ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931598 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

幻の滝を探しに国見岳へ

日程 2016年08月04日(木) [日帰り]
メンバー kokusyou, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
Sスタート地点08:0014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
五勇谷橋手前のゲート8:00〜ナカノウチ谷入口8:30〜樅木からの登山道出会い10:10〜国見岳11:00〜12:20五勇山12:40〜五勇谷林道14:00〜ゲート14:40
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ナカノウチ谷の入渓地
2016年08月04日 08:33撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナカノウチ谷の入渓地
沢を歩き始めるブチさん
2016年08月04日 08:44撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を歩き始めるブチさん
滝が現れた。沢登りの装備を持たない私達は左に巻いて滝の上部に出る
2016年08月04日 08:57撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が現れた。沢登りの装備を持たない私達は左に巻いて滝の上部に出る
滝の上部に出たと思ったらまた滝。
以後この状態が沢の水が枯れるまで続く
2016年08月04日 09:17撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の上部に出たと思ったらまた滝。
以後この状態が沢の水が枯れるまで続く
滝はどこまでも続く
2016年08月04日 09:20撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝はどこまでも続く
滝の岩場を登れないところは巻いて登る
2016年08月04日 09:25撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の岩場を登れないところは巻いて登る
沢の上流まで来て大分水量が減ってきた
2016年08月04日 09:44撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の上流まで来て大分水量が減ってきた
今まで九州脊梁でみた一番大きなイチイの大木
2016年08月04日 10:17撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まで九州脊梁でみた一番大きなイチイの大木
1
この大木は脊梁の領主の風格がある
2016年08月04日 10:18撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大木は脊梁の領主の風格がある
4
国見岳から五雄山へ
2016年08月04日 12:18撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳から五雄山へ
五雄山から五勇谷を下る
2016年08月04日 12:56撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五雄山から五勇谷を下る
1
ヘビではなく竜にビックリして逃げるブチさん
2016年08月04日 13:03撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビではなく竜にビックリして逃げるブチさん
2
暑さとは無関係の別天地の五勇谷
2016年08月04日 13:27撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑さとは無関係の別天地の五勇谷
五勇谷林道近くの砂防ダムに到着
2016年08月04日 14:03撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五勇谷林道近くの砂防ダムに到着
撮影機材:

感想/記録

 7月の初めに山の師匠ブチさん達とマタロク谷から国見岳に登った際、
ブチさんがさかんに幻の滝のことを言われるので、今日は二人で幻の滝をさがしに出かけました。
 私が以前ナカノウチ谷を登ったことがあると思っていたのは勘違いで五勇谷の最初の分岐を左に行って小国見岳に登りあがったのをナカノウチ谷と思っていたのでした。
 今日、実際行ってみると私の記憶とは全然違っており、あまりの険しさに愕然としました。しかし、足を踏み入れた以上前に進むしかないので及び腰で歩き始めた私に対し、師匠はハイテンションで生き生きとしていました。
 結論として、幻の滝はナカノウチ谷の沢の上部全体が滝であり、これが幻の滝であるというものはありませんでした。
 このナカノウチ谷は装備を備えた沢登りのプロがいく場所であり、装備を持たない一般の登山者が足を踏み入れるところではないと思います。
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/9
投稿数: 18
2016/8/10 7:31
 馬しゃん
あらっ❗プロのお二人が行かれたのだと😱私は、風呂で我慢します(笑)
登録日: 2016/2/3
投稿数: 25
2016/8/10 22:42
 Re: 馬しゃん
坊がつるのテント泊は楽しかったですね。
今日(10日)もブチさんとSさんと三人で烏帽子岳付近の沢を上り、下りも違った沢を下りてきました。
今からヤマレコに投稿しようと思いましたが、疲れたのでやめます。

関連する山の用語

林道 テン 砂防ダム クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ