ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930569 全員に公開 ハイキング日高山脈

北戸蔦別岳へ 本当は幌尻岳を目指したが 残念!

日程 2016年07月20日(水) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候曇り 視界なし
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石勝樹海道路 ひだか道の駅から15分ほどチロロ林道へ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間10分
休憩
30分
合計
11時間40分
S二岐沢登山口03:4004:30林道終点・北電取水口06:30トッタの泉07:30ヌカビラ岳08:00北戸蔦別岳08:1009:401904m地点11:00北戸蔦別岳11:2012:40トッタの泉13:10滝 沢との出合14:30林道との出合15:20二岐沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
7月18日 
15:10 安曇野穂高発
22:30 新潟港発 フェリー
7月19日
17:20 苫小牧港着
21:00 日高 二岐川登山口 車中泊
<復路>
16:30 日高 松屋旅館泊
コース状況/
危険箇所等
沢登り 徒渉がある しかし印もしかりしていて踏み跡もあり問題ない
山頂・分岐に方向を示す表示がないので視界のないときには要注意
その他周辺情報沙流川温泉
ひだか道の駅 コンビニもある
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

幌尻岳めざし3:40出発
3:00頃出かけた方がいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌尻岳めざし3:40出発
3:00頃出かけた方がいた
林道の終点北電取水施設
明るくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点北電取水施設
明るくなる
北トッタベツ岳方面の表示がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北トッタベツ岳方面の表示がある
入り難い登山道に分け入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り難い登山道に分け入る
沢に沿っての登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿っての登り
稜線の一部が見えてくる
急登が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の一部が見えてくる
急登が続く
ヌカビラ岳付近
急登が終わる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカビラ岳付近
急登が終わる
北海道に多い
イワブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道に多い
イワブクロ
1週間後にはほとんどなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1週間後にはほとんどなかった
北戸蔦別岳山頂
幌尻方面の表示がない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北戸蔦別岳山頂
幌尻方面の表示がない
方向を間違えたことも知らず
お花畑を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方向を間違えたことも知らず
お花畑を進む
1:40分進む
先行していた人の足跡もなく
間違えたことに気づく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1:40分進む
先行していた人の足跡もなく
間違えたことに気づく
1904m地点?
伏美岳方面に来てしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1904m地点?
伏美岳方面に来てしまった
ハイマツをかき分け戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツをかき分け戻る
時々現れる
ツガザクラなどのお花畑は見事だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々現れる
ツガザクラなどのお花畑は見事だった
かなり下ってしまったようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下ってしまったようだ
3時間のロス
ここから幌尻岳を目指すには時間的に無理
今日は北戸蔦別岳を登ったこととする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間のロス
ここから幌尻岳を目指すには時間的に無理
今日は北戸蔦別岳を登ったこととする
本来行くべき幌尻岳方面の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来行くべき幌尻岳方面の登山道
引き返す間際
戸蔦別岳だろうか雲の中から顔を出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返す間際
戸蔦別岳だろうか雲の中から顔を出す
急斜面を下って戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を下って戻る
滝 ここまでが急斜面
ここから先 沢を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝 ここまでが急斜面
ここから先 沢を下る
大きな北海道の蕗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな北海道の蕗
林道との出合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道との出合
駐車場に帰る
先行した方はまだ戻っていない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に帰る
先行した方はまだ戻っていない

感想/記録

2016(平成28年)7月20日(水)

幌尻岳へ(北戸蔦別岳へ)

「視界なく 3時間ロス 北戸蔦別」

結果は北戸蔦別岳で道を間違え3時間のロス。
泣く泣く北戸蔦別岳から下山した。

今回の「北海道・百名山5座の旅」での
最大の目標が
幌尻岳

北海道での1日目はキロロ川の上流
二岐川登山口での車中泊
私の車だけが暗闇の中で一夜を明かす。
霧雨が幌尻岳への不安を掻き立てる。
そのためなかなか眠ることができなかった。

3:30頃起床。
まだ暗い中3:50二岐川のゲートを出発した。
北海道の山で一番怖いのはヒグマ。
鐘を鳴らし、笛を吹き、大声も出し林道を進む。
徐々に明るくなるが霧雨は上がっていない。
天気予報では曇り、これから天候は良い方向にあった。

林道の終点から本格的な登山道となる。
大きな北海道の蕗の葉が登山道を覆う。
たっぷり露を含み、上半身があっという間にびしょぬれ。
蕗の葉の後は沢に沿って、徒渉、そして沢を登るところもある。
かなりきつい登山道だと感じ始めていた。

沢を歩き滝が出てきたところから、
滝を巻くように急登が始まった。
濡れた登山道は滑り、ぬかるんでいるところもあり
急坂に輪をかけ厳しい登りとなっていた。

ヌカビラ岳にたどり着いた時にはほっとしたが
全くの視界のない状況だった。
ヌカビラ岳から北戸蔦別岳への緩やかな登りの稜線には
お花畑と雪渓が残っていた。

北戸蔦別岳へ到着
時間的には幌尻岳へ十分行ける余裕はあった。
ところが視界がないのと、地図を見間違えたのと、
さらに北アルプスの丁寧な表示に慣れているのがあだになった。

本当は自分のいい加減さが
この大目標であった幌尻への途中で
最大のミスを犯してしまったのだ。
北戸蔦別岳へ到着した安心感から
見えた登山道に入って行ってしまったのだ。
幌尻岳の山容が見えていれば間違えなかっただろうし
幌尻岳の方向を示す表示があればまず間違えることはなかった。

それが見えた登山道に疑いなく入っていてしまったのだ。
ハイマツの壁にぶつかりながら進むのも苦しくこの道でいいのか
考えながらも進んでしまった。
そんな中でもツガザクラの絨毯が敷かれたような
お花畑には感激した。

1時間30分ほど進み幌尻山荘への分岐、戸蔦別岳が出てこない。
おかしいと思い地図をもう一度見るに
逆方向に来ているように思ったのだ。

これ以上進むとどうなる?
不安になり来た道を戻ることにした。
相変わらず回りは雲がかかり様子は分からないが
かなり下ってきていることがうっすらと見える山から分かった。

1時間30分ハイマツの枝に悪戦苦闘しながら北戸蔦別岳へ戻った。
そして周りを見るともう1本の登山道が伸びているのを確認できた。
間違えた!
がっかり!
3時間のロスは幌尻岳を諦めざろう得なかった。
霧雨にびしょびしょになりながら
ヌカビラ岳からの急坂に気を付け下山となった。

幌尻岳は微笑んでくれなかった。
もう一度挑戦しなければと思い長い林道を歩き
登山口に戻ることができた。
それにしても北戸蔦別岳までもかなりの距離があっただけに
もう一度か!
という思いも頭の中を巡らした。

続けて幌尻岳に向かうのは精神的にかなりきついものがあった。
続けては難しい。
他の山を登ってから再挑戦しようという気持ちになっていた。

ふるちゃん
訪問者数:70人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ