ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931481 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山(姿見→旭岳→間宮岳→中岳温泉→裾合平)

日程 2016年08月01日(月) [日帰り]
メンバー mygwtks, その他メンバー1人
天候曇のち雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
旭岳ロープウェイはこの時期平日は朝6時半から15分ヘッドで運行されています。有料駐車場・無料駐車場あり。我々は宿泊していたホテルに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
47分
合計
7時間7分
S姿見駅07:4408:09旭岳石室08:1109:31金庫岩09:3209:49大雪山10:0111:17間宮岳分岐11:2111:23間宮岳11:2411:44中岳分岐11:4912:24中岳温泉12:4613:34裾合平14:50姿見駅14:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし。旭岳東側にコース上100m程度の雪渓が残っていました。視界不良時は読図必須。
その他周辺情報旭岳ロープウェイ山麓駅周辺は旭岳温泉街です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール
共同装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール

写真

ロープウェイ山麓駅から旭岳を望みます。頂上付近ガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山麓駅から旭岳を望みます。頂上付近ガスってます。
1
旭岳ロープウェイの施設は綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳ロープウェイの施設は綺麗でした。
本日朝の時点での天候が表示されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日朝の時点での天候が表示されています。
ロープウェイ車窓より南側にトムラウシを望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ車窓より南側にトムラウシを望みます。
1
姿見駅が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見駅が見えてきました。
数日前に裾合平周辺でヒグマ目撃情報ありです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数日前に裾合平周辺でヒグマ目撃情報ありです。
さて、ここからログスタートです!旭岳は頂上こそガスってそうですが、綺麗に見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここからログスタートです!旭岳は頂上こそガスってそうですが、綺麗に見えています。
沿道にはハイマツとナナカマドです。標高1600m程度ですが、森林限界は既に超えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沿道にはハイマツとナナカマドです。標高1600m程度ですが、森林限界は既に超えています。
このあたり周遊路は非常に整備が行き届いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり周遊路は非常に整備が行き届いています。
ミヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
イワブクロでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワブクロでしょうか?
水場近くにはバイケイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場近くにはバイケイソウ
姿見の池です。逆さ旭!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見の池です。逆さ旭!
1
ふと斜面を見るとお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと斜面を見るとお花畑
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
トムラウシを横目に登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシを横目に登って行きます
後ろを振り返ると一面の緑の絨毯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると一面の緑の絨毯
ハイマツもなくなり、火山岩を登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツもなくなり、火山岩を登って行きます
勾配がだんだんきつくなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配がだんだんきつくなります
左手は地獄谷。ものすごい音とともに噴煙が上がっています。硫黄の匂いもします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手は地獄谷。ものすごい音とともに噴煙が上がっています。硫黄の匂いもします。
この先はガスエリアに突入です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先はガスエリアに突入です
ガスの中を頂上目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中を頂上目指します
金庫岩はガスの中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金庫岩はガスの中です
まもなく頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく頂上
北海道最高峰、旭岳山頂に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道最高峰、旭岳山頂に到着!
1
三角点ゲット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ゲット
旭岳(2291m)ここで、食事をとります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳(2291m)ここで、食事をとります
2
ほとんどの方がここでピストンですが、我々はさらに奥を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんどの方がここでピストンですが、我々はさらに奥を目指します。
視界20mといったところでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界20mといったところでしょうか
雪渓が見えてきました。今年は残雪が多いようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が見えてきました。今年は残雪が多いようです。
視界悪く、引き返すか少し躊躇しましたが、ツボ足でなんとかいけそうです(引き返していった人もいました)この状況、読図できない方は行くべきではないと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界悪く、引き返すか少し躊躇しましたが、ツボ足でなんとかいけそうです(引き返していった人もいました)この状況、読図できない方は行くべきではないと思います。
ホワイトアウトのような状態。奥で人の声がしたので、行ってみると先行されていた外国人の方が本来のルートより北に向かっておられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトのような状態。奥で人の声がしたので、行ってみると先行されていた外国人の方が本来のルートより北に向かっておられました。
合流し、私のGPSで一緒に軌道修正し、間宮岳へのルートに合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流し、私のGPSで一緒に軌道修正し、間宮岳へのルートに合流。
2
途中まで道が一緒だったので、一緒に間宮岳に登ることに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中まで道が一緒だったので、一緒に間宮岳に登ることに
旭-間宮のコルにて後ろを振り返る。我々は右奥(旭岳)からきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭-間宮のコルにて後ろを振り返る。我々は右奥(旭岳)からきました。
ガスが晴れて、熊ヶ岳がお目見え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて、熊ヶ岳がお目見え
後旭岳方面は小さなゼブラ模様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後旭岳方面は小さなゼブラ模様
熊ヶ岳カルデラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ヶ岳カルデラ
1
間宮岳広いはテーブルランドのようになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳広いはテーブルランドのようになっています。
北海岳方面との分岐。我々は北(中岳分岐)へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳方面との分岐。我々は北(中岳分岐)へ向かいます
御鉢平、まだガスっていますが、ここから絶景が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鉢平、まだガスっていますが、ここから絶景が続きます。
間宮岳ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳ピーク
1
楽しい稜線歩き!テンションMAX!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩き!テンションMAX!
御鉢平のガスが晴れていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鉢平のガスが晴れていきます
1
中央奥が黒岳、左が凌雲岳かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥が黒岳、左が凌雲岳かな
1
このあたり、お花もたくさん咲いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、お花もたくさん咲いています
こんなところにも虫はいます。短い夏ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところにも虫はいます。短い夏ですね。
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
中央左は北海岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左は北海岳
1
中岳分岐に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳分岐に到着!
ここで、豪雨が降り出します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、豪雨が降り出します
御鉢平は決して入ってはいけません。有毒ガスが発生しているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鉢平は決して入ってはいけません。有毒ガスが発生しているようです。
スペインの方とはここでお別れ。北鎮岳に寄って、黒岳の方へ行かれるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スペインの方とはここでお別れ。北鎮岳に寄って、黒岳の方へ行かれるようです。
お花畑、ハイマツ、雪渓のコラボ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑、ハイマツ、雪渓のコラボ
土砂降りでわかりにくいですが、ライオンキングのような岩があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂降りでわかりにくいですが、ライオンキングのような岩があります
1
雨もあがり、ハイマツの稜線上を西へ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨もあがり、ハイマツの稜線上を西へ進みます
目指す裾合平が見えてきました。絶景!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す裾合平が見えてきました。絶景!
旭岳頂上付近が見えてきました。この角度は姿見からは見えないはずです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳頂上付近が見えてきました。この角度は姿見からは見えないはずです。
1
稜線は終わり、谷の方におります。ここで、今から登るというパーティーにすれ違いました。すごい。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は終わり、谷の方におります。ここで、今から登るというパーティーにすれ違いました。すごい。。。
ほどなく中岳温泉到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく中岳温泉到着
ここからブクブク湧き出ています。めちゃくちゃ熱いイメージですが、触ってみるとおそらく60℃前後です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからブクブク湧き出ています。めちゃくちゃ熱いイメージですが、触ってみるとおそらく60℃前後です。
思わず足湯、そして顔洗います。ものすごい硫黄の匂い。誰も来ない秘湯です。癒されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず足湯、そして顔洗います。ものすごい硫黄の匂い。誰も来ない秘湯です。癒されました。
2
一応看板もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応看板もあります
1
沢沿いを下って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを下って行きます
エゾノリュウキンカと雪渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾノリュウキンカと雪渓
ハイマツと旭岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツと旭岳
ものすごいお花畑に言葉を失います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ものすごいお花畑に言葉を失います
コエゾツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コエゾツガザクラ
様々な色があって綺麗です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々な色があって綺麗です
こちらは白一色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは白一色
チングルマパラダイス!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマパラダイス!
エゾコザクラでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラでしょうか
チングルマと旭岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマと旭岳
途中気持ちのいい木道も整備されています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中気持ちのいい木道も整備されています
沼ノ平への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼ノ平への分岐
しかし、ここから雷雨が。ルートは川のようになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、ここから雷雨が。ルートは川のようになっています。
ナナカマド林。このあたりはヒグマの生息地です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド林。このあたりはヒグマの生息地です。
このような小さな雪渓を何度か渡ります。ツボ足で問題ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような小さな雪渓を何度か渡ります。ツボ足で問題ありません。
鈴鹿のカレンフェルトのような光景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿のカレンフェルトのような光景です。
もはや靴はドボン状態。途中から諦めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや靴はドボン状態。途中から諦めました。
1
鏡池まで帰ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池まで帰ってきました。
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
2

感想/記録

 今年は昨年の八ヶ岳遠征からもう少しレベルを上げて北海道に遠征です。2泊3日の弾丸スケジュールですが、もちろん大雪山は中日に設定しました。
 平日だったこともあり、登山道は比較的空いていました。とはいっても普段のマイナー登山の数十倍の人はいました。
<姿見から旭岳山頂>
 とても整備されたルートで、危険箇所はありません。後半は火山岩の急登が続き、浮石もあり、気をつけなければいけません。振り返れば姿見をはじめ、絶景が広がっています。右手はトムラウシを眺めながら登ることができます。天候がよければ、十勝連峰まで見えるはずです。八合目あたりからガスっており、先が見えなかったため、長く感じました。
<旭岳から間宮岳>
 旭岳から東はほとんど人がいなくなります。2、3のグループとすれ違う程度です。コルまではかなりの急斜面で、正規ルートは溝っぽくなっていますが、歩きづらかったため、その10m程北を下って行きました。下部は雪渓となっており、今回はガスも重なり、コンパス、GPSがなければどこを見ても真っ白で方角を失います。数人のパーティーが雪渓で諦め、引き返して来られました。また、1人、誤って熊ヶ岳の方の雪渓までいったと思われる男性の方が引き返して来られ、すれ違いました。今回、雪渓の前でやや躊躇していると、外国人のソロの方がスタスタと雪渓のガスの中に消えていかれました。気になりついていくと100m程いったところで、真っ白な中で地図を広げ、ルーファイされていたので、私のGPSでルートの修正し、少し南へ進路を変え、間宮岳へのルートに一緒に復帰しました。その後、ガスは晴れ、間宮岳までなだらかな上り坂をお互いカタコトの英語(スペイン人の方でした)で話しながら進みました。
<間宮岳から中岳温泉>
 最高の稜線歩きができました。このときばかりは天候もよくなり、御鉢平と周辺の大雪山系の山々を望むことができました。今回はこの1時間のために京都から来たと言ってもよいかも知れません。旭岳で引き返していたら、この絶景は一生見ることはなかったかもしれません。道はよく整備されています。
<中岳温泉→裾合平〜姿見>
 温泉はかなり秘境感がありますが、小さいので、裸になっても寝そべらないと入れません。今回は足湯にしました。温度は源泉と雪渓の雪解け水が良いバランスで混ざり、最高の湯加減でした。姿見まではよく整備された登山道で、何箇所か雪渓を渡りますが、気をつければ問題ありません。ただし、ヒグマの生息地となるため、熊よけは必須です。また、裾合平のお花畑と旭岳のコラボのスケールの大きさには感動しました。北の大地ならではの光景だと思います。裾合平の途中から雷雨となり、姿見までかなり長く感じましたが、天候がよければ気持ちのよい散歩道となると思います。

今回、寒さ対策としてアーマーの上にモンベルのクリマプロを着ていき、さらにユニクロのウルトラライトダウンも持参しましたが、ウルトラライトダウンの出番はありませんでした。帰りの雷雨もクリマトップ+カッパで十分保温できました。

達成感のある、満足のできる山歩きができました。下山後は旭川でジンギスカンを食べました。今日も山の神様に感謝。
訪問者数:365人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ