ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929852 全員に公開 ハイキング東海

猿投山 東尾根〜最高峰〜三角点〜団九郎の岩屋〜武田道

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー Dunkle
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
30分
合計
6時間52分
Sスタート地点07:2909:43最高地点10:04山頂一等三角点10:1811:04団九郎の岩屋近くの小川11:0711:23舗装され林道11:3112:01武田道へ合流11:0112:35展望台12:4013:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人気の猿投山ですが、ひと気の少ない静かなルート。踏み跡もしっかりあり目印も多く地図があれば安心して歩けます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル

写真

東尾根方面は、駐車場すぐ近くの小川を越えたとろろで右に曲がる。
2016年07月31日 13:18撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根方面は、駐車場すぐ近くの小川を越えたとろろで右に曲がる。
登山口。目印のテープあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。目印のテープあり
猿投山山頂が見える
2016年07月31日 07:54撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿投山山頂が見える
1
水車小屋方面へ行けるようだ。ここは右手の深見町新池方面へ
2016年07月31日 07:58撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水車小屋方面へ行けるようだ。ここは右手の深見町新池方面へ
大きな石
2016年07月31日 08:06撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな石
分岐 左側へ
2016年07月31日 08:12撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐 左側へ
コース看板あり ルートは右側が正解で、ここから急登が始まる。左には細くて古い林道があるが間違えないように。
2016年07月31日 08:33撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース看板あり ルートは右側が正解で、ここから急登が始まる。左には細くて古い林道があるが間違えないように。
舗装された林道にでたところにベンチあり。
しばし休憩。
2016年07月31日 08:43撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道にでたところにベンチあり。
しばし休憩。
林道を数十メートル歩いたところのガードレールの切れ目に登山道の入り口がある。
2016年07月31日 08:49撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を数十メートル歩いたところのガードレールの切れ目に登山道の入り口がある。
東の宮方面と最高峰との分岐点。今回は東の宮の裏手にあたる最高峰地点へ行くため、ここは右へ。
2016年07月31日 09:19撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の宮方面と最高峰との分岐点。今回は東の宮の裏手にあたる最高峰地点へ行くため、ここは右へ。
青い標識。ここを左手に少し行ったところに最高峰地点がある。
直進すると三角点のある猿投山山頂へ続く東海自然歩道へ合流する。
2016年07月31日 09:42撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い標識。ここを左手に少し行ったところに最高峰地点がある。
直進すると三角点のある猿投山山頂へ続く東海自然歩道へ合流する。
ひっそりとした最高峰地点。
そのまま進めば東の宮に出るが、今回は引き返して先ほどの分岐を三角点のある猿投山山頂へ進む。
2016年07月31日 09:44撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりとした最高峰地点。
そのまま進めば東の宮に出るが、今回は引き返して先ほどの分岐を三角点のある猿投山山頂へ進む。
2
東海自然歩道にでる
2016年07月31日 09:49撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道にでる
東海自然歩道との合流地点を振り返って撮影。
赤い看板の向こう、左側の細い道から来た。
2016年07月31日 09:50撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道との合流地点を振り返って撮影。
赤い看板の向こう、左側の細い道から来た。
見通しの良い日には御嶽山が見える・・・はず。
2016年07月31日 09:54撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見通しの良い日には御嶽山が見える・・・はず。
こちらからは、恵那山が・
2016年07月31日 09:53撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらからは、恵那山が・
カエル石
2016年07月31日 09:55撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエル石
山頂の一等三角点
2016年07月31日 10:05撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の一等三角点
1
山頂からの景色
2016年07月31日 10:05撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの景色
2
東海自然歩道から南側への分岐
左うえの標識の方へ
2016年07月31日 10:21撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道から南側への分岐
左うえの標識の方へ
分岐点の標識には表示はないが左手へ行くと、団九郎の岩屋方面へ
2016年07月31日 10:23撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点の標識には表示はないが左手へ行くと、団九郎の岩屋方面へ
分岐 バイクのタイヤ跡が左に続くも登山道は直進
2016年07月31日 10:55撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐 バイクのタイヤ跡が左に続くも登山道は直進
分岐からすぐの場所にある岩
2016年07月31日 10:55撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からすぐの場所にある岩
小川に出る。その向こうに林道が見える。
2016年07月31日 11:03撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川に出る。その向こうに林道が見える。
荒れ果てた林道。グランドキャニオンのように水で浸食されている。
2016年07月31日 11:06撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れ果てた林道。グランドキャニオンのように水で浸食されている。
七滝の一番目「血洗いの滝」
2016年07月31日 11:19撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七滝の一番目「血洗いの滝」
舗装された林道にでる
2016年07月31日 11:22撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道にでる
舗装された林道を数十メートル歩き、再び登山道に
2016年07月31日 11:32撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道を数十メートル歩き、再び登山道に
再び林道に出合う
2016年07月31日 12:00撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び林道に出合う
林道を数十メートル歩き、武田道に合流。右手に進む。
2016年07月31日 12:01撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を数十メートル歩き、武田道に合流。右手に進む。
丸太で作った南アルプスポイントの標識
2016年07月31日 12:16撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太で作った南アルプスポイントの標識
南アルプス方面望む
2016年07月31日 12:16撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面望む
1
南アルプスポイントのすぐ近くにベンチがある。
町が見える。
2016年07月31日 12:17撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスポイントのすぐ近くにベンチがある。
町が見える。
標識の場所が分岐。
左手へ進み広沢城方面へ
2016年07月31日 12:31撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の場所が分岐。
左手へ進み広沢城方面へ
標識に手書きで神社Pと書いてある。
2016年07月31日 12:31撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に手書きで神社Pと書いてある。
展望台はまっすぐ。展望台に行かない場合は左手に進む
2016年07月31日 12:35撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台はまっすぐ。展望台に行かない場合は左手に進む
展望台からみた景色。豊田町が一望できる
2016年07月31日 12:36撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からみた景色。豊田町が一望できる
わかりにくい分岐路。三つ又になった木がある。
2016年07月31日 12:52撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりにくい分岐路。三つ又になった木がある。
右に曲がるよう矢印あり。
右手の広沢城跡方面へ。
左手に進んだ場合でも神社Pへ続く林道にでますのでご安心を。
2016年07月31日 12:52撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に曲がるよう矢印あり。
右手の広沢城跡方面へ。
左手に進んだ場合でも神社Pへ続く林道にでますのでご安心を。
広沢城跡
2016年07月31日 12:56撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢城跡
尾根道の終わり。右へ曲がる。
2016年07月31日 13:13撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の終わり。右へ曲がる。
大きな×印
2016年07月31日 13:14撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな×印
林道出合。
2016年07月31日 13:16撮影 by SHV34, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合。

感想/記録
by Dunkle

人気の猿投山。いつもと違うマイナーなルートでの周回コース。
猿投神社駐車場〜東尾根~猿投山最高峰~山頂一等三角点~団九郎の岩屋〜荒れた林道〜武田道〜広沢城跡〜猿投神社駐車場
日曜日ということもあり、午前7時には既に駐車場が満車。近くの広い路肩に一台分の隙間がありギリギリ駐車できた。
東尾根のコースを行くといきなり蜘蛛の巣が顔に・・・本日はまだ誰も通っていないようだ。途中少し道を間違えたものの携帯の地図でルートを確かめながら順調に進む。東海自然歩道に合流するまでに他の登山者には一切会わなかった。
山頂三角点の横で早めの昼食を取る。帰りは雲興寺方面へ少し進んだ分岐を左に行き東海自然歩道よりやや南側の人気の少ないルートを歩く。
荒れた林道をしばらく通り、七滝の内の一番目の血洗いの滝の横を通る。再び登山道へ入り、武田道から城ケ峰を経て駐車場へ。
踏み跡もしっかりあり目印もあちこちにある歩きやすい道でした。静かな山を満喫できました。
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/18
投稿数: 3
2016/8/25 12:54
 東尾根
先日、東尾根で迷いリタイアしたので、再挑戦します。

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 三角点 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ