺尾根から)

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■赤岳 晴れ 22℃ 風速2〜3m(体感)
■横岳 晴れ 25℃ 風速5〜6m(体感)
■硫黄岳 晴れ 25℃ 風速5〜6m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夏沢鉱泉近くの桜平に一台デポして、サンメドーズスキー場の上の駐車場のゲート(
県界尾根登山口)にいきました(スキー場の駐車場には停めれません)。
桜平は、朝5時の段階でほぼ駐車場が埋まっていたので、ゲートから下ったところの路肩に駐車。県界尾根登山口も、県道の路肩に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
2時間40分
合計
10時間3分
S赤岳県界尾根ルート登山口06:2506:50真教寺尾根登山口06:5506:56賽の河原06:5807:02大門沢方面分岐07:0407:50牛首山07:5908:10扇山08:1110:01真教寺尾根分岐11:0111:07竜頭峰11:10赤岳11:1411:17赤岳頂上山荘11:1811:39赤岳天望荘11:42地蔵の頭11:5712:02二十三夜峰12:10日ノ岳12:1312:16鉾岳12:2112:22石尊峰12:2412:30横岳(三叉峰)12:36無名峰12:40横岳(奥ノ院)13:0013:08台座ノ頭13:20硫黄岳山荘13:4614:03硫黄岳14:16硫黄岳14:30赤岩の頭15:06峰の松目15:1015:44オーレン小屋16:12夏沢鉱泉16:27桜平16:2816:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○全体として標識多数です。
○天気のいい休日は、赤岳や横岳付近では渋滞が発生します。ちなみに、真教寺尾根も思ったより人が多かったです。
○真教寺尾根は、赤岳に取り付いた当たりから、急登クサリ場となります。
○赤岩の頭から峰の松目までは、すこしシャクナゲがうるさい場所も。道は明瞭。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L
共同装備 常食(2)

写真

赤岳祭り第三弾。真教寺尾根から、オーレンへと縦走します。美しの森から少し上がった、県界尾根登山口からスタート。サンメドーズのスキー場の登っていきます。
2016年07月31日 06:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳祭り第三弾。真教寺尾根から、オーレンへと縦走します。美しの森から少し上がった、県界尾根登山口からスタート。サンメドーズのスキー場の登っていきます。
2
賽の河原に到着。左が牛首山、奥に見えるのは赤岳。
2016年07月31日 06:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原に到着。左が牛首山、奥に見えるのは赤岳。
2
気持ちいい登山道で高度を上げていきます。
2016年07月31日 07:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい登山道で高度を上げていきます。
2
甲府盆地と奥に富士山。
2016年07月31日 07:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地と奥に富士山。
6
南アルプスと飛行機雲。
2016年07月31日 07:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスと飛行機雲。
3
牛首山に到着。
2016年07月31日 07:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山に到着。
1
牛首山からは権現岳だけが見えます。
2016年07月31日 07:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山からは権現岳だけが見えます。
2
赤岳が近くに迫ってきました。
2016年07月31日 08:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が近くに迫ってきました。
1
赤岳に取り付きます。
2016年07月31日 09:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に取り付きます。
2
登山道から大天狗が見えてきました。そびえたっています。
2016年07月31日 09:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から大天狗が見えてきました。そびえたっています。
6
振り返ると、牛首山(手前左)と奥に富士山。いい景色です。
2016年07月31日 09:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、牛首山(手前左)と奥に富士山。いい景色です。
5
いよいよ核心部の岩場へ。高所恐怖症のregさんトライ!
2016年07月31日 09:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ核心部の岩場へ。高所恐怖症のregさんトライ!
4
県界尾根と似た感じの岩場ですが、真教寺尾根の方がクサリ場が長い!
2016年07月31日 09:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県界尾根と似た感じの岩場ですが、真教寺尾根の方がクサリ場が長い!
2
やっと分岐点に到着。左に行けば、キレットです。
2016年07月31日 10:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと分岐点に到着。左に行けば、キレットです。
1
分岐点からみた権現岳(手前)と南アルプス。雲が湧いてきました。
2016年07月31日 10:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点からみた権現岳(手前)と南アルプス。雲が湧いてきました。
3
赤岳山頂は混んでいる(と思われる)ので、ここでヤマ飯。赤岳と牛首山にかけた、「赤牛カレーうどん」。
2016年07月31日 10:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂は混んでいる(と思われる)ので、ここでヤマ飯。赤岳と牛首山にかけた、「赤牛カレーうどん」。
4
稜線には、たくさんの花が咲いていました。名前わかりません。
2016年07月31日 10:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線には、たくさんの花が咲いていました。名前わかりません。
3
タカネツメクサ
2016年07月31日 11:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネツメクサ
3
ミヤマダイコンソウと阿弥陀岳。
2016年07月31日 11:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウと阿弥陀岳。
3
赤岳山頂に到着。今年3回目。通算7回目。
2016年07月31日 11:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂に到着。今年3回目。通算7回目。
2
これから向かう稜線です。左端の低い位置に、最終目的地の峰の松目が見えます。
2016年07月31日 11:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線です。左端の低い位置に、最終目的地の峰の松目が見えます。
2
主脈縦走路を進んで、横岳を目指します。
2016年07月31日 11:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈縦走路を進んで、横岳を目指します。
4
振り返って、赤岳。あの左の傾斜の登って来たのか・・・
2016年07月31日 12:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、赤岳。あの左の傾斜の登って来たのか・・・
3
赤岳展望荘に荷揚げのヘリが!
2016年07月31日 11:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘に荷揚げのヘリが!
2
さすがの人気の山。ところどころ、渋滞しています。
2016年07月31日 12:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがの人気の山。ところどころ、渋滞しています。
1
横岳山頂。
2016年07月31日 12:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂。
2
硫黄岳に向かいます。なだらかな稜線になってきました。
2016年07月31日 13:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳に向かいます。なだらかな稜線になってきました。
2
ナデシコ?
2016年07月31日 12:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデシコ?
2
コマクサ。たくさん咲いていました。
2016年07月31日 13:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。たくさん咲いていました。
3
硫黄岳山荘に立ち寄ります。トイレはウォシュレット。下界より綺麗でした。
2016年07月31日 13:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘に立ち寄ります。トイレはウォシュレット。下界より綺麗でした。
1
硫黄岳は、最高地点と三角点と山頂標識が違います。三角点を目指しますが、途中で通行止めでした。
2016年07月31日 14:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳は、最高地点と三角点と山頂標識が違います。三角点を目指しますが、途中で通行止めでした。
1
山頂標識のある硫黄岳山頂。
2016年07月31日 14:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識のある硫黄岳山頂。
1
赤岩の頭方面へと下っていきます。ここからみる赤岳(中)と阿弥陀岳(右)は、圧巻です。
2016年07月31日 14:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭方面へと下っていきます。ここからみる赤岳(中)と阿弥陀岳(右)は、圧巻です。
3
赤岩の頭からみた硫黄岳。硫黄岳っぽくない!
2016年07月31日 14:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭からみた硫黄岳。硫黄岳っぽくない!
2
赤岩の頭から、峰の松目を目指します。踏跡はしっかりしています。
2016年07月31日 14:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭から、峰の松目を目指します。踏跡はしっかりしています。
1
オーレン小屋に降りる分岐点。ここにザックをデポして、峰の松目までピストンします。
2016年07月31日 14:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋に降りる分岐点。ここにザックをデポして、峰の松目までピストンします。
1
峰の松目山頂。噂通りの展望なし。
2016年07月31日 15:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目山頂。噂通りの展望なし。
1
オーレン小屋まで降りてきました。
2016年07月31日 15:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋まで降りてきました。
1
夏沢鉱泉。
2016年07月31日 16:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉。
1
桜平に到着。これで赤岳祭り第三弾も無事終了しました!
2016年07月31日 16:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平に到着。これで赤岳祭り第三弾も無事終了しました!
2

感想/記録

■赤岳祭り第3弾。真教寺尾根から
 昨年は完全に八ヶ岳スルーでしたが、今年は、八ヶ岳のすべての稜線を真っ赤にする「赤岳祭り」を実施中。今回は、フィナーレをかざる真教寺尾根です。

[第1弾]
<横岳・赤岳・権現岳(杣添尾根から天女山へ。regさんキレットに臨むの巻)2016年05月22日(日) [日帰り] >
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-880403.html

[第2弾]
<赤岳・阿弥陀岳(八ヶ岳日帰り横断!)2016年07月10日(日) [日帰り]>
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-914036.html

 赤岳は美濃戸からの地蔵尾根、文三郎尾根がメジャーですが、その他にも、杣添尾根、キレット、県界尾根、御小屋尾根、真教寺尾根と、たくさんの支脈を絡めることが可能です。山梨県が誇る(と山梨県民は思っている)赤岳は、ほんとうに楽しめますね。キレットが一番タフでしたが、終わってみれば、どれも楽しかったです。

感想/記録
by reg

前日18時に決まった山行なので、手抜きです。
赤岳の「赤」と牛首の「牛」で、赤牛でしたが、。
近所のスーパーの「漢方赤牛」は100g1680円で、300g売りだったのでパス。
困ってスーパー内をさまよっていたら、「熊本赤牛カレー」(200円)を発見。
これを使って、カレーうどんにしました。

赤牛カレーうどん 男2人分
<材料>
シマダヤのカレーうどん(真空パック?) 3個
熊本赤牛カレー 2個
 
<山で>※ガス2つ使用
1 カレーうどんのもと?を溶かし、お湯500ccを沸かす。
2 うどんとレトルトカレーを放り込む
3 あったまったらできあがり

味はそう悪くないのですが、
具材を追加しないと見た目が寂しいし、ちょっとおもしろみに欠けますね。
ネギくらい切ればよかった。
訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2096
2016/8/2 21:55
 んーーん
yama-ariさん
regさん      コンばんはpaper

今年は多いの〜八ヶ岳
登山ガイドに転職するズラか?
しかし、ツッコんでいいズラか?
南が多いが何故??
regさんのトレーニングか?
それにしても、麺類多し!うどんかラーメンのような気が…気のせいか?(笑)
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 178
2016/8/3 23:35
 Re: んーーん
山梨愛が深いため、どうしても南から行きたくなってしまうのです。
山梨200の調査も絡めてることも一因かもしれません。今回は牛首が対象でした。

麺類は多いですね。
うどん、ラーメン、パスタ、そうめん、そば…。
ご飯って難しいんですよ。
炊くのに時間かかっちゃうので、日帰りでは使いにくいのです。
もう少し調理時間をくれればいいんですけどねー。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ