ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932927 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー ririmura
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
タクシーの運ちゃんに山で同じルートの人を会話して見つけるんよって言われました。
栂池–猿倉は4人乗りで5,500円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間31分
休憩
54分
合計
10時間25分
S猿倉登山口駐車場04:3404:39猿倉荘04:4205:21白馬尻荘05:26白馬尻小屋06:30岩室跡06:3207:42避難小屋07:5608:53白馬岳頂上宿舎09:26白馬山荘09:2809:50白馬岳10:0310:35三国境10:3611:27小蓮華山11:2812:04船越ノ頭12:0912:39白馬大池山荘12:4613:20乗鞍岳14:02風吹大池方面分岐14:07天狗原の祠14:50栂池山荘14:5214:54栂池パノラマウェイ 自然園駅14:5814:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白馬大池から栂池間の一番堪えました。

まじで白馬大池までたどり着いたらおしまいだあと思っていましたがここから火山特有なゴロゴロ石の道。堪えました。
コース状況/
危険箇所等
大雪渓は、安全の為アイゼン必要です。
落石から回避するためですね。
その他周辺情報白馬大池のあたりから、猿倉荘に戻りそうな人をそれとなく見つけると良いそうです。と、タクシーの運ちゃん。4人ならバスよりも安いです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シェラフ

写真

白馬尻までの林道から顔を見せる白馬岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻までの林道から顔を見せる白馬岳
白馬尻小屋
こんなだっけかな?記憶が曖昧です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋
こんなだっけかな?記憶が曖昧です。
雪渓上は涼しい風が吹き、足取りも幾分楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓上は涼しい風が吹き、足取りも幾分楽です。
1
よく見る光景。定番の雪渓。
30年前は、アイゼンなしでよく登ったと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見る光景。定番の雪渓。
30年前は、アイゼンなしでよく登ったと思います。
これも、アイゼンを履くと足場が安定して、気持ちも楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも、アイゼンを履くと足場が安定して、気持ちも楽です。
名残り惜しい雪渓。
早めに登り終えて良かった。
これからが長いですから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残り惜しい雪渓。
早めに登り終えて良かった。
これからが長いですから。
避難小屋で一休み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋で一休み。
平和に感謝!黙祷です。
一応広島出身なので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平和に感謝!黙祷です。
一応広島出身なので。
1
杓子岳とお花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳とお花畑。
1
稜線には山頂宿舎ががなかなか近づいてきませんが、お花畑は綺麗で元気でます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線には山頂宿舎ががなかなか近づいてきませんが、お花畑は綺麗で元気でます。
とにかく綺麗なんです。
息を整えるために止まっては撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく綺麗なんです。
息を整えるために止まっては撮影。
白馬岳山頂宿舎が見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂宿舎が見えてきた!
白馬岳が見えるコルで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳が見えるコルで休憩。
白馬岳山頂から白馬三山の杓子岳と鑓ヶ岳を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂から白馬三山の杓子岳と鑓ヶ岳を。
遠くに剱岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに剱岳が見えます。
最後の登り!ここがまたきつい。しっかり呼吸して。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り!ここがまたきつい。しっかり呼吸して。
もう少し!山頂まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し!山頂まで。
眼下に大雪渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に大雪渓。
松沢貞逸氏のレリーフの前で、あと一息で頂上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松沢貞逸氏のレリーフの前で、あと一息で頂上です。
白馬岳の一等三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳の一等三角点。
小蓮華山の山頂で、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂で、
小蓮華山の山頂から、雲が上がって来てなかなか顔をのぞかせなかった大蓮華山。ここでお別れになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂から、雲が上がって来てなかなか顔をのぞかせなかった大蓮華山。ここでお別れになります。
やっと見えてきた白馬大池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えてきた白馬大池。
2
少しずつ近ずくコバルトブルーの池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ近ずくコバルトブルーの池。
やっと降りてきたかと思ったら、あともうひと下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと降りてきたかと思ったら、あともうひと下り。

感想/記録

普段運動していないので、白馬山荘で一泊が必要な理由がよくわかりました。

今年の目標としていた、白馬岳。本当は白馬山荘へ一泊したかったのですが、中々それも出来ず、天気が良かったら、猿倉荘に駐車できたらの条件で、行けるところまで行こうということで、猿倉–大雪渓–白馬岳–小蓮華山–白馬大池のルートを選択。

28年ぶりで、体力も無く、特に標高2500mを超えてからの上りのペースはガタ落ち、しかし天候のおかげで着実に山頂にたどり着きました。
訪問者数:394人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ