ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931175 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峯 釈迦ヶ岳 前鬼より

日程 2016年08月03日(水) [日帰り]
メンバー jsbx100, その他メンバー1人
天候晴れ〜曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R168からR169に入り、池原ダム途中より前鬼登山口に入る。
登山口手前に数台駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
2時間12分
合計
6時間41分
S前鬼林道ゲート06:1006:34小仲坊06:4507:30二ツ岩07:3608:05水場08:0808:10太古の辻08:1608:19大日岳08:2008:35深仙ノ宿08:5109:26釈迦ヶ岳10:0510:28深仙ノ宿10:4010:53大日岳11:1711:18太古の辻11:2411:25水場11:2611:46二ツ岩11:5012:27小仲坊12:3012:51前鬼林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
国道は道幅も広いので危険な個所はありません。
途中登山口までは道幅は狭くなりますが、それほど危険な個所は有りませんでした。
その他周辺情報下北山村スポーツ施設に「きなりの湯」があります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 Tシャツ ソフトシェル 靴下 グローブ ゲイター ザック 行動食 ヘッドランプ GPS 筆記用具 タオル

写真

登山口までに「不動七重の滝」が見えます。
なかなかの迫力です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口までに「不動七重の滝」が見えます。
なかなかの迫力です。
3
前鬼口からは2km程は林道をてくてく歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前鬼口からは2km程は林道をてくてく歩いていきます。
小仲坊に到着。
トイレあります(チップ制)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仲坊に到着。
トイレあります(チップ制)
さていよいよ奥駆路への入り口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さていよいよ奥駆路への入り口です。
ガレ場、丸太階段がしばらく続きます。我慢のポイントです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場、丸太階段がしばらく続きます。我慢のポイントです。
1
有名な二つ岩。
(正直もう少し大きいものだと勝手に思っていました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な二つ岩。
(正直もう少し大きいものだと勝手に思っていました)
1
大日岳。裏からはとても登れそうにないね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳。裏からはとても登れそうにないね。
1
南奥駈との出会いに到着。
我々は写真で言うと右方向(釈迦ヶ岳)方向へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南奥駈との出会いに到着。
我々は写真で言うと右方向(釈迦ヶ岳)方向へ向かいます。
お釈迦さまが見えてきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釈迦さまが見えてきました!
2
深仙の宿までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深仙の宿までもう少し。
深仙の宿付近には水場があります。ちょろちょろです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深仙の宿付近には水場があります。ちょろちょろです。
1
生々しくそして力強い岩達!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生々しくそして力強い岩達!
2
お待たせしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お待たせしました。
1
孔雀方面。
ガスってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀方面。
ガスってきました。
2
うーんと、何の花?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーんと、何の花?
1
深仙の宿の前にある三叉槍のような木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深仙の宿の前にある三叉槍のような木。
1
大日にガスが掛り始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日にガスが掛り始めました。
2
あくまでも自己責任で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あくまでも自己責任で。
2
以外に狭い大日のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以外に狭い大日のピーク。

感想/記録

今回も釈迦ヶ岳を目指して大峯奥駈道を歩きました。

「前鬼を語らずして・・」なんて言葉もあるようで、こちらのコースがどうやら正規(?)ルートの様です。
途中までは、林道を鼻歌交じりでルンルンで歩いていたのですが、小仲坊を過ぎ、登山道に入ってからは、ガレ場は横断するわ丸太階段は永遠と続くわ斜度が急にキツくなるわで一気に汗だくになりました。
二つ岩過ぎ、ようやく景色も明るくなり、奥駈道に出会ってからは歩きやすかったです。
深仙の宿で水を補給し、いざ釈迦ヶ岳へ!
ここからも暫く急な登りが続きますが、ゴールは目前。頑張るしかない。
相変わらずの優しい表情を浮かべたお釈迦様に挨拶をし、同じ道を通り、先程スルーした大日岳へ。
こちらの業場は、鎖を使って己と向き合いながら頂上を目指す。と。
「この鎖は暫くメンテナンスされていませんので、お勧めしません。あくまでも自己責任で」的な看板にビビらされて、チキンな僕は巻きで頂上を目指すルートをチョイス。
同行者は果敢にも鎖で挑みました(見る方が怖い!)

前鬼登山口からのコースは、同じ釈迦ヶ岳に向かう登山でも、以前行った旭登山口とは全く表情の違うバリエーションに富んだルートでした。

訪問者数:354人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 水場 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ