ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932529 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

男抱山 中央登山道

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー kogahome
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間28分
休憩
4分
合計
1時間32分
S男抱山登山口13:0113:09男抱山・富士山分岐13:29男抱山14:11富士山14:1214:25男抱山・富士山分岐14:2814:33男抱山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中央登山道は沢登りコースでした。踏み跡ははっきりしているものの、草が生え放題、くもの巣がいっぱい。途中に石の社があって、信仰の山であることを思い出させられました。男抱山、富士山の分岐から10分ほどで、両山の鞍部に到着。両山頂までのショートカットルートとしてはいいですね。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

293沿いのファミマのはす向かい。道に面した墓地のところに車を止められる草地あり
2016年08月06日 13:01撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
293沿いのファミマのはす向かい。道に面した墓地のところに車を止められる草地あり
ここからスタート。「いのししのわなに注意」との注意書きあり。山頂への道ではなく、標識の裏手の竹やぶのことと思われる
2016年08月06日 13:01撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタート。「いのししのわなに注意」との注意書きあり。山頂への道ではなく、標識の裏手の竹やぶのことと思われる
木漏れ日の中、沢沿いを10分ほど歩くと、分岐。時計回り、反対回り、その間の中央登山道。きょうは初めて、中央登山道を行ってみます
2016年08月06日 13:07撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中、沢沿いを10分ほど歩くと、分岐。時計回り、反対回り、その間の中央登山道。きょうは初めて、中央登山道を行ってみます
ん? 沢登りではあるが、道なき道っぽい。草が生い茂り、くもの巣がたくさん。倒れた木が行く手を邪魔する。暑さもあって、一気に汗が吹き出す
2016年08月06日 13:08撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん? 沢登りではあるが、道なき道っぽい。草が生い茂り、くもの巣がたくさん。倒れた木が行く手を邪魔する。暑さもあって、一気に汗が吹き出す
息が上がり、下を向いて歩いていたが、ふと、顔を上げると、石の社が。「信仰の山なんだなー」と改めて思い至る
2016年08月06日 13:15撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息が上がり、下を向いて歩いていたが、ふと、顔を上げると、石の社が。「信仰の山なんだなー」と改めて思い至る
男抱山と富士山の鞍部直前、倒れた木の根っこが、手を広げた指のように見える。「信仰の山」だけに、人間を阻もうとしているのか、と感じる
2016年08月06日 13:18撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男抱山と富士山の鞍部直前、倒れた木の根っこが、手を広げた指のように見える。「信仰の山」だけに、人間を阻もうとしているのか、と感じる
分岐から10分ほど、駐車場から20分ほどで、鞍部に到着。山頂へのショートカットルートとしてはいい。きょうはまず右手の男抱山へ
2016年08月06日 13:19撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から10分ほど、駐車場から20分ほどで、鞍部に到着。山頂へのショートカットルートとしてはいい。きょうはまず右手の男抱山へ
楽しい岩場と、根っこの道。いつもは左から回り込んで、岩をよじ登り、山頂に行くが、きょうは右から回り込み、登り口を探す。でも、いい登り口が見つからず、結局、左から回り込み、山頂へ
2016年08月06日 13:21撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい岩場と、根っこの道。いつもは左から回り込んで、岩をよじ登り、山頂に行くが、きょうは右から回り込み、登り口を探す。でも、いい登り口が見つからず、結局、左から回り込み、山頂へ
山頂着!そこで、ポケモンGO。いました!クラブが。それにしても、ここの360度眺望はいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着!そこで、ポケモンGO。いました!クラブが。それにしても、ここの360度眺望はいい
いったん、鞍部まで戻り、富士山へ。低い山ながら、富士山頂への道は、程よい岩橋、根っこが楽しい気持ちにさせてくれる。天然アスレチック感ありあり
2016年08月06日 13:57撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん、鞍部まで戻り、富士山へ。低い山ながら、富士山頂への道は、程よい岩橋、根っこが楽しい気持ちにさせてくれる。天然アスレチック感ありあり
山頂直前の岩。また、何だか楽しくなった
2016年08月06日 13:59撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直前の岩。また、何だか楽しくなった
富士山頂から望む男抱山。てっぺんに岩が見える。それにしても、暑い。ここまでで、水分を700ミリリットル。ここで熱中症になっても、だれも助けてくれないからな、と多めに摂取
2016年08月06日 14:09撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山頂から望む男抱山。てっぺんに岩が見える。それにしても、暑い。ここまでで、水分を700ミリリットル。ここで熱中症になっても、だれも助けてくれないからな、と多めに摂取
山頂は基本的に日陰なし。岩の陰で休むと、少ーし、風が。生ぬるくはあるが、それでも、気持ちがいい
2016年08月06日 14:09撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は基本的に日陰なし。岩の陰で休むと、少ーし、風が。生ぬるくはあるが、それでも、気持ちがいい
岩の間を通り、尾根の平らな部分は歩きやすいし、気持ちいい。何となく、海辺の松林をイメージする
2016年08月06日 14:12撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の間を通り、尾根の平らな部分は歩きやすいし、気持ちいい。何となく、海辺の松林をイメージする
さらに下ると、水のせせらぎの音が耳に届き始める。冷たい水で顔を洗い、タオルを水に浸し、体をふく。思いの外、生き返った!
2016年08月06日 14:26撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下ると、水のせせらぎの音が耳に届き始める。冷たい水で顔を洗い、タオルを水に浸し、体をふく。思いの外、生き返った!
分岐まで戻ってきた
2016年08月06日 14:27撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐まで戻ってきた
1時間半でゴール。それにしても、暑かった!
2016年08月06日 14:33撮影 by SC-04E, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間半でゴール。それにしても、暑かった!
撮影機材:

感想/記録

きょうの宇都宮は35.1度。今年初めての猛暑日となったそうです。そりゃー暑いわけだ。中央登山道を進み始め、すぐ吹き出した汗は半端な量ではなかった。

山歩きは2週間ぶり。それほど、間もあいてないし、やはり、暑さはきつかった。男抱山頂に着いた時、何か気持ち悪いような、「何か、やばいな、熱中症か」と思ったりした。幸いにも、水分をたっぷりとって、休んでいたら、収まった。とにかく、熱中症には気を付けないとね。

男抱山、富士山は、手軽でいい山。本当は、きょう石裂山に挑戦してみようかな、古賀志山の岩場も楽しいな、などと考えていたが、結局、寝坊してしまい、男抱山へ。それでも、十分、楽しめました!
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 熱中症 時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ