ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930544 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳(リベンジ)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー kwskyk(CL), PierreHM(記録), その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
06:25 新島々
08:15 観光センター
09:15 肩の小屋口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
10分
合計
3時間40分
S肩の小屋口09:0009:50肩の小屋10:45蚕玉岳11:00剣が峰11:1011:50肩の小屋12:30花畑入り口12:40畳平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。雪壁は消えていた。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ

写真

観光センターから。晴れ間も見えるけど、雲も多い。
2016年07月24日 07:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光センターから。晴れ間も見えるけど、雲も多い。
肩の小屋口から肩の小屋へ行く途中は花盛り。
ミヤマキンポウゲかな?
2016年07月24日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋口から肩の小屋へ行く途中は花盛り。
ミヤマキンポウゲかな?
1
ハクサンイチゲかな?
2016年07月24日 09:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲかな?
1
ヨツバシオガマとウサギギクかな。白いのは?
2016年07月24日 09:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマとウサギギクかな。白いのは?
1
イワギキョウ。
2016年07月24日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ。
1
ハクサンイチゲだろうか。
2016年07月24日 09:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲだろうか。
ガスってきた。
2016年07月24日 09:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきた。
権現池。
2016年07月24日 10:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現池。
2
山頂より。雲が上がってきた。
2016年07月24日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。雲が上がってきた。
2
畳平までは整備された道を行きます。
2016年07月24日 12:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳平までは整備された道を行きます。
右を行くと富士見岳。
2016年07月24日 12:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を行くと富士見岳。
不消ヶ池(きえずがいけ)
2016年07月24日 12:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不消ヶ池(きえずがいけ)
2
コマクサ。
2016年07月24日 12:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。
去年来た時は台風接近中だった。少しほうふつとさせる光景。
2016年07月24日 12:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年来た時は台風接近中だった。少しほうふつとさせる光景。
畳平に広がるお花畑
2016年07月24日 12:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳平に広がるお花畑
2
コバイケイソウ。
先日本を読んでいたら、有毒植物との紹介が。
2016年07月24日 12:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ。
先日本を読んでいたら、有毒植物との紹介が。

感想/記録

 乗鞍岳は初心者でも登れる3000m峰ということで、過去2回のチャレンジをするも、いずれも跳ね返されてきた。我々を寄せ付けない山である(?!)。第一回目は2年ほど前に濃霧のため断念(成果は霧にかすむ臨死体験のようなお花畑を見たこと)。第二回目はつい1か月前だが、残雪で登山道が分からなくなり断念(成果は初めて軽アイゼンをつけたこと)。特に第二回目は肩の小屋登山口が見えているという極めて初期段階での引き返しとなったため、我がパーティのリーダーの落ち込みは激しく、またリベンジに燃えるその執念はすさまじく、この7月末での再チャレンジとなったのであった。
 なんとか天気ももった前日の23日、リーダーと助っ人の2名は、燃えるリベンジの心を隠しつつ、ゆるゆると松本市内観光でほっこりし、夕方にはわれらの拠点である新島々の石川旅館に入った、記録係の小生は会社の残務をこなした後、19時過ぎに石川旅館で合流した。とても気に入っている石川旅館では、な、なんとサービスでビールが出たのであった。気分を良くした小生はリーダーの分も奪って飲み、満足して寝たのであった。
 翌朝は、6:25のバスに乗り、まずは観光センターへ。ここではまだスキーを担いだ人が結構いて無類のスキー好きはいるのだなあと感心した次第。観光センターから肩の小屋口まで乗り継いで下車。さあリベンジ開始である。1か月前とはうって変わって大雪渓に雪はほとんどなく、上部の方にちょっと残るのみとなっていた。当然アイゼンはいらず、1か月前の悔しさを思い出しつつ、助っ人にそのときの状況を愚痴りつつ登り始めた。高山植物の開花が始まっており、名前が分からない、あるいは忘れてしまった花の写真を撮りながらゆっくり登った。45分ほどで肩の小屋に着くとそこは畳平方面から来た人で結構混雑していた。バスが遅れてちょっと予定が押していたので、そこでは給水と行動食のみとし、すぐに剣が峰に向かった。霧あるいは雲が下から沸き上がって来て、日焼けはするが北アルプスは見えないという悲しい状況の中、黙々と登っていると、ジャージ姿の中学生の集団が降りてきた。うーん軽快な動きだ。歳をとるとこの軽快さがなくなる。何をやるにもゆっくりになる。早いのは飯を食うことぐらいである。それも軽快ではない。
 さて、50分ほどでかすかに蚕玉岳?と書かれた小ピークに到着。ここから両端が切り立った尾根道を下がってもう一度登ると剣が峰である。尾根道からは権現池がきれいに見えた。素晴らしい景色。池の青と残雪の白が美しい。15分ほどで剣が峰山頂到着。山頂は狭く超混雑状態。順番待ちして写真を撮ったが、雲が出てきて山頂から権現池は見えず。ということで10分ほどの滞在で早々に下山することにした。
 下山は渋滞。渋滞だけどあまり詰まっている感じはなく、小生にしては結構いいペースで下っていき、予定を取り戻して肩の小屋に戻った。ここからは整備された道を畳平に行くだけである。途中6月に間違えた道がよくわかる場所を通り、再び愚痴を助っ人に聞かせながら下っていくと、道端にコマクサ発見。助っ人は初めて見るとのことでここでも成果あり。畳平のお花畑への道を採ったが、バスの時間の関係で入口だけ見て終了し、バス停のベンチで昼食をとることにした。待望の味噌汁。やっぱり山行にはこれですね。時間があまりなかったので慌てて食べてバスに乗り込んだ。バスの中では不用意にぶら下がった誰かの熊スズがずっと鳴っていたが、それでも寝てしまったのは体力を消耗したのだろう。バスを乗り継ぎ、萌えキャラで痛車と化した松本電鉄に乗り、予定通りに松本駅に着いた。
 ここで予想外の事態発生。リーダーの乗ろうとした余裕だと思っていた列車が指定満席だったのだ。グリーン車という選択肢を捨て、30分前から並ぶという選択肢も捨てるという大勝負に出たリーダーは、直前に並んだにも関わらず、また始発駅でなかったにも関わらず窓側の席をゲットし、悠々と帰っていったのであった。
 小生の列車は、はじめはガラガラだったが次第に混んできて、某駅からは、おそらく週末ゴルフを楽しんできたオジサン+その奥さんという6人組が乗ってきて、お酒をぐびぐび飲みながらすごく楽しそうであった。楽しそうであったけどちょっとうるさかった。他人の振り見て我が振り直せ。小生の日頃を反省。登山ではいろいろなことを学ぶことができる。


以上
訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ