ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931652 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

暑い!真夏の伊豆山稜 船原峠〜魂の山〜仁科峠〜宇久須

日程 2016年08月05日(金) [日帰り]
メンバー bobandou
天候午前中は晴れ。湿気が多いうえに気温も高い (標高800m台でも24〜5度)。
西からの海風がたまに吹いて涼味を感じるものの、まさに蒸し風呂。
午後は曇りときどき晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
START……伊豆箱根鉄道駿豆線・修善寺駅にて下車。
 通常は、修善寺駅から東海バス・松崎行きで大曲茶屋下車。810円。
 今回は時間を稼ぐため、旧道の船原峠までタクシーを利用しています。
 小型車で、修善寺駅から船原峠まで5,590円。
GOAL……宇久須から東海バスで修善寺駅へ。1,710円。

途中、利用可能な公共交通は全くありません。しかし稜線は多くの場所で西伊豆スカイラインに近接しており、仁科峠〜宇久須間は舗装路歩きですので、携帯電話さえつながればどこでもタクシーにエスケープできます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
2時間7分
合計
8時間5分
S船原峠08:2108:55棚場山08:5709:08吉奈峠09:29南無妙峠09:3209:51土肥峠09:5310:30魂の山10:5811:20無名の約925m峰11:2711:44宇久須峠11:5412:05風早峠12:21無名の903m峰12:2812:44仁科峠12:5213:05仁科・宇久須分岐 (西天城高原の標柱)13:0713:16西天城高原・牧場の家13:5214:53分岐から6km地点手前のヘアピンカーブ14:5515:22龍神峡・河原への下降点 (体を拭く)15:3515:49神田バス停15:56休耕田を活用した小園地15:5916:02宇久須神社16:19サークルK宇久須店16:2216:23交差点西の湧き水16:2416:26東海バス宇久須駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
自宅を出てから帰宅するまでの水分消費は6リットル以上。真夏に歩くルートではないですね……。しかしそこを敢えて歩くことで目にする夏景色というものもあります! 涼しい季節であればもう少々スピードが上がるかも?
コース状況/
危険箇所等
危険なところはありません。道路を歩く際は車にご注意を!
蒸し暑い日に、遮るものなき笹の原を歩くこと自体が危険かも知れません (滝汗)。
稜線はなだらかに見えて、ちょっとしたアップダウンの果てしなき繰り返しであり、かなり体力を消耗します。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

01. 駿豆線の車内から望む沼津アルプス。この凶悪な稜線をいつ越えるか……富士山が見える日でなければ。
2016年08月05日 07:27撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
01. 駿豆線の車内から望む沼津アルプス。この凶悪な稜線をいつ越えるか……富士山が見える日でなければ。
6
02. 大仁の街のすぐ脇に屹立する城山。裏から登れますが、クライミングする人もいるというのが驚き (私はムリ)。
2016年08月05日 07:39撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
02. 大仁の街のすぐ脇に屹立する城山。裏から登れますが、クライミングする人もいるというのが驚き (私はムリ)。
8
03. 修善寺に到着。松崎行きバスは8:10発ですが、一刻も早く青空が見える稜線に到達したいのでタクシーを利用。
2016年08月05日 07:48撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
03. 修善寺に到着。松崎行きバスは8:10発ですが、一刻も早く青空が見える稜線に到達したいのでタクシーを利用。
6
04. タクシーであれば約25分で旧道の船原峠に到着〜。バス+大曲茶屋からの徒歩と比べ、1時間を稼ぎました。
2016年08月05日 08:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
04. タクシーであれば約25分で旧道の船原峠に到着〜。バス+大曲茶屋からの徒歩と比べ、1時間を稼ぎました。
1
05. スカイラインの橋をくぐって左側に、あずまやと仁科峠方面への登山口があります (達磨山へは反対側)。
2016年08月05日 08:23撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05. スカイラインの橋をくぐって左側に、あずまやと仁科峠方面への登山口があります (達磨山へは反対側)。
1
06. 植林メインの森を歩いて棚場山に到着。道標は非常に充実していますが、所要時間も記載して欲しい。
2016年08月06日 09:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06. 植林メインの森を歩いて棚場山に到着。道標は非常に充実していますが、所要時間も記載して欲しい。
3
07. 棚場山頂から僅かに南下すると最初の展望。この後の眺めと比べれば大したことはないですが、曇る可能性もあるので一応撮影。
2016年08月05日 08:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07. 棚場山頂から僅かに南下すると最初の展望。この後の眺めと比べれば大したことはないですが、曇る可能性もあるので一応撮影。
6
08. 暗い森の中で小刻みなアップダウンを繰り返して南無妙峠に到着。行き倒れた人を悼んでの地名のようです。
2016年08月05日 09:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08. 暗い森の中で小刻みなアップダウンを繰り返して南無妙峠に到着。行き倒れた人を悼んでの地名のようです。
1
09. たまに西伊豆スカイラインの脇で開ける展望。平日であれば車もバイクも少なく、割と静かに歩けます。
2016年08月05日 09:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09. たまに西伊豆スカイラインの脇で開ける展望。平日であれば車もバイクも少なく、割と静かに歩けます。
5
10. 土肥峠。持越温泉への下山路も整備されているようですが、バスは16時40分のみ (大曲茶屋に出れば20時頃まであり)。
2016年08月05日 09:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10. 土肥峠。持越温泉への下山路も整備されているようですが、バスは16時40分のみ (大曲茶屋に出れば20時頃まであり)。
4
11. ようやく植林が減り自然林が増えてくると、目指す魂の山界隈が間近に迫って来ます。
2016年08月05日 10:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11. ようやく植林が減り自然林が増えてくると、目指す魂の山界隈が間近に迫って来ます。
3
12. 蒸し暑い中の登りにあえぐと、やがて達磨山の眺めが! たまに吹く駿河湾からの風も涼しい!
2016年08月05日 10:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12. 蒸し暑い中の登りにあえぐと、やがて達磨山の眺めが! たまに吹く駿河湾からの風も涼しい!
6
13. 魂の山直下になると、こんな感じの道を進みます (達磨山方面を望む)。
2016年08月05日 10:32撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13. 魂の山直下になると、こんな感じの道を進みます (達磨山方面を望む)。
2
14. 土肥の街を見下ろす。空気が透明で雲もなければ、真正面に南アルプスの大展望が広がるはず。
2016年08月05日 10:32撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14. 土肥の街を見下ろす。空気が透明で雲もなければ、真正面に南アルプスの大展望が広がるはず。
19
15. 魂の山の山頂が迫り、素晴らしい展望が開けます♪
2016年08月05日 10:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15. 魂の山の山頂が迫り、素晴らしい展望が開けます♪
3
16. ビッシリ広がるアセビ (?) の絨毯の奥に修善寺方面の山々。
2016年08月05日 10:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16. ビッシリ広がるアセビ (?) の絨毯の奥に修善寺方面の山々。
4
17. 達磨山をはじめ、伊豆山稜の稜線は実に雄大! 
2016年08月05日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17. 達磨山をはじめ、伊豆山稜の稜線は実に雄大! 
7
18. 東伊豆方面を望むと夏の雲がモクモク。
2016年08月05日 10:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18. 東伊豆方面を望むと夏の雲がモクモク。
4
19. 花はほとんどありませんが、僅かに野苺が。
2016年08月05日 10:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19. 花はほとんどありませんが、僅かに野苺が。
4
20. 魂の山の山頂標……933mのはずが993mと誤植 (^^;
2016年08月05日 10:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20. 魂の山の山頂標……933mのはずが993mと誤植 (^^;
5
21. 富士山は達磨山山頂の左側にある雲の中……。それでも雄大な眺めです。
2016年08月05日 10:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21. 富士山は達磨山山頂の左側にある雲の中……。それでも雄大な眺めです。
6
22. 左奥の発端丈山・葛城山・城山にかけて、稜線が折り重なっています。
2016年08月05日 10:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22. 左奥の発端丈山・葛城山・城山にかけて、稜線が折り重なっています。
4
23. 伊豆山稜周辺のみ真っ青な青空で、してやったりという気分 (^^;
2016年08月05日 10:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23. 伊豆山稜周辺のみ真っ青な青空で、してやったりという気分 (^^;
10
24. 西伊豆方面の眺め。一番遠くに高通山のピラミッド。
2016年08月05日 10:47撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24. 西伊豆方面の眺め。一番遠くに高通山のピラミッド。
6
25. 魂に触れるような大展望に名残惜しさを感じつつ前進!
2016年08月05日 10:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25. 魂に触れるような大展望に名残惜しさを感じつつ前進!
6
26. 少々下ると、目指す仁科峠方面の笹の尾根と牧場が広がります。
2016年08月05日 10:57撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26. 少々下ると、目指す仁科峠方面の笹の尾根と牧場が広がります。
4
27. 一旦下って左側の無名峰に登り返すのが地味にめっちゃキツい……。
2016年08月05日 10:58撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
27. 一旦下って左側の無名峰に登り返すのが地味にめっちゃキツい……。
3
28. 如何にも伊豆っぽい (?) 灌木の原生林をくぐって行きます。
2016年08月05日 11:03撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
28. 如何にも伊豆っぽい (?) 灌木の原生林をくぐって行きます。
7
29. 日当たりの悪い場所にはコケの小宇宙が広がります。
2016年08月05日 11:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
29. 日当たりの悪い場所にはコケの小宇宙が広がります。
3
30. 地獄の階段登り! (しかも段差が大きく土が流失気味)
2016年08月05日 11:08撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30. 地獄の階段登り! (しかも段差が大きく土が流失気味)
4
31. ようやく景色が開け、悠然たる魂の山を望む。
2016年08月05日 11:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31. ようやく景色が開け、悠然たる魂の山を望む。
6
32. その左に達磨山。ヘロヘロ気分が報われます♪
2016年08月05日 11:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
32. その左に達磨山。ヘロヘロ気分が報われます♪
5
33. 無名峰からはお楽しみの笹の原! 目指す宇久須を遠望。
2016年08月05日 11:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
33. 無名峰からはお楽しみの笹の原! 目指す宇久須を遠望。
5
34. 海風が吹き上げて来るたび快感で絶叫!! (他に誰もおらず♪)
2016年08月05日 11:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
34. 海風が吹き上げて来るたび快感で絶叫!! (他に誰もおらず♪)
6
35. 宇久須峠への下り。ここを歩くことが今回最大のお目当て♪
2016年08月05日 11:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
35. 宇久須峠への下り。ここを歩くことが今回最大のお目当て♪
13
36. 伊豆の夏、という色彩です……☆
2016年08月05日 11:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
36. 伊豆の夏、という色彩です……☆
8
37. 上を見上げれば最高の雲模様! 来て良かった……。
2016年08月05日 11:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
37. 上を見上げれば最高の雲模様! 来て良かった……。
10
38. 波のように広がる緑の眺めをひたすら撮りまくり。
2016年08月05日 11:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
38. 波のように広がる緑の眺めをひたすら撮りまくり。
1
39. 嬉しくて何度も何度も来し方を振り返りまくり!
2016年08月05日 11:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
39. 嬉しくて何度も何度も来し方を振り返りまくり!
9
40. 宇久須峠。あずまやも有。テントを張りたい……。
2016年08月05日 11:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40. 宇久須峠。あずまやも有。テントを張りたい……。
4
41. 峠から僅かに登り、この眺めとともにパンをかじる♪
2016年08月05日 11:47撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
41. 峠から僅かに登り、この眺めとともにパンをかじる♪
3
42. 魂の山を望む。宇久須峠と魂の山が今回の二大ハイライト!
2016年08月05日 11:47撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
42. 魂の山を望む。宇久須峠と魂の山が今回の二大ハイライト!
4
43. 立秋を前に小さな秋。(その1)
2016年08月05日 11:56撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
43. 立秋を前に小さな秋。(その1)
4
44. 風早峠。海風がとりわけ通り抜けやすいのでしょうか。
2016年08月05日 12:05撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
44. 風早峠。海風がとりわけ通り抜けやすいのでしょうか。
2
45. 風早峠からの登り返しは熱中症寸前でヤバかったのですが、この眺めに励まされました。
2016年08月05日 12:13撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45. 風早峠からの登り返しは熱中症寸前でヤバかったのですが、この眺めに励まされました。
4
46. 無事登り切り、改めて大展望に喝采! 道路さえなければ、もっと絶景間違いなし。
2016年08月05日 12:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
46. 無事登り切り、改めて大展望に喝采! 道路さえなければ、もっと絶景間違いなし。
3
47. 夏色の空と大地の眺めと、猛烈な蒸し暑さの両方でクラクラ……。
2016年08月05日 12:24撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
47. 夏色の空と大地の眺めと、猛烈な蒸し暑さの両方でクラクラ……。
4
48. 少しずつ進むにつれ魂の山を取り巻く眺めが変わるのを楽しむ旅も間もなく終わり。
2016年08月05日 12:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
48. 少しずつ進むにつれ魂の山を取り巻く眺めが変わるのを楽しむ旅も間もなく終わり。
5
49. 牧場の柵の脇を歩くようになると、仁科峠は目と鼻の先。
2016年08月05日 12:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
49. 牧場の柵の脇を歩くようになると、仁科峠は目と鼻の先。
5
50. 熱中症発症回避のため「なべ石」に登っての展望は諦め、これが魂の山を望むラスト。
2016年08月05日 12:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50. 熱中症発症回避のため「なべ石」に登っての展望は諦め、これが魂の山を望むラスト。
5
51. というわけで仁科峠に到着! 昔から耳にしてきたこの峠、かくも絶景だったとは!
2016年08月05日 12:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
51. というわけで仁科峠に到着! 昔から耳にしてきたこの峠、かくも絶景だったとは!
3
52. こういう草原と空の組み合わせが大好きです……☆
2016年08月05日 12:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
52. こういう草原と空の組み合わせが大好きです……☆
9
53. 高通山と雲見の烏帽子岩 (画面右) 遠望。これらのピークにも赤線、延ばします♪
2016年08月05日 12:53撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
53. 高通山と雲見の烏帽子岩 (画面右) 遠望。これらのピークにも赤線、延ばします♪
5
54. 道路から「なべ石」周辺の牧草地の斜面を望む。写真だけなら爽やか……。
2016年08月05日 13:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
54. 道路から「なべ石」周辺の牧草地の斜面を望む。写真だけなら爽やか……。
3
55. 地元はこの一帯を「西天城高原」として宣伝。マイナーですが……。でもマイナーだから静かなのか。
2016年08月05日 13:06撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
55. 地元はこの一帯を「西天城高原」として宣伝。マイナーですが……。でもマイナーだから静かなのか。
2
56. 標高800m以上の高原とはいえ25度前後の暑さで、牛も全くヤル気なし (^^;
2016年08月05日 13:09撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
56. 標高800m以上の高原とはいえ25度前後の暑さで、牛も全くヤル気なし (^^;
2
57. 「西天城高原・牧場の家」のレストランにピットイン。塩と水分に激しく飢え「ラーメン」の四文字に釘付けになったものの……
2016年08月05日 13:15撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
57. 「西天城高原・牧場の家」のレストランにピットイン。塩と水分に激しく飢え「ラーメン」の四文字に釘付けになったものの……
3
58. これは所謂観光地のラーメンで失敗。後でメニューに地元イチオシの「ぶっかけ塩かつおうどん」を見つけ後悔。まぁ、熱中症気味の体には効きましたが。
2016年08月05日 13:22撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
58. これは所謂観光地のラーメンで失敗。後でメニューに地元イチオシの「ぶっかけ塩かつおうどん」を見つけ後悔。まぁ、熱中症気味の体には効きましたが。
11
59. 口直しに、牧場で採れたての牛乳を使った超濃厚ソフトクリームとコーヒーのセット (450円) をオーダー。これは美味いっ!美味過ぎるぅぅぅぅ〜!!
2016年08月05日 13:32撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
59. 口直しに、牧場で採れたての牛乳を使った超濃厚ソフトクリームとコーヒーのセット (450円) をオーダー。これは美味いっ!美味過ぎるぅぅぅぅ〜!!
9
60. 宇久須遠望。約12kmの道で一気に下降します。バス停は黄色の矢印の位置ですが、三島行き特急バス (午後便は土日のみ運転) はオレンジ色の矢印の位置にバス停あり。
2016年08月05日 13:50撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
60. 宇久須遠望。約12kmの道で一気に下降します。バス停は黄色の矢印の位置ですが、三島行き特急バス (午後便は土日のみ運転) はオレンジ色の矢印の位置にバス停あり。
6
61. 杉の植林が多い中をガンガン下ります。
2016年08月05日 14:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
61. 杉の植林が多い中をガンガン下ります。
62. まだまだ麓は遠く、深い森が続きます。
2016年08月05日 14:09撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
62. まだまだ麓は遠く、深い森が続きます。
63. 道のすぐ脇に無名 (?) の滝。
2016年08月05日 14:40撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
63. 道のすぐ脇に無名 (?) の滝。
10
64. 凄まじいヘアピンカーブが随所に。
2016年08月05日 14:54撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
64. 凄まじいヘアピンカーブが随所に。
1
65. 流れの音に涼味を感じつつ……。
2016年08月05日 14:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
65. 流れの音に涼味を感じつつ……。
5
66. 立秋を前に小さな秋。(その2)
2016年08月05日 15:04撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
66. 立秋を前に小さな秋。(その2)
4
67. だいぶ稜線が遠くなりました。
2016年08月05日 15:15撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
67. だいぶ稜線が遠くなりました。
68. 川への下降点を見つけ (養鱒場の少し上流)、体を拭きまくって着替えました。あぁ〜すっきり。
2016年08月05日 15:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
68. 川への下降点を見つけ (養鱒場の少し上流)、体を拭きまくって着替えました。あぁ〜すっきり。
7
69. 川幅が広くなると急勾配も終わり、神田の集落を進みます。
2016年08月05日 15:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
69. 川幅が広くなると急勾配も終わり、神田の集落を進みます。
1
70. 休耕田にはヒマワリが咲き乱れていました。
2016年08月05日 15:58撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70. 休耕田にはヒマワリが咲き乱れていました。
6
71. その傍らにはコスモス。もうすぐ秋……。
2016年08月05日 15:56撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
71. その傍らにはコスモス。もうすぐ秋……。
7
72. 如何にも伊豆っぽい風景の中をラストスパート!
2016年08月05日 16:04撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
72. 如何にも伊豆っぽい風景の中をラストスパート!
73. 宇久須中心部の十字路のすぐ西に湧き水あり。まろやかで美味い!
2016年08月05日 16:23撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
73. 宇久須中心部の十字路のすぐ西に湧き水あり。まろやかで美味い!
5
74. 宇久須の旧道の街並み。新道の2軒のコンビニが賑わいの中心となり寂れています……。
2016年08月05日 16:25撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
74. 宇久須の旧道の街並み。新道の2軒のコンビニが賑わいの中心となり寂れています……。
2
75. 東海バスの宇久須駅 (曜日・時間帯により切符や定期券を販売しているので立派な駅です) にゴールイン! バスの時間ギリギリにつき漁港は省略 (^^;
2016年08月05日 16:26撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
75. 東海バスの宇久須駅 (曜日・時間帯により切符や定期券を販売しているので立派な駅です) にゴールイン! バスの時間ギリギリにつき漁港は省略 (^^;
4
76. 来た修善寺行きは……エルガミオ (ヲタシート狭い……鬱)。しかも途中すれ違った松崎行きは、大型車のエアロスターやブルーリボン……(激鬱)。
2016年08月05日 16:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
76. 来た修善寺行きは……エルガミオ (ヲタシート狭い……鬱)。しかも途中すれ違った松崎行きは、大型車のエアロスターやブルーリボン……(激鬱)。
3
77. 恋人岬BSでは、とても上品で優しい雰囲気の尾根遺産2名が乗って来ました。鐘を鳴らして彼氏が見つかるよう祈願したのでしょうか。
2016年08月05日 16:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
77. 恋人岬BSでは、とても上品で優しい雰囲気の尾根遺産2名が乗って来ました。鐘を鳴らして彼氏が見つかるよう祈願したのでしょうか。
7
78. しかし、そんな雰囲気の方と懇ろになる機会は、(以下略)。
2016年08月05日 16:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
78. しかし、そんな雰囲気の方と懇ろになる機会は、(以下略)。
10
79. 駿河湾の奥に、恐らく浜石岳と思われるピークの姿が。駿河国中心部へのヤマレコ赤線延ばしも、今後積極的に見据えて行きたいです。
2016年08月05日 16:43撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
79. 駿河湾の奥に、恐らく浜石岳と思われるピークの姿が。駿河国中心部へのヤマレコ赤線延ばしも、今後積極的に見据えて行きたいです。
5
80. 三島での乗り継ぎがロクなものではなく、宇久須から3時間40分でようやく藤沢着。ラーメン屋に入って生ビールを一気飲みし、山行の成功を祝ったのでした。
2016年08月05日 20:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
80. 三島での乗り継ぎがロクなものではなく、宇久須から3時間40分でようやく藤沢着。ラーメン屋に入って生ビールを一気飲みし、山行の成功を祝ったのでした。
11
撮影機材:

感想/記録

 8月に入ったばかりの金曜土曜、当初は奥多摩の鴨沢から雲取山に登って三峯神社まで縦走しようと思っていたのですが、天気予報が猛暑・雷と全く思わしくないため延期……。折角2000mまで登るなら、やはり展望は期待したいわけで、モヤ〜ンとした酷暑では気後れせずにはいられません。とはいえ、せっかくの平日休みに何処にも行かないというのも勿体ない話です。そこで、「では、最も気温が低くて雷の可能性も小さそうな場所はどこか?」ということで、Yahooの天気予報や「てんきとくらす」と睨めっこした結果、駿河湾に面した伊豆山稜に目星をつけました。西伊豆は、私事ながら去る7月末の週末に法事で出掛けたばかりなのですが、途中船原峠越えで眺めた山々の姿は、Myヤマレコ赤線を最終的に石廊崎に延ばす計画とのからみでどうしても気になったばかりで、まぁこの天気で雲取山を止めて伊豆にしたのも、要するにこのエリアの山に呼ばれたということでしょうか (笑)。

 というわけで、実際の山行は画像、ならびに画像に付したコメントの通りですが、とにかく強烈に蒸し暑くてヤバかった……の一言に尽きます。仁科峠の直下にあった温度計では、標高800数十mで24度となっており、しかもモヤ〜ン・モワ〜ンとした湿気ですので、そんな中で約10kmにわたってアップダウンを繰り返すのは地獄以外の何物でもありません (^^;)。しかし、天気の読みが当たって、見事に自分の頭上の周辺だけが抜けるような青空となった中 (天城や東伊豆、そして箱根・富士・駿河東部……全て曇っていました)、笹の緑をはじめ期待していた真夏の風景が目の前に広がり、たまに西伊豆スカイラインを車やバイクが通るのを除けば、雄大な大展望を完全に独占したのは最高のひとときでした♪ 魂の山(こんのやま)は、まさに文字通り、熱い魂がこみ上げて来るかのような素晴らしい展望でしたし (これに富士・南アルプスが加われば、これらにより近い達磨山ほどではないでしょうけど、激しく心が揺さぶられる絶景が広がるはず!)、道路から少々離れたところにある宇久須峠の雰囲気は、草の尾根を愛する向きには絶品以外の何物でもありません……(*^^*)。

 今回の、猛暑に打ち勝ちながら真夏の稜線を楽しんだ山行は、これはこれで強烈な印象に残りましたが、そのうちまた空気が澄んだタイミングを見計らって、猫越岳あたりと組み合わせて縦走したいものだなぁ〜と思います☆

 そして、今回船原峠から宇久須まで歩いたことで、今後の天城山方面と西伊豆方面への赤線延ばしを近い将来の現実のものとして見据えることが出来るようになりました♪ もっともその前に、沼津アルプスを歩かなければ、既に那須三本槍岳および富士吉田から沼津まで延びている赤線とつながらないのですが……(^^;)。沼津アルプスはこれまで、余りにもデンジャラスな風貌からして、足の故障を抱えて来た身としては先延ばしにして来たのですが、真夏にこれだけのロングコースをこなして体力も脚力もそれなりについてきたことから、そろそろこの秋以後、富士山がバッチリ見える日を狙って敢行しようか……というヤル気が湧いてきました。

 以上、ご覧頂き誠にありがとうございました m(_ _)m
訪問者数:305人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/21
投稿数: 25
2016/8/6 22:41
 暑い盛りによく歩かれることで・・・
こんばんは。

今回はいつもに比べて、蒸し暑さがヒシヒシと迫ってきそうな写真が多かったですね。
それでも、No35の宇久須峠への下りの写真とか、なんとも雄大で、この風景を独り占めできるとあらば、蒸し暑さを耐える価値ありそうですね
(まあ、出来たら秋とか涼しい時に行きたいですけど

最後のビールの写真が一段と際立つ感じでした

海外遠征もどうぞご無事のお帰りを
登録日: 2013/11/24
投稿数: 371
2016/8/6 23:10
 >hiyo-ruさま
こんばんは、コメントどうもありがとうございます!
今回の蒸し暑さ、早朝に自宅を出た瞬間から「かなりヤバいな……」と思い、すぐに靴を脱いで再び寝てしまおうかと思ったほどですが 、朝6〜7時台の箱根や伊豆はこんな感じで青空でしたので、そのまま登ってしまいました。
しかし、如何せん湿気がねっとりと垂れ込めているため、写真にも写り込んでしまっていますね……。
これがもし7/30・31であればもっと湿度は低く、昼過ぎまで富士山が見えるほどでしたので (法事に行った際に眺め、何故こんな夏山日和と法事が重なるんだぁ〜!と落胆 )、まぁこればっかりは運不運の問題ですね。

それでも、魂の山や宇久須峠界隈のパノラマは期待通りで、しかも平日でスカイラインの通行量は少なく、さらに登山者は他にゼロでしたので、とにかく雄大な景色を独占した点についてはガッツポーズでしたね〜

笹の緑と辛うじての夏空、そしてやや透明になった空気の組み合わせという点では、9月頃の好天を狙うのがベストなのかも知れません。ただ、そんな天気の日には、別のもっと高いところに登りたいのも確かです
いつ、どこに赤線を延ばすかは、本当にビミョーな決断であり、ギャンブルですね……

山の日を含むお盆の海外遠征は山目的ではありませんが (^^;)、とりあえず健康第一で行って参ります〜
登録日: 2013/9/16
投稿数: 1724
2016/8/7 0:19
 美味しそう〜
bobandouさん、こんばんは
さやなおでございます!

金曜日も暑かったですが、いい天気でしたね。
景色画像がきれいですね。

体が欲しがっているのだから、6箸凌緤摂取も良いのではないでしょうか

美味しい画像もいいですね!
特に

今後もヨロシクお願い致します
登録日: 2013/11/24
投稿数: 371
2016/8/7 1:02
 >sayanaoさま
こんばんは、コメントどうもありがとうございます!
先ほどお邪魔したら早くもコメントを頂けて嬉しい限りです〜

金曜日は、どこの山も大抵ガスガスだったようですが、下界はモヤッと晴れているところも結構あったようで、そんな空気感が風景画像の中にたっぷり練り込まれるような感じになりました  まぁ、笹の草原と青空と雲狙いでしたので、訪問目的は一応達成しました  もっとクリアな空気の方が良いですけど……

それはさておき……やはり出てしまった分は飲むべきということで、6リットル飲んでも決してヤバくはないのでしょうか?! 少々安心しました……
ちなみに、ハードなアップダウンを伴う山行から帰ってくると、数日間はどれだけ食べても満腹感にならず、まるで育ち盛りの中学生のような気分になります。四十路ですが……

飲み食べ系の画像を気軽に上手く撮れるようになったのは、デジカメ時代の恩恵ですね♪ しかも、載せると拍手がたくさんつくという……  というわけで、ヤマレコを始めてから、道中に飲み食いしたものはなるべく撮って記録するようになりました (笑)。

というわけで、こちらこそ宜しくお願い申し上げます! m(_ _)m
登録日: 2014/3/27
投稿数: 792
2016/8/10 9:53
 今秋のイメトレ
bobandouさん、こん○×は(^o^)/

伊豆山稜遊歩道を何回かに分けて歩こうと思っているので、この区間のイメトレにピッタリです
確かに海側から吹いてくる風には救われますよね。(短いながらも経験談)
確かにこのあたりは開けているので、この時期は大変だったでしょうね
宇久須峠付近の開けたところでノンビリ過ごすというのもあり…まさにハイキング二はいいのですが、交通機関がね
ピストンするには一気にとは行かず、分割ハイクとなりそうです。

しかし、空・海・緑…気持ちよさそう (暑さ除く)

mamepapa dogleo
登録日: 2013/11/24
投稿数: 371
2016/8/10 12:37
 >mamepapaさま
こんにちは、コメントどうもありがとうございます!
伊豆山稜、丹沢・三浦・箱根・高尾・奥多摩あたりとは全然雰囲気が違い、のびやかな稜線が幾重にも折り重なる中に尾根道が延々と続きますので、その独特の悠然とした雰囲気が素晴らしいですし、とくに冬など海風が強いため、標高が低い割に笹の原もあったりして、もしもっと東京・横浜に近ければ絶対に人多すぎな人気コースになると思います 。そんな伊豆山稜歩きのイメトレとしてご覧頂き嬉しいです〜

とくに、去る1月末に歩いた達磨山・金冠山あたりと並んで、魂の山・宇久須峠あたりは、のんびりと登ってまったりと休憩するには最高の場所だと思いました 。ただ、確かに達磨山界隈と比べると、交通条件は悪いですね〜  達磨山ならバスでも自家用車でもアプローチは相対的にラクですが、宇久須峠・魂の山の場合、バス派なら延々とアプローチを強いられ、自家用車派の場合は仁科峠あたりに車を置いてピストンするしかありません (船原峠まで抜けた場合、車を回収するのが一仕事)。

とりあえず、ヤマケイの『分県登山ガイド・静岡県』を眺めていますと、仁科峠あたりではケータイが通じ (docomoだけの話でしょうけど)、湯ヶ島あたりに営業所がある「狩野自動車」に電話すれば仁科峠まで迎えに来てもらえる、とあります。西伊豆スカイライン、そして仁科峠〜宇久須の道は非常に良く整備された道ですので、タクシー大作戦を実行すればコースの組み方の自由度は大幅アップしますが、あまりタクシーに頼りすぎても財布が寂しくなりますし 、ここはひとつ、工夫のしどころでしょうね〜

ともあれ少なくとも、空・稜線・海、そして晴れていれば富士……本当に良いところです (暑さ除く! )。次回ここを歩くとしたら、新緑か紅葉の季節に、天城の杜BS〜猫越岳〜仁科峠とつなげたロングコースにしたいですね♪ 暗くなっても船原峠の新道まで出ればバスの便は遅くまでありますし……。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ