ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931662 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山(土砂降り)

日程 2016年08月04日(木) [日帰り]
メンバー Nya_Toro
天候途中から土砂降り
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR韮崎駅→(山梨峡北交通バス:みずがきルート)→みずがき山荘 70分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
2分
合計
3時間17分
Sみずがき山荘10:1210:39富士見平小屋10:59桃太郎岩11:0111:50大ヤスリ岩12:04瑞牆山13:29みずがき山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
みずがき山荘〜瑞牆山のピストン
コース状況/
危険箇所等
土砂降りのため登山道全体が沢登り・沢下り状態。
その他周辺情報山梨峡北交通バスは1回の途中下車できるので、増富温泉に寄ることが可能。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

バスを降りてすぐ右側に登山道の入口。瑞牆山荘から30m程度のところに公衆トイレもあり(100円)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを降りてすぐ右側に登山道の入口。瑞牆山荘から30m程度のところに公衆トイレもあり(100円)。
最初はなだらかな登山道を上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はなだらかな登山道を上がる。
唯一、目についた花。(詳しくないので・・・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一、目についた花。(詳しくないので・・・)
富士見平小屋を横目で見つつ、通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋を横目で見つつ、通過。
遠くに山頂が見えてくる・・はずだった。曇っていてよくわからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに山頂が見えてくる・・はずだった。曇っていてよくわからない。
一度、沢に向かって大きく下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度、沢に向かって大きく下る。
ここで沢を超える。前日の大雨で流れは速い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで沢を超える。前日の大雨で流れは速い。
1
桃太郎岩は想像していたよりもずっと大きかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃太郎岩は想像していたよりもずっと大きかった。
1
沢沿いをずっと登っていく。登山道にも水が流れてきていて滑る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いをずっと登っていく。登山道にも水が流れてきていて滑る。
あとは山頂までひたすら岩がごつごつした道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは山頂までひたすら岩がごつごつした道。
どんどんガスっていく。雨も少しずつ強く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどんガスっていく。雨も少しずつ強く。
ここは大人一人が通れるくらいの隙間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは大人一人が通れるくらいの隙間。
山頂近く。雨が強くなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近く。雨が強くなっている。
大やすり岩の足元。既に土砂降り。ここでカメラもしまったので、これ以降の写真はなし・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大やすり岩の足元。既に土砂降り。ここでカメラもしまったので、これ以降の写真はなし・・。

感想/記録

山頂からの大パノラマを期待して瑞牆山へ。・・が、登り始めから曇り。途中からは雨が降り始め、山頂に着くころには土砂降りに。目の前にあるはずの大ヤスリ岩すら見えないほどのガスで、山頂標識にタッチ&ゴーで退散。残念。帰りは雨がさらに強まり、雷が鳴る中、登山道はほとんど沢下り状態。ようやく下に降りて、バスを待っていたらきれいに晴れてきた・・・。こんなこともある。
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ