ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930363 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬(鳩待峠〜小至仏山〜鳩待峠〜尾瀬ケ原〜見晴〜アヤメ平〜鳩待峠)

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー palito, その他メンバー2人
天候曇/雨/晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間50分
休憩
40分
合計
8時間30分
S鳩待峠09:4012:15小至仏山14:40鳩待峠15:2018:10見晴(下田代十字路)
2日目
山行
5時間15分
休憩
50分
合計
6時間5分
見晴(下田代十字路)07:3008:00竜宮十字路10:30富士見田代(尾瀬原分岐)10:35冨士見小屋11:0011:25アヤメ平11:3513:15鳩待峠13:3013:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠
2016年07月30日 09:33撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠
至仏山への登山道から尾瀬ヶ原と燧ヶ岳方面。
2016年07月30日 10:56撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山への登山道から尾瀬ヶ原と燧ヶ岳方面。
1
小至仏山までで母親の体力と技術を考慮して引き返すことにした。このあと大雨になる。引き返す判断は適切だった。
2016年07月30日 12:15撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山までで母親の体力と技術を考慮して引き返すことにした。このあと大雨になる。引き返す判断は適切だった。
2
鳩待峠で雨宿り。ていうかこの雨では予定していた見晴の第二長蔵小屋まで両親と共に行くのは困難だ。小屋の予約をキャンセルして、戸倉か近場の宿が取れないか検討してるうちに雨がやんだ。なので第二長蔵小屋を再予約して、そこを目指すことにした。
2016年07月30日 14:56撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠で雨宿り。ていうかこの雨では予定していた見晴の第二長蔵小屋まで両親と共に行くのは困難だ。小屋の予約をキャンセルして、戸倉か近場の宿が取れないか検討してるうちに雨がやんだ。なので第二長蔵小屋を再予約して、そこを目指すことにした。
1
31日朝食前、見晴から霧が立ち込める尾瀬ヶ原。朝方に降っていた雨はあがった。
2016年07月31日 05:35撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31日朝食前、見晴から霧が立ち込める尾瀬ヶ原。朝方に降っていた雨はあがった。
1
霧も晴れて快晴の尾瀬ヶ原。正面に至仏山。
2016年07月31日 07:34撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧も晴れて快晴の尾瀬ヶ原。正面に至仏山。
3
振り返って燧ヶ岳。
2016年07月31日 07:44撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って燧ヶ岳。
3
富士見田代
2016年07月31日 10:29撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代
3
富士見峠の小屋は閉鎖したんだったかな?
2016年07月31日 10:41撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠の小屋は閉鎖したんだったかな?
アヤメ平
2016年07月31日 11:34撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平
2

感想/記録
by palito

京都に住む両親が尾瀬に行くというのでそのお供で。前夜のうちにレンタカーを借りて、朝5時過ぎに東京を出発した。鳩待峠から至仏山をピストンして、見晴の第二長蔵小屋に泊まり、アヤメ平経由で鳩待峠に戻る計画。
母親の体力と技術では至仏山まで行くのは厳しいと判断し、途中の小至仏山で引き返した。その後、大雨が降り始め、レインウエアを着込んで沢のようになった登山道を下る。
鳩待峠で雨宿りするも、ただ時間は過ぎていくし、この先雨に降られながら見晴まで進むのは困難と判断し、一旦は第二長蔵小屋の予約をキャンセルした。レンタカーは2日間借りているし、せっかく京都から来た両親のためにも、このまま東京に戻るのは残念だ。じゃあ戸倉か近場の宿を取ろうかと、あれこれ検討してるうちに雨があがった。それならばと第二長蔵小屋を予約し直して、山ノ鼻まで下った。
怪我の功名というか、結果オーライというか、夕暮れ時の雨上がりの尾瀬ヶ原は、人気も少なくとても気持ちのいい木道歩きとなった。
訪問者数:216人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ピストン 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ