ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930254 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

月山(月山八合目BS〜湯殿山BS)

日程 2016年07月26日(火) 〜 2016年07月27日(水)
メンバー yamadora
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

羽黒山の出羽三山神社に参拝後、バスで八合目へ
2016年07月26日 13:58撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽黒山の出羽三山神社に参拝後、バスで八合目へ
キンコウカが咲き乱れる弥陀ヶ原
2016年07月26日 15:13撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンコウカが咲き乱れる弥陀ヶ原
1
美しき池塘群
2016年07月26日 15:46撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しき池塘群
1
御田原参篭所に宿泊
2016年07月26日 16:06撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田原参篭所に宿泊
鳥居の間から月山を拝む
2016年07月26日 17:46撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居の間から月山を拝む
2
朝から生憎の雨模様だが花が目を和ませる
2016年07月27日 08:04撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から生憎の雨模様だが花が目を和ませる
1
雨中の月山山頂小屋
2016年07月27日 08:46撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨中の月山山頂小屋
根雪の中の下山路
2016年07月27日 09:33撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根雪の中の下山路
湯殿山神社に参拝後、参篭所までバスで下山
2016年07月27日 13:22撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿山神社に参拝後、参篭所までバスで下山
湯殿山神社の大鳥居
2016年07月27日 13:24撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿山神社の大鳥居

感想/記録

月山八合目へのバスが出る鶴岡までは、新潟駅で特急いなほ号に乗換え。梅雨明けが遅れている東北地方には前線が伸びてくる予報だが、山形県内は曇り空。しかし、鶴岡周辺では朝にかなりの雨量があったらしく、特急は途中で停車し、徐行運転に切り替わった。予定していたバスには乗れず、羽黒山での行程がやや慌ただしくなってしまったが、他に乗客のないバスで、月山八合目へと到着。
八合目はガスがかかり、やや肌寒く感じる。弥陀ヶ原を散策後、宿泊地となる御田原参篭所へと着く。他に宿泊客もなかったが、宴の騒ぎに辟易しつつ夜を過ごすこととなった。
翌朝は夜明け後から降雨。新調した雨具を着込んで山頂を目指す。雨でも花々を見ながら登っていけるので、気持ちには晴れ間も覗く。標高は2000メートルに満たない月山だが、八合目先から山肌の窪地には根雪が残る。
九合目の仏生池小屋を過ぎると、ガスが濃くなってくる。山頂では雨も強まり、月山神社をいったん通り過ぎてしまい、山頂小屋から引き返し、御祓いを済ませて無事登拝。
予定していた湯殿山への下山路は沢の渡渉もあるため、月山八合目に引き返すことも選択肢として残していたが、レーダーの雨雲の動きを見ると、月山八合目に引き返す方が豪雨にぶつかるリスクが高そうだったため、当初の予定通り湯殿山への道をとる。やはり三山に詣でなければ点睛を欠くことにもなる。
山頂直下の岩まじりの急坂を下り、根雪の中の滑りやすい箇所を越え、沢沿いの道を更に下っていくと、施薬避難小屋へと着く。小屋で一息入れ、いよいよ難所の月光坂へと差し掛かる。雨で滑りやすい梯子を慎重に下る。梯子を下りきっても、まだ沢沿いの滑りやすい急坂が続く。渡渉も石を渡って無事に越え、ようやく湯殿山神社に着く。
ここでは、裸足になってから御祓いを受け、御神体を巡る。さすがに雨の中、参拝バスが有難い。参篭所で風呂と食事にありつき、予定のバスで鶴岡まで戻ることができた。
訪問者数:139人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 避難小屋 渡渉 特急 梅雨 池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ