ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933133 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

北アルプス超ど真ん中、新穂高から鷲羽岳、水晶岳へ

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー nomasi
天候晴れ午後から雨、晴れときどき曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高無料駐車場に、前日の3日午後7時頃着、その時で80%程度の駐車。当日の朝着だと駐車場所確保は厳しい。仮設トイレが一番手前の駐車場(第5?)にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間20分
休憩
1時間30分
合計
9時間50分
三俣山荘04:3005:40鷲羽岳06:10ワリモ岳06:30ワリモ北分岐07:10水晶小屋07:50水晶岳08:3008:50水晶小屋08:50ワリモ北分岐09:40岩苔乗越11:20三俣山荘12:1012:30三俣峠14:20双六小屋
3日目
山行
4時間40分
休憩
40分
合計
5時間20分
双六小屋05:2005:50くろゆりベンチ06:20弓折乗越07:00鏡平山荘07:3007:30鏡池08:00シシウドヶ原08:20イタドリが原08:40秩父沢出合09:20小池新道入口09:30わさび平小屋09:4010:30登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)10:40新穂高温泉バス停10:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。水晶岳の登り下りも問題ありません。短いはしごが出てくるくらいで、くさりロープなどありませんでした。双六小屋から三俣山荘への道の選択は、天気次第かと。曇って槍が見れなければ、巻き道を通ってお花畑を見ながら歩くのが良いと思います。私は、巻き道を往復選択しました。(曇っていましたので。ただ、あとで聞いた話ですと双六岳山頂付近に雷鳥が間近で見られたそうです。)また、鷲羽岳、水晶岳への登頂は、迷わず朝早い時間に登られるのが良いと思います。あっという間に雲が槍にかかってしまいます。水晶岳からの帰りは、黒部源流を通って三俣山荘に戻られるのが良いでしょう。ここも、きれいなお花畑が続きます。
その他周辺情報登山後の温泉は、新穂高センターのそばにある中崎山荘(日帰り温泉、800円)に行きました。登山前日は、ひらゆの森(入浴500円)へ行き、カルビ丼(1,100円)を食べました。これは、かなりお勧めです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

笠新道入り口。登山口は朝早く、暗かったので省略しました。
2016年08月04日 05:46撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道入り口。登山口は朝早く、暗かったので省略しました。
わさび平小屋です。冷えたとまと、きゅうりが水につかってます。
2016年08月04日 05:58撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋です。冷えたとまと、きゅうりが水につかってます。
小池新道入口。ここまでは、緩やかな登りで、ここからが本格的な登山道の開始です。
2016年08月04日 06:32撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口。ここまでは、緩やかな登りで、ここからが本格的な登山道の開始です。
道が整備されています。かなり以前から山小屋のみなさんの手によって整備していただいております。感謝です!
2016年08月04日 06:39撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が整備されています。かなり以前から山小屋のみなさんの手によって整備していただいております。感謝です!
お〜、穂高が見えてきました。
2016年08月04日 06:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、穂高が見えてきました。
秩父沢です。休憩ポイントとして良いでしょう。
2016年08月04日 07:09撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢です。休憩ポイントとして良いでしょう。
トリカブトです。これから先、たくさんの花が出てきますが、花の名前がわかりませんので、とりあえず、写真だけのせておきます。
2016年08月04日 08:02撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトです。これから先、たくさんの花が出てきますが、花の名前がわかりませんので、とりあえず、写真だけのせておきます。
シシウドが原。
2016年08月04日 08:16撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドが原。
ナナカマドがもう紅葉?しています。
2016年08月04日 08:54撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドがもう紅葉?しています。
鏡池です。ちょっと槍ヶ岳に雲がかかっています。う〜残念。帰りに期待。
2016年08月04日 08:57撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池です。ちょっと槍ヶ岳に雲がかかっています。う〜残念。帰りに期待。
2
チングルマ
2016年08月04日 08:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
完全にガスって槍、穂高が見えません。
2016年08月04日 10:27撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全にガスって槍、穂高が見えません。
1
花見平。癒されます。それにしても、ものすごいお花畑です。
2016年08月04日 10:49撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見平。癒されます。それにしても、ものすごいお花畑です。
1
チングルマ、これも終わりかけています。
2016年08月04日 11:03撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ、これも終わりかけています。
1
くるまゆり。
2016年08月04日 11:07撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くるまゆり。
1
きぬがさ草。もう終わりです。
2016年08月04日 11:22撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きぬがさ草。もう終わりです。
1
やっと、双六小屋が見えてきました。
2016年08月04日 11:33撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、双六小屋が見えてきました。
双六岳
2016年08月04日 11:37撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳
双六小屋のテント場です。平地ですごしやすそうです。
2016年08月04日 11:43撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋のテント場です。平地ですごしやすそうです。
双六小屋到着。今日は、ここはスルーして三俣山荘へ向かいます。無料の水場がありましたので、水を補給します。(助かります)
2016年08月04日 11:48撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋到着。今日は、ここはスルーして三俣山荘へ向かいます。無料の水場がありましたので、水を補給します。(助かります)
小屋の前は結構急登です。
2016年08月04日 12:31撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前は結構急登です。
双六岳山頂と巻き道との分岐です。
2016年08月04日 12:38撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳山頂と巻き道との分岐です。
少し雪渓が残っています。
2016年08月04日 12:38撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪渓が残っています。
巻き道が先まで続きます。
2016年08月04日 12:54撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道が先まで続きます。
花畑を横切ります。
2016年08月04日 13:21撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑を横切ります。
横移動の為、退屈になりますが、お花畑が随所にあるので、癒されます。
2016年08月04日 13:39撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横移動の為、退屈になりますが、お花畑が随所にあるので、癒されます。
三俣山荘が見えてきました。あいにく、鷲羽岳は雲の中。
2016年08月04日 14:27撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘が見えてきました。あいにく、鷲羽岳は雲の中。
三俣山荘へ到着です。定員80名に対して本日は、どれくらい泊まるのでしょうか。ちょっと不安です。(結局、ふとん3枚に4名で寝ました。う〜、ちょっとつらかった。)
2016年08月04日 15:33撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘へ到着です。定員80名に対して本日は、どれくらい泊まるのでしょうか。ちょっと不安です。(結局、ふとん3枚に4名で寝ました。う〜、ちょっとつらかった。)
夕方になって、鷲羽岳が顔を出してくれました。かっこいい山容です。
2016年08月04日 16:39撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方になって、鷲羽岳が顔を出してくれました。かっこいい山容です。
3
槍も何とか顔を出してくれました。
2016年08月04日 16:43撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も何とか顔を出してくれました。
1
どっしりしてます。
2016年08月04日 16:45撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっしりしてます。
1
明日は、ヘッデンをつけての登りとなるので、ルート確認。(でも、明日には忘れてしまうでしょう。)
2016年08月04日 18:13撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日は、ヘッデンをつけての登りとなるので、ルート確認。(でも、明日には忘れてしまうでしょう。)
1
さあ、登りますよ。
2016年08月05日 04:55撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、登りますよ。
だいぶ明るくなってきました。三俣山荘が小さく見えます。
2016年08月05日 05:04撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ明るくなってきました。三俣山荘が小さく見えます。
おー、槍さん。ずっと、隠れないでそのままにしてて〜。
2016年08月05日 05:13撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、槍さん。ずっと、隠れないでそのままにしてて〜。
笠が岳も挨拶に出てきましたか。
2016年08月05日 05:28撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が岳も挨拶に出てきましたか。
雲海とともに、黒部五郎岳。
2016年08月05日 05:32撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海とともに、黒部五郎岳。
4
鷲羽岳、山頂が見えてきました。すでに、数名登っています。
2016年08月05日 05:36撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳、山頂が見えてきました。すでに、数名登っています。
鷲羽岳、登頂しました。気持ちいい〜。
2016年08月05日 05:48撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳、登頂しました。気持ちいい〜。
3
逆光ですが、槍ヶ岳、最高。
2016年08月05日 05:48撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光ですが、槍ヶ岳、最高。
1
雲海がすごいことになってきた。
2016年08月05日 05:48撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海がすごいことになってきた。
6
笠が岳も、いいね〜
2016年08月05日 05:49撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が岳も、いいね〜
1
こちらは、白馬岳から五竜、鹿島槍ヶ岳。
2016年08月05日 05:51撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、白馬岳から五竜、鹿島槍ヶ岳。
2
右奥に見えるのが、これから行く、水晶岳。まだ、ちょっと距離ありますね。
2016年08月05日 05:51撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に見えるのが、これから行く、水晶岳。まだ、ちょっと距離ありますね。
2
ズームして、アップで。
2016年08月05日 05:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームして、アップで。
黒部五郎、薬師は雲海の上に顔を出してます。
2016年08月05日 05:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎、薬師は雲海の上に顔を出してます。
女性ひとりで登ってきます。(この方とは、水晶岳から黒部源流の分岐まで、ごいっしょさせていただきました。)
2016年08月05日 05:54撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女性ひとりで登ってきます。(この方とは、水晶岳から黒部源流の分岐まで、ごいっしょさせていただきました。)
鷲羽岳を下って、振り返ったところ。
2016年08月05日 06:18撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳を下って、振り返ったところ。
1
雲の平が見えてきました。日本、最後の秘境と呼ばれています。私の位置からだと、完全に上から目線で眺めてます。(余談ですが、BSプレミアムで9月1日、2日で放送されるトレッキング雲の平編の撮影スタッフと俳優の池田さん?がいました。)
2016年08月05日 06:36撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平が見えてきました。日本、最後の秘境と呼ばれています。私の位置からだと、完全に上から目線で眺めてます。(余談ですが、BSプレミアムで9月1日、2日で放送されるトレッキング雲の平編の撮影スタッフと俳優の池田さん?がいました。)
2
雲の平、アップで。
2016年08月05日 07:03撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平、アップで。
1
いいロケーションです。この方は、赤牛岳を経由して、最終的には黒部湖に降りて、湖を船で渡って帰られるそうです。そんな縦走してみたいな〜
2016年08月05日 07:15撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいロケーションです。この方は、赤牛岳を経由して、最終的には黒部湖に降りて、湖を船で渡って帰られるそうです。そんな縦走してみたいな〜
3
水晶小屋にたどり着きました。今回、私はサブザックで鷲羽、水晶を回っていますので、小屋には寄らずスルーします。(余談ですが、ここは小屋が小さいので、泊まるには、かなりの覚悟が必要のようです。)
2016年08月05日 07:34撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋にたどり着きました。今回、私はサブザックで鷲羽、水晶を回っていますので、小屋には寄らずスルーします。(余談ですが、ここは小屋が小さいので、泊まるには、かなりの覚悟が必要のようです。)
1
自分の影を入れて撮ってみました。
2016年08月05日 07:36撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の影を入れて撮ってみました。
2
この稜線どうですか。ワリモ岳と水晶岳の間にあります。(両サイド百名山がびっしり見られて、まるで天国の散歩道です。)
2016年08月05日 07:38撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線どうですか。ワリモ岳と水晶岳の間にあります。(両サイド百名山がびっしり見られて、まるで天国の散歩道です。)
3
散歩道、パート兇任后
2016年08月05日 09:07撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散歩道、パート兇任后
3
おー!水晶岳、見えてきました。山頂に人がいますね。それにしても、岩山だ。
2016年08月05日 07:44撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー!水晶岳、見えてきました。山頂に人がいますね。それにしても、岩山だ。
2
さあ、登って行きますよ。
2016年08月05日 07:50撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、登って行きますよ。
1
水晶岳、登頂!以外にも、恐怖心なく、登れました。
2016年08月05日 08:10撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳、登頂!以外にも、恐怖心なく、登れました。
2
それにしても、360度、大展望です。
2016年08月05日 08:10撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、360度、大展望です。
3
雲の平が、かなり下に見えます。
2016年08月05日 08:10撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平が、かなり下に見えます。
1
薬師岳をアップで。
2016年08月05日 08:10撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳をアップで。
1
剱岳も見えます。
2016年08月05日 08:22撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳も見えます。
2
黒部湖も見えます。
2016年08月05日 08:22撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖も見えます。
1
下から山頂を見上げると、こんな感じです。
2016年08月05日 08:47撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から山頂を見上げると、こんな感じです。
2
登ってきた稜線です。
2016年08月05日 09:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた稜線です。
2
ごいっしょしていただいた方とは、岩苔乗越でお別れです。(雲ノ平に行かれるとのこと。私は、黒部源流を通って三俣山荘へ戻り、本日の宿泊地、双六小屋へ。)
2016年08月05日 10:00撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごいっしょしていただいた方とは、岩苔乗越でお別れです。(雲ノ平に行かれるとのこと。私は、黒部源流を通って三俣山荘へ戻り、本日の宿泊地、双六小屋へ。)
1
黒部源流の水場です。最初の一滴はわかりませんでしたが、この水、ヤバイくらいおいしかったです。ついでに、暑かったので何回も顔を洗っちゃいました。
2016年08月05日 10:05撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流の水場です。最初の一滴はわかりませんでしたが、この水、ヤバイくらいおいしかったです。ついでに、暑かったので何回も顔を洗っちゃいました。
1
源流を通ると、辺り一面お花畑です。
2016年08月05日 10:22撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流を通ると、辺り一面お花畑です。
1
花畑の中を歩きます。
2016年08月05日 10:40撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑の中を歩きます。
2
ここもです。(この道を避ける方がいるようですが、私は、お勧めします。)
2016年08月05日 10:40撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもです。(この道を避ける方がいるようですが、私は、お勧めします。)
2
三日目。ご来光です。今日は、新穂高まで降りていくだけです。
2016年08月06日 05:23撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目。ご来光です。今日は、新穂高まで降りていくだけです。
3
途中、朝早かったことで、これまた逆光ですが、槍から穂高をずっと見ながら歩いて行けます。5月常念岳から槍、穂高を見ましたので、今回は、その裏側から見てます。裏の顔もとっても良いです。(表、裏がないんだな。)
2016年08月06日 05:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、朝早かったことで、これまた逆光ですが、槍から穂高をずっと見ながら歩いて行けます。5月常念岳から槍、穂高を見ましたので、今回は、その裏側から見てます。裏の顔もとっても良いです。(表、裏がないんだな。)
3
ちょっと、アップで。
2016年08月06日 05:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと、アップで。
2
大キレットもアップで。
2016年08月06日 05:52撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットもアップで。
2
西穂から焼岳、乗鞍岳も見えます。なんと贅沢な下山なんでしょう。もう、降りたくなくなりますよ。
2016年08月06日 06:19撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂から焼岳、乗鞍岳も見えます。なんと贅沢な下山なんでしょう。もう、降りたくなくなりますよ。
5
北鎌尾根です。やっぱすごい、ギザギザ。このルートは、結構、怖そう。
2016年08月06日 06:21撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌尾根です。やっぱすごい、ギザギザ。このルートは、結構、怖そう。
2
う〜、朝日があたってきれいだあ。このシルエット、いいね。
2016年08月06日 06:37撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜、朝日があたってきれいだあ。このシルエット、いいね。
3
鏡平山荘へ戻ってきました。(ここで、朝食の牛丼をいただきました。朝、7時の牛丼。)
2016年08月06日 07:15撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘へ戻ってきました。(ここで、朝食の牛丼をいただきました。朝、7時の牛丼。)
2
鏡池です。雲はかかっていませんが、池には残念ながら槍、穂は映っていませんね。
2016年08月06日 07:47撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池です。雲はかかっていませんが、池には残念ながら槍、穂は映っていませんね。
1
笠が岳ですか。新穂高ロープウエイの山頂から見られる景色ですね。
2016年08月06日 07:48撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が岳ですか。新穂高ロープウエイの山頂から見られる景色ですね。
2
撮影機材:

感想/記録
by nomasi

今回は、北アルプスのど真ん中、鷲羽岳と水晶岳に行きたくて、7月からずっと天候を見ながら、満を持して行ってきました。読み通り、午後から少し雨が降ったり、午前中、早い時間からガスったりと天候の変わりはありましたが、最高の登山ができました。鷲羽岳、水晶岳ともに見渡す限りの山、山、山。なんて贅沢な場所にいるんだろうと、本当に感激しました。自分の目の中に、百名山がいくつも飛び込んでくるんです。もう、最高です!また、人との出会いも3日間を通して恵まれました。初日の三俣山荘で出会った方々とは、今まで経験された登山の話しを聞き、大変参考になりました。特に、今回の登山で百名山98座登られた方には、早月尾根から剱岳を日帰りで行かれた話しなど、まさに健脚ぶり、私にはとてもまねのできないハードな登山の話しは、楽しかったです。また、二日目には、鷲羽岳山頂から水晶岳へごいっしょした女性の方とも、楽しい登山の話しとともに、15圓離競奪を背負って、しかも新穂高を午前7時に出てきて、三俣山荘へ来られた健脚ぶりの話しには脱帽させられました。ここまで来られる方の多くは、本当に、健脚な方たちばかりであると印象を持ちました。これからもし、この同じようなコースを山小屋泊で来られる方がいるのなら、山小屋の情報をお伝えすると、水晶小屋はほぼ毎日、かなり混みあっているようです。宿泊には、覚悟が必要です。きゃぱが小さいですから。また、三俣山荘も木曜日に宿泊しましたが、3枚のふとんに4名で寝ましたので、こちらも結構きついです。特に、週末の金曜日、土曜日はかなり混みあうと思います。双六小屋は、予約を入れたので、ふとん1枚で寝ることができました。それと、設備、食事ともにとても良かったです。槍ヶ岳へ行くのに、双六小屋へ1泊して、西鎌尾根を通って槍ヶ岳へ行くのも良さそうです。最後に、夏山は暑さ対策と虫対策が必要です。はんぱ、なかった〜。
訪問者数:481人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ