ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930706 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

石楠花谷から大池地獄谷

日程 2016年08月02日(火) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
33分
合計
5時間14分
Sスタート地点08:4109:02地獄谷登山口10:03釜滝10:1510:29地獄谷登山口10:3011:19地獄谷大滝11:3812:30ノースロードと地獄谷の出合12:3112:43唐櫃道行者堂13:23猪ノ鼻滝13:55からとの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

神鉄大池駅よりスタート。
2016年08月02日 08:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄大池駅よりスタート。
テニス場駐車場より、沢に入る。
2016年08月02日 09:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テニス場駐車場より、沢に入る。
1
少し歩くと、すぐに最初の滑滝が。滝左より巻きます。
2016年08月02日 09:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと、すぐに最初の滑滝が。滝左より巻きます。
3
すぐに大きな釜のある小滝に。左のロープは何に使うもの?滝横は通れそうにない。
2016年08月02日 09:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに大きな釜のある小滝に。左のロープは何に使うもの?滝横は通れそうにない。
2
滝から10mほど後ろ左に、巻き道があります。
2016年08月02日 09:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝から10mほど後ろ左に、巻き道があります。
石楠花谷では有名な、ゴルジュ状の小滝。写真では小さくしか見えませんが、滝の上流に青いボールが浮いてます。右から巻きます。
2016年08月02日 09:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花谷では有名な、ゴルジュ状の小滝。写真では小さくしか見えませんが、滝の上流に青いボールが浮いてます。右から巻きます。
5
高巻く道もありましたが、いったん沢に下ります。
2016年08月02日 09:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻く道もありましたが、いったん沢に下ります。
1
ゴムボール回収しようとするが、届かず。
2016年08月02日 09:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴムボール回収しようとするが、届かず。
3
堰堤近くまで来たが、これ以上は滑りそうなので、さきほどの高巻き道を進むことに。
2016年08月02日 09:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤近くまで来たが、これ以上は滑りそうなので、さきほどの高巻き道を進むことに。
1
高巻いた後、道が不明瞭で迷路状態。
2016年08月02日 09:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻いた後、道が不明瞭で迷路状態。
1
何とか石楠花谷の登山道に合流。釜滝へ進みます。
2016年08月02日 10:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか石楠花谷の登山道に合流。釜滝へ進みます。
1
釜滝です。見事な滝でしたが、日差しが結構入ったので、写真は撮りにくかった。石楠花谷のハイライトは前半なので、ここでいったん下山します。
2016年08月02日 10:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜滝です。見事な滝でしたが、日差しが結構入ったので、写真は撮りにくかった。石楠花谷のハイライトは前半なので、ここでいったん下山します。
3
今度は大池地獄谷へ。去年までは雨の多い時期しか水没してなかったのに、今は常に水没している様子。
2016年08月02日 10:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は大池地獄谷へ。去年までは雨の多い時期しか水没してなかったのに、今は常に水没している様子。
この部分、微妙に通りやすくなっている。
2016年08月02日 10:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この部分、微妙に通りやすくなっている。
1
西尾根との分岐、直進します。谷道と言えども、谷から離れた道は、それなりに暑い。
2016年08月02日 10:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根との分岐、直進します。谷道と言えども、谷から離れた道は、それなりに暑い。
やっと沢まで降りてきました。しかし、水が異様にきたない。しかもかなりくさい。
2016年08月02日 10:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと沢まで降りてきました。しかし、水が異様にきたない。しかもかなりくさい。
3
堰堤前の滑滝ですが、とにかくくさい。楽しむ雰囲気ではない。
2016年08月02日 10:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤前の滑滝ですが、とにかくくさい。楽しむ雰囲気ではない。
3
堰堤を左から越えると、このように水没してます。
2016年08月02日 10:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を左から越えると、このように水没してます。
高巻き道は、堰堤越える前の、白テープ部分を左に入ります。
2016年08月02日 11:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻き道は、堰堤越える前の、白テープ部分を左に入ります。
だいぶん巻きましたが、やっと谷に戻ります。
2016年08月02日 11:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん巻きましたが、やっと谷に戻ります。
ここから大池地獄谷らしくなります。水の臭さも少なくなり、楽しめる雰囲気になってきました。
2016年08月02日 11:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大池地獄谷らしくなります。水の臭さも少なくなり、楽しめる雰囲気になってきました。
3
広い滑床部分で、休憩。このあたりの雰囲気はとても良い。
2016年08月02日 11:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い滑床部分で、休憩。このあたりの雰囲気はとても良い。
1
地獄大滝が見えてきた。
2016年08月02日 11:23撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄大滝が見えてきた。
2
ここも日差しが強く、滝上まで撮ると白飛びしてしまう。ここも堰堤前後ほどではないが、結構臭い。大池地獄谷は全体的に、水が臭い。
2016年08月02日 11:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも日差しが強く、滝上まで撮ると白飛びしてしまう。ここも堰堤前後ほどではないが、結構臭い。大池地獄谷は全体的に、水が臭い。
3
滑床が続きます。
2016年08月02日 11:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑床が続きます。
2
ここでは谷が大きく左に曲がっています。分かりにくい所には常に案内標識が立っていて分かりやすい。
2016年08月02日 11:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでは谷が大きく左に曲がっています。分かりにくい所には常に案内標識が立っていて分かりやすい。
3
上流になっても、まだまだ滝は多いです。
2016年08月02日 11:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流になっても、まだまだ滝は多いです。
3
水量もまあまあです。
2016年08月02日 11:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量もまあまあです。
2
ほんと、案内標識だらけ。
2016年08月02日 11:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんと、案内標識だらけ。
1
ゴルジュ状のところもあり。
2016年08月02日 12:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ状のところもあり。
かなり上流になり、滝がショボくなります。この先で堰堤を越えますが、堰堤の上流がまたひどかった。
2016年08月02日 12:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり上流になり、滝がショボくなります。この先で堰堤を越えますが、堰堤の上流がまたひどかった。
1
堰堤上流は、水没こそしてなかったですが、泥状になっており、ドブ臭い。通りたくないので、少し上流に回って反対側に来ました。
2016年08月02日 12:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤上流は、水没こそしてなかったですが、泥状になっており、ドブ臭い。通りたくないので、少し上流に回って反対側に来ました。
2
沢を離れ、熊笹道を歩きます。ここ直進しましたが、左が正解だったかも。
2016年08月02日 12:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を離れ、熊笹道を歩きます。ここ直進しましたが、左が正解だったかも。
ノースロードに合流したが、標識は見当たらず。
2016年08月02日 12:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノースロードに合流したが、標識は見当たらず。
東に少し進むと、地獄谷の標識か。こちらが正しい道のよう。
2016年08月02日 12:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に少し進むと、地獄谷の標識か。こちらが正しい道のよう。
下りはシュラインロード。
2016年08月02日 12:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはシュラインロード。
1
峰山峡は、水遊びしている家族がいました。
2016年08月02日 13:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰山峡は、水遊びしている家族がいました。
唐櫃に到着。最後はからとの湯に入りました。
2016年08月02日 14:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐櫃に到着。最後はからとの湯に入りました。

感想/記録

夏場なので、谷道ばかり登ってます。今日は石楠花谷の釜滝までの前半と、大池地獄谷を歩きました。それにしても大池地獄谷の水は相当汚いですね。きれいな風景でも、臭いがきつかったら、雰囲気台無しです。
石楠花谷のほうは水はきれいでしたので、そのまま石楠花谷を登っていけば良かったです。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高巻き 巻き道 ゴルジュ 滑滝 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ