ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931689 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

払沢の滝〜浅間嶺にふたたび訪れてみた

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー moogindigo(記録), jeeppapavslo5gtb24TO4NR28
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
JR:新宿駅(06:46発) -(ホリデー快速あきかわ1号)-武蔵五日市駅(07:55着)
西東京バス:武蔵五日市駅(08:10発)-(五10)-本宿役場前(08:27着)
徒歩:本宿役場前(08:27発)-払沢の滝(08:40着)
【復路】
西東京バス:温泉センター(17:32発)-武蔵五日市駅(18:24着)
五日市駅で解散
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
54分
合計
7時間31分
Sスタート地点08:2908:35払沢の滝入口バス停08:3608:48払沢の滝08:5409:10払沢の滝駐車場09:1709:42時坂路傍施設便所09:4509:54時坂峠09:5511:41浅間嶺展望台11:48浅間尾根休憩所11:4912:01浅間嶺展望台12:2212:29浅間尾根休憩所12:3112:37浅間嶺12:57人里峠13:08石宮ノ頭13:1013:34一本松13:3713:51猿石13:57数馬分岐14:0214:54浅間尾根登山口バス停14:5515:05竜神の滝15:10温泉センターバス停15:1116:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された登山道で危険な箇所はありません
その他周辺情報数馬の湯
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 日焼け止め 携帯 ストック

写真

感想/記録

今回第14回目の山行となります。
梅雨だしリスクの少ない近場でハイキング第2弾として企画しました。

前回の浅間嶺は2015/9/19でしたので、約10ヶ月ぶりです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-719109.html

例によって時坂峠までは急登です。ゼーゼーハーハーいいながら登り切りました。前回に比べたら割と平気。

次は楽しみにしてた「そば処みちこ」ですが、スタート時間が1時間早かったこともありお店が開いてないというハプニング。
今回はコーヒー飲めないのか?と残念がっていると、お店の方が早めに開けてくれました。(オープンは11時ですが、たしか10:40くらいにお店に入れていただきました)
1杯400円で至福のコーヒータイム(クッキー付き)を堪能しました。
くつろいでいるとハチやアブがブンブンやってきて落ち着かなかったですけどね。

浅間嶺展望台では残念ながら景色を見ることはできませんんでしたが、前回はなかったテーブルとベンチがあり昼食はそこで食べました。
屋根はないので晴天だったら厳しいと思います。

昼食を食べたら尾根を黙々と歩きます。猿石に到着したら猿の手形を探そうと意気込んでましたが例によって誰も見つけることはできませんでした。
悔しいのでググって回答を探しましたよ。→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1253082997

下山したら数馬の湯に向かいますが、ちょうどバスがなくて20分ほど歩きます。
お湯で疲れを癒して生ビールで打ち上げです。今回の発見は「あえてジョッキの生ビールじゃなくていいじゃん」ってことです。最初の1杯はジョッキ生でしたが、追加は施設内にある自動販売機で缶ビールを買って飲みました。そうそうお料理はマイタケの天ぷらが絶品でしたよ。

お疲れさまでした!
訪問者数:114人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 山行 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ