ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932501 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

奥多摩駅〜鋸山〜大岳山〜馬頭刈山〜瀬音の湯

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー omnibuscity
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JRホリデー快速で8:21奥多摩着。
帰路は、秋川渓谷「瀬音の湯」から西東京バスで武蔵五日市駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間9分
休憩
30分
合計
8時間39分
S奥多摩駅08:3708:58愛宕山09:0009:41天聖神社10:46天地山分岐11:06鋸山12:23大岳山12:4613:04大岳山荘13:0513:29大滝分岐13:48富士見台14:14千足分岐14:1614:25小屋ノ沢山15:05茅倉・千足バス停分岐15:09鶴脚山15:41馬頭刈山15:57光明山(高明山)16:20軍道分岐16:2117:13馬頭刈尾根登山口17:1417:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鋸山手前に短い鎖場があるが難易度は低い。
大岳山荘経由で馬頭刈山方面に向かう場合、大岳山荘直後は落石注意の看板あり。
その他周辺情報温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」
http://www.seotonoyu.jp/
コース終盤ではこの温泉への案内標識が出てきて、ここに入るしかない感じ。
ザック置き場などもあるが、大きな施設で一般客も来て結構混んでいる。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

奥多摩駅を出発。ここからさらにバスに乗ることが多いが、今回のコースはここから歩き始める。
2016年08月06日 08:37撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅を出発。ここからさらにバスに乗ることが多いが、今回のコースはここから歩き始める。
1
車道を歩き、橋を渡ってすぐの右側から愛宕山へのルートに入る。
2016年08月06日 08:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩き、橋を渡ってすぐの右側から愛宕山へのルートに入る。
1
ガガーン。噂に聞く急階段。歩き始めの体にはこたえる。
2016年08月06日 08:50撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガガーン。噂に聞く急階段。歩き始めの体にはこたえる。
2
階段からさらに少し登ると五重の塔が。
2016年08月06日 08:57撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段からさらに少し登ると五重の塔が。
1
愛宕神社
2016年08月06日 08:59撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社
1
いったん車道に出てから再び登山道に入る。
2016年08月06日 09:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん車道に出てから再び登山道に入る。
1
鉄製の階段が設置されている。
2016年08月06日 09:41撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄製の階段が設置されている。
1
烏天狗の像
2016年08月06日 09:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏天狗の像
1
再び階段
2016年08月06日 09:44撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び階段
1
鎖があるが使わなくても全然余裕で行ける。
2016年08月06日 09:45撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖があるが使わなくても全然余裕で行ける。
1
木の根っこがすごい道
2016年08月06日 09:47撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根っこがすごい道
1
鋸山山頂少し手前、鎖場ルートと回避ルートの分岐があり、鎖場ルートへ。
人が滞留していて写真取り忘れたが、鎖を使う岩場は3?程度。スタンスもしっかりしていて難易度は低い。
2016年08月06日 09:49撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂少し手前、鎖場ルートと回避ルートの分岐があり、鎖場ルートへ。
人が滞留していて写真取り忘れたが、鎖を使う岩場は3?程度。スタンスもしっかりしていて難易度は低い。
1
再びの鉄階段
2016年08月06日 10:27撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びの鉄階段
1
頂上直前はやや急な登り
2016年08月06日 10:54撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直前はやや急な登り
1
鋸山(1109m)
2016年08月06日 10:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山(1109m)
2
頂上を過ぎていったん下る。結構急な下り。
2016年08月06日 12:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を過ぎていったん下る。結構急な下り。
1
ここも鎖があるが、使わなくても行ける。
2016年08月06日 12:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも鎖があるが、使わなくても行ける。
1
鋸山〜大岳山まではなだらかな尾根歩きが続き、最後に少し登る。
2016年08月06日 12:17撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山〜大岳山まではなだらかな尾根歩きが続き、最後に少し登る。
1
大岳山(1266m)
2016年08月06日 12:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山(1266m)
2
熱中症注意の真夏日だったが、頂上には結構な人数がいた。
2016年08月06日 12:33撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熱中症注意の真夏日だったが、頂上には結構な人数がいた。
1
いったん大岳山荘方面に向かう。山荘を経由せず馬頭刈山方面に直行するルートもあったようだが、見落とした。
2016年08月06日 12:57撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん大岳山荘方面に向かう。山荘を経由せず馬頭刈山方面に直行するルートもあったようだが、見落とした。
1
大岳神社の横側に出る
2016年08月06日 13:00撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳神社の横側に出る
1
狛犬がユニークな形状
2016年08月06日 13:01撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬がユニークな形状
2
廃屋になっている大岳山荘
2016年08月06日 13:03撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃屋になっている大岳山荘
1
トイレだけは使用可能な状態(だが結構なにおい)。
2016年08月06日 13:05撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレだけは使用可能な状態(だが結構なにおい)。
1
大岳山荘から馬頭刈山方面へのルートは落石注意の看板があり。細い道を辿っていく。
2016年08月06日 13:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山荘から馬頭刈山方面へのルートは落石注意の看板があり。細い道を辿っていく。
1
落石注意の道を抜け、馬頭刈山へのメーンルートに戻っててくてくと進む。
2016年08月06日 13:25撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石注意の道を抜け、馬頭刈山へのメーンルートに戻っててくてくと進む。
1
眺望の開けた場所にベンチが設置されている。ここが富士見台かと思ったが、実際にはもっと先。
2016年08月06日 13:37撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望の開けた場所にベンチが設置されている。ここが富士見台かと思ったが、実際にはもっと先。
1
奥多摩〜大岳山までは結構登山者がいたが、大岳山〜瀬音の湯ではほとんど人に会わなかった。道がクマザサに覆われているところも多かった。
2016年08月06日 13:41撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩〜大岳山までは結構登山者がいたが、大岳山〜瀬音の湯ではほとんど人に会わなかった。道がクマザサに覆われているところも多かった。
1
こちらが本当の富士見台
2016年08月06日 13:47撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが本当の富士見台
1
かなり急な鉄階段。下りた後に下から撮影。
2016年08月06日 14:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な鉄階段。下りた後に下から撮影。
1
つづら岩。ロッククライミングをする人がいるようだが、この日はいなかった。
2016年08月06日 14:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら岩。ロッククライミングをする人がいるようだが、この日はいなかった。
1
壊れかけの看板。「上部で岩登りをしています」との注意。
2016年08月06日 14:13撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壊れかけの看板。「上部で岩登りをしています」との注意。
1
ロープが設置されている。
2016年08月06日 14:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープが設置されている。
1
写真のようななだらかな道もあるが、結構アップダウンを繰り返し、体力、気力ともに削られる。
2016年08月06日 14:51撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真のようななだらかな道もあるが、結構アップダウンを繰り返し、体力、気力ともに削られる。
1
鶴脚山(916m)
2016年08月06日 15:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴脚山(916m)
1
ひときわ色が目立つキノコ
2016年08月06日 15:17撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひときわ色が目立つキノコ
2
馬頭刈山(884m)
2016年08月06日 15:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈山(884m)
2
高明山(光明山とも)は、道から少し外れたところに簡素な看板があるだけ。
2016年08月06日 15:58撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高明山(光明山とも)は、道から少し外れたところに簡素な看板があるだけ。
1
「高明神社跡」の碑
2016年08月06日 15:59撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「高明神社跡」の碑
1
目指す「瀬音の湯」の看板がようやく現れる。この後、「瀬音の湯 1.9キロ」の看板があるが、そこからが長いうえ、道もそこそこ傾斜があり、最後まで楽をさせてくれない。
2016年08月06日 16:32撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す「瀬音の湯」の看板がようやく現れる。この後、「瀬音の湯 1.9キロ」の看板があるが、そこからが長いうえ、道もそこそこ傾斜があり、最後まで楽をさせてくれない。
1
「瀬音の湯」の看板が何度も出てから現れる登り。結構心を砕かれる。
2016年08月06日 16:54撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「瀬音の湯」の看板が何度も出てから現れる登り。結構心を砕かれる。
1
まだまだ登る。
2016年08月06日 17:00撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登る。
1
意外に両側が切り立った下り。
2016年08月06日 17:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外に両側が切り立った下り。
1
つづら折りの道を下り、ようやく瀬音の湯の駐車場が。
2016年08月06日 17:13撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折りの道を下り、ようやく瀬音の湯の駐車場が。
1
瀬音の湯でゴール。
ここから武蔵五日市まで西東京バスが出ているが本数は少ない。少し離れたところに別のバス停もあるようだ。
2016年08月06日 17:16撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬音の湯でゴール。
ここから武蔵五日市まで西東京バスが出ているが本数は少ない。少し離れたところに別のバス停もあるようだ。
1

感想/記録

奥多摩駅から鋸山〜大岳山と登り、馬頭刈山を経てあきるの市の「瀬音の湯」に抜けるルート。熱中症注意の暑い日だったが、トレーニングのつもりで縦走した。

ルートの最初は約190段の急階段が迎えてくれる。歩き始めの体にはこたえるが、それほど長くはない。鋸山までは鉄階段、鎖場ルートもありそれなりに変化に富む。鎖場は3メートル程度で難易度も高くないが、回避ルートもある。鋸山直前は急な登り、その後は急な下りがある。
鋸山〜大岳山は距離はあるがなだからな道が多く、大岳山頂前に少し登る程度。大岳山頂は眺望もあり多くの人が昼食をとっていた。
暑さが予想以上ならここから御岳山方面に向かいケーブルカーで下りることも検討していたが、多少風もあったので予定通り瀬音の湯を目指すことにした。
大岳神社、大岳山荘(廃屋)を経由し馬頭刈山方面へ。山荘からしばらくは細い道の頭上に岩場があり、「落石注意」の表示も。
尾根道に戻った後は、富士見台、つづら岩、鶴脚山、馬頭刈山、高明山(光明山)と辿っていく長い道。アップダウンを繰り返し、岩場あり、滑りやすい泥の下りありと、変化に富み、なかなか楽はできない。
ゴールになる「瀬音の湯」の標識が出てきてからがまた曲者。1.9キロの表示つきの標識があったが、後半で疲れていることもあり、そこから体感で2倍くらいに感じた。特にいったん車道が見えてその上にかかる橋を渡った後、さらに2回ほど現れる登りには心を折られる。

鋸山までは急階段、鎖場もあり変化のあるルート。鋸山から大岳山までは距離はあるがなだらかで歩きやすい。後半の大岳山〜瀬音の湯は、アップダウンを繰り返し、滑りやすい急な下りもあり、なかなか楽ができない。トレーニングとしてはよかったが、特に後半は暑さと長さでかなり消耗した。ルート上に水を補給できる場所はなく、用心して3・5リットル持参したが、実際には1リットルほど余った。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 熱中症 ケーブルカー 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ