ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931609 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

折立〜薬師峠〜黒部五郎〜三俣蓮華〜双六〜新穂高 テント泊で

日程 2016年07月31日(日) 〜 2016年08月03日(水)
メンバー catfish2
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.8〜1.9(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

1日目:折立7:40→9:35三角点ベンチ→11:20五光岩ベンチ→12:20太郎平小屋12:40→13:00薬師峠テント場

2日目:薬師峠4:45→7:00北ノ俣岳→10:20黒部五郎の肩→10:35黒部五郎岳10:45→10:55黒部五郎の肩→カール巻道→13:00黒部五郎小屋テント場

3日目:黒部五郎小屋テント場5:45→7:20三俣蓮華岳7:30→9:30双六岳→11:30双六小屋テント泊

4日目:双六岳テント場4:45→5:50弓折岳→6:40鏡平山荘→10:20わさび平小屋→11:10新穂高温泉
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]
2016年08月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

夏休みを利用してテント泊3泊4日を計画。雲ノ平を入れると日程的にきついので、
今回はパス。
初日:毎日あるぺん号で有峰へ行き、そこからローカルバスに乗り換えて折立へ。
   前日結構な雨が降ったらしく、太郎平までの道は湿度が高くて参った。
   久しぶりのテント泊装備で息が上がる。湿度が高いのが苦手なので、
   ゆっくり登る。カメラ機材を持ってきたのを少し後悔。五光岩からは
   なだらかな登り。休み休みで太郎平に到着。小屋でラーメンを食べて、
   一息ついて薬師峠のテント場へ。設営後、にわか雨が降ったが、すぐに
   止んだ。夜は星空。水場は豊富。
2日目:朝から快晴。黒部五郎に向かって、足を進める。最高のトレイル。
    赤木沢が見える。ザックが重いが、気持ちが上回っているので、
    足取りは軽い。予定より早く出発したので、時間的には余裕。
    黒部五郎岳頂上から眺めるカールは、素晴らしい。巻道コースで
    カールを眺めながら黒部五郎小屋まで行くが、結構長いコースである。
    小屋のテント場到着後、雨が降り出す。急いでテントを張ると、間もなく
    本降りに。この日は明け方近くまでずっと降っていた。
    テント場の水場は枯れているので、小屋前の水場を使ってくれとのこと。
    夜はこの水場は止めらていたが、小屋裏のトイレの前にも水場がある。
    水源は同じとのこと。
3日目:明け方には雨も止んでテント撤収後に早めに出発、この日は双六小屋まで
    なので、時間はかなり余裕。体も慣れてきたのか、ザックもそれほど重く
    感じない。雨は止んだが、ガスっていて眺望はあまりない。三俣蓮華岳から
    一瞬だけ、槍が見えた。登山道はあまり難しいところはないが、狭いところ
    があるので、ゆっくり慎重に歩いた。双六岳を経由して、双六小屋に午前中
    に到着。テント張り始めたところで、またも雨。この日は夜の9時近くまで
    降り続いた。
4日目:早朝に撤収。雨で濡れたテントが重い。弓折岳に向かって一旦登り、
    反対側に出た途端、槍が見えた。今日は天気がいいかなと思ったが、
    この後はガスで眺望はなく。やっと鏡平すぎたあたりから晴れた。
    途中、秩父沢でストックを置き忘れて、取りに戻るなどハプニングも。
    下山後は中崎山荘で風呂に入って、濃飛バスで平湯まで、平湯で新宿行きの
    高速バスに乗り換えて帰京。

      
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ