ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932348 全員に公開 ハイキング大峰山脈

玉置山〜宝冠の森〜古屋の辻 ピストン

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー yupiki, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玉置山展望台からのスタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
1時間11分
合計
7時間20分
S玉置山展望台07:3508:02玉置山08:0710:46玉置山展望台11:3411:52花折塚11:5312:12水呑金剛12:1312:29稚児ノ森12:38蜘蛛ノ口12:55古屋の辻13:1013:26蜘蛛ノ口13:2713:33稚児ノ森13:53水呑金剛14:32花折塚14:54玉置山展望台14:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

玉置山展望台。
明確な駐車地はないので、隅に停めさせていただきました。
2016年08月06日 07:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山展望台。
明確な駐車地はないので、隅に停めさせていただきました。
1
玉置山展望台の休憩所と大峰奥駆の案内板。
2016年08月06日 07:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山展望台の休憩所と大峰奥駆の案内板。
1
玉置山展望台のトイレ。
2016年08月06日 15:03撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山展望台のトイレ。
1
トイレの裏の手洗い場。トイレの雨どいから雨水を貯めています。
2016年08月06日 07:33撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの裏の手洗い場。トイレの雨どいから雨水を貯めています。
展望台からの眺め。
伯母子岳の方角。
2016年08月06日 07:27撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。
伯母子岳の方角。
1
展望台からの眺め。
笠捨山、地蔵岳、釈迦が岳も見えます。
南奥駆道のシンボル(と勝手に思ってる)笠捨山。
北の方から笠捨山が見えるとテンションあがります。
2016年08月06日 07:28撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。
笠捨山、地蔵岳、釈迦が岳も見えます。
南奥駆道のシンボル(と勝手に思ってる)笠捨山。
北の方から笠捨山が見えるとテンションあがります。
大峰奥駆道の南への入り口。
展望台からすぐです。
こんなにすぐに奥駆道に入れるのは、この辺りと吉野の南側ぐらいでしょうか。
2016年08月06日 07:34撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰奥駆道の南への入り口。
展望台からすぐです。
こんなにすぐに奥駆道に入れるのは、この辺りと吉野の南側ぐらいでしょうか。
1
展望台のところから小山を超えたところにある世界遺産の石碑。
ここから南側は奥駆道と車道が交差する箇所が何回もあります。
2016年08月06日 07:45撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台のところから小山を超えたところにある世界遺産の石碑。
ここから南側は奥駆道と車道が交差する箇所が何回もあります。
2
石碑の横にある展望台。
2016年08月06日 07:45撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石碑の横にある展望台。
1
その展望台からの景色。
2016年08月06日 07:46撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その展望台からの景色。
1
展望台にある景色の解説。
熊野灘は見えませんでした。
2016年08月06日 07:46撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台にある景色の解説。
熊野灘は見えませんでした。
1
玉置山山頂。
玉置山の別名「牟婁獄」だそうです。
南側の玉置神社から登るのに比べて、北側から玉置山に登るのは楽でした。
山頂の手前にしゃくなげのトンネルがありました。
花が咲く時期に行くとよいと思います。
ここから宝冠の森へ。
2016年08月06日 08:03撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山山頂。
玉置山の別名「牟婁獄」だそうです。
南側の玉置神社から登るのに比べて、北側から玉置山に登るのは楽でした。
山頂の手前にしゃくなげのトンネルがありました。
花が咲く時期に行くとよいと思います。
ここから宝冠の森へ。
2
玉置山山頂から少し下ったところにある上平主税碑。
最終的には玉置神社の神官になられた方のようです。
十津川かけはしネットに詳細が紹介されています。
2016年08月06日 08:13撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山山頂から少し下ったところにある上平主税碑。
最終的には玉置神社の神官になられた方のようです。
十津川かけはしネットに詳細が紹介されています。
1
この場所は宝冠の森、玉置神社、花折塚(世界遺産の石碑の所にでます)への分岐になっています。
こちらは玉置神社への道。
2016年08月06日 08:13撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所は宝冠の森、玉置神社、花折塚(世界遺産の石碑の所にでます)への分岐になっています。
こちらは玉置神社への道。
1
右側は花折塚への道。左の登りは玉置山山頂へ。
2016年08月06日 08:14撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側は花折塚への道。左の登りは玉置山山頂へ。
上平主税碑の向かいにある勧業山記念碑。
この横を通って宝冠の森へ行きます。
2016年08月06日 08:15撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上平主税碑の向かいにある勧業山記念碑。
この横を通って宝冠の森へ行きます。
鎖場。
足を掛ける場所もあったのでそれ程難しくはないです。
2016年08月06日 08:48撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。
足を掛ける場所もあったのでそれ程難しくはないです。
2
おりたらすぐ登りの鎖場。
こちらもそれ程難しくはないです。
2016年08月06日 08:49撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おりたらすぐ登りの鎖場。
こちらもそれ程難しくはないです。
1
鎖場を何回か通ります。
2016年08月06日 08:54撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を何回か通ります。
2
宝冠の森。
ここまでは、木々が生い茂り日陰になっていたので暑さはましでした。その代り眺望もありませんでした。
2016年08月06日 09:17撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝冠の森。
ここまでは、木々が生い茂り日陰になっていたので暑さはましでした。その代り眺望もありませんでした。
2
少し奥に進むと視界が開けました。
2016年08月06日 09:23撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し奥に進むと視界が開けました。
2
右の方角。
2016年08月06日 09:24撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の方角。
鎖場のところにあったと思われる赤い箱。
写真ではわかりにくいですが、下の方に落ちてます。
2016年08月06日 09:49撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のところにあったと思われる赤い箱。
写真ではわかりにくいですが、下の方に落ちてます。
1
上平主税碑のところから花折塚への道を進むと、世界遺産の石碑の横の展望台のところにでました。
これは展望台から道の方を写してます。
2016年08月06日 10:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上平主税碑のところから花折塚への道を進むと、世界遺産の石碑の横の展望台のところにでました。
これは展望台から道の方を写してます。
1
花折塚。
2016年08月06日 11:51撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花折塚。
稚児之森。
2016年08月06日 12:30撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児之森。
蜘蛛之口。
2016年08月06日 12:35撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蜘蛛之口。
21世紀の森への降り口から少し北に進んだところ。21世紀の森の建物が見えます。
この少し手前で縦走している方と出会いました。
「2日ぶりに人に会いました。人恋しかったです。」と。南奥駆ではよくある会話です。
出会っただけで喜んでもらえるとこちらもうれしくなります。
2016年08月06日 13:00撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21世紀の森への降り口から少し北に進んだところ。21世紀の森の建物が見えます。
この少し手前で縦走している方と出会いました。
「2日ぶりに人に会いました。人恋しかったです。」と。南奥駆ではよくある会話です。
出会っただけで喜んでもらえるとこちらもうれしくなります。
1
蜘蛛の口の南に少し進んだところにこの樹木?が群生していました。この区間は2年ぶりに歩きました。こんな木?は以前に生えていたかなぁ・・道をふさがれそうです。
2016年08月06日 13:28撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蜘蛛の口の南に少し進んだところにこの樹木?が群生していました。この区間は2年ぶりに歩きました。こんな木?は以前に生えていたかなぁ・・道をふさがれそうです。
何の花かなぁ?
2016年08月06日 14:14撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の花かなぁ?
1
玉置山の展望台から見えた平谷小学校のあたり。
十津川村役場の南側のあたりです。
2016年08月06日 15:04撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置山の展望台から見えた平谷小学校のあたり。
十津川村役場の南側のあたりです。
1
撮影機材:

感想/記録
by yupiki

以前玉置山へ行ったときに見た「宝冠の森」へ行ってみたいと思い、
今回行ってみました。

宝冠の森への道にはくさり場もあり、面白いルートです。
時間があれば是非行ってみて欲しいです。

玉置山から古屋の辻までこんなに下っているとは思っていなかったので、
古屋の辻からの戻りが結構しんどかった。

朝、宝冠の森あたりではクマゼミがジージーないていた。
先週、十津川村の果無峠のあたりでは朝からヒグラシの大音量で他のセミがないているのかわからないほどだった。
街中とは違って早くもヒグラシがないているのだと思ったが、
この辺りはクマゼミだった。
午後、展望台に戻るころにはヒグラシがないていた。
ヒグラシの声を聴くと気分的に涼しく感じる。

14時ぐらいから雨が降る予想になっていた。
13時ぐらいから雲行きが変わってきて、雷もゴロゴロいいだした。
雨が降り出す前にゴールでき一安心。
車での帰り道。
車のナビが変なルートを示しだした。
ナビが国道168号の通行止めを表示している!?
どうやら十津川村より北の方で大雨が降ったので、雨量が規定量を超え通行止めになっていたようだ。
が、実際には自分たちが通る時間にはすでに解除されていたよう。
168号が通れなかったら帰るのが大変なことになっていた。

訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ