ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931766 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

雲ノ平/鷲羽岳/黒部五郎岳 【終わり良ければ全て良し?】

日程 2016年08月01日(月) 〜 2016年08月04日(木)
メンバー papiban
天候8/1)曇のち
8/2)曇のち
8/3)
8/4)晴のち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 北陸道滑川ICから県道3号,6号と有峰林道小見線で折立へ。最寄りは立山ICですが、往路は林道の通行可能時間を考慮して、復路は温泉に寄った関係で滑川ICを使いました。
 有峰林道は1,900円、通行時間帯は6〜20時です。詳しくは↓。
    http://www.arimine.net/toll_road2.html

 折立には6:40頃に着きましたが、登山口近くの駐車場は満車で500mほど離れた臨時駐車場に入れました。臨時駐車場のキャパは100台以上ありそうで、この日は30台程度停まっていました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間34分
休憩
1時間42分
合計
7時間16分
S折立07:4007:41十三重之塔 慰霊碑08:32太郎坂(アラレちゃん)08:3809:11青淵三角点(青淵山)09:4009:54積雪深計測ポール11:00五光岩ベンチ11:1411:30太郎兵衛平11:58太郎平小屋12:5113:43第一徒渉点13:49第二徒渉点14:09第三徒渉点14:47カベッケが原14:56薬師沢小屋
2日目
山行
7時間21分
休憩
3時間38分
合計
10時間59分
薬師沢小屋05:5507:59アラスカ庭園08:1708:46奥日本庭園09:05祖母岳09:1509:43雲ノ平山荘10:0310:22スイス庭園10:3110:52雲ノ平山荘11:4612:12コロナ観測所12:25奥スイス庭園13:10高天原峠13:52高天原分岐13:57高天原山荘14:3214:50高天原温泉15:10竜晶池15:2515:40高天原温泉16:3716:54高天原山荘
3日目
山行
7時間23分
休憩
2時間3分
合計
9時間26分
高天原山荘06:0606:13高天原分岐06:56水晶池分岐07:02水晶池07:0907:15水晶池分岐07:2409:10岩苔小谷水場09:18岩苔乗越09:3609:46ワリモ北分岐10:13ワリモ岳10:1510:49鷲羽岳11:0812:03三俣山荘12:5513:36三俣峠13:4113:58三俣蓮華岳14:0914:32三俣蓮華岳巻道分岐15:32黒部五郎小舎
4日目
山行
9時間3分
休憩
1時間25分
合計
10時間28分
黒部五郎小舎05:1805:59西又山07:45黒部五郎岳08:1308:25黒部五郎の肩09:40中俣乗越10:35赤木岳11:06北ノ俣岳11:12神岡新道分岐12:13太郎山12:20太郎平小屋13:0313:19太郎兵衛平13:35五光岩ベンチ13:4314:25積雪深計測ポール14:36青淵三角点(青淵山)14:4215:06太郎坂(アラレちゃん)15:44十三重之塔 慰霊碑15:46折立G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 1日目の太郎平小屋→薬師沢小屋,3日目の水晶池→岩苔乗越,三俣蓮華岳→黒部五郎小舎,4日目の黒部五郎岳→太郎平小屋は、無休憩ではなく5〜10分/1時間のペースで休憩しています。
コース状況/
危険箇所等
 今回歩いたルートは、道標は整備されペンキマークもしっかりあって、迷うことはないと思います。また、木道区間も多く全般に整備されていて歩き易い道ですが、今回のように雨がちだと泥濘が多くなり、濡れた岩や木道も滑るので、この点は気を遣います。

 あまりレコのない、黒部五郎小舎〜黒部五郎岳の稜線ルートですが…
 ・踏跡はしっかりしており、ペンキマークも沢山あって、少々のガスでもルートを失する
  ことはないと思います。
 ・稜線に出てから山頂までの間、二割程度は手を使う必要のある岩場ですが、危険度は
  高くなく、涸沢〜奥穂や槍の東鎌尾根程度の経験があれば問題なく歩けます。
 ・小舎から30分も登れば森林限界に達し、大展望が得られます。また、稜線に出てからの
  アップダウンも大きくはなく、快適に山頂を目指せます。
 ・圏谷ルートほどではないのでしょうが、お花もそこそこあってこちらも楽しめます。
 圏谷ルートに比べて時間もそんなに変わらないので、天気の良い日の登りに使うのは、選択肢として充分アリだと思います。
その他周辺情報 つるぎふれあい館アルプスの湯↓で、汗を流して帰りました。
   https://www.town.kamiichi.toyama.jp/info/svFacHP.aspx?faccd=200316
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

一日目
今年は折立からスタート
2016年08月01日 07:35撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日目
今年は折立からスタート
2
眺めが開けてきましたが、天気は今ひとつ
2016年08月01日 10:01撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めが開けてきましたが、天気は今ひとつ
なので、雷鳥登場
2016年08月01日 10:54撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なので、雷鳥登場
9
なかなか凛々しいです
2016年08月01日 10:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか凛々しいです
7
ゆったりした登りです
2016年08月01日 11:31撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったりした登りです
3
太郎平小屋に到着
意外と見えてました
雲ノ平,祖父,水晶
2016年08月01日 12:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋に到着
意外と見えてました
雲ノ平,祖父,水晶
1
薬師沢への下り始めは、お花畑の中を行きます
シナノオトギリ
2016年08月01日 12:54撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢への下り始めは、お花畑の中を行きます
シナノオトギリ
7
ミヤマアキノキリンソウ
2016年08月01日 12:56撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
ハクサンボウフウ
2016年08月01日 12:57撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ
6
カラマツソウ
2016年08月01日 13:03撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
3
オヤマリンドウ
2016年08月01日 13:08撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
4
ミヤマママコナ
2016年08月01日 13:09撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマママコナ
5
二日目
お世話になった薬師沢小屋
2016年08月02日 06:03撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目
お世話になった薬師沢小屋
4
雲ノ平への苦しい登り
2016年08月02日 06:20撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平への苦しい登り
4
雲ノ平に登り着きました
今日は薬師が見えてます
2016年08月02日 07:43撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平に登り着きました
今日は薬師が見えてます
3
アラスカ庭園で休憩
2016年08月02日 08:00撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラスカ庭園で休憩
1
アラスカ庭園からの三俣蓮華
2016年08月02日 08:02撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラスカ庭園からの三俣蓮華
明後日登る黒部五郎
2016年08月02日 08:27撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明後日登る黒部五郎
7
祖母岳と水晶
2016年08月02日 08:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母岳と水晶
2
青空も少し
2016年08月02日 08:37撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も少し
奥日本庭園へ
2016年08月02日 08:46撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥日本庭園へ
4
花もいろいろ咲いてます
エゾシオガマ
2016年08月02日 08:57撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花もいろいろ咲いてます
エゾシオガマ
1
ヨツバシオガマ
2016年08月02日 09:02撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
3
イワイチョウ
2016年08月02日 09:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
4
ミヤマアキノキリンソウ
2016年08月02日 09:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
チングルマは既に果穂
2016年08月02日 09:33撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは既に果穂
12
祖母岳山頂
一応、この山行で初の山頂
2016年08月02日 09:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母岳山頂
一応、この山行で初の山頂
2
祖母岳山頂付近は、感じの良い湿原です
2016年08月02日 09:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母岳山頂付近は、感じの良い湿原です
6
池塘越しに黒部五郎
2016年08月02日 09:20撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘越しに黒部五郎
8
同じく三俣蓮華
2016年08月02日 09:18撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく三俣蓮華
9
雲ノ平山荘からの笠ヶ岳
笠ヶ岳はどこから見ても判り易い
2016年08月02日 09:51撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘からの笠ヶ岳
笠ヶ岳はどこから見ても判り易い
4
祖父岳と天場
2016年08月02日 10:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳と天場
1
スイス庭園へ
正面に大きな水晶
2016年08月02日 10:24撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイス庭園へ
正面に大きな水晶
4
薬師もチラリ
2016年08月02日 10:31撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師もチラリ
2
雲ノ平山荘に戻ります
次回は青空の下、歩きたい
2016年08月02日 10:42撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘に戻ります
次回は青空の下、歩きたい
4
奥スイス庭園で雲ノ平を出ます
2016年08月02日 12:26撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥スイス庭園で雲ノ平を出ます
1
詩ノ原
晴れていれば、良さ気なところです
2016年08月02日 12:40撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詩ノ原
晴れていれば、良さ気なところです
高天原に下りてきました
2016年08月02日 13:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原に下りてきました
2
竜晶池に足を伸ばしました
2016年08月02日 15:14撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜晶池に足を伸ばしました
9
高天原温泉
こちらは左岸の混浴風呂
こんなとこにもケロリンが…
2016年08月02日 16:36撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原温泉
こちらは左岸の混浴風呂
こんなとこにもケロリンが…
15
三日目
小屋前からの水晶
今日も朝は青空です
2016年08月03日 05:43撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目
小屋前からの水晶
今日も朝は青空です
1
水晶池へ
2016年08月03日 07:06撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶池へ
6
水晶池に映る逆さ水晶
2016年08月03日 07:06撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶池に映る逆さ水晶
9
祖父岳を見上げながら、岩苔乗越に向かいます
2016年08月03日 08:06撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳を見上げながら、岩苔乗越に向かいます
2
岩苔小谷源頭はお花畑
2016年08月03日 08:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔小谷源頭はお花畑
トリカブト
2016年08月03日 08:26撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト
3
ハクサンフウロ
2016年08月03日 08:30撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
7
クルマユリ
2016年08月03日 08:37撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ
7
ワリモ岳へ
山頂は巻きます
2016年08月03日 10:13撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳へ
山頂は巻きます
ワリモ岳からの鷲羽岳
2016年08月03日 10:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳からの鷲羽岳
9
鷲羽山頂
宿題片しました
2016年08月03日 10:58撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂
宿題片しました
9
鷲羽池も見られました
2016年08月03日 11:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽池も見られました
5
鷲羽岳の下りで
三俣蓮華から双六への稜線
2016年08月03日 11:47撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳の下りで
三俣蓮華から双六への稜線
4
三俣山荘前から振り返る
相変わらずカッコいい山です
2016年08月03日 12:01撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘前から振り返る
相変わらずカッコいい山です
13
次は三俣蓮華
残念ながら、すっかりガスの中
2016年08月03日 13:59撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は三俣蓮華
残念ながら、すっかりガスの中
5
ガスの中、黙々と歩いて黒部五郎小舎へ
見えてからが意外と遠い
2016年08月03日 15:10撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中、黙々と歩いて黒部五郎小舎へ
見えてからが意外と遠い
四日目
黒部五郎が染まります
今日こそは
2016年08月04日 05:17撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日目
黒部五郎が染まります
今日こそは
3
稜線ルートの登り口付近から振り返る
後ろは薬師
2016年08月04日 05:21撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線ルートの登り口付近から振り返る
後ろは薬師
3
この青空を待ってました
2016年08月04日 05:51撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この青空を待ってました
5
爽快な尾根歩きになりました
雲ノ平と水晶の朝
2016年08月04日 05:57撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快な尾根歩きになりました
雲ノ平と水晶の朝
8
薬師
2016年08月04日 06:00撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師
目指す黒部五郎
2016年08月04日 06:01撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す黒部五郎
1
薬師の右奥に立山と剱
2016年08月04日 06:11撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師の右奥に立山と剱
4
笠ヶ岳と抜戸岳
2016年08月04日 06:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳と抜戸岳
3
黒部五郎が大きくなってきました
2016年08月04日 06:39撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎が大きくなってきました
6
オコジョも歓迎してくれてるようです
(トリミングあり)
2016年08月04日 06:41撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコジョも歓迎してくれてるようです
(トリミングあり)
20
(左から)水晶,ワリモ,鷲羽の稜線
手前は祖父岳
2016年08月04日 06:41撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(左から)水晶,ワリモ,鷲羽の稜線
手前は祖父岳
6
黒部五郎と、巨大な五郎のカール
2016年08月04日 06:51撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎と、巨大な五郎のカール
15
山頂までもう少し
2016年08月04日 07:09撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し
8
富山県のヘリがきました
昨日の事故の救助のようです
2016年08月04日 07:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山県のヘリがきました
昨日の事故の救助のようです
1
槍穂登場
今回は見られないと思っていたので、感激です
2016年08月04日 07:18撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂登場
今回は見られないと思っていたので、感激です
5
笠の奥に乗鞍,御嶽
2016年08月04日 07:36撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠の奥に乗鞍,御嶽
5
黒部五郎山頂へ
2016年08月04日 07:51撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂へ
13
黒部五郎山頂から
薬師
2016年08月04日 07:52撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から
薬師
3
黒部五郎山頂から
水晶と赤牛
遥か左奥に白馬も
2016年08月04日 07:52撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から
水晶と赤牛
遥か左奥に白馬も
5
黒部五郎山頂から
鷲羽と水晶
手前に雲ノ平
2016年08月04日 07:53撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から
鷲羽と水晶
手前に雲ノ平
5
黒部五郎山頂から
双六の向こうに槍穂連峰
2016年08月04日 07:53撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から
双六の向こうに槍穂連峰
6
黒部五郎山頂から
これから向かう太郎平への稜線
太郎平小屋も小さく見えてます
2016年08月04日 07:52撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂から
これから向かう太郎平への稜線
太郎平小屋も小さく見えてます
7
中俣乗越手前のピークから黒部五郎を振り返る
2016年08月04日 09:13撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中俣乗越手前のピークから黒部五郎を振り返る
3
トウヤクリンドウを見つけました
2016年08月04日 09:35撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウを見つけました
7
赤木岳…の標識がありますが、ひとつ手前のピークのようです
2016年08月04日 10:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤木岳…の標識がありますが、ひとつ手前のピークのようです
今回最後のピーク、北ノ俣岳
すっかりガスの中
2016年08月04日 11:07撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回最後のピーク、北ノ俣岳
すっかりガスの中
7
撮影機材:

感想/記録

 今年の目標 愴覿の温泉を訪ねる』山行に行ってきました。目的地は高天原温泉。これに雲ノ平と黒部五郎岳、更に2年前に残した鷲羽岳を加えて黒部源流をグルッと回ってきました。


◇8/1(一日目)
 有峰林道が開いてから亀谷連絡所を通過し7時少し前に折立に到着、身支度を整えて歩き始めます。最初は見通しの効かない樹林帯の急坂を黙々と登り、アラレちゃんで小休止して1870.6m三角点に約一時間半で到着です。ここまではまずまずのペースですが、何故か三角点で休憩中に気分が悪くなり20分ほどベンチで横になる羽目になりました。過去にも同様の経験がありますが理由はハッキリせず、その後はなんともなかったので、寝不足からくる一時的な体調不良かと思ってます。
 三角点から少し登ると視界が開けてきますが、写真の通りの生憎の天気です。そのガスのお蔭か雷鳥が姿を現したりしましたが、結局薬師岳も見えないまま太郎平小屋に到着です。

 太郎平小屋に登り着くまでは眺めは全く諦めていたのですが、太郎平小屋からは意外と黒部源流の山々が見えました。青空がないのであまり写真は撮りませんでしたが、明日以降に向かう山々を眺めながら小屋前でお昼にして、薬師沢小屋目指して下りに掛かります。
 小屋から暫くは整備された木道を緩やかに下って行きますが、ここは花が豊富でこれらを楽しみながら歩けます。時間的にも余裕があったので写真を撮りながらノンビリ歩いていたのですが、傾斜が増した辺りから雨が降り始め雷もゴロゴロ云い始めたので、カメラをザックに入れ雨具を着込んで足早に薬師沢小屋に向かいました。しかしながら濡れた木道は滑り易くなっていて結構気を遣います。お蔭でここの区間の印象はあまり残ってません。カベッケヶ原辺りは雰囲気の良いところだったようなのですが…。

 小屋で受付を済ませた後、雨も止んだので小屋前のテラスで黒部川の流れを見ながら、同宿の方々と話をしながら一杯やっていたのですが、またもや雨が降り始めたので30分くらいで小屋の中へ。夕食後も雨は止まず、また寝不足もあったので早々に床に就きました。


◇8/2(二日目)
 朝起きてみると雨は止んで青空も見ています。「今日は期待できるかな」と思いつつ6時ちょい前にスタート、結構スリルのある吊橋を渡って雲ノ平への急坂に取り付きます。ここも太郎坂同様に見通しのない樹林帯の登りで、且つ前日の雨で岩がとても滑り易く苦労しますが、何とか青空のあるうちに雲ノ平へ出たかったので、頑張って登り続けます。
 二時間弱で雲ノ平の一角に登り着き、アラスカ庭園で大休止としました。残念ながらこの時点で既に青空は殆どなくなっていましたが、雲ノ平を囲む山々は良く見えていて山座同定を楽しみながら暫しノンビリしました。

 アラスカ庭園から雲ノ平山荘に向けて木道をゆったり進みます。途中分岐で荷をデポして祖母岳、雲ノ平山荘に荷を置いてスイス庭園に立寄りました。前者は池塘が点在していてなかなか趣のあるところですし、後者は水晶岳や薬師岳の好展望地です。陽がないので写真は冴えませんが、それぞれ是非天気の良い日に再訪したいところです。次は今回パスした祖父岳と合せて、雲ノ平で時間をタップリ取る山行にしたいですね。
 雲ノ平山荘で昼食にして高天原山荘を目指しますが、またもや雨と雷がやってきました。奥スイス庭園とか詩ノ原とか天気が良ければゆっくりしたいところも足早に過ぎ、休憩も取らずに高天原山荘に到着です。

 高天原山荘で受付後、雨の中を今回の山行の最大目標である高天原温泉に向かいます。結局土砂降りの中の露天風呂になってはしまいましたが、湯は良かったですし残念な思いよりも満足の方が勝りました。そのせいか少々長居してしまい、小屋に戻ったのが夕食ギリギリで、小屋の方々には少々迷惑を掛けてしまいました。
 尚、次に来られる機会があるのかとの思いもあって、欲張って夢ノ平と竜晶池にも行ってみました。ここも感じの良いところだったので訪れたこと自体は後悔していないのですが、一時間以上の雨中行軍だったことに加えて、装備選択ミスもあって靴の中に水が入ってきてしまい、三日目以降難儀することになってしまいました。


◇8/3(三日目)
 この日も朝は青空です。遥か高く見える水晶岳を眺めながら6時ちょい過ぎにスタート、まずは水晶池を目指します。一時間弱で水晶池に到着、逆さ水晶岳を眺めながら小休止の後、岩苔乗越に向かいます。この日も前日まで同様に8時頃には青空はなくなってしまいましたが、それでも岩苔小谷源頭のお花畑を楽しみながら登り続けます。
 岩苔乗越で一息入れてこの山行初の尾根歩きに突入ですが、青空はなくガスの中の尾根歩きになってしまいました。それでも時折ガスが切れ、鷲羽の雄姿や三俣蓮華から双六にかけての嫋やかな稜線、緑濃い黒部源流などを楽しみながら鷲羽山頂を踏んで三俣山荘に到着です。

 三俣山荘で名物(?)ジビエもみじ丼のお昼にし、三俣蓮華に登り返して黒部五郎小舎に向かいます。登り始めの頃はまだ周りの山々も少し見えていたのですが、三俣峠に近付く頃からは完全にガスの中になってしまい、三俣蓮華山頂も真っ白、黒部五郎小舎まではただ黙々と歩くだけになってしまいました。2年前の裏銀座縦走の経験から、素晴らしい眺めを期待していたのですが、かなり残念な結果に終わってしまいました。ただ前日までと異なって、この日は小舎に着くまでは雨は降らず、この点だけは助かりましたが。

 受付後、小舎前のベンチで一杯やっていたところ、やはりというか雨が降り出しました。この日の雨は日が暮れてから激しくなり、明日の天候も危ぶまれましたが、お天道様のことで気を揉んでも始まらないので、半分ふて腐れ状態で早々に床に就きました。


◇8/4(四日目)
 未明の雨が嘘のように、この日は雲ひとつない朝です。稜線には薄いガスが掛かっていましたが、夜明けとともにそれも消え、素晴らしい尾根歩きが期待できそうです。朝食もそそくさと済ませ、早々に小舎を出発です。前日まで一般的な圏谷ルートにするか、あまりレコのない稜線ルートにするか決めかねていましたが、この天気で即稜線ルートに決まり、天場の脇を抜けて稜線ルートに入って行きます。
 暫くは眺めのない樹林帯の登りです。前日までの雨で木々が濡れていて、そのせいで結構自分もザックも濡れてしまいましたが、雨具やザックカバーを付ける時間も惜しく、ずんずん登って行きます。30分くらい登ったところで森林限界に達し、あとは写真の通り素晴らしい眺めの中の尾根歩きです。”コース”の項にも記しましたが、岩場はあるものの危険度は低く、またアップダウンも大きくないので、気持ち良く山頂に向かって歩けます。また高度が上がるに従って見えてくる山々も増え、前日までの冴えない天気の中で溜まったストレスが一度に吹き飛びました。
 少しずつ姿の変化する山々や岩陰から顔を出したオコジョをカメラに収めながらだったので、かなりゆっくりだったとは思いますが二時間半ほどで黒部五郎山頂に到着、ここで周りの山々の眺めを満喫しながら暫し至福の時間を過ごし、今回の山行を噛み締めました。

 山頂を辞し、遥かに見える太郎平小屋目指して下りに掛かります。この日は頑張って折立まで下りたかったので、若干ペースを上げて歩きますが、写真を撮るのに立ち止まったりも多くてなかなか前に進みません。しかしながら、幸か不幸か中俣乗越に着く頃には飛騨側からガスが上がってきて、赤木岳以降はまたもやガスの中歩きになってしまい、写真の時間も必要なくなったので、予定より早く太郎平小屋に到着出来ました。
 太郎平小屋で三日前と同じ『太郎ラーメン』でお昼にした後、折立に向かいます。天候,体力によっては太郎平小屋泊も視野に入れてはいたのですが、思ったより余裕があったのでそのまま下りに掛かり、二時間半強で折立に下り着きました。


 今回は過去三年の北ア山行に比べて天気には恵まれませんでした。それでも最終日には五時間程ですが気持ちの良い尾根歩きが出来て、百点とはいきませんが満足のいく山行となりました。これが逆(最初に天気が良くて後がダメ)だと下りて来てからの印象も違うと思います。当に『終わり良ければ全て良し』な山行でした。
 また、振り返ってみると、一日目は太郎平まで登って薬師沢へ下り、二日目も雲ノ平に登って高天原へ下り、三日目、四日目も同じように登って下っているので、縦走というよりは四日連続で日帰り登山をしたような気分です。今回、三俣蓮華以外は初めての場所だったので少々欲張った計画だったこともありますが、次の機会があればもう少しアップダウンの少ないコース取りにして、ゆっくり山を楽しみたいですね。特に天気に恵まれなかった雲ノ平は是非再訪したいと思ってます。

訪問者数:427人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ