ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930249 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

一の沢から常念岳往復

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー Kubo-jun
天候快晴☀のちガス🌁
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の沢駐車場は、20〜30台くらい駐車可でした。前夜22時到着時点で7割くらい埋まってましたが、5時出発時点では、満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
1時間23分
合計
9時間26分
S常念岳登山者用駐車場05:0405:18一ノ沢登山口05:2605:38山ノ神06:15王滝ベンチ07:01笠原沢07:32胸突八丁07:57最終水場07:5908:09第一ベンチ08:20第二ベンチ08:28第三ベンチ08:42常念小屋09:0010:20常念岳10:3011:18常念小屋12:0112:40胸突八丁13:02笠原沢13:34王滝ベンチ14:03山ノ神14:0514:16一ノ沢登山口14:30常念岳登山者用駐車場14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートから常念乗越までは、写真を撮りながらも標準タイム-50分くらいと快調でしたが、常念乗越から常念岳山頂まではシャリバテ気味で、ヘロヘロになってしまいました😣下山は胸突八丁過ぎてから少し巻き気味で歩き、結果的には予定より約1時間早く登山口到着となりました。
コース状況/
危険箇所等
一の沢コースは、登山口から笠原沢出合くらいまでは緩やかな登りでした。ただし、前日の雨のせいか、登山道が沢状態になっていたり、徒渉する箇所がたくさんありました。大雨などで水量が多い時は、難儀かも知れません。胸突八丁については、確かに急坂で道幅も狭く、一歩間違えると滑落の恐れが大ですが、落ち着いてゆっくり歩けば大丈夫だと思います。なお、この辺りが高山植物の見どころの1つです。常念乗越から常念岳までは、晴れていれば槍・穂高はじめ大天井岳方面の山々の景観が素晴らしいです。ただし、岩や砂礫の急登となりますので、落石や浮き石には要注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

一の沢駐車場です。前夜22時時点では、まだ10台くらい空きがありました。5時出発には満車になっていました。
2016年07月31日 05:04撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢駐車場です。前夜22時時点では、まだ10台くらい空きがありました。5時出発には満車になっていました。
1
一の沢登山口までは、約20分くらい歩きます。
2016年07月31日 05:04撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢登山口までは、約20分くらい歩きます。
1
一の沢登山口に到着。ここでトイレと登山カードの記入を済ませます。
2016年07月31日 05:18撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢登山口に到着。ここでトイレと登山カードの記入を済ませます。
2
では、クライム・オン!
2016年07月31日 05:26撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、クライム・オン!
「山の神」と聞くと、なぜか箱根駅伝を想像してしまいます😅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山の神」と聞くと、なぜか箱根駅伝を想像してしまいます😅
1
しばらくは沢を横目に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは沢を横目に歩きます。
1
目印があり、迷うことはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印があり、迷うことはありません。
1
ここは水量に問題無ければ、右の階段ではなく、左の道(木の橋)を進んだ方が楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは水量に問題無ければ、右の階段ではなく、左の道(木の橋)を進んだ方が楽です。
2
王滝ベンチに到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王滝ベンチに到着です。
前半は樹林帯ですが、時々空が開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前半は樹林帯ですが、時々空が開けます。
写真では分かりにくいですが、登山道が川のようになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですが、登山道が川のようになっています。
センジュガンピ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ
胸突八丁に入ります。ここからは、やや緊張して歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突八丁に入ります。ここからは、やや緊張して歩きます。
シモツケソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
はるか下の方に、歩いて来た登山道が見えました。かなり登って来たことが実感出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか下の方に、歩いて来た登山道が見えました。かなり登って来たことが実感出来ます。
最終水場。水は冷たくて、美味しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場。水は冷たくて、美味しい!
1
ここからベンチが第一〜第三まで続きます。燕岳の合戦尾根みたいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからベンチが第一〜第三まで続きます。燕岳の合戦尾根みたいですね。
1
常念岳山頂方面が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳山頂方面が見えました。
1
ようやく常念乗越に着きました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく常念乗越に着きました!
3
見たかった、この景色!槍穂に雲が少しかかっているものの、快晴です☀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見たかった、この景色!槍穂に雲が少しかかっているものの、快晴です☀
4
大キレット付近のアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット付近のアップ
3
横通岳方面。気持ち良さそうな稜線です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳方面。気持ち良さそうな稜線です。
3
槍ヶ岳アップ。やっぱり、カッコいいですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳アップ。やっぱり、カッコいいですね!
3
奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳
1
ガスが取れました。ホントいい景色だ!🗻✨
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れました。ホントいい景色だ!🗻✨
2
三股方面への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股方面への分岐点
残念ながら山頂はガスに覆われてました。山頂は、思っていたより狭かったです。写真撮って下さった方、ありがとうございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら山頂はガスに覆われてました。山頂は、思っていたより狭かったです。写真撮って下さった方、ありがとうございました!
5
もう一つの山頂標識です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つの山頂標識です。
では、常念乗越に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、常念乗越に戻ります。
1
常念小屋で昼飯休憩と山バッチを購入します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋で昼飯休憩と山バッチを購入します。
さぁ、一の沢コースを戻りますよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、一の沢コースを戻りますよ〜
再び胸突八丁。登りよりも下りの方が緊張します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び胸突八丁。登りよりも下りの方が緊張します。
カミキリムシかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミキリムシかな?
1
相変わらず、キレイな沢の流れです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず、キレイな沢の流れです。
一の沢コースは、基本このような樹林帯の道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢コースは、基本このような樹林帯の道です。
山の神まで戻り、ここまでの無事の下山に感謝します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神まで戻り、ここまでの無事の下山に感謝します。
1
一の沢登山口に帰還!お疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢登山口に帰還!お疲れさまでした。
1
撮影機材:

感想/記録

前から登りたかった常念岳に、遂に登って来ました!山頂ではガスってしまいましたが、常念乗越ではしっかり槍・穂高が見えました。そして、胸突八丁付近を中心に、高山植物がたくさん咲いてました。またいつか常念岳に行けたら、今度は燕岳〜大天井岳〜常念岳の縦走で登りたいと思います。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ