ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929706 全員に公開 沢登りアジア

香港大人の水遊び♪(Man Cheung Po、萬丈瀑)

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー kennogu, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、
【往路】
MTR(香港→東湧)、フェリー(東湧→Tai O)
【復路】
バス(Tai O→東湧)、MTR(東湧→香港)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
15分
合計
4時間35分
STai O09:3010:17沢取り付き地点10:2211:30Man Cheung Po11:4014:05Tai OG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢の部分はギアなしで登れるグレード。巻き道もあります。
薮こぎ部分はうっすらと踏み跡あり。迷わずにハイキングコースに合流できます。
【GPSの軌跡はフェリーの部分とバスの部分も入ってます。実際に歩いたのは左下のループの部分の13Kmです】
その他周辺情報Tai O, 東湧に飲食店あり。

個人装備

個人装備品
数量
備考
携帯電話 1
行動食 2
ゴミ袋 1
飲料 2.5L
現金
着替え 1
スリング 2
個人装備品
数量
備考
シャツ 1
トレイルショーツ 1
ソックス 1
シューズ 1
手袋 1
ザック 1
救急セット 1

写真

[8:49] 東湧のフェリー乗り場
2016年07月31日 08:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:49] 東湧のフェリー乗り場
[8:52] 猫と遊ぶ
2016年07月31日 08:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:52] 猫と遊ぶ
1
[8:55] フェリー来ました。
2016年07月31日 08:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:55] フェリー来ました。
[9:02] ゴンドラの下を通過
2016年07月31日 09:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:02] ゴンドラの下を通過
1
[9:19] 建設中のマカオブリッジ
2016年07月31日 09:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:19] 建設中のマカオブリッジ
1
[10:17] 沢の入り口。本当にここ?半信半疑のメンバー。
2016年07月31日 10:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:17] 沢の入り口。本当にここ?半信半疑のメンバー。
2
[10:20] まずは林の中から
2016年07月31日 10:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:20] まずは林の中から
[10:24] いきなり滝が出てきます。ここは泳がず左岸から取り付きそのまま直登。みんな早っ!
2016年07月31日 10:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:24] いきなり滝が出てきます。ここは泳がず左岸から取り付きそのまま直登。みんな早っ!
2
[10:25] 私が最後尾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:25] 私が最後尾
2
[10:27] そのすぐ上に2つ目の滝。泳ぐ姫。
2016年07月31日 10:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:27] そのすぐ上に2つ目の滝。泳ぐ姫。
2
[10:28] 水中から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:28] 水中から
1
[10:28] 子供にかえって遊びます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:28] 子供にかえって遊びます
1
[10:29] 気持ち良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:29] 気持ち良い
2
[10:29] クールダウン
2016年07月31日 10:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:29] クールダウン
2
[10:42] 1つ上の大滝。ここはご覧の通り直登できないので巻きます。
2016年07月31日 10:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:42] 1つ上の大滝。ここはご覧の通り直登できないので巻きます。
1
[10:42] リボンあるので正解なのですがこの巻き道が酷い
2016年07月31日 10:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:42] リボンあるので正解なのですがこの巻き道が酷い
[10:45] 滝の上部から海が見えます
2016年07月31日 10:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:45] 滝の上部から海が見えます
2
先頭とかなり離れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先頭とかなり離れました
2
[10:45] さっきの滝の上部に出ました。
2016年07月31日 10:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:45] さっきの滝の上部に出ました。
[10:45] 滝の上部で反対に渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:45] 滝の上部で反対に渡ります
1
[10:45] ここは左岸を直登
2016年07月31日 10:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:45] ここは左岸を直登
1
[10:47] このあたりは何なく通過
2016年07月31日 10:47撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:47] このあたりは何なく通過
[10:49] 先頭はジャブジャブ泳いで超えていきました。
2016年07月31日 10:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:49] 先頭はジャブジャブ泳いで超えていきました。
1
[10:49] 我々は左岸の大岩を巻いていきます。
2016年07月31日 10:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:49] 我々は左岸の大岩を巻いていきます。
[11:02] 大きな岩を乗り越え
2016年07月31日 11:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:02] 大きな岩を乗り越え
[11:02] 先行するクライマーのHさん。ルートファインディングはお任せ。
2016年07月31日 11:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:02] 先行するクライマーのHさん。ルートファインディングはお任せ。
[11:02] 滝の落ち口から下を覗く
2016年07月31日 11:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:02] 滝の落ち口から下を覗く
[11:07] 仲間が登ってくるのを待ちます。
2016年07月31日 11:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:07] 仲間が登ってくるのを待ちます。
1
[11:07] 一人登ってきます
2016年07月31日 11:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:07] 一人登ってきます
1
上から見下ろすとかなりの高度感です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見下ろすとかなりの高度感です。
[11:07] ここはホールド豊富で直登
2016年07月31日 11:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:07] ここはホールド豊富で直登
1
[11:15] 右岸からいったん水線に降りて反対へ渡ります。巻き道は右岸についてます。
2016年07月31日 11:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:15] 右岸からいったん水線に降りて反対へ渡ります。巻き道は右岸についてます。
1
[11:15] 大滝の手前のビッグ3の最後。巻き道ありますがクライマーのHさんは左岸を攻めます。
2016年07月31日 11:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:15] 大滝の手前のビッグ3の最後。巻き道ありますがクライマーのHさんは左岸を攻めます。
1
これが大滝、Man Cheung Po。迫力満点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが大滝、Man Cheung Po。迫力満点です。
3
巻き道から薮こぎに入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道から薮こぎに入りました。
[15:20] バスに揺られて1時間弱。MTR 東湧にてバケツのようなグラスで生ビール、グビグビ、プハァー
2016年07月31日 15:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:20] バスに揺られて1時間弱。MTR 東湧にてバケツのようなグラスで生ビール、グビグビ、プハァー
3
[15:25] ナチョスをつまみに一杯。
2016年07月31日 15:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:25] ナチョスをつまみに一杯。
1
撮影機材:

感想/記録

★本日のコース★
地元のトレラン仲間と3回目の沢での水遊び。今回は香港国際空港に隣接するランタオ島の満丈布という滝を見に海辺から沢を遡上しました。この滝に通じる沢の滝は釜が深くて水量が多いので有名です。

★行動の記録★
集合はMTRの東湧、そこからフェリー乗り場まで徒歩7,8分かかります。通常はバスで移動するのですが今回は時間の節約のためフェリーを使いました。建設中のマカオブリッジの橋げたの下を通過してスタート地点のTai Oに到着、水を購入して出発します。

ランタオトレイルのセクション6を海岸沿いにジョグします。ほどなくして入り口の沢に到着しました。メンバーからはもっと先じゃない?の声。それほど水の流れは貧弱でこの先に大きな滝があるとはとても思えません。地図とスマホで現在位置を確認して間違いないと判断して先に進みました。

暗い林を抜けるとすぐに1つ目の大きな滝が出てきます。大きな釜の脇を巻いて左岸を直登、しばらくするとすぐに2つ目の滝が出てきます。そこで滝壺に飛び込んでひと泳ぎ。この滝は右岸を巻きます。巻き道とはいえ岩の表面がツルツルで結構緊張しました。そこを超えるといくつかの小滝が連続しますがそれほど難易度な高くなく順調に超えます。

そして3つめの大滝が姿を現しました。ここは巻き道組と直登組に分かれました。参考にしたサイトによればどちらでも行けるが直登は危険なので経験者のみという注意が書いてありました。クライマーのHさんがルートを見極め私があとを追いました。斜度はありますがホールドは豊富にあるのでそれほど危険は感じません。滝の上部に出るとそこは貯水池になっていました。監視員がいてそこからは上へ行けないから泳いで渡ってこいとの合図。後で標識を見ると遊泳禁止でした。村の水源になっているらしく水質保全のためのようです。ハイカーが訪れて危険なのでそこで監視員が制止しているようです。

そこからすぐ上に目的のMan Cheung Poがありました。高さ70mの壮大な滝です。そこでは泳がずに巻き道を高巻きました。この巻き道がとんでもない急坂。高さ70mの滝を巻くわけですから当たり前ですが地元のハイカーが通過に苦戦してました。稜線に出て本来はまた沢におりるのが当初の計画でしたが上にいたグループにつられて更に登ってしまいました。間違いに気がついて地図を拡げたときにはすでに半分くらいまでピークを登ってしまいメンバーと相談すると上へ行くとのこと。直射日光にさらされ濃い藪に阻まれながらも小ピークを3つ超えてハイキングコースへ出ました。

そこからはトレランのレースでもよく使う整備された道。若者3名(といってもおっさんですが)はガンガン飛ばしてあっという間に見えなくなりました。私は途中で足が攣りスローダウン。とてもついて行けません。途中小川を見つけては飛び込みクールダウンしながらジョグでTai Oの村を目指します。最後の舗装道路で後ろから足音。振り返ると若者(おっさん)3人が後ろから走ってきます。あれっどうしたの?途中で道を間違えて登りかえしてきたそうです。というわけで結局ゴールは同時。世の中うまくできてます。

帰りはタッチの差でフェリーに間に合わず。バスで地下鉄の駅東湧へ。締めはバケツのような大きなグラスで失った水分をたっぷり補給しました。

★感想★
香港といえばコンクリートジャングルを想像しますが中心部から地下鉄で35分、フェリーで25分でこんな感じの自然の中で遊べます。日本で言えば大手町か銀座から1時間でこんな秘境に来られるというイメージでしょうか。まだまだ他にも水遊びできる沢がたくさんあるようです。秋までにもう1つ行こうと考えてます。

訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ