ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933567 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走ヨーロッパ

ブライトホルンハーフトラバース マッターホルン登山テストと高度順応

日程 2016年08月01日(月) [日帰り]
メンバー manoalanipokachin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
ツェルマットからゴンドラ、ロープウェイを乗り継いでマッターホルングレイシャーパラダイスへ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
10分
合計
4時間28分
SKlein Matterhon07:4011:01ブライトホルン11:1112:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線上は切れ落ちたナイフリッジに雪岩ミックス。ガイドがいないと我々の力量では絶対に入れない領域です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラ乗り場前でガイドと初めて合流する。ガイドはトーマス。トーマスと一緒にゴンドラ、ロープウェイと乗り継いでマッターホルングレイシャーパラダイスへ。
2016年08月01日 13:54撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ乗り場前でガイドと初めて合流する。ガイドはトーマス。トーマスと一緒にゴンドラ、ロープウェイと乗り継いでマッターホルングレイシャーパラダイスへ。
稜線上はずっとナイフリッジなうえにマッターホルン登山のテストも兼ねているため、ここまで写真を撮る余裕なし。
前のパーティが難しい岩に取り付こうとしている。ちょっと待ち時間ができたのでやっと写真を撮る。
2016年08月01日 17:14撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上はずっとナイフリッジなうえにマッターホルン登山のテストも兼ねているため、ここまで写真を撮る余裕なし。
前のパーティが難しい岩に取り付こうとしている。ちょっと待ち時間ができたのでやっと写真を撮る。
7
落ちたらヤバい。
2016年08月01日 17:15撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたらヤバい。
2
写真を撮る余裕もなくブライトホルン山頂へ。
モンテローザがキレイ。晴れて良かった。
2016年08月01日 18:08撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮る余裕もなくブライトホルン山頂へ。
モンテローザがキレイ。晴れて良かった。
1
雲がかかるマッターホルンをバックに。写真には残せなかったが、これで充分と思うくらいのスリル満点な稜線歩き。
2016年08月01日 17:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかるマッターホルンをバックに。写真には残せなかったが、これで充分と思うくらいのスリル満点な稜線歩き。
7
ブライトホルンハーフトラバースをガイドしてくれたトーマスに感謝。マッターホルン当日(8/3)も頼むよと言ったら、その日は別のクライアントの予約があるとのことでした。
2016年08月01日 17:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブライトホルンハーフトラバースをガイドしてくれたトーマスに感謝。マッターホルン当日(8/3)も頼むよと言ったら、その日は別のクライアントの予約があるとのことでした。
4
山頂に付いて一安心。
2016年08月01日 18:08撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に付いて一安心。
2
あとは下るだけ。
2016年08月01日 18:09撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下るだけ。
すばらしい青空。
2016年08月01日 18:40撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい青空。
2
クラインマッターホルンの後ろにマッターホルンが少し見える。なんとか雪が落ちて8/3に登れることを祈る。
2016年08月01日 18:40撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラインマッターホルンの後ろにマッターホルンが少し見える。なんとか雪が落ちて8/3に登れることを祈る。
ここでアイゼンを外し、ロープウェイ乗り場へ。ここからも結構つらかった。
2016年08月01日 18:40撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを外し、ロープウェイ乗り場へ。ここからも結構つらかった。
1
撮影機材:

感想/記録

最初はなんでもない雪道歩き。
あぁ、これくらいなら全く問題ない!
そんなわけにはいかなかった。
前日に雪が降ったようで急斜面にはトレースなくガイドを頼りにクランポン、ピッケルで登る!!!
あまりの急斜面に驚きながらもガイドから遅れをとらないように必死に付いていった記憶。
雪の急斜面が終わったら岩稜歩き。
クランポン着けての雪岩歩き、初めてだったので怖かったがここで遅いとマッターホルンには行けないと思い必死に歩く。
一ヶ所ハングした場所は自力で登れず本当に悔しかった、、、
最後なんでもない雪道歩きなのに息が上がり辛く(-""-;)
マッターホルンへの挑戦はできるとの返事を頂いたが嬉しい反面不安の残る山行だった。

感想/記録
by kachin

今回のマッターホルンへのチャレンジのために、我々はアドバンチャーガイズ主催のツアーへ参加することにした。

ツアー現地スタッフのSさん、今回一緒にマッターホルンにアタックするMさん、Hさんと我々二人の計5人でブライトホルン前日(7/31)にツェルマットのアルパインセンターへと予約の確認に行く。
ブライトホルンへのガイドとは翌日6:40にゴンドラ乗り場前で待ち合わせる。8/3のマッターホルンへのアタックは雪の融雪状態次第のため、翌日のブライトホルンのテスト登山後の夕方に再度確認することとなった。マッターホルンの天候の難しさを改めて目の当たりにすることになる。

8/1ブライトホルンへのテスト登山の朝、5:00に起きるとなんとツェルマットの街は雨...テンションは下がり、不安が広がる。
ゴンドラ乗り場前へ向かう頃にはかなり小雨となるが、依然として降っていることには変わりない。これで本当に登山テストができるのかと思いながら向かう。

6:40を過ぎた頃、ガイド二人が我々に声をかけてくる。二人とも名前がトーマス!(私のマッターホルンの時のガイドの名前もトーマスでした)こちらのトーマスは日本の佐藤、鈴木、田中のようなものらしい。ブライトホルンハーフトラバースはマッターホルンと違い1人のガイドに2人までOKである。つまりMさん、Hさんのガイドも我々のガイドもトーマスだ。ゴンドラに乗りながらトーマスが、上は晴れていると思うと言っていたので、その言葉に期待する。実際、着くと雨は降ってなく、雲の隙間から青空が見え始めていた。

我々のトーマスはロープウェイ山頂駅に着くとcafeでカプチーノを飲み始めた。周りのガイドは次々に出発して行くのに…テスト登山で不安なのに…
飲み終わると席を立ち、ようやくトーマスが我々2人をロープでつなぎ歩き始める。

緩い斜面をしばらく歩き、稜線の手前の急斜面前でアイゼン、ピッケルの装備を付ける。雲はあるものの青空の面積が広がってくる。稜線前の急斜面はピッケルを刺さないと滑落が怖い斜面である。
稜線上に出ると今まで経験したことのないナイフリッジ。ガイドの動作を観察しながらアイゼンの爪を岩にかませ慎重に登る。ノロノロしてると不合格と言われそうなため、ガイドが通ったところに迷わず足を出す。景色は最高なのに見ている余裕はない。アップダウンを繰り返し、写真の箇所でガイドが止まる。どうやら難所らしい。前のパーティも苦労している。いよいよ我々の番。少しハング気味で上手く登れない。ガイドが少しロープを引っ張り、なんとかクリア。しばらく雪の付いた稜線を歩くとブライトホルンの頂上に着く。
なんとかマッターホルンの許可は出たようだ。

例え天候が悪くマッターホルンに登れなくても充分と思うほどのスリル満点の稜線歩きであった。
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ