ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933647 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根で体力テスト

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー masha
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白渓谷駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
20分
合計
9時間20分
S尾白川渓谷駐車場04:0004:10竹宇駒ヶ岳神社05:20笹の平分岐06:20刃渡り06:30刀利天狗07:00五合目小屋跡07:40七丈小屋08:20八合目御来迎場09:20甲斐駒ヶ岳09:4010:10八合目御来迎場10:40七丈小屋11:10五合目小屋跡11:30刀利天狗11:40刃渡り12:20笹の平分岐13:10竹宇駒ヶ岳神社13:20尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
目立った危険なし
全体的に踏み跡が明瞭のため、道迷いのリスクは少なめ
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 荷物は特別に軽くはせず、いつも通りの9キロ
水は2.5リットル持参
七丈小屋で補充したが、下山時に1リットル残っていた

写真

登山届ポストは駐車場から林道への入り口にある。
しっかり出しましょう。
2016年08月06日 04:04撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届ポストは駐車場から林道への入り口にある。
しっかり出しましょう。
神社の左を抜けていくと吊り橋がある。
2016年08月06日 04:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の左を抜けていくと吊り橋がある。
吊り橋を渡ったらスタートライン。
甲斐駒ヶ岳方面左の指示だが、看板を直進する踏み跡を辿っても合流できるし近道。
2016年08月06日 04:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ったらスタートライン。
甲斐駒ヶ岳方面左の指示だが、看板を直進する踏み跡を辿っても合流できるし近道。
今日も暑くなりそうだ。
2016年08月06日 05:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も暑くなりそうだ。
笹の平にある道標。
2016年08月06日 05:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平にある道標。
モルゲンロートを見たいなと思って歩いていたら、自分がモルゲンロートの中にいたようで、、、
2016年08月06日 05:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートを見たいなと思って歩いていたら、自分がモルゲンロートの中にいたようで、、、
2
刃渡り。
そんなに恐怖は感じなかった。ただし、帰りにフラフラしているようならここも十分に気をつけないと。
2016年08月06日 06:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡り。
そんなに恐怖は感じなかった。ただし、帰りにフラフラしているようならここも十分に気をつけないと。
1
刀利天狗

この山はあちこちに神様が祀ってある信仰の山。
2016年08月06日 06:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刀利天狗

この山はあちこちに神様が祀ってある信仰の山。
こちらが刀利天狗の本物。
2016年08月06日 06:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが刀利天狗の本物。
五合目小屋跡から進行方向を見上げる。
まだうんざりするほど残っている。
2016年08月06日 07:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡から進行方向を見上げる。
まだうんざりするほど残っている。
1
鞍部まで下る。
ということは帰りは登り返しってこと。
2016年08月06日 07:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部まで下る。
ということは帰りは登り返しってこと。
橋の下に古い橋。
2016年08月06日 07:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の下に古い橋。
階段や鎖などよく整備されている。
この階段で一気に高度を稼ぐ。
2016年08月06日 07:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段や鎖などよく整備されている。
この階段で一気に高度を稼ぐ。
1
階段横に古い鎖の跡。
2016年08月06日 07:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段横に古い鎖の跡。
ようやく七丈小屋。
ここの水場で冷たい水をゴクゴク。
頭にもかけて冷却。
2016年08月06日 07:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく七丈小屋。
ここの水場で冷たい水をゴクゴク。
頭にもかけて冷却。
小屋を過ぎるとようやく展望が開ける。
2016年08月06日 08:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を過ぎるとようやく展望が開ける。
2
来た方を振り返って。
2016年08月06日 08:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た方を振り返って。
八合目の御来迎場。
2016年08月06日 08:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目の御来迎場。
山頂へラストスパート。
とはいえ、鎖も連続する。
2016年08月06日 08:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へラストスパート。
とはいえ、鎖も連続する。
石を穿って安全に通過できるようにしてある。
2016年08月06日 08:40撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石を穿って安全に通過できるようにしてある。
1
立派な岩。
2016年08月06日 08:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な岩。
立派な岩の上には剣が刺さってた。
背景は鳳凰三山と富士山。
2016年08月06日 08:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な岩の上には剣が刺さってた。
背景は鳳凰三山と富士山。
山頂が見えた!
2016年08月06日 09:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えた!
鋸も見えた。
次回はあっちへ行ってみよう。
2016年08月06日 09:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸も見えた。
次回はあっちへ行ってみよう。
2
ようやく山頂へ、
2016年08月06日 09:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂へ、
4
到着!
2016年08月06日 09:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!
4
日本の一二三
前回来た時は見えなかった。
今回も富士山は霞む寸前。
2016年08月06日 09:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本の一二三
前回来た時は見えなかった。
今回も富士山は霞む寸前。
2
さあ、降りなきゃ。
下りも長いんだよなぁ。
ああ、夏雲だなぁ、夏だなぁ。
帰ったらビール飲もうっと。
2016年08月06日 11:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、降りなきゃ。
下りも長いんだよなぁ。
ああ、夏雲だなぁ、夏だなぁ。
帰ったらビール飲もうっと。
1
朝は暗いうちに通過した場所。
すでに足に疲労がたまっていて、ペースが上がらない。
2016年08月06日 12:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は暗いうちに通過した場所。
すでに足に疲労がたまっていて、ペースが上がらない。
でもガレておらず、ふかふかなので足に優しかった。
でも、しんどい、、、
2016年08月06日 12:39撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもガレておらず、ふかふかなので足に優しかった。
でも、しんどい、、、
撮影機材:

感想/記録
by masha

一度やってみたかった黒戸尾根の日帰りピストン。
いつもの同行メンバーはみんな「いやだ」とのことなので、一人でやることにしました。体力テストも兼ねて目標タイムをコースタイムの7割で設定。結果はそれを大幅に短縮できたので、合格点は付けられたかと思います。

しかし、8月の山は暑い。
今回は序盤が日の出前でヘッデン点けての行動でしたが、いきなり大汗をかきました。十分な量の水を持っていましたが、七丈小屋で補給することにしました。結果として補給しなくても足りたものの、冷たい水のリフレッシュ効果は絶大でした。

用意した水分は、アミノバイタル2リットル(2倍希釈、ぬるいと味が濃くて飲めないので)と麦茶(ペットボトル0.5リットル)です。それだけでは多分フラフラになっていたでしょう。塩飴を用意して適宜補給しました。他にはウイダーインゼリーの塩分プラスとアミノバイタル顆粒とゼリー。夏場の大量発汗にはこんな備えも大事ですね。

あ、もちろんうちの奧さんに前夜握ってもらったオニギリも、カロリー補給に大いに貢献してました、、、
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ