ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932948 全員に公開 キャンプ等、その他アジア

香港(ビクトリアピーク〜香港島市街地〜尖沙咀)

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年08月01日(月)
メンバー tosyjp, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等、 船、 飛行機

過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]
2016年08月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録
by tosyjp

写真付きの感想は、ブログ「週末は歩きing」をご覧ください。
http://tosyjp.blog.fc2.com/blog-entry-100.html

香港を3泊4日で歩いてきました。

この7月に成田に復活就航した香港航空で一路香港へ。
富士山の上空に差し掛かると、雪がほとんど残っていない真っ黒な富士山が雲海に浮かんでいました。

現在の香港空港は、以前のように急旋回でビルすれすれの高さで危険なアプローチをすることもなく、安心してランディングできます。
香港に着いて最初に感じたことは、歴史が浅い都市のためか40〜50階建ての高層ビルが目立ったこと。東京とは比べ物になりません。

ホテルは、市街地からシャトルバスで5分ほどのビクトリアハーバー沿いに建つ「ハーバーグランドカオルーン」。以前、中国の江沢民前主席が宿泊したことがあるそうです。いつも慣れている山小屋とは違い、何か場違いな感じが 笑

翌日、ビクトリアハーバーをフェリーで渡り、ヴィクトリア・ピーク(太平山)がある香港島へ。写真の背後の山々がビクトリアピークで、右の電波塔が建っているところが山頂(標高552m)です。手前の「国際金融センター」超高層ビル(高さ415m・世界9位)とわずか150mしか違わない高さです。

今回はカミさんと一緒なので、ケーブルカー「ピークトラム」に乗って標高差363m・最大斜度27度を10分ほどで登っちゃいます。

ケーブル山頂駅から盧吉道(ルガードロード)と呼ばれる遊歩道を15分ほど歩くと絶景が! 香港島、湾曲しているビクトリア湾、大陸側の九龍、そして背後に広がる山々の壮大なパノラマが広がっていました。

香港は、大型ビルの中はオシャレな店が多いですが、

一歩足を踏み入れるとローカルな雰囲気で香港人の日常の姿が。そこには英語が通じないディープな世界が広がっていました。

香港は、市街地がビクトリアハーバーを挟んで香港島と九龍に分かれているため、何回もフェリーや地下鉄でハーバーを渡ることになります。「スターフェリー」と呼ばれるフェリーの運賃は50円ほどで、庶民の足として定着しています。

九龍の中心街、尖沙咀(チムサーチョイ)には、

香港の最高級ホテル(第二次世界大戦では日本軍が3年8か月の間、司令部を置いていた)「ザ・ペニンシュラ香港」や、

高級ブランド店が、東京・銀座の数倍の規模で建ち並んでいます。

しかしブランド店の隣には露天の本屋さんも。さすが香港、ダイナミックレンジが広いです 笑

旧香港国際空港時は、着陸する飛行機へ影響させないよう点滅ネオンが禁止されていたこともあり、香港の夜景は派手さがなく落ち着いた感じです。(九龍から香港島の夜景を)

翌日は、また香港島へ。英国総領事館隣にある香港公園は、ヤシが生い茂り南国に来たことを実感。香港はハワイとほぼ同緯度です。

金鐘(アドミラルティ)では、ダンボールを敷いてたむろしている大勢のフィリピン人が。なにやら食事やトランプをしながら楽しんでいます。一体何事かと思いましたが、皆さん住み込みのお手伝いさんで、香港には家がないため休日の日曜日は同郷の友人や親戚と集まって過ごしています。

お手伝いさんは香港政府新庁舎の木陰にも。数千もの人々が街中に溢れています。

香港政府新庁舎。2014年の香港反政府デモはこの近くで行われました。

香港の高速道路は基本無料。この日は日曜日ということもあり順調に流れていました。

香港島を横断する2階建て車両の路面電車「香港トラム」。繁華街を通るので歩行者が多く、また無理な横断も目立ち接触しないのが不思議なくらいです。いきおい時速も上がらず、思ったよりも移動に時間がかかります。急ぐ時は地下鉄を利用するのが吉。

翌日、超高層ビル「国際金融センター」(高さ415m)へ行ってみました。
朝の通勤風景はオシャレな人が多く、東京・丸の内オフィス街と同じような感じ。
ただ、香港人は歩くスピードが異常に早いです。国内で歩いていて人に抜かれることはほとんどありませんが、香港ではどんどん抜かされます。エスカレーターも速く、日本の倍くらいのスピードで動いています。また、横断歩道の信号音もテンポが速く、何か香港中が忙しなく動いていてエネルギッシュな感じが伝わってきました。

ということで楽しい4日間はあっという間に過ぎ、無事に成田へ戻ってきました。

香港の外気温は日本の真夏と同程度ですが、室内の冷房が20度ほどの最強設定にしているため気温差が大きく体調を崩しやすいです。一方、食事は広東料理・飲茶が意外に油っぽくなく、やさしい味付けで助かりました。

近代的な超高層ビルが建ち並ぶビジネス街から人々の活気あふれる下町まで、エネルギッシュな魅力に溢れている香港。ぜひまた歩いてみたいと思いました。

[Camera]
Sony α6000/Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
訪問者数:50人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ