ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931072 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

御嶽山(濁河温泉〜継子岳〜お池めぐり)

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー biscuit
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
濁河温泉登山口駐車場(温泉街の終点)に駐車。
・約40台ほどの駐車スペース。
・登山口にバイオトイレが設置されています。
・温泉街手前にも市営駐車場有(3ヶ所:約70台可)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された登山道ですが、雨上がりということもあり、樹林帯に設置された木段はとてもすべりやすく注意が必要でした。
その他周辺情報チャオ御岳スノーリゾートの星空は素晴らしかったです☆

写真

下道を5時間のロングドライブ、チャオ御岳スノーリゾートに立ち寄りました。継子岳が見えています。
2016年07月31日 00:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下道を5時間のロングドライブ、チャオ御岳スノーリゾートに立ち寄りました。継子岳が見えています。
17
天の川が天空を跨ぐように輝いています。素晴らしい星空でした。
2016年07月31日 01:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天の川が天空を跨ぐように輝いています。素晴らしい星空でした。
24
美しい星空を背景に、愛車も今宵はエレガントな雰囲気です?
このあと濁河温泉登山口に移動し、車中で1時間ほど仮眠をとりました。
2016年07月31日 01:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい星空を背景に、愛車も今宵はエレガントな雰囲気です?
このあと濁河温泉登山口に移動し、車中で1時間ほど仮眠をとりました。
15
am4:10、飛騨頂上にい向けスタートします。
2016年07月31日 04:10撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
am4:10、飛騨頂上にい向けスタートします。
2
登山口にバイオトイレが設置されています。
2016年07月31日 04:16撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にバイオトイレが設置されています。
1
登山道に設置された番号札。ここは5番、五ノ池までほぼ等間隔に設けられていました。五ノ池で最終42番になるようです。
2016年07月31日 04:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に設置された番号札。ここは5番、五ノ池までほぼ等間隔に設けられていました。五ノ池で最終42番になるようです。
1
樹林帯をひたすら歩き、のぞき岩(2,250m)に到着。
整備された登山道ですが、やや朽ちた感じの木段はとてもすべりやすく注意が必要でした。
2016年07月31日 05:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をひたすら歩き、のぞき岩(2,250m)に到着。
整備された登山道ですが、やや朽ちた感じの木段はとてもすべりやすく注意が必要でした。
1
am6:04、おたすけ水(2,450m)着。
ほぼコースタイムのペースで歩けているようです。
2016年07月31日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
am6:04、おたすけ水(2,450m)着。
ほぼコースタイムのペースで歩けているようです。
1
森林限界を超える頃、雲が切れてきました。
2016年07月31日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超える頃、雲が切れてきました。
4
モミジカラマツでしょうか。
2016年07月31日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジカラマツでしょうか。
3
ハイマツの斜面の向こうに摩利支天が見えてきました。
2016年07月31日 06:32撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの斜面の向こうに摩利支天が見えてきました。
5
ゴゼンタチバナ
2016年07月31日 06:33撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
2
たくさんのお花を楽しめました。
2016年07月31日 06:57撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんのお花を楽しめました。
2
イワツメクサ
2016年07月31日 07:01撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
3
コマクサ
2016年07月31日 07:01撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
12
ヨツバシオガマ
2016年07月31日 07:02撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
5
ガスに包まれる五ノ池小屋。
2016年07月31日 07:07撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれる五ノ池小屋。
3
継子岳へ向かいます。
2016年07月31日 07:09撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳へ向かいます。
2
ガスの中進んで行きます。
2016年07月31日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中進んで行きます。
2
途中、雷鳥の親子に出会いました。
2016年07月31日 07:40撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、雷鳥の親子に出会いました。
20
よちよち歩きです。
2016年07月31日 07:43撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よちよち歩きです。
12
男の子の兄弟のようでした。
2016年07月31日 07:45撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男の子の兄弟のようでした。
21
微笑ましい光景です。
2016年07月31日 07:46撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微笑ましい光景です。
14
朝の光が摩利支天を照らしています。
2016年07月31日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の光が摩利支天を照らしています。
6
針の山を登っていきます。
2016年07月31日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針の山を登っていきます。
3
継子岳、青空が広がりました。
2016年07月31日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳、青空が広がりました。
9
雲の動きが早く、乗鞍岳が見え隠れしていました。
2016年07月31日 08:11撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の動きが早く、乗鞍岳が見え隠れしていました。
6
摩利支天〜剣ヶ峰、左に継子曲。
2016年07月31日 08:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天〜剣ヶ峰、左に継子曲。
6
四ノ池へと下っていきます。
2016年07月31日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ池へと下っていきます。
3
四ノ池の渡渉点
2016年07月31日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ池の渡渉点
4
小川のせせらぎの響きにほっと一息。。
2016年07月31日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川のせせらぎの響きにほっと一息。。
6
湿原のお花畑にも癒されました。
2016年07月31日 09:23撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原のお花畑にも癒されました。
6
四ノ池からはいったん登り返しになります。
2016年07月31日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ池からはいったん登り返しになります。
2
登り返しが終わると絶景が広がります。
2016年07月31日 09:44撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しが終わると絶景が広がります。
24
継子岳〜継子曲、四ノ池の広大な湿原を俯瞰する眺め。
2016年07月31日 10:01撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳〜継子曲、四ノ池の広大な湿原を俯瞰する眺め。
11
外輪を三ノ池へと下っていきます。
2016年07月31日 10:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪を三ノ池へと下っていきます。
18
三ノ池の畔で山の平穏を祈願し祠に参拝します。
2016年07月31日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池の畔で山の平穏を祈願し祠に参拝します。
9
4年ぶりの三ノ池、変わらぬ美しい姿で私を迎え入れてくれました。
2016年07月31日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4年ぶりの三ノ池、変わらぬ美しい姿で私を迎え入れてくれました。
26
五ノ池小屋へ戻ります。
2016年07月31日 11:05撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋へ戻ります。
3
ありがとう三ノ池♪
2016年07月31日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう三ノ池♪
11
五ノ池小屋が見えてきました。
名残惜しいのですが、下山です。
2016年07月31日 12:28撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋が見えてきました。
名残惜しいのですが、下山です。
4
ハイマツの海へと入ってゆきます。
2016年07月31日 12:45撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの海へと入ってゆきます。
6
登山口まで戻ってきました。
2016年07月31日 14:20撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。
6

感想/記録

コバルトブルーに輝く三ノ池。
湿原に広がるお花畑、その中を小川が流れる四ノ池。
継子岳周辺、緑の大地と岩場に広がるお花畑は夏の御嶽山の美しさを象徴する場所だと思いました。
一方、剣ヶ峰方面に目を向けると灰色の火山灰に覆われた悲しい現実がありました。
大自然の美しさと厳しさが表裏一体のものであることを現在の御嶽山の姿は伝えていると感じました。

この日は登山道を整備し、安全を守ってくださる地元の人たちとお話ができました。
湯の花峠では草刈機を使って登山道の整備をされている方がおりました。
三ノ池では登山道の安全点検をされている方にもお会いしました。
女人堂へ向かうトラバースルート上の雪渓が陥没し、この日は通行止めということでした。
自然環境を保護し、私たちの安全登山のためにこうして尽力されている方々には心より敬意を表するとともに深く感謝申し上げます。
山の平穏を祈り、地域の復興が加速していくことを願うばかりです。

動画はこの日撮影した映像のタイムラプスです。


訪問者数:505人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ