ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931339 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山(富士宮口)ミャンマーの留学生たちと

日程 2016年08月02日(火) 〜 2016年08月03日(水)
メンバー toshi-17, その他メンバー9人
天候8/2曇りのち雨
8/3曇り一時晴のち雨、曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
水ヶ塚駐車場(期間限定有料1000円)
水ヶ塚―新五合目 シャトルバス往復1800円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間53分
休憩
28分
合計
2時間21分
S富士宮口五合目13:0513:27富士宮口新六合目13:36六合目雲海荘13:4013:41六合目宝永山荘14:27新七合目御来光山荘14:4615:21元祖七合目山口山荘15:2615:26宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

二日目朝、雲が多くご来光はダメだがヘッドランプを点けて元祖七合目小屋を出発
2016年08月03日 04:57撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目朝、雲が多くご来光はダメだがヘッドランプを点けて元祖七合目小屋を出発
駿河湾の海岸線が見えてきた
2016年08月03日 05:19撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駿河湾の海岸線が見えてきた
3
ちょっと遅れたメンバーとスタッフ
2016年08月03日 06:17撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと遅れたメンバーとスタッフ
1
メンバーを待って一休み
2016年08月03日 06:17撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンバーを待って一休み
2
富士宮口頂上
2016年08月03日 07:54撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮口頂上
2
剣ヶ峰に向かう
2016年08月03日 08:09撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に向かう
3
お鉢めぐり
2016年08月03日 09:49撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢めぐり
御殿場口を下る。この頃より雨が強くなる
2016年08月03日 10:19撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口を下る。この頃より雨が強くなる
2
大砂走りと分かれて宝永山へ
2016年08月03日 12:13撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大砂走りと分かれて宝永山へ
1
疲れが出るころだが元気に宝永山を下る
2016年08月03日 12:34撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れが出るころだが元気に宝永山を下る
4
撮影機材:

感想/記録

山の会の知人から、ミャンマーから来られている留学生(ミャンマー政府森林局の研修生)の富士登山の支援を依頼されて山小屋泊りで登った。
研修生は20〜30代の女性5名と日本人スタッフ3名、支援メンバー1名、あいにくの天気となり一時は雨と風で、これはまずいとチラッと思ったこともあったが、みんなよく頑張って登った。
はるばる京都から来られたのに、富士の裾野すら見られずに帰ることになってしまったが、翌朝の富士山は裾野からきれいな姿を見せていた。ちょっとだけでも良いからこの姿を見せてやりたかったと、地元の人間として思う。

山小屋の食事は、エーと思うような内容(夜は具なしのカレー、福神漬けチョットとコップ一杯の水、朝食代わりはミルクパン、アンパン各1、ソイジョイ1と紙パック200CCの緑茶)、あまりにもお粗末、水の無い山小屋だからしょうがないのか?。
なお、留学生たちの装備はレンタル予約してあり新五合目で、羽毛ジャケット、羽毛ズボン、雨具やストックなどを調達していた。

訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ご来光
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ