ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932680 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

荒川三山 赤石岳 <遠かった南の山へ> 椹島基点

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー boroP, その他メンバー1人
天候8/4 晴れ後雨
8/5 晴れガス雨
8/6 晴れ(下山まで)
 全体的に山天気不安定
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
畑薙第一ダム臨時駐車場(簡易トイレ有)
  8/4(木) 6:00頃着で8割程度
  6:45頃の臨時一番バス乗れず
  7:40頃の正規発?バスになる
新静岡ICより約2時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間37分
休憩
30分
合計
5時間7分
Sスタート地点08:4808:53滝見橋10:20小石下10:4312:03蕨段12:0412:19見晴岩13:09駒鳥池13:1513:55千枚小屋
2日目
山行
8時間52分
休憩
1時間48分
合計
10時間40分
千枚小屋04:2505:14千枚岳05:1906:11丸山06:48悪沢岳06:5607:58荒川中岳避難小屋08:0008:08中岳08:1008:22前岳08:2408:45お花畑(荒川前岳南東斜面)08:5009:28荒川小屋10:1010:43大聖寺平10:4411:53小赤石岳11:5412:06赤石岳・小赤石岳間分岐12:0712:26赤石岳12:2912:33赤石岳避難小屋13:0113:04赤石岳13:0613:18赤石岳・小赤石岳間分岐13:1913:55北沢源頭14:0014:46富士見平15:05赤石小屋
3日目
山行
2時間22分
休憩
4分
合計
2時間26分
赤石小屋05:0806:33カンバ段06:3707:34椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※初日と3日目は 都合上 我々としてはハイペース
 
コース状況/
危険箇所等
すべて整備された一般登山道ですが
千枚岳−荒川前岳、赤石岳−赤石小屋区間等には
石嶺、ザレ等の注意ケ所はそれなりにあります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

横沢観光トイレ
(189号沿い)
とても綺麗でした!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横沢観光トイレ
(189号沿い)
とても綺麗でした!!
3
畑薙第一ダム臨時駐車場
臨時一番バス乗れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙第一ダム臨時駐車場
臨時一番バス乗れず
2
遠かった椹島に
今 着きました!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠かった椹島に
今 着きました!!
3
揺れます!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺れます!!
6
清水平(水場)ランチ
びしょびしょTシャツ洗います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平(水場)ランチ
びしょびしょTシャツ洗います
3
寄り道展望場
残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄り道展望場
残念
2
ちょこっとトイ状?の道
涼風が流れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっとトイ状?の道
涼風が流れていました
2
南部代表?
駒鳥池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南部代表?
駒鳥池
7
アキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
2
白いトリカブト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いトリカブト
4
お花畑が始まり
もうすぐ
マルバダケブキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑が始まり
もうすぐ
マルバダケブキ
3
寝床確保のため
飛ばして 千枚小屋
なんとか2時前に着いた
3時頃には 土砂降り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寝床確保のため
飛ばして 千枚小屋
なんとか2時前に着いた
3時頃には 土砂降り
3
イブキトラノオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ
3
夕方
富士山の位置に
富士型の雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方
富士山の位置に
富士型の雲
9
今日の目標?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目標?
3
ウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ
2
マツムシソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウ
5
遠くに見えるのは聖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは聖
11
悪沢岳手前の岩ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳手前の岩ピーク
4
悪沢岳への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳への道
5
モルゲンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート
10
振り返って
赤石、聖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
赤石、聖
3
タカネビランジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ
8
ミヤマコゴメグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
2
イブキジャコウソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
3
悪沢への道は最高その一
以下3枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢への道は最高その一
以下3枚
4
悪沢への道は最高その二
以下3枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢への道は最高その二
以下3枚
4
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
3
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
2
タカネヒゴタイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネヒゴタイ
3
やっと近くで
シコタンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと近くで
シコタンソウ
9
悪沢岳(荒川岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳(荒川岳)
6
塩見と
その影のような仙丈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見と
その影のような仙丈
3
赤石に怪しいガスが、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石に怪しいガスが、、
3
中岳への登り返しが
気になるが素敵な稜線へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳への登り返しが
気になるが素敵な稜線へ
6
タカネシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ
4
ネコノメソウのような
赤い粒が、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコノメソウのような
赤い粒が、、、
3
全然進まない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然進まない
3
振り返って悪沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って悪沢岳
2
中岳避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳避難小屋
3
秋吉台のようなところに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋吉台のようなところに
2
端正な
ウスユキソウ
種類違うの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端正な
ウスユキソウ
種類違うの?
7
気になる花
イワインチン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になる花
イワインチン
4
タカネコウリンカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネコウリンカ
4
赤石
なんとか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石
なんとか
3
イワオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
4
これこれから登るんですか、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これこれから登るんですか、、、
7
荒川小屋
いい所にあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川小屋
いい所にあります
2
早めのランチと
避難小屋に泊まれ事を期待して
水補強
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早めのランチと
避難小屋に泊まれ事を期待して
水補強
3
救いのトラバース道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
救いのトラバース道
2
またも雷鳥親子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またも雷鳥親子
3
大きくなったヒナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きくなったヒナ
3
ちょっとした花小道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした花小道
2
ダイコンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイコンソウ
3
タカネヤハズハハコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネヤハズハハコ
3
ガスガスの小赤石岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスの小赤石岳
3
椹島への分岐
リュックデポすりゃ
良かったが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島への分岐
リュックデポすりゃ
良かったが、、、
3
ついに着きました
赤石岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに着きました
赤石岳
3
避難小屋
本日の超激混み状況を予想され
心底申し分けなさそうに
やんわりと、、
いっしょの青年と
余分な水を置いていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
本日の超激混み状況を予想され
心底申し分けなさそうに
やんわりと、、
いっしょの青年と
余分な水を置いていく
6
いつか、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか、、、
5
少し青空
赤石岳
連れ合いは13高山達成
私は No1を登っていない、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し青空
赤石岳
連れ合いは13高山達成
私は No1を登っていない、、、
4
雷が聞こえた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷が聞こえた
2
赤石小屋
ここもシェラフの
スペースがない状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋
ここもシェラフの
スペースがない状態
7
食べ始めた夕食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べ始めた夕食
5
未練、、
赤石から荒川を見たかった、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未練、、
赤石から荒川を見たかった、、、
4
バスは
7:45を逃すと10:30
昼には早いし 
3時間近く待つのも、、、
飛ばす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは
7:45を逃すと10:30
昼には早いし 
3時間近く待つのも、、、
飛ばす
4
間に合って
ソフトを並び喰い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間に合って
ソフトを並び喰い
3
赤石沢から
赤石岳
(ライブカメラの場所)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石沢から
赤石岳
(ライブカメラの場所)
5
相談所で教えていただいた
明神の湧き水
これで 外トイレ気にせず
今夜は心置きなく飲める
おしまい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相談所で教えていただいた
明神の湧き水
これで 外トイレ気にせず
今夜は心置きなく飲める
おしまい!
7

感想/記録
by boroP

今まで行く行く、行きたいと言っていた憧れのひとつ南ア南部
隣の県なのに我々にはアクセス遠く 泊数多くなるバス時間や
身体的問題点より 厳しく 敷居高く感じた椹島
でも 今年は とにかく行こうと決め
欲張らず 今回は聖は諦め2泊として
初めての新東名へ向かいました。

<千枚小屋へ>
1番臨時バスから遅れる事45分やっと乗れた2番バスで
家から6時間10分 ついに椹島に着きました。
林道橋手前から 沢沿いの登山道に入り やがて
南部の林の中 前日の雨のためか
非常にムシムシ状態
小屋は大混雑らしいので 
キョロキョロ、パチリパチリしながらも
もくもくと登ります。
大汗かきの私は ランチとした清水平ですでにずぶ濡れ状態
展望場、駒鳥池などそれなりに変化ある道ですが
高い山はガスで 小屋の声が聞こえた時には
ホッとし なんとか遠い別館にならずにすみました。
1時間後に土砂降り。

<3000m花稜線へ>
長い行程他を考え 暗い4時半出
雲多いが まずまずかな〜
小屋直後 ダケカンバや花で非常に雰囲気良いのですが
暗くてまともな写真が撮れません。
やがて 森林限界を超え日が登り
モルゲンロートの世界に入り千枚岳です。
南アの山々、そして富士山 おはようございます!
タカネビランジは もう終盤でしたが
いたるところに花花花
悪沢岳への変化ある稜線道は まさに無理して
来る価値のある道
なかなか前に進みませんでした。
久しぶりの3000m峰 周りを遮るものはありません
ついに来た悪沢岳
2年前 ここを眺めた塩見がすぐそこに見えます。
しかし この頃から赤石に怪しい雲がポツポツと、、
急に見える中岳への登りへと進みました。
すでに 暑さと前日から疲れで 重い足でしたが
中岳前岳区間はアップダウンが比較的少なく
反面 ランチ予定の荒川小屋は随分降りてしまう
前岳南面の素晴らしいお花畑を楽しみながらも
ガスがかかり始めた赤石がどんどん高く聳えてくるのに
恐れをいだきました
とても雰囲気良い所の荒川小屋
激混み予想で半場あきらめていましたが
この時は あわよくば泊めて貰いたい水がない赤石避難小屋泊のために
多めに水を汲み重くなったリュックを担ぎました。
大聖寺平までのトラバース道は良かったが
その後は大変 2,30歩いて一息入れるの繰り返し
ガスを恨みながら 花や雷鳥で紛らわしながら進みました
やがて 小赤石岳 ガスでうっすらの赤石岳を眺めました。
わずかな期待の避難小屋泊のため 分岐でリュックデポせず
12:24 厳しいを連発しながら ついに赤石岳頂上に着きました!

避難小屋に泊めていただけるか伺いに行くと
申しわけなさそうに 土間のベンチも使う超激混み予想で、、、、、
これから遅くなって ボロボロでたどり着く方が多い、、、、
その後 忙しい中 ご家族?3人総出で30分近く
雑談相手をしていただきました。
好評の山小屋 良くわかりました。
ここまで ほぼいっしょに歩かれて来た青年と
余分な水を小屋のヤカンに注ぎ
気分よく 避難小屋を後にしました。

降りだすと ぽつりぽつり
やがて本降り
濡れた岩岩の沢沿いの道は
軽量グリップレスシューズで来た我々には辛い
小屋手前で 雷も聞こえ始め
虐めだ!と一人騒ぎながら びしょ濡れで
シェラフは数あってもひくスペースがない満員小屋着
食後 青年と軽くアルコール&雑談してから
時間や距離以上にハードで
色々あった一日を思い出しながら 
寝返り打てない床に着きました。




人から聞くのとは 自分の目と足で感じるのとは
全然違う 花咲き乱れるは 想像通りだが
本当に大きく 石嶺部やアップダウンも意外にあった巨人の山。
荒川前岳以降はガス、赤石小屋までは雨が強く
最高の天気とはならなかったが
また アクセスと人の多さには
ちょっと疲れましtが
この花の時期に 初の南ア南部を
いくつかの障害?を乗り越え
知る事ができ とても感謝します。
いつか 静かな時期に再訪したい。


ありがとうございます。






訪問者数:585人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/11
投稿数: 5
2016/8/7 16:25
 お疲れさまでした
時期的にどの小屋も大変混雑しているでしょうね。千枚小屋の混雑ぶりを教えて下さい。寝床は確保できるのでしょうか?一つの布団に二人ぐらいでしょうか。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2016/8/8 8:35
 Re: お疲れさまでした
レコでも書きましたが
<私の行った日>は
東海フォレストの小屋は
一人1シェラフは与えられますが
ついた時間により グループ編成により 
遠い別館になるか等場所もきまり
人により広げるスペースが十分に確保できないようでした。
山小屋ですので いつもそうかは またどこまでかは
初めての私には わかりません

これ以上の事は
東海フォレスト、山小屋に直接
お聞きになられるのがよろしいかと思います。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2016/8/9 5:51
 南ア核心部の過密ぶりにも驚き
 boroPさん、おはようございます。
 小生がチマチマついで日帰りしてる間に、大きな南アの核心部、ガッツリ行っちゃい ましたね。
 小生が最も再訪したい、稜線でもあります 。千枚〜悪沢〜中岳間が特に好き です。荒川お花畑のスケールもいいですが、悪沢岳西面の花畑が種類も豊富で、なかなか足が進まなかったのを覚えています。
 天気も核心の2日目良かった ようで、タカネビランジ もまだお迎えしてくれたようで良かったです。
 それにしても、各小屋激混みのようですね 。南ア南部にこれほど人が入るのか 。良くも悪しくも、東海フォレストのバス送迎があるからよね。小生の南アは、ほぼテント泊でしたので、椹島〜畑薙湖は3時間かけて歩きましたね
 おつかれ様でした。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2016/8/9 19:57
 Re: 南ア核心部の過密ぶりにも驚き
今晩は!!

避難小屋のご主人の話だと
例年は この時期ここまで混まないらしいですが
我々が歩いたアルプスで1,2を争う混み具合で
花稜線の代償かな、、
椹島ロッジと千枚小屋だけ先に開いいた梅雨時期に
千枚から一気下山の勝負に出ようかと思ったのですが
初めての山域だったので辞めました
いつかの次回?は それか 8月エンドか9月かな
その前に聖かな、、、

確かに千枚から荒川小屋まで想像より遥かに変化ある
いい稜線でしたね。
赤石からその稜線を眺められなくてちょっと残念ですが
行きたくても 事情により行けない方もいるようなので
我慢する事にします。

タカネマンテンマ懸命に探したのですが
調査不足で見つけられませんでした

バスで1時間かかる所を3時間で歩ける方の
再訪レコを首を長く〜して待っています

on-boroP
登録日: 2012/10/16
投稿数: 340
2016/8/11 19:35
 羨ましい山々ですね
boroPさん こんばんは

千枚、荒川、赤石と羨ましい山々に行きましたね〜。
花と青空と雲海と山の大きさはさすが南アルプス南部です
写真を見てるだけでワクワクします
笊ヶ岳 の写真、最高ですね
避難小屋に泊まれなく本当に残念でしたね。
やはりあの山頂には泊まりたくなるんですよね・・・・
秋にどこに登るか悩みの種が増えました
素晴らしいレコありがとうございます。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2016/8/11 22:23
 Re: 羨ましい山々ですね
soratokazeさん 今晩は!

今年は 梅雨明けがすっきりしなかったせいなのか
激混みで 驚き 2泊の割にはボロボロでしたが
山大きく 花が咲き乱れた初めて山域を
楽しませていただきました。
母なる?笊ヶ岳いつか行きたいと思いましたよ

テント担いで 一人静かに一歩一歩 歩くsoratokazeさん
秋深まるこの稜線に 似合うんだろうなあ〜


on-boroP
登録日: 2014/3/27
投稿数: 176
2016/8/12 19:13
 噂の南部遠征
レコ読ませていただきました。poroPさんの記録はリズムよく読めて楽しいですね。
北アのレコ書いてるときに調べたマツムシソウがこっちにも載っていて、先に見ていれば調べずにわかったのにと悔やんでおります。
楽しそうなんで、次は南アも縦走したいなぁ。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2016/8/12 20:45
 Re: 噂の南部遠征
無事 帰国されたようで なによりです

フリークライミングから大大縦走、雪山と幅広い分野で御活躍されている
rockwellさんからお褒め?の言葉をいただき大変恐縮します。
単に 長文を書こうとするとアップできなくなる作文力の結果なのですが
隙間多い行間に 勝手な想いを添えていただければ幸いです。

ぜひ 光から鋸?まで楽しんでくださいね
孤独?を背負った単独行の姿が似合う稜線・トレイルが一杯だと思います
今日も明日も仕事なので
rockwellさんの大作レコ後日 じっくり読ませていただきますね

poroPもいい名かも
on-boroP
登録日: 2014/3/27
投稿数: 176
2016/8/13 6:44
 Re[2]: 噂の南部遠征
なんてこった。人里離れすぎてキーボードすらまともに打てなくなってます。
boroPさん、失礼しました。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2016/8/13 20:07
 Re[3]: 噂の南部遠征
本当に良い名と思っただけですけど
了解しました

on-boroP

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ