ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930937 全員に公開 ハイキング剱・立山

夏の立山・雷鳥沢キャンプ

日程 2016年07月28日(木) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー Tad(CL)
天候28日 曇り
29日 晴れ のち 曇り
30日 曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
・立山駅周辺の無料駐車場に駐車
・立山駅〜室堂ターミナル 往復 4,310円(5日有効)
  ※ 29日午前はケーブルカー運休で立山駅から室堂まで代行直通バスが運転
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
41分
休憩
1分
合計
42分
Sみくりが池08:3308:42みくりが池温泉08:4309:00雷鳥荘09:15雷鳥沢キャンプ場
2日目
山行
2時間24分
休憩
4分
合計
2時間28分
雷鳥沢キャンプ場11:2211:26浄土橋11:3013:50剱御前小舎
3日目
山行
3時間21分
休憩
3時間28分
合計
6時間49分
剱御前小舎04:0004:30別山南峰05:4506:30剱御前小舎08:0608:56浄土橋08:5909:19雷鳥沢キャンプ場09:4309:55雷鳥沢ヒュッテ09:5710:07雷鳥荘10:28みくりが池温泉10:3610:45みくりが池10:49室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
劔御前小屋〜別山南峰はGPS不携帯のため手入力
コース状況/
危険箇所等
問題個所なし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント シュラフ ストーブ コッヘル 食糧 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ

写真

【1日目】室堂到着 稜線はどんより
2016年07月28日 08:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【1日目】室堂到着 稜線はどんより
新設された「火山ガス情報ステーションン」
2016年07月28日 08:44撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新設された「火山ガス情報ステーションン」
1
地獄谷と大日岳
2016年07月28日 08:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷と大日岳
3
ライチョウ荘付近から見下ろす雷鳥沢は空いてる感じ
2016年07月28日 08:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウ荘付近から見下ろす雷鳥沢は空いてる感じ
2
雷鳥沢へのアプローチのこの感じ、なかなか良い
2016年07月28日 09:12撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢へのアプローチのこの感じ、なかなか良い
まあまあの場所に設営
2016年07月28日 10:00撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあまあの場所に設営
1
お昼近くにはガスが出てきた
2016年07月28日 11:21撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼近くにはガスが出てきた
今年は雪解けが早かったのでチングルマが既に綿毛!
2016年07月28日 12:12撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は雪解けが早かったのでチングルマが既に綿毛!
6
雷鳥沢に咲いていた花 1
2016年08月02日 22:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢に咲いていた花 1
3
雷鳥沢に咲いていた花 2
2016年08月02日 23:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢に咲いていた花 2
2
夕方になっても晴れず
2016年07月28日 18:57撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方になっても晴れず
3
日没時の別山方面
2016年07月28日 18:58撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没時の別山方面
5
【2日目】3時頃に目が覚めると星が出ている
2016年07月29日 03:13撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【2日目】3時頃に目が覚めると星が出ている
8
西空には天の川と夏の大三角
2016年07月29日 03:15撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西空には天の川と夏の大三角
9
日の出直前の大日岳方面の空
2016年07月29日 04:51撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出直前の大日岳方面の空
1
立山稜線には小規模な滝雲
2016年07月29日 05:04撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山稜線には小規模な滝雲
3
合流した二人と劔御前小屋へ
2016年07月29日 11:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流した二人と劔御前小屋へ
分岐を右へ
2016年07月29日 11:28撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右へ
登山道脇に大きな花園を見つけて撮影に夢中の二人
2016年07月29日 12:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に大きな花園を見つけて撮影に夢中の二人
稜線近くにはタデの群落
2016年07月29日 13:22撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くにはタデの群落
2
ようやく稜線の建物が見えてきた
2016年07月29日 13:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線の建物が見えてきた
小屋直下のイワツメクサの群落
2016年07月29日 13:49撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋直下のイワツメクサの群落
1
稜線にはトウヤクリンドウの株も多くあった
2016年07月29日 13:50撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にはトウヤクリンドウの株も多くあった
6
2時間半かかって小屋に到着するも剱岳は見えず
2016年07月29日 13:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間半かかって小屋に到着するも剱岳は見えず
【3日目】別山頂上で日の出を迎えるが、ガスはなかなか取れない
2016年07月30日 05:14撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【3日目】別山頂上で日の出を迎えるが、ガスはなかなか取れない
1
粘ってやっとこれくらいが撮れた
2016年07月30日 05:23撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粘ってやっとこれくらいが撮れた
4
小屋で朝食の弁当を食べてから一人だけ下山開始
2016年07月30日 08:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で朝食の弁当を食べてから一人だけ下山開始
4
奥大日が見えている
2016年07月30日 08:18撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日が見えている
4
チングルマと立山稜線
2016年07月30日 08:23撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマと立山稜線
4
雷鳥沢が近くなってきた
2016年07月30日 08:42撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢が近くなってきた
2
ザックを下し、撤収開始
2016年07月30日 09:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを下し、撤収開始
室堂への長い登り返し
2016年07月30日 09:56撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂への長い登り返し
帰りのバスを待つ
今日も無事下山!
2016年07月30日 11:00撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのバスを待つ
今日も無事下山!
3

感想/記録
by Tad

例年8月のお盆近辺に出かける雷鳥沢だが、今年は他の山行予定との調整をするために早めに計画する。

【1日目】
26日は立山方面が大雨だったことを踏まえて27日の入山を中止して28日に延期。

6時過ぎに立山駅へ着いてみると、雨の被害で前日から止まっているケーブルカーがこの日も動かず、代行バスで室堂まで直通するとのこと。美女平での乗継が不要となるのでむしろ好都合。 快適に8時過ぎに室堂ターミナルに到着。

室堂は晴れてはいないが、テントの設営を考えると雨でないだけ助かる。雷鳥荘付近から野営場を見下ろすと10−20張しか見えず良い場所を選べそう。
野営場に着いて孤立性と利便性を両立できそうな場所を選んで30分ほどで設営完了。いつになく飛んで来る虫が多いのが気にかかるが、まずまず快適そうな環境。

お昼を食べてから一の越あたりまで散歩するつもりだったが、午後になると雨がパラつき始めたので中止してテントの中で昼寝。目が覚めると雨も上がり、空気も涼しくなっていたのでカメラを持って野営場の周辺を散歩する。
今年は雪がかなり早く解けてしまったので花の進行も早く、雷鳥沢ではチングルマは既に綿毛になっている。その代り、いつもは夏の終わり頃に見られるような花も咲いている。

夕方になっても稜線近くは雲に覆われていて夕焼けの景色も期待できないので、早々に夕食を済ませて床に就く。


【2日目】
3時頃に目が覚めてテントから顔を出してみると空には星が一杯。驚いてカメラと三脚を慌てて準備して外に出る。
月が立山の稜線から少し上に昇って来ているがまだ月齢が若くて細いため、地上はそこそこに照らされている割に空はまだ十分暗い良い撮影条件。西の地平へ沈み始めた夏の大三角と天の川をきれいに撮ることができた。
夜が明けると空は青く晴れているが、稜線からは雲がなかなか取れない。日の出前後に少し撮影したが手ごたえなし。

この日の朝に室堂から入った山岳写真ASAのAさんとSさんが11時頃にやって来たので、テントをそのままにして3人で劔御前小屋を目指す。
登山道の途中からガスの中に突入して、小屋のある稜線についてもすぐそこにある剱岳の姿は見えず。

結局夕方になってもガスは取れず、諦めて8時頃に就寝。


【3日目】
2時に起きて外へ出てみるも完全にガスの中。これは今朝も諦めだな、と床へ戻る。
3時半に目覚ましがなったので再び外へ出てみると、相変わらずガスだが真上には星が見えている。「これは良い方向」と二人を起し、撮影の準備をしてまだ暗い中を別山山頂を目指して小屋を出る。

4時半頃に別山南峰に到着し、ガスの中でカメラを準備して夜明けを待つ。昨朝の経験からは日が昇ってくると気温が上がってガスが流れ、山々が見えてくると期待する。

日の出時刻の5時を過ぎてもガスは動かず、目の前にある筈の劔の姿は見えない。それでも我慢して待っていると、5時15分頃になって少しずつ霧が晴れて剱岳の輪郭が見え始める。
それからの15分間ほど3人で様々な角度で撮影するが、5時半を過ぎると再び霧に景色が隠されてしまい、切り上げて小屋へ戻る。

小屋で朝食を摂った後、この日は内蔵助小屋まで行くという二人と別れて雷鳥沢へ下りる。稜線近くはガスがあったが、下りるに従って霧は晴れて青空が広がってくる。
9時過ぎにテントに戻り、既にほぼ乾いていたテントを30分足らずで撤収して室堂へ向かう。

重い荷物で雷鳥荘までの登り返しが例によってキツイ。40分かかってみくりヶ池温泉まで戻り、堪らずソフトクリームで休憩。最後のターミナルまでの道を頑張る。

撮影の成果はいま一つだったが、いつもの雷鳥沢の雰囲気を味わえてリラックスできた山行だった。


訪問者数:304人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ