ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930194 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山(裏磐梯スキー場〜裏磐梯スキー場)

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー yamadora
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

裏磐梯スキー場のゲレンデを登っていく
2016年07月30日 08:14撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯スキー場のゲレンデを登っていく
1
櫛ヶ峰西面の崩壊壁が迫る
2016年07月30日 08:38撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰西面の崩壊壁が迫る
火山礫の中を進む
2016年07月30日 08:53撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山礫の中を進む
森林の中から蒸気が上がる
2016年07月30日 08:55撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林の中から蒸気が上がる
1
延々と続く鎖場ならぬ手摺場の急坂
2016年07月30日 09:13撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続く鎖場ならぬ手摺場の急坂
1
手摺場を抜けると檜原湖は遥か眼下
2016年07月30日 09:25撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手摺場を抜けると檜原湖は遥か眼下
1
ホタルブクロの花
2016年07月30日 09:26撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロの花
荒々しい山肌
2016年07月30日 09:32撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい山肌
4
尾根筋から山頂を見上げる
2016年07月30日 09:34撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋から山頂を見上げる
荒れ地に咲くミヤマシャジンの花
2016年07月30日 09:39撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れ地に咲くミヤマシャジンの花
様々な花が咲き乱れる天狗岩下の花畑
2016年07月30日 09:57撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々な花が咲き乱れる天狗岩下の花畑
トンボが乱れ飛ぶ山頂
2016年07月30日 11:00撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンボが乱れ飛ぶ山頂
天狗岩付近まで下って望む櫛ヶ峰
2016年07月30日 11:42撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩付近まで下って望む櫛ヶ峰
銅沼の幻想的な風景
2016年07月30日 13:04撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼の幻想的な風景
4

感想/記録

午前8時頃、裏磐梯スキー場の駐車場を出発。駐車車輌は15台ほどで、250台収容とされる駐車場には余裕がある。夏の日光の下のゲレンデの登りに、スタートから汗を絞り取られる。振り返って見える檜原湖が救いである。
ゲレンデを登り切り、緑が濃い鬱蒼とした森林に入り、一息つく。木々の向こうには沼が見える。森林を抜けると、火山礫の中のガレ場となる。櫛ヶ峰の大崩落が飲み込まんばかりの迫力で立ちはだかる。右手を見ると、森の中から蒸気の煙が立ち昇っており、生きた火山であることを誇示している。
ガレ場を過ぎると、さび付いた手摺が登山道の両側に深く突き刺さる急登が延々と続く。手摺を手掛かりにすれば楽かと思えば、やがて上腕の筋肉に乳酸がたまってくる。急登を抜ければ、様々な高山植物の花が目を和ませてくれる。尾根筋まで出れば、涼風の中、磐梯山頂が間近に見えるが、山頂までは50分のコースタイムが示される。
花々の姿に立ち止まり、清水で喉を潤しながら登る。俄かに雨がぱらつくが、すぐに収まった。しかし、山頂は雲の中の僅かな晴れ間から顔を出す程度で、山頂の展望への期待は持てそうにない。水場がある弘法清水小屋まで来ると、登山客の姿が一挙に増える。子供の姿も多い。
山頂までは、低木の中、すれ違いがやっとの狭い道をたどる。たどり着いた山頂にはトンボが舞い飛ぶ。展望は登ってきた裏磐梯方面のみが晴れており、猪苗代湖は全くその姿が見えない。
下山路は弘法清水小屋からお花畑を経由して、八方台登山口からの道をとる。事前の情報どおり、変化には乏しい樹林の中の薄暗い道が続く。登山道も踏み固められすぎている観がある。
八方台への道を見送り、裏磐梯スキー場への分岐に入ると、再び静寂の道である。銅沼は赤い湖面に磐梯山が反射する美しい景色。ここを目的地とする人もいるようである。
ぬかるんだ道を辿れば、裏磐梯スキー場のゲレンデに戻ってくる。夏の暑さの中、これまでにないくらいに汗をかいた山行。変化に富んだ行程を振り返り、スキー場を出発地としてよかったと思えた。
訪問者数:209人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ