ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931844 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

岩菅山

日程 2016年08月04日(木) [日帰り]
メンバー legacy-tw, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台で行、1台をあらかじめ下山する「一ノ瀬登山口」へ置いておく。
発哺温泉へ移行し、東館山ゴンドラリフトで山頂駅まで利用する。
そこから岩菅山に登り、一ノ瀬登山口に下山する。

★コースタイム
東館山山頂駅09:10−09:42寺子屋山09:50−10:01金山沢ノ頭10:02−11:17ノッキリ11:27−11:48岩菅山12:35−12:59ノッキリ−13:51アライタ沢出合13:53−14:14小三郎小屋跡14:15−14:24岩菅山登山口(聖平登山口)

出発時刻/高度: 09:09 / 1962m
到着時刻/高度: 14:24 / 1583m
合計時間: 5時間14分
合計距離: 10.63km
最高点の標高: 2270m
最低点の標高: 1571m
累積標高(上り): 574m
累積標高(下り): 938m
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
1時間9分
合計
5時間14分
S東館山山頂駅09:1009:42寺子屋山09:5010:01金山沢ノ頭10:0211:17ノッキリ11:2711:48岩菅山12:3512:59ノッキリ13:51アライタ沢出合13:5314:14小三郎小屋跡14:1514:23岩菅山登山口(聖平登山口)14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
リフト山頂駅からスキー場の斜面に沿って登り、その後は緩やかなアップダウンが続く尾根を歩く。一ノ瀬登山口からの合流点(のっきり)からは山頂まで急登が続く。
前日までの雨の影響で、ぬかるみがところどころにあり、靴やズボンに泥が付着して通過に難儀します。
全ルートともに道幅も広く、安心して歩けます。

写真

東館山ゴンドラリフトの山頂駅から。大勢の子供たちが先に到着していた。
2016年08月04日 09:08撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東館山ゴンドラリフトの山頂駅から。大勢の子供たちが先に到着していた。
山頂駅付近は高山植物園になっていて、いろいろな花が咲いていました。
2016年08月04日 09:10撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅付近は高山植物園になっていて、いろいろな花が咲いていました。
出発して間もない登山道。
2016年08月04日 09:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して間もない登山道。
ヤナギランの群生
2016年08月04日 09:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤナギランの群生
1
寺小屋山頂
2016年08月04日 09:43撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺小屋山頂
寺子屋山頂を過ぎると、視界が一気に開け、白砂山〜苗場山方面が望める。
2016年08月04日 10:04撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺子屋山頂を過ぎると、視界が一気に開け、白砂山〜苗場山方面が望める。
この先通過する、小ピーク。
2016年08月04日 10:10撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先通過する、小ピーク。
ところどころ、”ぬかるみ”があって道端を慎重に通過する。
2016年08月04日 10:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、”ぬかるみ”があって道端を慎重に通過する。
正面に岩菅山が近付いてくる。登山道もはっきり確認できる。
2016年08月04日 10:32撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に岩菅山が近付いてくる。登山道もはっきり確認できる。
3
もっきり(一ノ瀬登山口からの合流点)。
2016年08月04日 11:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっきり(一ノ瀬登山口からの合流点)。
山頂直下ちょっとした岩稜がある。
2016年08月04日 11:39撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下ちょっとした岩稜がある。
岩菅山。標高2293m。
2016年08月04日 11:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山。標高2293m。
2
信仰の山でもある。祠などが建立している。
2016年08月04日 11:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信仰の山でもある。祠などが建立している。
1
避難小屋がある。
2016年08月04日 11:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋がある。
その内部。
2016年08月04日 11:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その内部。
先には、裏岩菅山が見える。
2016年08月04日 12:08撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先には、裏岩菅山が見える。
1
眼下には、プリンスホテルと思われる建物などが見える。
2016年08月04日 12:16撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には、プリンスホテルと思われる建物などが見える。
登山者通過のカウント装置。
2016年08月04日 14:15撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者通過のカウント装置。
湯田中郊外に水を供給している「上条用水路」に沿って、ほぼ水平な道を進む。
2016年08月04日 14:16撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯田中郊外に水を供給している「上条用水路」に沿って、ほぼ水平な道を進む。
一ノ瀬登山口への分岐。
2016年08月04日 14:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬登山口への分岐。
1
登山口に無事到着。
2016年08月04日 14:24撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に無事到着。
撮影機材:

感想/記録

今回は、持参したデジカメの調子が悪く(直前に地面に落としてしまった)、ピントが合わない写真が多く、非常に悔やまれました。

ゴンドラリフトの9時運行開始に合わせて遅めの出発でした。
午後の雷雨の心配がありましたが、かろうじて雨が降らずにすみました。

岩菅山からの下山道は、急な下りもなく、道もしっかり整備されていて”膝にやさしい”道で助かりました。

訪問者数:558人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 避難小屋 リフト ヤナギラン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ