ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933132 全員に公開 ハイキング甲信越

御嶽山・二の池(ロープウェイ利用)

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー abukata, その他メンバー1人
天候快晴、25℃(ロープウェイ鹿瀬駅)〜20℃(八合目)〜19℃(九合目)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
中央道・中津川IC利用、R19を北上し”元橋”の左ト路路をK20へ左折し、道なりに”木曽温泉”まで進む。元橋まで中津川ICから1時間以上掛かります。途中の”三岳黒沢”(直進ぎみにK256があります)、六合目(中の湯)方面との分岐の右ト字路(右折が正解)がチェックポイントです。
”木曽温泉”でK20に別れを告げて左折し、御岳ブルーラインで御岳ロープウェイを目指します。木曽温泉から7Kmくらいでロープウェイの鹿瀬駅に到着します。最後は左ト路路を左折する形です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御嶽山は登山計画書の提出が義務化されています。登山ポストはロープウェイの山頂駅(飯森駅)にあります。
高山ですが高山病の症状が出ない限り、危険箇所はありません。八合目までは木道中心ですが、老朽化しておりスリップや踏み外し注意です。特に下り。
八合目から上は岩ボコ中心のルートとなりますが、一段一段を最小段差で登るようなコース取りが可能で、体力の消耗を回避できます。
その他周辺情報日帰り入浴は木曽温泉を利用しました。
http://www.kiso.ne.jp/~onsen/
”信州物味湯産手形”の無料入浴が利用できます。有料の場合の料金は不明です。
木曽温泉は牛乳の販売をしていません。ロープウェイの売店にも牛乳はありませんでした。残念です。

写真

御岳ロープウェイ山麓駅(鹿瀬駅)の花壇です。
2016年08月06日 07:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳ロープウェイ山麓駅(鹿瀬駅)の花壇です。
21
目指す御嶽山です。雲一つない快晴です。
2016年08月06日 07:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す御嶽山です。雲一つない快晴です。
21
ロープウェイから”幻の滝”が見えました。
2016年08月06日 07:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイから”幻の滝”が見えました。
13
乗鞍岳のアップです。
2016年08月06日 07:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳のアップです。
3
ロングショットです。
こんな快晴は滅多にありません。
2016年08月06日 07:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロングショットです。
こんな快晴は滅多にありません。
16
前穂から吊尾根、奥穂、西穂〜槍まで見えます。
2016年08月06日 07:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂から吊尾根、奥穂、西穂〜槍まで見えます。
14
初お目見えはヤマハハコでした。
2016年08月06日 08:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初お目見えはヤマハハコでした。
5
八合目(女人堂)から石室山荘です。
まずはここを目指します。待ってろよ!お汁粉!!
2016年08月06日 09:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目(女人堂)から石室山荘です。
まずはここを目指します。待ってろよ!お汁粉!!
7
石室山荘の上(九合目半)にある覚明堂(避難小屋)です。
2016年08月06日 09:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室山荘の上(九合目半)にある覚明堂(避難小屋)です。
4
継子岳曲です。
2016年08月06日 09:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳曲です。
3
女人堂に献花台が設けられていました。
2016年08月06日 09:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂に献花台が設けられていました。
7
継子岳喫(奥)と継子岳曲(手前)です。
2016年08月06日 09:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳喫(奥)と継子岳曲(手前)です。
ナナカマドの実です。
2016年08月06日 09:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実です。
2
ナナカマドの実(その2)
2016年08月06日 09:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実(その2)
4
八合目女人堂を見下ろします。手前の建物は御嶽教の中教会です。
2016年08月06日 09:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目女人堂を見下ろします。手前の建物は御嶽教の中教会です。
1
イワギキョウです。
2016年08月06日 09:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウです。
3
イワギキョウ(その2)
2016年08月06日 09:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(その2)
8
新たに設置された指導標です。
2016年08月06日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新たに設置された指導標です。
石室山荘直下までやって来ました。
2016年08月06日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室山荘直下までやって来ました。
石室山荘のアップです。
待ってろよお汁粉!
2016年08月06日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室山荘のアップです。
待ってろよお汁粉!
3
新しい指導標です。
石室山荘まであと300Mです。
2016年08月06日 11:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい指導標です。
石室山荘まであと300Mです。
3
嫁はんによる夏山フェスタで教えて頂いた”空を余り入れない構図”です。
2016年08月06日 11:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫁はんによる夏山フェスタで教えて頂いた”空を余り入れない構図”です。
7
お汁粉、ご馳走様でした。
2016年08月06日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お汁粉、ご馳走様でした。
13
ここにも献花台がありました。
2016年08月06日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも献花台がありました。
6
山頂(剣ヶ峰)方面は立入禁止です。
2016年08月06日 12:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(剣ヶ峰)方面は立入禁止です。
4
山頂方面への道です。
2016年08月06日 12:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面への道です。
摩利支天、継子岳、アルマヤ天が望める位置まで登ってきました。
2016年08月06日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天、継子岳、アルマヤ天が望める位置まで登ってきました。
7
摩利支天方面です。
2016年08月06日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天方面です。
アルマヤ天です。
2016年08月06日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルマヤ天です。
2
継子岳喫と曲です。
2016年08月06日 12:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳喫と曲です。
二の池です。
水が少ないです。
2016年08月06日 12:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池です。
水が少ないです。
14
二の池(その2)
稜線の向こう側にはコマクサの群落がありましたが・・・
2016年08月06日 12:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池(その2)
稜線の向こう側にはコマクサの群落がありましたが・・・
4
二の池(その3)
池の底はこんな状況です。
2016年08月06日 12:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池(その3)
池の底はこんな状況です。
5
剣ヶ峰方面への登山道です。(現在通行できません)
2016年08月06日 12:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面への登山道です。(現在通行できません)
二の池(その4)
各小屋への配水施設ですが現在稼働していません。
2016年08月06日 12:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池(その4)
各小屋への配水施設ですが現在稼働していません。
3
二の池(その5)
今年は万年雪がまったくありません。
2016年08月06日 12:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池(その5)
今年は万年雪がまったくありません。
3
二の池(その6)
二の池越に剣ヶ峰を望みます。
2016年08月06日 12:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池(その6)
二の池越に剣ヶ峰を望みます。
池の中にオンタデが咲いていました。
2016年08月06日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の中にオンタデが咲いていました。
10
イワギキョウです。
2016年08月06日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウです。
8
オンタデです。
2016年08月06日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデです。
2
摩利支天です。
2016年08月06日 12:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天です。
9
賽の河原です。
2016年08月06日 12:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原です。
白龍小屋(賽の河原避難小屋)です。
2016年08月06日 12:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白龍小屋(賽の河原避難小屋)です。
2
二の池から剣ヶ峰のアップです。
2016年08月06日 12:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池から剣ヶ峰のアップです。
7
剣ヶ峰のロングショットです。
2016年08月06日 12:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰のロングショットです。
4
イワツメグサです。
2016年08月06日 12:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメグサです。
3
三の池です。
水量はこちらも少ないようです。
2016年08月06日 13:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の池です。
水量はこちらも少ないようです。
3
継子岳と三の池です。
2016年08月06日 13:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳と三の池です。
6
剣ヶ峰の鳥居です。
2016年08月06日 13:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の鳥居です。
5
剣ヶ峰頂上山荘です。
2016年08月06日 13:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰頂上山荘です。
3
オンタデです。
色の入った個体はこれだけでした。
2016年08月06日 13:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデです。
色の入った個体はこれだけでした。
5
オンタデ(その2)
2016年08月06日 13:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ(その2)
8
無事、ロープウェイ山頂駅まで戻って来ました。
2016年08月06日 15:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、ロープウェイ山頂駅まで戻って来ました。
3

感想/記録

先週(7/30)に予定していた御嶽山でしたが、一週延期したことで絶好の晴天に恵まれました。

中央道・屏風山PAで車中前泊し、ロープウェイの運行開始(7:30)に間に合うようにしました。午前7時前に御岳ロープウェイ・鹿瀬駅に到着し、身支度を整えてチケットを求めに行きます。大人の往復料金は2600円、JAF割引を利用して2340円になります。珍しく、ここではJAFの会員發隼疚召鮃気┐蕕譴泙后

チケット売場前で、前回もお会いした倉本豊さんをお見掛けしましたが、突然だったので会釈するに留めました。また、山梨日日新聞のクルーも大勢いらっしゃいました。この方々は皆さんヘルメット持参もしくはロープウェイで借りておられました。

この山麓駅(鹿瀬駅)で気温は25℃、山頂駅(飯森高原駅)でも同じく25℃ありました。この気温の中、八合目・女人堂までが一番辛い歩きとなりました。基本的に樹林帯と背丈よりも高い潅木帯なので、風が吹きません。女人堂にて大休止としましたが、タオルマフラーも鉢巻も汗でずっしり重くなっており、絞ると水滴がしたたり落ちました。ここで乾いたものと交換です。

女人堂には献花台が設けられていました。手を合わせて哀悼の意を表しました。
また、営業に協力の意味も込めてペットボトル(コーラ)を求めました(400円)。

休憩後、次の九合目・石室山荘を目指し出発しましたが、どうにも調子が出ません。邪(よこしま)な心があると、足が上がらないと云われる御嶽山なので、今回は私の方が邪な心を持っているようです。いつもは嫁はんの方が御嶽山に限っては調子がよくないことが多いので、邪なのは嫁はんの方、な筈なのですが・・・

しかし、八合目から上は森林限界なので風が吹けば体感温度は下がり、楽になりました。女人堂には”石室山荘まで90分”との表示があります。しかし、私たちはしっかり120分掛けてしまいました。休憩が多かったというほうが正解かも知れません。

石室山荘は”お汁粉”(700円)が有名で、毎回これを楽しみにしています。前回などは登りと下りで頂戴しました。今回は噴火後初の訪問となりましたが、汗を掻いた身には塩気の強いこのお汁粉は格別です。

小屋の方にお聞きしたところによると、7月から宿泊の営業もしているそうです。また、二の池からの給水は火山灰のため不能で天水が頼りとのことでした。鹿瀬駅の売店にも女人堂にも、”恵の水を山小屋へ”との幟(のぼり)が立てられていたが、こういう意味があったのかとわかりました。

しかし、水の協力ならペットボトル(150円)で販売することなく、登山者の善意でそれぞれ”持ち寄ってもらう”か、無料でペットボトルを用意して歩荷だけの協力要請で十分だと思うのですが・・・、お金は出せないけど、力は貸せるという人もいると思われます。

さて、石室山荘でお言葉に甘えて持参の昼食を取った後、当初予定していた”賽の河原から摩利支天登頂”は時間的に難しいと判断し、二の池までと決めて上を目指しました。最初に北方面(二の池、摩利支天、継子岳・・・)が見えた時は感動しました。登って来てよかったと。

二の池、そして垣間見える三の池も水量が極端に少なく見えました。二の池名物の万年雪もまったくありません。石室山荘で聞いた”火山灰のため二の池からの給水は無理”との話の意味がよくわかりました。

今回の御嶽山はオリンピック開幕と重なったためか、人出は思ったより少なく感じました。また、噴火前は必ず耳にした外国語(中国語・韓国・朝鮮語)を全く聞きませんでした。

次回は五の池小屋泊りでゆったりと回りたいと考えています。

私たちが下山している時に登って来られた方、数名に聞いてみましたが”日帰りピストン”との回答でした。普通のスピードの持ち主なら十分可能なのかも知れませんが、何かあったときの対応や、山を存分に楽しむためには山小屋泊がベターな選択のように思われます。
訪問者数:774人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ