ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932879 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

朝日岳から白馬岳へ。雪倉岳にまいりました!!

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー mayutsubo
天候晴れ!晴れ!!晴れ!!!
アクセス
利用交通機関
電車バス
車で蓮華温泉に行くと10時間はかかるので、電車とバスで行くことにする。
うちからは1日で蓮華温泉まで行かれないので、前日に名古屋の友人宅に泊まる。
名古屋7:00発のしなの1号に乗り、松本で下車。
松本から9:22発の大糸線各駅で南小谷へ。南小谷11:57着。
南小谷12:00発の糸魚川行きに乗り、12:21に平岩で下車。
14:00発の蓮華温泉い行きバスに乗り、15:00頃蓮華温泉着。
帰りは猿倉発10:10のバスで八方口下車。日帰り温泉「みみずくの湯」に入り、歩いて白馬駅へ。約10分。
白馬駅発12:26の各駅で名古屋へ。名古屋14:20着。名古屋発14:53のしなので名古屋へ。名古屋17:01着。
名古屋から高速バスで三交南紀へ。そこからマイカーで自宅へ。
いやはや遠いいですねえ〜〜〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間18分
休憩
2時間4分
合計
9時間22分
S蓮華温泉04:2004:20蓮華温泉キャンプ場04:55兵馬の平05:0305:40瀬戸川橋05:4506:42ヒョウタン池06:4806:58白高地沢橋08:10休憩08:3008:40花園三角点08:50水場09:2010:35水場ベンチ10:4511:35吹上のコル11:4212:22朝日岳13:0013:42朝日小屋
2日目
山行
8時間41分
休憩
2時間24分
合計
11時間5分
朝日小屋03:3504:43朝日岳05:4506:40水平道分岐06:4707:29ツバメ岩07:3407:45水場07:5209:00休憩09:1010:05雪倉岳10:3011:00雪倉岳避難小屋11:0511:58鉱山道分岐12:0312:58三国境13:0613:55白馬岳14:0514:40白馬岳頂上宿舎
3日目
山行
4時間21分
休憩
1時間29分
合計
5時間50分
白馬岳頂上宿舎04:0304:35白馬岳05:2005:45白馬岳頂上宿舎06:0206:38避難小屋07:30雪渓始まり07:4308:30雪渓終わり08:3909:00白馬尻小屋09:0509:53猿倉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは蓮華温泉受け付けにあります。
その他周辺情報みみずくの湯。八方口バス停から数分。露天風呂からは唐松〜白馬がよく見えます。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ メガネ 財布 免許証 携帯バッテリー カメラバッテリー予備

写真

平岩駅。ここでバスを1時間40分待ちました。
2016年08月03日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平岩駅。ここでバスを1時間40分待ちました。
2
蓮華温泉。今回は入山前で面倒くさくなって入りませんでした。
2016年08月03日 15:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉。今回は入山前で面倒くさくなって入りませんでした。
1
キャンプ場。2歳と4歳の男の子連れのファミリーと私だけ。
2016年08月03日 15:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場。2歳と4歳の男の子連れのファミリーと私だけ。
3
早朝の兵馬ノ平
2016年08月04日 05:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の兵馬ノ平
1
もう秋の花。トリカブト
2016年08月04日 05:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう秋の花。トリカブト
ここまで300mくらい下ってから登ります。
2016年08月04日 07:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで300mくらい下ってから登ります。
2
カモシカ坂はきつかったです。
2016年08月04日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ坂はきつかったです。
なんでこんなところに三角点?
2016年08月04日 08:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでこんなところに三角点?
1
花園三角点ですが・・・
2016年08月04日 08:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花園三角点ですが・・・
美味しい水
2016年08月04日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しい水
1
青空が出てきた!
2016年08月04日 09:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が出てきた!
3
またガスが・・・
2016年08月04日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またガスが・・・
ちょっと樹林帯に入ります。
2016年08月04日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと樹林帯に入ります。
1
いつか歩きたい栂海新道への分かれ道。
2016年08月04日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか歩きたい栂海新道への分かれ道。
1
栂海新道への道
2016年08月04日 11:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道への道
5
やっと朝日岳に着きました。朝日岳の上だけは青空!!!
2016年08月04日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと朝日岳に着きました。朝日岳の上だけは青空!!!
12
雷鳥がいました。
2016年08月04日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥がいました。
4
小屋が見えてきました。
2016年08月04日 13:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきました。
2
頑張る高校山岳部
2016年08月04日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張る高校山岳部
5
朝日岳のキャンプ場。今日は高校の山岳部が二校いました。
2016年08月04日 18:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳のキャンプ場。今日は高校の山岳部が二校いました。
7
日没前
2016年08月04日 18:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没前
6
夕日でできたブロッケン。
2016年08月04日 18:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日でできたブロッケン。
6
ブロッケンを作った夕日
2016年08月04日 18:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケンを作った夕日
6
日が沈む。
2016年08月04日 18:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が沈む。
6
お休みなさい
2016年08月04日 19:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お休みなさい
5
朝日岳からの日の出
2016年08月05日 05:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳からの日の出
6
焼山の右から朝日が登りました。
2016年08月05日 05:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山の右から朝日が登りました。
8
白馬岳と旭岳
2016年08月05日 05:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳と旭岳
2
立山と剱岳
2016年08月05日 05:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山と剱岳
3
毛勝三山
2016年08月05日 05:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山
1
小蓮華岳、雪倉岳、白馬岳
2016年08月05日 05:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華岳、雪倉岳、白馬岳
4
キラキラのチングルマ
2016年08月05日 05:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラのチングルマ
3
小蓮華岳、雪倉岳、白馬岳、旭岳
2016年08月05日 05:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華岳、雪倉岳、白馬岳、旭岳
4
ニッコウキスゲ
2016年08月05日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
3
つぼんだチングルマ
2016年08月05日 06:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼんだチングルマ
1
宝石のようなチングルマ
2016年08月05日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝石のようなチングルマ
6
低い所は雲の中
2016年08月05日 06:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低い所は雲の中
4
キヌガサソウ
2016年08月05日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
3
今年初めて見ました。
2016年08月05日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めて見ました。
1
小桜ヶ原
2016年08月05日 07:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小桜ヶ原
5
これもキラキラ
2016年08月05日 07:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもキラキラ
3
雪倉岳は大きい
2016年08月05日 08:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳は大きい
2
雪倉岳へ
2016年08月05日 09:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳へ
2
今年初めて見たコマクサ
2016年08月05日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めて見たコマクサ
4
もう少し
2016年08月05日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
2
雪倉岳の山名版は何故か寝ている。
2016年08月05日 10:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳の山名版は何故か寝ている。
2
こんなポーズで写真を撮りたくなる。
2016年08月05日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなポーズで写真を撮りたくなる。
11
剱岳が見えるとテンションが上がる。
2016年08月05日 10:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳が見えるとテンションが上がる。
5
トウヤクリンドウ
2016年08月05日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
3
雪倉岳避難小屋
2016年08月05日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳避難小屋
2
中は綺麗。トイレもあります。
2016年08月05日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中は綺麗。トイレもあります。
2
白馬岳山頂。人が多い。
2016年08月05日 14:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂。人が多い。
6
大雪渓
2016年08月06日 04:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓
1
ご来光は妙高山の右から
2016年08月06日 04:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光は妙高山の右から
1
鹿島槍へ
2016年08月06日 05:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍へ
3
旭岳と祖母谷へ続く稜線。
2016年08月06日 05:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳と祖母谷へ続く稜線。
1
毛勝三山
2016年08月06日 05:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山
1
鹿島槍、穂高、槍ヶ岳
2016年08月06日 05:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、穂高、槍ヶ岳
2
立山剱岳
2016年08月06日 05:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山剱岳
2
蓮華温泉に下る
2016年08月06日 05:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉に下る
4
大雪渓
2016年08月06日 05:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓
3
影白馬
2016年08月06日 05:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影白馬
3
左が鹿島槍。その右前が白馬の鑓ヶ岳。その右奥が)蓮華岳と針ノ木岳。奥に穂高、槍ヶ岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳かなと思う。
2016年08月06日 05:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が鹿島槍。その右前が白馬の鑓ヶ岳。その右奥が)蓮華岳と針ノ木岳。奥に穂高、槍ヶ岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳かなと思う。
4
水晶岳、赤牛岳の右が黒部五郎岳、半分隠れた薬師岳だと思う。
2016年08月06日 05:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳、赤牛岳の右が黒部五郎岳、半分隠れた薬師岳だと思う。
2
立山と剱岳
2016年08月06日 05:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山と剱岳
3
毛勝三山
2016年08月06日 05:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山
2
旭岳から祖母谷へ
2016年08月06日 05:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳から祖母谷へ
2
昨日歩いた朝日岳、雪倉岳
2016年08月06日 05:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いた朝日岳、雪倉岳
1
高妻山、戸隠山
2016年08月06日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山、戸隠山
2
大雪渓
2016年08月06日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓
2
この矢印の岩にザックをぶつけて転んでしまいました。
2016年08月06日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この矢印の岩にザックをぶつけて転んでしまいました。
2
スパッツとアイゼンをつけて大雪渓を下ります。
2016年08月06日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スパッツとアイゼンをつけて大雪渓を下ります。
3
見上げる
2016年08月06日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる
3
登る人ばかり。この間を下るのに苦労しました。
2016年08月06日 08:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る人ばかり。この間を下るのに苦労しました。
5
白馬尻
2016年08月06日 09:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻
3
猿倉に着きました。
2016年08月06日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉に着きました。
3
八方口でバスを降りてみみずくの湯へ。
2016年08月06日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方口でバスを降りてみみずくの湯へ。
3
やっぱり生ビール!車では味わえない至極の味!!
2016年08月06日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり生ビール!車では味わえない至極の味!!
6
撮影機材:

感想/記録

かねてから歩きたいと思っていた、朝日岳〜白馬岳を歩いてきました。

うちから蓮華温泉まで車で行くと10時間以上かかるので、一人の運転ではきついと思い、電車とバスで行くことにしました。
ですが、うちから1日では最終バスに間に合わない。それで、名古屋の友人の家に泊まり、翌日蓮華温泉に向かいました。

平岩の駅では1時間40分待ち。
下山して電車を待っていた滋賀のご夫婦、東京からの75〜80歳の3人組のお姉さまたちとお話をしていたらあっという間にバスの時間になりました。

蓮華温泉のキャンプ場には4歳と2歳の男の子を連れたママさんがテントを張っていました。白馬岳を猿倉から登って蓮華温泉に下りてくるパパを待っているのでした。小さな男の子二人がいて悪戦苦闘していました。
結局その日のテントは私とそのファミリーだけでした。
下山後なら入りたい温泉も入山前は億劫になって入りませんでした。いつかゆっくり入りに来ます。

4日はロングコースになるので、4時20分に出発。ソロの男性、ご夫婦に追い越されました。
このコースは一旦300m位下ります。もし、逆コースなら最後に急登が待っていることになります。
下りの木道で1回滑って尻もちをつきました。気を付けないといけませんね。
カモシカ坂はきつかったです。緩やかになった所で休憩にしました。

朝日岳に着いた時は山頂の上は青空でしたが、周りの山はガスがかかっていました。
栂海新道に行く道は池があって気持ちよさそうでした。
ここで追い越して行ったNさんご夫婦とお話をしました。

朝日小屋のキャンプ場には高校の山岳部が二校いて大きなテントをいくつか張っていましたが、個人のテントは5張りほどでした。
ここでまた先ほどのNさんご夫婦とお話をして親しくなりました。
3人で少し北又方面にい行った所で日没を待ちました。
ガスがかかると、夕日によるブロッケンが見えました。朝日によるブロッケンは何度か経験がありますが、夕日によるブロッケンは初めてでした。

5日はご来光を見るために3時35分にキャンプ場を出発。朝日岳山頂で焼山の左から上がるご来光を拝むことができました。
朝日岳から白馬岳に行く人の多くは山頂に行かないで水平道から行くようです。
私はご来光大好き人間なのできつくても山頂に立ちたいのです。
高校の山岳部が蓮華温泉に下って行ってから白馬岳に向かいました。
途中で水場があるので水は少なめでした。
最初の水場を過ぎ、次の水場で汲もうとしましたが、なかなか出てきません。もし水場がなかったらどうしようと思った時、細い流れが出てきたのでほっとして水を汲みました。
重くてもは初めからちゃんと水を汲んで来ればよかったと思いました。

雪倉岳の登りは想像以上にきつかったです。でも、山頂に着いたら白馬岳や剱岳が見えたので嬉しかったです。
ここまでで白馬岳から朝日岳に向かう登山者と多くすれ違いました。このコースは朝日岳から行く人よりも白馬岳から行く人のほうが断然多いようです。
最後の白馬岳の登りもきつかったですが、雪倉岳の登りに比べたら緩かったです。
白馬岳には多くの登山者がいました。

キャンプ場にはすでにたくさんのテントがありました。
テントを張って休んでいると、先日親しくなったNさんの奥さんが話しかけてきてくれました。彼女たちは12時に着いたそうです。水平道からとは言え速いです。
それで、清水岳を往復してきたとのこと。元気です。さらにご主人は旭岳にも登ってくるとのこと!登山ガイドを始めたというご主人、さすがにタフです。
私はキャンプ場に着いた時には疲れ切っていました。

6日はテントを撤収して小屋の近くに置いてサブザックで山頂に行きました。
白馬岳は4回目ですが、この山頂でご来光を見たのは初めてでした。
妙高山の右の方から朝日が登りました。
山頂からは360度の眺望を心行くまで楽しむことができました。
また、あのNさんの奥様とも会うことができました。
ご主人は唐松岳まで縦走して八方に下山することになり、奥様が蓮華温泉に下山して八方まで迎えに行くことにしたそうです。
今度一緒に山に行きましょうと約束して別れました。

この日は猿倉を10時10分発のバスに乗ろうと思っていました。
雪渓までの道は急で石がごろごろしていて下りにくかったです。
途中で岩にザックが引っかかって転んで一回転してしまいあせりましたが、お尻を着いて止まったので事なきを得ました。
下りは本当に気を付けないといけませんね。

雪渓は今年は小さいとは言え、それなりのもので、下りやすかったです。ただ、登ってくる人がとても多く、すれ違うのが大変でした。

猿倉には10時前に着き、ビールを飲んでバスを待つことができました。
でも、猿倉を10時頃から登る人がいるのに驚きました。暑い時間帯に急な登りを登るのは大変でしょう。早い時間の下りでも汗だくになったのですから。

蓮華温泉には入りませんでしたが、下山後はやはり温泉!白馬駅に近い「みみずくの湯」に入りました。露天風呂からは唐松岳から白馬岳まで見えました。白馬岳には雲がかかっていましたが。

山中2泊3日の北アルプスの山旅、天気に恵まれ、花が綺麗で眺望も良く、素敵な出会いもあり、思い出深いものになりました。

しかし、雪倉岳、手ごわかったです。
まいりました!!!
訪問者数:409人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/21
投稿数: 548
2016/8/8 9:05
 お疲れ様でした(*^_^*)
mayutsuboさん
こんにちは お天気もサイコーのソロテン泊羨ましい 本当にカッコイイです
白馬もいつか行ってみたいところなんですが勉強不足で雪倉岳知らなかったのですがそんなにキツインデスネ
登録日: 2013/5/29
投稿数: 444
2016/8/8 13:47
 Re: お疲れ様でした(*^_^*)
memechanさん、コメントありがとうございます。
お天気も良く、花も綺麗で、楽しい出会いもある素敵な山行でした。
雪倉岳、私も舐めていました。
でも、稜線に出てから500mも登るなんて北アルプスでは珍しいんですよ。南アルプスではよくありますが。
さすが200名山だと思いました。
登録日: 2010/9/30
投稿数: 2169
2016/8/8 17:54
 ココ大好きです♪
mayutsuboさん、こんにちは。
このコースいいですよね〜。
昨年の秋、白馬〜雪倉〜朝日〜蓮華温泉を周りましたが、眺望良くて、紅葉キレイな上に、人が少なくてとても気に入りました。
と言っても、なかなかハードなコースですが…(笑)
蓮華温泉で温泉に入らなかったのは正解かも?
硫黄臭がキツイので、きっと山行中硫黄の匂いに包まれたことになったかと思いますので でもいいお湯ですし、野天風呂が気持ちいいです

雪倉岳、手強いですよね…
私は白馬側からだったのでマシだったと思いますが、朝日側からはかなりの登りですね。
快晴の3日間で眺望もお花も楽しめて最高ですね!
Nさんご夫妻にも出会えていい山旅になりましたね〜
登録日: 2013/5/29
投稿数: 444
2016/8/8 22:28
 Re: ココ大好きです♪
dolceさん、コメントありがとうございます。

逆コースのほうが多いですね。
ただ、最後に300mの登りが待っている・・・
どちらが楽か・・・

紅葉の季節もいいでしょうね。
北又からも登ってみたいです。

野天風呂、女性は水着を着て入るようですね。
山に濡れた水着を持って登りたくはないなあ〜〜〜
内湯もいいと聞きました。
年取ったらゆっくり温泉目当てで行きたいです。
まあそのころには水着もいらないか・・・

Nさんたちは高島トレイルによく行くそうです。
赤坂山のスノーシューに誘われました。
案内していただけたら楽しいだろうなと期待しています。
登録日: 2013/9/16
投稿数: 954
2016/8/9 8:33
 縦走お疲れさまでした
おはようございます。
先月は南アルプス、そして今回は北アルプス、羨ましい限りです。
私は夏期休暇、今年は下界の旅行の予定なので長い縦走は出来ません。
一泊二日のお手軽縦走で雄大な岩陵歩きは秋のお楽しみです。
ブロッケン現象、見られて何よりですね。
北アルプス歩くのならこういう静かそうなルート歩いてみたいものです。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2038
2016/8/9 14:25
 mayutsuboさん こんにちは!
白馬から北も後立山連峰と呼ぶのでしょうか?
なかなか厳しい登山でしたね!!
朝日岳からは日没から日の出まできれいな様子が覗えました。
まるで、mayutsuboさんのプロフィール写真ですね
ONシーズンで大勢の方が訪れていて、さすがにアルプスはいいなぁと思いました。
お疲れさまでした
登録日: 2013/5/29
投稿数: 444
2016/8/9 17:10
 Re: 縦走お疲れさまでした
tomhig さん、コメントありがとうございます。
まあ、もっと年取ったらゆっくり縦走してください。

一人だったら夕日ばかり見て気づかなかったかもしれません。こういうときは人と一緒のほうがいいですね。

北アルプスの静かなルート、中心を外れるとけっこうありそうです。
白馬岳は超人気の山ですが、祖母谷からのルートはもっと人がいなさそうです。
静かなルートの最後が大勢の人というのはちょっといやでしたが。

下界の旅行も楽しんできてくださいね。
私はこれから帰省する子供たちを迎える準備です。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 444
2016/8/9 17:19
 Re: mayutsuboさん こんにちは!
s_fujiwaraさん、コメントありがとうございます。

調べたら後立山連峰は日本海の親不知から針ノ木峠あたりまでを言うようです。
雲海がなければ朝日岳からは日本海に沈む夕日が見られるそうです。
雲海もそれなりにいい味がありますがね。

ちなみにプロフィール写真は空木岳から見た夕焼けの空です。
ここは山頂近くに駒峰ヒュッテがあるので、山頂からの夕日も朝日もすぐに見られるんですよ。
登録日: 2011/10/3
投稿数: 848
2016/8/14 17:39
 いつも素敵な山旅♪
マユツボさんこんにちは!

いつも、素敵な山旅、憧れの気持ちで読ませてもらってます(*^^*)

大雪渓、登ってるレコや話は聞いたことありますけど、その中を下るのは体力的にも精神的にも疲れてしまいそうですね。
転んで一回転!怪我は無かったですか?
気を付けていてもそう言う事って起こりますね。そのまま滑落せずに本当に良かったです! 

朝焼けの中の遠くの山並み、これは縦走した人の特権ですね!

ロングコースにたくさんの出会いと温泉!その後の生ビールは1日かけて電車バスでアクセスした甲斐がありますね♪

それにしても、山歩きよりも登山口までと登山口から自宅までの方が疲れてしまいそうですね(*_*)
登録日: 2013/5/29
投稿数: 444
2016/8/15 13:49
 Re: いつも素敵な山旅♪
cocoperiさん、コメントありがとうございます。

大雪渓、土曜の午前ということもあり、大勢の登山者が登っていました。できるだけトレースに従って下ろうと思いましたが、すれ違いのところではこちらが避ける形になりました。

転んだ時は本当にヒヤッとしました。ザックが岩に引っかかったためですが。
しばらく心臓がドキドキしていました。
南アルプスで話した男性が、石がゴロゴロの下りで転んで2,3回転して、頭を切って血が出てずっと抑えていたという話を聞いていました。その方は血が出ただけでたいしたことなかったそうですが。

やはり山の山頂近くに泊まると見える景色が違いますね。
日帰りでは見られない景色ですね。

遠くて乗り替えが大変でしたが、車を運転するよりずっと楽です。
帰ってからの疲労度が全く違います。
それに一人で運転だと高速代やガソリン代がバカにならないです。
今回、特急も使ったからそれほど車と変わらない交通費でしたが、疲労度を考えたらずっとお得ですね。
帰った翌日から野良仕事できましたから。
これからも一人の時は電車やバスが使えたら使うと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ