ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932589 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

天王谷〜天王ダム〜鍋蓋地獄谷

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー MuscleTurtle
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
1分
合計
3時間12分
Sスタート地点12:3312:40平野展望公園12:4114:02天王吊橋15:44再度越15:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

あぁ、暑いけど今日も山に行く。天王谷を遡る。
2016年08月06日 12:36撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぁ、暑いけど今日も山に行く。天王谷を遡る。
牛頭天王が祀られている祇園神社へお立ち寄り。
2016年08月06日 12:39撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛頭天王が祀られている祇園神社へお立ち寄り。
天王谷の一番の滝にお立ち寄り。なかなか立派だ。
2016年08月06日 12:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王谷の一番の滝にお立ち寄り。なかなか立派だ。
3
天王谷を遡行して取水堰堤。
2016年08月06日 12:56撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王谷を遡行して取水堰堤。
1
左から越えて有馬街道に合流し進む。
2016年08月06日 13:01撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から越えて有馬街道に合流し進む。
新平野橋から再び入渓。
2016年08月06日 13:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新平野橋から再び入渓。
1
こうして写真で見る限りは悪くない渓相。
2016年08月06日 13:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして写真で見る限りは悪くない渓相。
2
にしてもこの水質…。
2016年08月06日 13:11撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にしてもこの水質…。
2
ミニゴルジュなんかもある。
2016年08月06日 13:12撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニゴルジュなんかもある。
3
渓相自体は良く思える。
2016年08月06日 13:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓相自体は良く思える。
5
谷が屈曲する地点に樋状小滝。
2016年08月06日 13:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷が屈曲する地点に樋状小滝。
1
石積み堰堤にぶち当たり左岸から巻く。巻いたついでに有馬街道に出る。
2016年08月06日 13:19撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石積み堰堤にぶち当たり左岸から巻く。巻いたついでに有馬街道に出る。
有馬街道を歩いて金晴橋。右奥の集落へ。
2016年08月06日 13:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬街道を歩いて金晴橋。右奥の集落へ。
集落の脇にソーメン小滝。
2016年08月06日 13:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落の脇にソーメン小滝。
3
ふっる〜い自販機。
2016年08月06日 13:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふっる〜い自販機。
2
高座第二砂防ダムの階段を登って有馬街道に出る。
2016年08月06日 13:32撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座第二砂防ダムの階段を登って有馬街道に出る。
天王吊橋が見えてきた。
2016年08月06日 14:01撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王吊橋が見えてきた。
2
吊橋直下から入渓。
2016年08月06日 14:03撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋直下から入渓。
1
右岸を進むと対岸に小部トンネル入口。
2016年08月06日 14:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸を進むと対岸に小部トンネル入口。
天王ダムに至る。
2016年08月06日 14:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王ダムに至る。
1
右岸の階段を登って天端へ。対岸に渡って舗装路を北上。
2016年08月06日 14:24撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の階段を登って天端へ。対岸に渡って舗装路を北上。
鍋蓋地獄谷出合。
2016年08月06日 14:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋地獄谷出合。
立入禁止看板から右支沢に入って、進んで左手尾根を越える。
2016年08月06日 14:44撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立入禁止看板から右支沢に入って、進んで左手尾根を越える。
1
地獄谷に入り進んで二俣。
2016年08月06日 14:52撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷に入り進んで二俣。
左俣の滝。登る。
2016年08月06日 14:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣の滝。登る。
1
登った先にも滝。ここから右手尾根を越えて右俣に戻る。
2016年08月06日 14:55撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登った先にも滝。ここから右手尾根を越えて右俣に戻る。
2
鍋蓋地獄谷滝。単なる小滝だ。直登する。
2016年08月06日 15:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋地獄谷滝。単なる小滝だ。直登する。
詰めの部分を突き上げて行く。
2016年08月06日 15:19撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰めの部分を突き上げて行く。
摩耶山が正面に見える地点で縦走路に合流。大龍寺まで進む。
2016年08月06日 15:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶山が正面に見える地点で縦走路に合流。大龍寺まで進む。
4
それにしても暑くてしんどい山行だった。市バス25系統に乗って帰る。
2016年08月06日 15:51撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても暑くてしんどい山行だった。市バス25系統に乗って帰る。
2

感想/記録

熱中症には注意したい。
訪問者数:161人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ