ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932174 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甘利山から千頭星山へ 静かな山歩き

日程 2016年08月03日(水) [日帰り]
メンバー kotakky, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口に広い無料駐車場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
59分
合計
4時間39分
Sスタート地点08:4909:15甘利山09:1909:47奥甘利山09:5210:37青木鉱泉分岐11:07千頭星山11:5713:12甘利山13:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甘利山までは整備された散策コース
千頭星山は一般登山道
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

登山口の広い駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の広い駐車場
右左どちらの道も山頂へ  
登りは左のコースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右左どちらの道も山頂へ  
登りは左のコースへ
20分も歩けばもう甘利山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分も歩けばもう甘利山山頂
雲に半分隠れた奥甘利山に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に半分隠れた奥甘利山に向かう
エゾカワラナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾカワラナデシコ
ツリガネニンジンを下からのぞいてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジンを下からのぞいてみた
1
奥甘利山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥甘利山山頂
奥甘利山山頂部はマルバダケブキが大群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥甘利山山頂部はマルバダケブキが大群生
千頭星山への急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千頭星山への急登
青木鉱泉分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉分岐
広い笹原を歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い笹原を歩く
サルオガセが垂れるカラマツの大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルオガセが垂れるカラマツの大木
静かな千頭星山  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな千頭星山  
1
少し西に行った所で鳳凰山方面を眺めたがガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し西に行った所で鳳凰山方面を眺めたがガスの中
イワシャジンがひっそりと咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワシャジンがひっそりと咲いていた
1
一瞬雲が取れ甲府盆地が眼下に見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬雲が取れ甲府盆地が眼下に見えた
笹原をのんびり戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原をのんびり戻る
1
奥甘利山の下りから甘利山を眺める  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥甘利山の下りから甘利山を眺める  
1
タマガワホトトギス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマガワホトトギス
1
ふたたび甘利山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび甘利山山頂
シモツケソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
1
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
1

感想/記録

鳳凰三山の足慣らしで近くの甘利山を歩くことにしたが、あまりにも(笑)短時間で登れてしまうのでその先の千頭星山(せんとぼしやま)まで足を延ばしてみた。

甘利山はレンゲツツジのシーズンを除くと静かな散策ができる。駐車場に着くとほとんど車はなく人の気配もない。
のんびりと準備をして登山開始。
整備された散策路を進む。シカ除けフェンスがあちこちにありちょっと残念だが食害から守るには仕方ない。夏の花は少ないがちょこちょこ見ながら登るとあっさり甘利山山頂に着いた。
ここから千頭星山に向かう。千の頭の星という面白い名前のこの山は以前から気になっていた。
一旦下って登り返すと奥甘利山。ここはシカが食べないマルバダケブキが満開だった。もう一度下って登り返す。標高差200m以上を一気に登るので急登が続く。登り切ったところが青木鉱泉分岐。細い道が続いていた。
ここからは広い尾根を千頭星山に向かう。カラマツ主体の道だが所どころ大きく開けて笹原が広がっていて気持ちがいい。
たどり着いた千頭星山は本当に静かで自分好みのところだった。ここまで誰にも会わず満足。登山道はさらに細くなって鳳凰山まで続いており昼飯の後ちょっと先まで行ってみる。西の小ピークの先では大きく崩壊した鳳凰山の山腹が雲に霞んで見えた。
静かな山を十分楽しんで来た道を戻った。
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ