ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932270 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

水晶岳と鷲羽岳

日程 2016年08月03日(水) 〜 2016年08月05日(金)
メンバー otodo
天候午前9時くらいまでは晴以降はガス、夕立あり
アクセス
利用交通機関
電車バス
毎日あるぺん号で七倉ダム、帰りは濃飛バス、新穂高発平湯経由松本
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間20分
休憩
20分
合計
6時間40分
S七倉ダム07:2008:20高瀬ダム08:3012:20タヌキ岩12:3014:00烏帽子小屋
2日目
山行
6時間10分
休憩
20分
合計
6時間30分
烏帽子小屋05:5008:40野口五郎小屋08:5009:10野口五郎岳09:40五郎池直上09:5011:10東沢乗越12:20水晶小屋
3日目
山行
9時間30分
休憩
2時間0分
合計
11時間30分
水晶小屋03:5004:40水晶岳05:0005:20水晶小屋05:5006:40ワリモ岳06:5007:20鷲羽岳07:3008:20三俣小屋08:4009:20三俣蓮華岳への分岐09:3011:00双六小屋12:20弓折乗越12:3012:40鏡平小屋12:5013:40秩父沢14:20ワサビ平15:20新穂高温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目は実は双六小屋泊まりの予定でしたが、頭痛がひどく、早めに降りることにしました。
コース状況/
危険箇所等
特に大きな危険箇所は無し
その他周辺情報平湯経由で移動の場合、バスターミナルの施設は5時半で閉店。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ
備考 クッカーとコンロを用意。ニューザックに入りきれず断念。

写真

七倉山荘、前日夕立の規制雨量超過のため一旦通行止め。朝3時間半ほど待ちぼうけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉山荘、前日夕立の規制雨量超過のため一旦通行止め。朝3時間半ほど待ちぼうけ
ロックフィルダムとして有名な高瀬ダム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックフィルダムとして有名な高瀬ダム
北鎌方面はガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌方面はガス
丸木橋もある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸木橋もある
タヌキ岩、どこがどうタヌキなのか?どこかにかくれているかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タヌキ岩、どこがどうタヌキなのか?どこかにかくれているかな
三つ並ぶから三ツ岳かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ並ぶから三ツ岳かな
1
朝焼けでますます赤みが増す赤牛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けでますます赤みが増す赤牛岳
1
ピストンやめにしてしまった烏帽子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピストンやめにしてしまった烏帽子
1
後立山連峰北部、朝はこんなにいい天気。連日ガスの湧きが異常に早く10時頃にはガスに包まれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山連峰北部、朝はこんなにいい天気。連日ガスの湧きが異常に早く10時頃にはガスに包まれる
1
槍の穂先にガスがかかっている
2016年08月04日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の穂先にガスがかかっている
1
明日の予定の水晶岳
2016年08月04日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の予定の水晶岳
1
野口五郎小屋、なんとものどかな雰囲気
2016年08月04日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋、なんとものどかな雰囲気
1
野口五郎岳到着、ここまではなんとか順調
2016年08月04日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳到着、ここまではなんとか順調
1
東沢乗越辺り、後半バテバテ。小屋から「混んでいます」とのこと。うごけません、OKです。水晶に泊まります!…でも非常に混んでいました。
2016年08月04日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越辺り、後半バテバテ。小屋から「混んでいます」とのこと。うごけません、OKです。水晶に泊まります!…でも非常に混んでいました。
2日目早朝のピストン。水晶岳に到着、はしご場は暗いと緊張します
2016年08月05日 04:42撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目早朝のピストン。水晶岳に到着、はしご場は暗いと緊張します
1
正に北アど真ん中。360度見渡せ、あらゆるピークが見えているよう!後立北部もこのように。
2016年08月05日 04:43撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正に北アど真ん中。360度見渡せ、あらゆるピークが見えているよう!後立北部もこのように。
1
赤牛の向こうには立山・劔
2016年08月05日 04:43撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛の向こうには立山・劔
1
槍です
2016年08月05日 04:43撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍です
1
薬師です
2016年08月05日 04:53撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師です
1
ちょっと目を離した隙に出てました、ご来光
2016年08月05日 05:00撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと目を離した隙に出てました、ご来光
2
これより向かう鷲羽岳
2016年08月05日 05:18撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これより向かう鷲羽岳
1
本日のメイン2番目鷲羽岳到着
2016年08月05日 07:30撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメイン2番目鷲羽岳到着
1
黒部五郎岳、三俣蓮華岳、丸山、双六岳、笠ヶ岳
2016年08月05日 07:29撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、三俣蓮華岳、丸山、双六岳、笠ヶ岳
1
双六への巻道から鷲羽岳
2016年08月05日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六への巻道から鷲羽岳
1
双六小屋まで到着、弓折乗越までもう一踏ん張り
2016年08月05日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋まで到着、弓折乗越までもう一踏ん張り
くろゆりベンチ少し手前から双六岳
2016年08月05日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX200 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろゆりベンチ少し手前から双六岳
撮影機材:

感想/記録
by otodo

梅雨が明けても天気が安定しない中、不安に思いながら出かけました。毎日あるぺん号で七倉ダムに。前日夕立が豪雨だったらしく、高瀬ダムへの道は通行止めの状態。タクシーが入れず7時過ぎまで待ち、今日は何時になるか分かりませんよ、なんて管理人に言われ歩くことに。JRの事故などでも、動くと裏目に出てしまうトホホな私、案の定、歩いている最中に、タクシーにドンドン追い越され後悔しきり。
ブナ立はさすが、三大急登の名にふさわしい登りで、夜行の寝不足も重なり辛かったです。烏帽子小屋に到着して、辺りは一面ガス。烏帽子に行く気になれず明日に持ち越し。明日4時に起きるも深いガス。や~めた、と軟弱な私は烏帽子をスルーすることに。この日の後半も水晶への道がこたえばてて小屋ではばたんキューでした。
3日目は絶好の快晴で、水晶、鷲羽と念願の北ア中心部の360度展望を満喫し下山。
水晶小屋での超すし詰め混雑にウンザリしましたが、概ね満足の山行でした。
ただ、ひどい頭痛には参りました。頚椎ヘルニアと高山病と寝不足のようです。自己診断ですが。
訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ