ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933028 全員に公開 ハイキング東海

<東海の山> Vol.8 : 入道ヶ岳〜鎌ヶ岳 (炎熱の鈴鹿8耐)

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー bellpeak
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 : 近鉄平田町駅から鈴鹿コミュニティーバス約55分、椿大神社下車。
帰路 : 三交湯の山温泉バス停から約10分、近鉄湯の山温泉駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
45分
合計
8時間5分
S椿大神社バス停08:1709:58入道ヶ岳10:2012:08水沢岳12:1213:39鎌ヶ岳13:5816:22三交湯の山温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
縦走路はところどころに急坂や滑り易い箇所があります。
その他周辺情報近鉄湯の山温泉駅から歩いて10分程のところに「アクアイグニス」という温泉施設があります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル
備考 2.5Lの飲料を持参しましたが、それがほとんど空になったうえ、下山後にはさらにペットボトル一本とジョッキ一杯を空けました。

写真

こういうものを買いました。買ったからには使ってみたくなります。ということで、きょうは鈴鹿を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうものを買いました。買ったからには使ってみたくなります。ということで、きょうは鈴鹿を目指します。
2
電車を乗り継いで近鉄の平田町駅にやって来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車を乗り継いで近鉄の平田町駅にやって来ました。
駅前から鈴鹿コミュニティーバスに乗ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前から鈴鹿コミュニティーバスに乗ります。
あちこち廻り道して、小一時間掛かって椿大神社バス停に着きました。ここは「つばきだいじんじゃ」ではなく、「つばきおおかみやしろ」です。初めてだと分からないですねぇ。
靴と靴下とズボンの裾に「ジョニー」をしっかり噴霧して、いざ出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこち廻り道して、小一時間掛かって椿大神社バス停に着きました。ここは「つばきだいじんじゃ」ではなく、「つばきおおかみやしろ」です。初めてだと分からないですねぇ。
靴と靴下とズボンの裾に「ジョニー」をしっかり噴霧して、いざ出発です。
1
椿大神社の本殿です。「パワースポット」として名高いとのことです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿大神社の本殿です。「パワースポット」として名高いとのことです。
本殿の裏側が登山口です。山頂へは三本のルートがあるのですが、歩行時間はそれほど変わらないようで、とりあえず一番最初にでてきた登山口に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿の裏側が登山口です。山頂へは三本のルートがあるのですが、歩行時間はそれほど変わらないようで、とりあえず一番最初にでてきた登山口に入ります。
この道は「北尾根ルート」です。いきなり急な石段です。ヒルに気をつけながら一歩一歩登ります。
きょうの東海地方の最高気温は軒並み35℃くらい。まさに盛夏です。汗が噴き出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道は「北尾根ルート」です。いきなり急な石段です。ヒルに気をつけながら一歩一歩登ります。
きょうの東海地方の最高気温は軒並み35℃くらい。まさに盛夏です。汗が噴き出します。
石段が終わると歩き易い登山道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段が終わると歩き易い登山道になります。
ところどころ急坂がありますが、大したことはありません。ヒルが気になるので、足早に登り続けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ急坂がありますが、大したことはありません。ヒルが気になるので、足早に登り続けます。
立ったまま小休止です。足元よいか? よし!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ったまま小休止です。足元よいか? よし!
1
こういう木の根元とか、いかにもヒルがいそうな感じですが、まだ見掛けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう木の根元とか、いかにもヒルがいそうな感じですが、まだ見掛けません。
足元が明るくなってきました。どうやら、ヒルは杞憂だったようです。谷沿いのルートではなく、尾根道を歩いて正解でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元が明るくなってきました。どうやら、ヒルは杞憂だったようです。谷沿いのルートではなく、尾根道を歩いて正解でした。
山頂が近付いてくると、次第に傾斜が緩くなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近付いてくると、次第に傾斜が緩くなってきます。
このあたりから馬酔木(アセビ)の群落が続きます。数年前に訪れた伊豆の天城山を思い出します。ただ、今はシーズンを大きく外れた真夏です。ただただ暑い「汗日」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから馬酔木(アセビ)の群落が続きます。数年前に訪れた伊豆の天城山を思い出します。ただ、今はシーズンを大きく外れた真夏です。ただただ暑い「汗日」です。
山頂が近付いてきました。笹原が広がります。ときどき、足元の笹原でガサッと音がします。蛇でも隠れているんでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近付いてきました。笹原が広がります。ときどき、足元の笹原でガサッと音がします。蛇でも隠れているんでしょうか?
山頂に着きました。数名の方が休憩されています。お互いに「お疲れさまです」、「暑いですねぇ」などと挨拶を交わします。「鈴鹿セブンマウンテンズ」第一座目です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。数名の方が休憩されています。お互いに「お疲れさまです」、「暑いですねぇ」などと挨拶を交わします。「鈴鹿セブンマウンテンズ」第一座目です。
2
遠景はやや霞んでいますが、しばし小憩します。薄いガスで日光が遮られて、暑さはそれほどでもありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠景はやや霞んでいますが、しばし小憩します。薄いガスで日光が遮られて、暑さはそれほどでもありません。
入道ヶ岳をあとに、鎌ヶ岳へと続く磐座(イワクラ)尾根へと入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳をあとに、鎌ヶ岳へと続く磐座(イワクラ)尾根へと入ります。
この尾根は途中から三重、滋賀県境の稜線となります。東海と関西という、異なった文化圏の境界でもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根は途中から三重、滋賀県境の稜線となります。東海と関西という、異なった文化圏の境界でもあります。
このあたりで初めて鎌ヶ岳が見えてきました。「遠〜い〜!」
当初は鎌ヶ岳を越えて御在所岳まで歩こうかと考えていたのですが、これを見た瞬間に断念しました。それどころか、鎌ヶ岳に辿り着けるのかも不安になりました。持参してきた2.5Lの飲料は既に半分近く減っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりで初めて鎌ヶ岳が見えてきました。「遠〜い〜!」
当初は鎌ヶ岳を越えて御在所岳まで歩こうかと考えていたのですが、これを見た瞬間に断念しました。それどころか、鎌ヶ岳に辿り着けるのかも不安になりました。持参してきた2.5Lの飲料は既に半分近く減っています。
1
水沢峠です。私は普段なら地図記載のコースタイムの七掛けくらいで歩くことが多いですが、磐座尾根に入ってからは、ほぼコースタイム通りのペースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠です。私は普段なら地図記載のコースタイムの七掛けくらいで歩くことが多いですが、磐座尾根に入ってからは、ほぼコースタイム通りのペースです。
水沢岳です。暑さと疲労で弾んだ息を整えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳です。暑さと疲労で弾んだ息を整えます。
鎌ヶ岳はまだまだ遠いです。体力の消耗を避けるべく、意識してゆっくり歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳はまだまだ遠いです。体力の消耗を避けるべく、意識してゆっくり歩きます
アップダウンの多い稜線です。危険箇所はほとんど無いのですが、こまめに小休止しつつ、歩を進めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの多い稜線です。危険箇所はほとんど無いのですが、こまめに小休止しつつ、歩を進めます。
3
次第に鎌ヶ岳が近付いてきました。本当に登れるのか不安になるようなピラミダルな山容です。剱岳か槍ヶ岳のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に鎌ヶ岳が近付いてきました。本当に登れるのか不安になるようなピラミダルな山容です。剱岳か槍ヶ岳のようです。
2
最後のピークを越えると、次は終点鎌ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のピークを越えると、次は終点鎌ヶ岳。
鎌ヶ岳へ向けて、取付きから最後のひと登りです。けっこうな急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳へ向けて、取付きから最後のひと登りです。けっこうな急登です。
入道ヶ岳から約三時間半、ようやく鎌ヶ岳の山頂に辿り着きました。やれやれです。「セブン」二座目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から約三時間半、ようやく鎌ヶ岳の山頂に辿り着きました。やれやれです。「セブン」二座目。
北側には鈴鹿の盟主、御在所岳が望まれます。これからあそこまで歩くのは…やっぱりやめておこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には鈴鹿の盟主、御在所岳が望まれます。これからあそこまで歩くのは…やっぱりやめておこう。
2
東側の展望です。薄いガスでぼんやりしています。白茶けているのは新名神高速道路の建設現場でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の展望です。薄いガスでぼんやりしています。白茶けているのは新名神高速道路の建設現場でしょうか?
ここで少し遅めの昼食とします。暑いときにはこういうものが美味しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで少し遅めの昼食とします。暑いときにはこういうものが美味しいです。
1
しばしの休憩の後、湯の山へ向けて下山を始めます。雲母峰ルートを下ろうと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしの休憩の後、湯の山へ向けて下山を始めます。雲母峰ルートを下ろうと思います。
道標に従って、坦々と下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標に従って、坦々と下っていきます。
雲母峰ルートを下るはずでしたが、知らない間に馬の背尾根に入っていました。引き返すのは面倒なのでそのまま下ります。ガイドマップでは破線のバリエーションルート扱いですが、歩き易くしっかりした道でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲母峰ルートを下るはずでしたが、知らない間に馬の背尾根に入っていました。引き返すのは面倒なのでそのまま下ります。ガイドマップでは破線のバリエーションルート扱いですが、歩き易くしっかりした道でした。
下山口が近付いてきました。御在所岳のロープウェイが上下しています。2.5Lの飲料はほぼ空になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口が近付いてきました。御在所岳のロープウェイが上下しています。2.5Lの飲料はほぼ空になりました。
下山口に出てきました。ここから湯の山の温泉街をしばらく下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口に出てきました。ここから湯の山の温泉街をしばらく下ります。
しばらく歩いて三交湯の山温泉バス停に着きました。ここからバスに乗りますが、待ち時間に自販機で炭酸飲料を買って一気飲みします。うまい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて三交湯の山温泉バス停に着きました。ここからバスに乗りますが、待ち時間に自販機で炭酸飲料を買って一気飲みします。うまい!
15分ほどで温泉施設の「アクアイグニス」です。全身汗だらけの濡れ雑巾状態でしたが、ようやく人心地がつきました。温泉成分のせいか、肌がつるつるします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどで温泉施設の「アクアイグニス」です。全身汗だらけの濡れ雑巾状態でしたが、ようやく人心地がつきました。温泉成分のせいか、肌がつるつるします。
1
湯の山温泉駅から帰途につきますが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉駅から帰途につきますが…
…途中下車して、名物の「とんてき」で一杯やります。美味しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…途中下車して、名物の「とんてき」で一杯やります。美味しかった!
4

感想/記録

ヒルで名高い(?)山域でしたが、尾根道を歩いたためか、「ジョニー」のおかげか、きょうは遭遇しなかったです。
椿大神社〜入道ヶ岳〜鎌ヶ岳〜湯の山と、炎熱の縦走路を滝汗流しつつ歩きました。歩行時間約8時間。まさに「鈴鹿8耐」でした。
訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ