ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931966 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

久し振りの鳳凰山は雨に降られてしまった、でもタカネビランジ、ホウオウシャジンも

日程 2016年08月05日(金) [日帰り]
メンバー Y-chan
天候晴れ、曇り、観音岳山頂から苺平くらいまで雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南アルプスの自宅からは市内の芦安目指して、南アルプス林道へ。この時期、時間、曜日によっては交通量が意外にあるかも。バス、乗り合いタクシーも広河原まで乗り入れている時期なので、、。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
2時間3分
合計
9時間34分
S夜叉神峠登山口06:2007:05夜叉神峠07:1008:01杖立峠08:0308:34火事場跡08:3609:05苺平09:0709:30南御室小屋09:4410:37砂払岳10:45薬師岳小屋10:54薬師岳10:5711:23鳳凰山11:3611:53薬師岳11:58薬師岳小屋12:3412:36砂払岳13:05南御室小屋13:3813:58苺平14:14火事場跡14:2514:50杖立峠14:5215:25夜叉神峠15:54夜叉神峠登山口15:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(夜叉神峠入り口〜夜叉神峠)
問題ありません。
下山時、浮石注意。
小さなたくさんのお花あり。

(夜叉神峠〜杖立峠)
夜叉神峠後、急登の部分を終え、なだらかな登りになります。
下山時、浮石による転倒注意。

(杖立峠〜焼け跡)
問題ありません。
下山時、浮石による転倒注意。

(焼け跡〜苺平〜南御室小屋)
夏道です。
岩がゴロゴロで少し歩きにくい。
下山時、浮石、動く岩に注意。
下山時、南御室小屋からは苺平へ登り返しとなります。

(南御室小屋〜薬師岳)
南御室小屋すぐの急登部分は息ガ切れます。
その後はなだらかに登っていきます。
稜線に出ると、本日は、ガス。
砂払岳から薬師岳小屋に下って、薬師岳へは急登を頑張ります。

(薬師岳〜観音岳)
特に問題ありません。
なだらかに登っていきます。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ホタルブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
ヤマオダマキ、、かわゆいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ、、かわゆいです。
1
フジクロセンノウ、、目立ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジクロセンノウ、、目立ちます。
2
白峰三山が見えたのは、夜叉神峠からのこのときだけ。
この時間に稜線にいれば、甲斐駒ケ岳などもすっきり見えていたようですが、、、残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山が見えたのは、夜叉神峠からのこのときだけ。
この時間に稜線にいれば、甲斐駒ケ岳などもすっきり見えていたようですが、、、残念。
4
夜叉神峠から北岳をアップ。
見えたのはこのときだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠から北岳をアップ。
見えたのはこのときだけ。
1
オトギリソウでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウでしょう。
1
南御室小屋。
午後のにわか雨、雷雨の心配もあり、行きは小屋に声もかけず。
少し休んで進みます。
下山時、南御室小屋でも休みました。
ちょうどツアーが到着し、大賑わいでした。
皆さん、途中から雨に降られ、ちょっとお疲れのように見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋。
午後のにわか雨、雷雨の心配もあり、行きは小屋に声もかけず。
少し休んで進みます。
下山時、南御室小屋でも休みました。
ちょうどツアーが到着し、大賑わいでした。
皆さん、途中から雨に降られ、ちょっとお疲れのように見えました。
これもヤマオダマキかな、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもヤマオダマキかな、、。
3
稜線、曇っていますが、、お目当てのタカネビランジ。
もうそろそろ尾張。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線、曇っていますが、、お目当てのタカネビランジ。
もうそろそろ尾張。
2
タカネビランジ、白がかかったもの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ、白がかかったもの。
4
こちらはピンク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはピンク。
1
稜線はこんな感じで、観音岳山頂で休んでいるときに雨が降り出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はこんな感じで、観音岳山頂で休んでいるときに雨が降り出しました。
よい感じの色。
でももうそろそろ終わりかな、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よい感じの色。
でももうそろそろ終わりかな、、
2
ヒメコゴメグサ、、らしい。
お花は相変わらず難しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメコゴメグサ、、らしい。
お花は相変わらず難しいです。
2
ヒメコゴメグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメコゴメグサ
1
薬師岳小屋から薬師岳山頂に向かうところに咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋から薬師岳山頂に向かうところに咲いていました。
1
薬師岳のイルカ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳のイルカ。
真っ白、、雨はまだでした。
薬師岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白、、雨はまだでした。
薬師岳山頂。
3
稜線のトウヤクリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のトウヤクリンドウ。
4
ヒメコゴメグサ、稜線にも咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメコゴメグサ、稜線にも咲いていました。
これこれ、ホウオウシャジン。
地蔵岳〜観音岳の間にはもっとたくさん咲いているはずですが、
薬師岳〜観音岳の間で見つけたのはここだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これこれ、ホウオウシャジン。
地蔵岳〜観音岳の間にはもっとたくさん咲いているはずですが、
薬師岳〜観音岳の間で見つけたのはここだけ。
1
同じ場所のホウオウシャジン。
違う角度から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所のホウオウシャジン。
違う角度から。
稜線のタカネビランジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のタカネビランジ。
3
オトギリソウのつぼみ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウのつぼみ?
観音岳山頂。
眺望はあきらめていましたが、まさか、すぐに雨になるとは、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂。
眺望はあきらめていましたが、まさか、すぐに雨になるとは、、。
稜線もやっとこれだけ見えたときにシャッター。
薬師岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線もやっとこれだけ見えたときにシャッター。
薬師岳方面。
1
鹿さん、普通はすぐ逃げますが、3頭の親子かな、、しばし、お互いを観察している時間がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿さん、普通はすぐ逃げますが、3頭の親子かな、、しばし、お互いを観察している時間がありました。
久し振りにみました。
レンゲショウマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りにみました。
レンゲショウマ。
3

感想/記録
by Y-chan

鳳凰山関連では今年以下の様な山行きがあります。
5月2日には、夜叉神から地蔵岳まで頑張って往復しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-859191.html
その一ヵ月後、同じように地蔵岳までの往復を目指したのですが、体調不良で辻山、南御室小屋までで下山しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-887313.html
そのリベンジの様な感じで、6月15日には観音岳まで登りました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-898121.html

さて、最後の山行きは7月11日。
甲斐駒ケ岳を黒戸尾根から登りました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-914801.html

だいぶ間隔が空いてしまいました。
天候だったり、仕事だったり、混雑嫌ったり、、
いろいろ理由を並べて3週間以上、山に登っていませんでした。
このままでは、あっという間に1ヶ月、
2ヶ月と経過してしまうでしょうね、、。
実際には、7月11日の甲斐駒ケ岳のあとにも
2,3度近場の山で計画するものの頓挫しておりました。
ようやく、、。
天気予報もそれほど悪くなったし、
当日の朝早くの天気予報でも午後から所により、雷雨、にわか雨、、。
まさかお昼前から稜線で雨に降られるとは思わずに出かけました。
鳳凰山にしたのは、近いこと、前日C-chanが登ったこと、
タカネビランジを見たいこと、できれば、ホウオウシャジンも、、。
そのような目的、理由からでした。

本来なら3:30起床予定でしたが、結局4:15起床。
5:20自宅出発で結局、歩き始めは6:20。

天気予報の良い土日の前の金曜日,夜叉神峠入口駐車場も
5割程度は駐車されていたような感じでした。
下山時も同じような感じ。
それと朝方、芦安を通過した際に北岳登山者などがバス、
乗り合いタクシーに乗り換える芦安では、
既に第五駐車場まで車が埋まりつつあり、混雑の予感。
実際、夜叉神峠でお話した御夫婦。
夜叉神峠駐車場で前泊したようですが、朝方、バス、
乗り合いタクシーが凄いことになっていたと、、。
北岳も雨だったのかな、、。

北岳もそのうち、登らないと、、

さて、鳳凰山。
夜叉神峠では北岳、間ノ岳、農鳥岳の
白峰三山も良く見えていましたが、それが本日、最初で最後でした。
焼け跡でも見えないし、稜線でも。
本日は、それに雨も加わって、、。
何で今日来たのかな、、、なんて思っても仕方ありませんが、。

しばらく振りの山でまた、少し山に気持ちが向くことを期待。
それにしても駄目ですよね、、朝。
ちょっと寝坊して、そのままさらに寝そうに、、なりました。

目的のタカネビランジも終わりに近い感じ。
観音岳から地蔵岳にはもっとあるであろう、
ホウオウシャジンも一箇所、薬師岳と観音岳の間で見つけて、ああ良かった。
ホウオウシャジンは前日C-chanが小屋の人から聞いていた情報でした。
自分でも何となく、心当たりがあった場所で、、やはり、、ありました。

下界は暑かったらしい。
実際、下山して自宅方面に車を走らせるとどんどん気温が上昇。
雨、、あの時間にあの辺りだけだったかな、、。

小屋は混雑しているようです。
なお、薬師岳小屋は建て替えのため、8月21日までの宿泊で終わりです。
御注意くださいね。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ