ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932324 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

初めての中央アルプス

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー masatsu
天候曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台駐車場から始発バス(5:15)に乗るつもりで5:00に並んだら出発は5:40頃だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間20分
休憩
1時間35分
合計
6時間55分
S千畳敷駅07:0007:31乗越浄土07:43中岳08:05(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘08:4008:52木曽駒ヶ岳09:1410:12濃ヶ池分岐10:57将棊頭山11:3512:00濃ヶ池分岐12:14濃ヶ池12:59駒飼ノ池13:25宝剣山荘13:55(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
2日目
山行
4時間9分
休憩
56分
合計
5時間5分
(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘05:3005:45宝剣山荘06:05宝剣岳06:38三ノ沢分岐08:00三ノ沢岳08:5610:00三ノ沢分岐10:20極楽平10:35千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所特になし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

千畳敷カール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷カール
駒ヶ岳山頂。ガスで何も見えない
2016年07月30日 08:52撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂。ガスで何も見えない
将棋頭山から西駒山荘方面
2016年07月30日 11:15撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将棋頭山から西駒山荘方面
濃ヶ池の逆さ宝剣
2016年07月30日 12:14撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃ヶ池の逆さ宝剣
翌朝。テント場は大混雑。駒ヶ岳山頂にはすでにたくさんの人が
2016年07月31日 04:44撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。テント場は大混雑。駒ヶ岳山頂にはすでにたくさんの人が
ご来光。美しい
2016年07月31日 04:55撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光。美しい
宝剣岳山頂。登れそうだけど降りるの怖い
2016年07月31日 06:13撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂。登れそうだけど降りるの怖い
三ノ沢岳到着。御岳山近い。
2016年07月31日 08:00撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳到着。御岳山近い。
駒ヶ岳、中岳、宝剣岳。くっきり見えます
2016年07月31日 08:55撮影 by EX-FC150 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳、中岳、宝剣岳。くっきり見えます

感想/記録

初めての中央アルプス。初心者らしくロープウェイを利用した。駐車場は駒ヶ根ICから近い。コンビニはIC降りて駐車場とは反対方向に行くとすぐある。混雑時にはバスは臨時便、ロープウェイは連続運転となるが、早朝からバス待ちの列が長く、時間に余裕が無いときは早くから並ぶ必要がある。1台目に乗るには2時間前との口コミ情報あり。
(1日目)千畳敷に着くと早くも多くの登山者で混雑している。神社にお参りして、その右が登山道。さっそく駒ケ岳を目指して出発する。あいにくの曇り空、足元の花を見ながら登るとあっという間に乗越浄土だ。中岳からの展望もガスでまったく無し。頂上山荘でテント設営後、駒ケ岳を目指す。広い山頂にはたくさんの人がいる。売店で記念品を売っていたりもする。景色が無いので早々に次へ進む。
将棊頭山へは、一部の岩場を除けば、歩きやすい稜線の道が続く。ここも花が多く、視界不良を補ってくれた。山頂に到着すると時々ガスが晴れ、西駒山荘から東へ続く尾根が見通せた。駒ケ岳、中岳、宝剣岳も一瞬姿を現した。また、木曽前岳から麦草岳に続くギザギザの岩嶺(牙岩)のシルエットが迫力ある。
帰りは時間もあるので濃ヶ池、駒飼ノ池経由とした。このルートが一番花の多い場所であった。濃ヶ池の逆さ宝剣もバッチリ。登り返しがきついためか、他の登山者とほとんど会わない静かなルートである。宝剣山荘からテン場へは巻道を利用した。1箇所だけ岩が滑りやすいところがあり、本山行で唯一怖かった場所である。夕方にかけて積乱雲が見え、遠くで雷も聞こえ始めた。幸い雷はすぐに遠ざかったが、雨が降るなど不安定な天候であった。
頂上山荘のテン場はトイレ料含め900円。岩場を均して砂地のテントサイトができている。砂地のサイトは本当に快適。この日は大混雑で通路など岩の上にもテントが設営されていた。トイレもきれいで水も無料。生ビール有り。
(2日目)3:30起床。満点の星空と東にはオレンジの日の光。御来光の条件はそろっていた。朝食を食べながら日の出(4:50)を待つ。すでに山頂は多くの人だが、テン場からも拝めるのだ。雲海の向こうに南アルプス、その上の太陽。美しいときは一瞬だ。
テントを撤収して荷物を背負って宝剣岳へ。当初はテントを置いて戻ってくる予定であったが、前日の宝剣岳の混雑を見て変更した。足場はしっかりしているし、標高差もあまり無いので荷物を背負っても問題なし。前日と違い、御嶽山や北アルプス、南アルプスの山並みが一望できた。ここ中央アルプスからだと御岳山はすごく近い。噴煙も見える。宝剣岳ピークの岩はてっぺんに平らなスペースがあり、登れそうであった。ただし、ホールドが少なく安全に下りる自信がなかったので断念した。団体さんに付き添っていた山岳ガイドからも、降りる時が危険だと注意があった。
宝剣岳を下り、三ノ沢分岐で荷物をデポする。サブザッグを利用して三ノ沢岳へ向かう。道はしっかりしているが、踏み跡が細いので赤テープなどを頼りに進む。這松が茂っており、ときどき枝が足に刺さるので要注意。山頂直前に右側へピークを目指す分岐が現れるが、それは手前の別のピークであり、三ノ沢岳は直進である。山標のある場所は狭いが、大きな岩でできた山頂部分は広く、人も少なく、景色も最高で木曽駒の雄姿を望むことができる。平板状のベッドのような岩の上に寝転んで山頂での時を満喫した。時間があれば足を延ばしてほしいお勧めの山である。
帰路は極楽平経由。千畳敷に着くと前日よりもたくさんの人がいた。暑かったのでお決まりのソフトクリームに手を出したのだが、虫の襲来によりぜんぜん落ち着くことができなかった。ロープウェイもバスもバンバン稼働しており、少し待つ程度で駐車場まで戻ってこられた。
観光客が多いが、将棊頭山、三ノ沢岳など静かなコースを行けば手軽に本格登山を味わえるコースである。
訪問者数:128人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ