ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930212 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂・西穂ワンデイ周回

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー kakehi
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
1時間0分
合計
9時間20分
S新穂高温泉無料駐車場02:5003:00新穂高登山指導センター03:20穂高平小屋04:30重太郎橋05:00白出大滝06:30穂高岳山荘06:4007:00穂高岳07:30ロバの耳07:50ジャンダルム08:1008:40天狗のコル09:00天狗岩09:20逆層スラブ09:30間ノ岳10:00西穂高岳10:1010:50西穂独標11:20西穂山荘11:4012:10西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浮石・落石多し。ヘルメット必携。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

日曜深夜の駐車場は予想外にガラガラでした。
登山届を出していざ出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日曜深夜の駐車場は予想外にガラガラでした。
登山届を出していざ出発。
けだし名言です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けだし名言です。
1
白出沢に到着。
ここからが長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢に到着。
ここからが長い。
1
振り返ると、雲海に浮かぶ笠ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、雲海に浮かぶ笠ヶ岳。
4
コルにある山荘が見えてからが、これまた長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルにある山荘が見えてからが、これまた長い。
岩だらけの中でも、しっかり生きてるイワウメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩だらけの中でも、しっかり生きてるイワウメ。
ようやく穂高岳山荘に到着。
たくさんの人で賑わってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく穂高岳山荘に到着。
たくさんの人で賑わってます。
1
ミヤマキンバイとイワツメクサのコラボ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイとイワツメクサのコラボ。
だいぶ上がってきて、涸沢岳と北穂のあいだから槍がチラリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ上がってきて、涸沢岳と北穂のあいだから槍がチラリ。
1
ひたすら岩の中を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら岩の中を進みます。
目指すボスキャラ、ジャン様も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すボスキャラ、ジャン様も見えてきました。
1
奥穂山頂は、たくさんの人々で大賑わい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山頂は、たくさんの人々で大賑わい。
1
槍方面はガスに包まれる…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍方面はガスに包まれる…
ゴジラのような前穂のシルエットの上に、南アルプスの山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラのような前穂のシルエットの上に、南アルプスの山々。
けなげに咲くハクサンイチゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けなげに咲くハクサンイチゲ。
さあ、喧騒を離れ、ジャンに向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、喧騒を離れ、ジャンに向かいます。
岩のちょっとした隙間で生きる、イワギキョウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のちょっとした隙間で生きる、イワギキョウ。
奴が、どんどん近づいてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奴が、どんどん近づいてきます。
1
馬の背の下降は、靴片足ぶんの空間を活用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の下降は、靴片足ぶんの空間を活用。
6
馬の背を振り返る。
なかなかファンキーです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背を振り返る。
なかなかファンキーです。
3
ロバの耳の基部へと下降する前、この岩峰の奇怪っぷりがいちばん堪能できる場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳の基部へと下降する前、この岩峰の奇怪っぷりがいちばん堪能できる場所。
5
「ロバの耳」なんてネーミングとは大違いの、かなりハードなイメージです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ロバの耳」なんてネーミングとは大違いの、かなりハードなイメージです。
2
このブルーに、くじけそうな心が何度も癒されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このブルーに、くじけそうな心が何度も癒されました。
4
近づけば近づくほど、キミョーな造形です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づけば近づくほど、キミョーな造形です。
5
1年ぶりに、天使とご対面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年ぶりに、天使とご対面。
4
天使のジョーロが、槍にかかっていたガスを洗い流してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天使のジョーロが、槍にかかっていたガスを洗い流してくれました。
4
優美な姿の笠ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
優美な姿の笠ヶ岳。
2
前穂の奥に浮かび上がる南アの山々、左端には富士山も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂の奥に浮かび上がる南アの山々、左端には富士山も。
2
前穂〜吊尾根〜奥穂のセクシー稜線。
手前のコブがロバの耳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂〜吊尾根〜奥穂のセクシー稜線。
手前のコブがロバの耳。
1
穏やかな雰囲気の上高地と、どっしり見下ろす霞沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかな雰囲気の上高地と、どっしり見下ろす霞沢岳。
これから進む西穂方面。
奥に焼岳と乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む西穂方面。
奥に焼岳と乗鞍岳。
ジャンダルムのてっぺんで、愛を叫ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムのてっぺんで、愛を叫ぶ。
5
さあ、次行ってみよう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、次行ってみよう!
1
鞍部からコブを振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部からコブを振り返る。
天狗岳をロックオン。
いったんグーッと下って、また登り返す、の繰り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳をロックオン。
いったんグーッと下って、また登り返す、の繰り返し。
天狗のコル。
ここから岳沢へのルートはガレガレで、けっこう危険です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコル。
ここから岳沢へのルートはガレガレで、けっこう危険です。
1
両手両足を使ってよじ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両手両足を使ってよじ登ります。
なかなかいい山容です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかいい山容です。
1
イワイワ、岩責めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイワ、岩責めです。
1
もうひと息!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひと息!
天狗岳の狭い山頂。
だいぶガスが湧いてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の狭い山頂。
だいぶガスが湧いてきました。
2
この荒々しさが、槍・穂高連峰の魅力です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この荒々しさが、槍・穂高連峰の魅力です。
2
可憐なヨツバシオガマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐なヨツバシオガマ。
逆層スラブを下り、振り返る。
見た目ほど、難易度は高くありません。
でも、雨の日はイヤ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブを下り、振り返る。
見た目ほど、難易度は高くありません。
でも、雨の日はイヤ。
1
アンコールワットみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンコールワットみたい。
1
消えかけの「間ノ岳」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
消えかけの「間ノ岳」。
1
何度も偽ピークに騙されながら、西穂目指して登って、下って…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も偽ピークに騙されながら、西穂目指して登って、下って…
1
もう騙さないで…!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう騙さないで…!
1
この生命力の逞しさ、見習いたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この生命力の逞しさ、見習いたいです。
1
ようやく西穂に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく西穂に到着!
2
モクモクと、夏の雲。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モクモクと、夏の雲。
本日のドーピングアイテム、冷凍みつ豆ゼリー。
生き返りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のドーピングアイテム、冷凍みつ豆ゼリー。
生き返りました。
2
さあ、あとはてくてく帰るだけ。
ここからの難所は、「渋滞」!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、あとはてくてく帰るだけ。
ここからの難所は、「渋滞」!
独標からは、さらに人口密度UP!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からは、さらに人口密度UP!
ようやく着いた西穂山荘で、コーラいっき飲み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく着いた西穂山荘で、コーラいっき飲み。
1
ハクサンフウロと戯れるハチさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロと戯れるハチさん。
チビッコを見かけると、ついつい応援したくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チビッコを見かけると、ついつい応援したくなります。
2
ロープウェイに乗ったとたん、雨が本降りに。
ギリギリセーフでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイに乗ったとたん、雨が本降りに。
ギリギリセーフでした!
1

感想/記録
by kakehi

梅雨明けしたはずの北アルプス、すっきりしない天候にしびれを切らし、午前中のみ晴れの予報を信じて、お気に入りの周回コースに行ってきました。
このコース、核心部を荒天時に歩きたいとはとても思えません。昼前から雲行きが怪しくなり、12時15分発のロープウェイに乗ったとたんに本降りに。なんとか、ギリギリセーフでした。
久々に、リスクとリターンを満喫することができ、日頃のストレスがシューシューと音を立てながら、毛穴から揮発していきましたよ〜!
訪問者数:601人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2016/8/2 8:27
 素晴らしいコースタイム…
kakehiさん 初めまして。
タイム記録をみたところ間天のコルあたりですれ違っていたようですね。
しかし、3時に出発して12時台のロープウェイに乗れるなんて羨ましいです。
それと雨が降っていたのには驚きました。上高地は晴れていましたので…
今週末は私もチャレンジしてみたいと思います。
登録日: 2013/1/3
投稿数: 14
2016/8/2 12:27
 Re: 素晴らしいコースタイム…
はじめまして。
危険箇所で雨に降られたくなかったので、けっこう頑張って歩きました。
このコース、時計回りにするか反時計回りにするか、いろんな意見がありますが、自分は出発時間がフリーとなる時計回りのほうが、相性がいいみたいです。
お気をつけて、楽しんでくださいね~!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ