ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929965 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 〜真夏の天気に秋のお花〜 

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年08月01日(月)
メンバー DuckyMomo
天候7/30:晴れ のち 曇り のち 雷雨
7/31:晴れ のち 雨 のち 曇り
8/1:晴れ のち 雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】猿倉の登山者用無料駐車場
※80台位駐車可能です。
※7/30(土)の6時頃には8割方うまっていました。
※8/1(月)は半分程度でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
※ルートは手書きです。
※大雪渓ルートは雪の状況が日々変化しているため、最新情報の確認をお勧めします。
※大雪渓〜避難小屋付近まで落石が多いため、ヘルメット着用がお勧めです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]
2016年08月の天気図 [pdf]

写真

7/30、土曜日の大雪渓は人がいっぱい!人の列で登山道が確認できるくらい賑やかです♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7/30、土曜日の大雪渓は人がいっぱい!人の列で登山道が確認できるくらい賑やかです♪
2
稜線と青空が見えてきました!避難小屋から先、視線を上げるとお花と緑・稜線の岩が見えるのが素敵です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線と青空が見えてきました!避難小屋から先、視線を上げるとお花と緑・稜線の岩が見えるのが素敵です♪
2
1日とんで…8/1朝、杓子に白馬鑓、奥には剱まで素晴らしい展望になりました。朝日で陰影が出来ているのが良い感じです♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日とんで…8/1朝、杓子に白馬鑓、奥には剱まで素晴らしい展望になりました。朝日で陰影が出来ているのが良い感じです♪
6
ウルップソウにチングルマにアオノツガザクラ!奥にはウマノアシガタまで!豪華お花の共演です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルップソウにチングルマにアオノツガザクラ!奥にはウマノアシガタまで!豪華お花の共演です♪
12
ミヤマシシウドと杓子岳・白馬鑓ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウドと杓子岳・白馬鑓ヶ岳。
5
クルマユリと杓子岳、クルマユリは少し傷んできていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリと杓子岳、クルマユリは少し傷んできていました。
6
ウマノアシガタ?の群落と杓子岳♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタ?の群落と杓子岳♪
2
稜線を振り返ると…青空と稜線の岩と雪渓が素敵です♪午後から雷雨予報が出ていたけど、ホント?と疑いたくなる青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を振り返ると…青空と稜線の岩と雪渓が素敵です♪午後から雷雨予報が出ていたけど、ホント?と疑いたくなる青空。
10
お花畑辺りから見る杓子は見事なトンガリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑辺りから見る杓子は見事なトンガリ!
5
もうトリカブトが!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうトリカブトが!
8
大雪渓で落石が多いと思ったら…猿が落としてました…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓で落石が多いと思ったら…猿が落としてました…。
11
大雪渓を登る人々と、大雪渓を横切る猿たち…。
石の上の2匹の猿、会話が聞こえてきそうな画像です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を登る人々と、大雪渓を横切る猿たち…。
石の上の2匹の猿、会話が聞こえてきそうな画像です。
10
登りで使ったルートは崩落してちょっと怖い景観になっていました…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで使ったルートは崩落してちょっと怖い景観になっていました…。
5

感想/記録

当初、扇沢〜猿倉or栂池の後立山縦走を計画していましたが、天気予報が微妙なため猿倉〜八方へ変更。しかし、8/1も午後が雷雨予報になってしまい…結局大雪渓の往復になってしまいました。

今回は大雪渓なのに登りも下りも非常に暑く汗だく!午後には青空に積乱雲のコントラストが見られて、まさに真夏!って感じでした。しかし、登山道にはトリカブトなど秋を連想させる紫色のお花が咲いており、やっぱり今年はお花が早いなぁ、と感じました。

昨年から白馬ー唐松間の計画を立てる度に雨や雷予報、不帰は近くて遠い…。初テント泊で唐松岳で雷に遭遇し、真横に走る稲光を目撃して以来…雷超コワイ…ので、唐松岳への縦走路は天気に不安のない時に歩きたいと思います。それに、下まで見渡せる高度感で怖くても、やっぱり景色を見ながら歩きたいです♪
訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ