ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933772 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

日没にご来光! 笠ヶ岳

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー alchemy
天候1日目
午前中は快晴で、午後からはガスっぽくなり、雲が沸き立つ感じでした。雨は夕立含め、降りませんでしたが、小屋の方の話ではここしばらくは午前中は晴れで、午後はガスや雨(夕立)が続いていたそうです。風は無風または微風で、気温は高めでした。日差しはきつかったです。
2日目
午前中、快晴。ただし風がほとんどなく、気温上昇のペースが前日より高かった気がします。日差しもきつかったです。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:毎日あるぺん号(9100円)
    新宿都庁前        2300発(前日8/5出発)
    新穂高温泉バスターミナル  515着
復路:濃飛バス    (890円)
    新穂高温泉バスターミナル  955発
    平湯温泉         1028着
   濃飛バス    (2370円)
    平湯温泉         1110発 (特急 松本行)
    JR松本駅         1250着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
9分
合計
7時間39分
S新穂高温泉バス停05:3505:55お助け風穴06:07中崎橋06:0806:18笠新道登山口09:36杓子平11:18笠新道分岐11:22分岐指導標(仮称)11:23笠新道分岐12:02抜戸岩12:0312:37笠ヶ岳山荘12:53笠ヶ岳13:0013:14笠ヶ岳山荘
2日目
山行
4時間10分
休憩
7分
合計
4時間17分
笠ヶ岳山荘05:3605:56抜戸岩06:25笠新道分岐06:28分岐指導標(仮称)06:3107:10杓子平09:19笠新道登山口09:2009:28中崎橋09:2909:38お助け風穴09:46登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)09:4809:53新穂高温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆新穂高温泉バスターミナル〜笠新道入口
 約3kmほど、舗装または簡易舗装の林道を進み、標高差300mほど稼ぎます。
 笠新道入口には水場があります。

◆笠新道入口〜杓子平
 急登で標高差1100mほど稼ぎます。基本的にひたすら登りです。
 ルートははっきりしており、迷う心配はありませんが、南に面し、かつ樹林が
 疎らなため、槍・穂の展望はよいですが日差しがきついです。
 足元はしっかりしていますが、ルート上に石が積み重なっている場所も多く、
 注意が必要です。

◆杓子平〜笠新道分岐(稜線)
 杓子平でようやく笠ヶ岳に連なる稜線を見ることができます。
 最初は比較的緩やかな傾斜で稜線に向かってとりつきますが、すぐに傾斜を増し、
 高度を上げながら、標高差300mを稼ぎます。
 足元はしっかりしていますが、稜線直下はやや急なので転滑落注意です。
 なお、登りの時は問題ないですが、下りの時は登山道に並行している、涸れ沢に
 誘い込まれる可能性があるため、注意が必要です。

◆笠新道分岐〜笠ヶ岳山荘
 稜線歩きとなりますが、若干のアップダウンがあります。ひたすら長いです。
 足元はしっかりしていますが、稜線が細っているところや、ルート下が
 切れ落ちているところもあるので、悪天候時は通行注意です。展望はよいです。
 山荘直下のテン場直前あたりから、最後の登りがきついですが、それを
 登り切れば、山荘に到着します。
 山荘では売店もあり、コーヒー、ビール、すいかなどが販売しています。
 水については補給可能ですが、雨水利用なので、それほど潤沢ではありません。

◆笠ヶ岳山荘〜笠ヶ岳
 標高差100mほど九十九折りにあがります。ルートは明瞭で傾斜もそれほど
 ありませんが、少々浮き石が多く、転倒には注意です。
 山頂からは360度の展望が得られます。
その他周辺情報◆新穂高温泉バスターミナル前には、新穂高センターがあり、観光案内所があり(登山届・下山届提出可)、トイレもあります。
◆平湯温泉バスターミナル(アルプス街道平湯)には、土産物屋・レストラン・入浴施設があります。入浴施設は大人600円で利用可能です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス ナイフ カメラ
備考 ◆日焼け止めは必携です。
◆水は、笠新道入口から3.5リットルを担ぎ上げました。
 なお、消費は上下とも1.5リットルずつでした。

写真

新穂高温泉バスターミナルに到着。天候は良好。
2016年08月06日 05:17撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉バスターミナルに到着。天候は良好。
これから行くところ。・・・高い。
2016年08月06日 05:18撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行くところ。・・・高い。
2
通行注意の中崎橋。鉄パイプでつっかえ棒。
2016年08月06日 06:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行注意の中崎橋。鉄パイプでつっかえ棒。
こんなお知らせも。
2016年08月06日 06:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなお知らせも。
1
笠新道入口の水場。ここで3.5リットルを調達。
2016年08月06日 06:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道入口の水場。ここで3.5リットルを調達。
新道入口の指導標。
2016年08月06日 06:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道入口の指導標。
その先は、いきなり急登の始まり。
2016年08月06日 06:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、いきなり急登の始まり。
だいぶ登ってきました。日差しが強くて、バーベキューになりそう。
2016年08月06日 08:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。日差しが強くて、バーベキューになりそう。
槍・穂もよく見えます。
2016年08月06日 08:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂もよく見えます。
1
杓子平に着きました。
2016年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平に着きました。
1
ここでようやく笠ヶ岳のお姿を拝めます。それにしても無駄に長い稜線。これを行くのか・・・。
2016年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでようやく笠ヶ岳のお姿を拝めます。それにしても無駄に長い稜線。これを行くのか・・・。
2
稜線への登りルート。終盤きつそう。
2016年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線への登りルート。終盤きつそう。
1
とりあえずはトラバース気味に進みます。今までが激急登だったので、ちょっと一息。
2016年08月06日 09:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずはトラバース気味に進みます。今までが激急登だったので、ちょっと一息。
杓子平を振り返って。あの向こうは逆さ落としです。
2016年08月06日 09:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平を振り返って。あの向こうは逆さ落としです。
1
稜線までまだあります。
2016年08月06日 09:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線までまだあります。
1
最後の一登り。それにしても暑い。
2016年08月06日 10:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一登り。それにしても暑い。
2
槍の穂先をズームアップ。山頂に大量の人が・・・。
2016年08月06日 10:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の穂先をズームアップ。山頂に大量の人が・・・。
4
稜線に到着。まだあんなにあるのか。
2016年08月06日 11:17撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着。まだあんなにあるのか。
1
稜線からの槍方面。
2016年08月06日 11:18撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの槍方面。
2
続いて、穂高方面。
2016年08月06日 11:17撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて、穂高方面。
1
だいぶ近づきました。昼になってガスが出てきました。
2016年08月06日 12:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づきました。昼になってガスが出てきました。
1
あと少し。
2016年08月06日 12:22撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。
1
山荘に到着。
2016年08月06日 13:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘に到着。
1
山荘前にザックをデポ。空身で山頂に向かいます。
2016年08月06日 12:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前にザックをデポ。空身で山頂に向かいます。
1
山頂まではなだらかなルートです。浮き石注意。
2016年08月06日 12:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではなだらかなルートです。浮き石注意。
2
山頂1回目。
2016年08月06日 12:53撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂1回目。
2
辛うじて穂高が見えていますが・・・。
2016年08月06日 12:53撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛うじて穂高が見えていますが・・・。
1
すぐにガスってしまいました。
2016年08月06日 12:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにガスってしまいました。
山荘にいったん戻ります。結構混んでいます。でも、槍・穂ならこの時期こんなものではないでしょうね。
2016年08月06日 17:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘にいったん戻ります。結構混んでいます。でも、槍・穂ならこの時期こんなものではないでしょうね。
結局、一人1枚の布団にありつけました。
2016年08月06日 17:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、一人1枚の布団にありつけました。
夕食は17時から。おなかがペコペコです。頂きます。
2016年08月06日 16:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は17時から。おなかがペコペコです。頂きます。
3
夕食後に。夏の雲だなあ。
2016年08月06日 17:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後に。夏の雲だなあ。
1
竜の巣か?
2016年08月06日 17:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜の巣か?
2
日没を見に山頂2回目です。
2016年08月06日 18:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没を見に山頂2回目です。
1
入道雲モコモコ。いかにも夏。
2016年08月06日 18:03撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道雲モコモコ。いかにも夏。
1
でも、またしてもガスガスに。大半の方は、この時点であきらめて下りて行かれ、結局残ったのは2人だけ。この2人で粘ります。
2016年08月06日 18:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、またしてもガスガスに。大半の方は、この時点であきらめて下りて行かれ、結局残ったのは2人だけ。この2人で粘ります。
2
雲の饗宴。ドンドン変化していきます。
2016年08月06日 18:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の饗宴。ドンドン変化していきます。
1
雲が凄い色に灼けていきます。
2016年08月06日 18:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が凄い色に灼けていきます。
3
美しい・・・。来た甲斐がありました。
2016年08月06日 18:43撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい・・・。来た甲斐がありました。
5
粘り勝ち。ご褒美がもらえました。
2016年08月06日 18:44撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粘り勝ち。ご褒美がもらえました。
4
高い雲。言葉がありません。
2016年08月06日 18:44撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高い雲。言葉がありません。
3
月も見えています。
2016年08月06日 18:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月も見えています。
1
日の入りです。
2016年08月06日 18:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の入りです。
1
翌朝。晴れていました。まずはご来光を拝みに、3回目の山頂へ。
2016年08月07日 04:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。晴れていました。まずはご来光を拝みに、3回目の山頂へ。
1
だんだん明るくなってきます。
2016年08月07日 04:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん明るくなってきます。
1
白々と明けていく槍・穂の山々です。
2016年08月07日 04:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白々と明けていく槍・穂の山々です。
北方面。剱・立山・薬師・鷲羽・野口五郎あたりがシルエットで見えています。
2016年08月07日 04:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面。剱・立山・薬師・鷲羽・野口五郎あたりがシルエットで見えています。
槍の穂先がシルエットに。
2016年08月07日 04:49撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の穂先がシルエットに。
2
もう少しで日の出です。
2016年08月07日 05:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで日の出です。
2
来ました。ご来光です。
2016年08月07日 05:04撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来ました。ご来光です。
8
おはよう。
2016年08月07日 05:04撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよう。
2
今日も一日よろしくお願いします。
2016年08月07日 05:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も一日よろしくお願いします。
6
焼岳、乗鞍岳、木曽御嶽が見えています。
2016年08月07日 05:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍岳、木曽御嶽が見えています。
1
北アルプスが一望できます。
2016年08月07日 05:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスが一望できます。
2
山頂には大量の人が。背中側にはもっといます。
2016年08月07日 05:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には大量の人が。背中側にはもっといます。
2
下りてきて、朝ご飯。頂きます。
2016年08月07日 05:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきて、朝ご飯。頂きます。
2
朝食を頂いた後は、山荘とお別れです。お世話になりました。
2016年08月07日 05:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食を頂いた後は、山荘とお別れです。お世話になりました。
1
さよなら、笠ヶ岳。
2016年08月07日 05:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら、笠ヶ岳。
1
またね。
2016年08月07日 05:42撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またね。
1
天気は快晴です。さあ行こう。
2016年08月07日 05:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は快晴です。さあ行こう。
2
抜戸岩。岩の手前は滑落注意です。
2016年08月07日 05:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岩。岩の手前は滑落注意です。
1
杓子平に向かって下りはじめます。
2016年08月07日 06:30撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平に向かって下りはじめます。
すっかり日も昇りました。
2016年08月07日 06:30撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり日も昇りました。
1
クリヤ谷への下降ルートが見えています。あっちもきつそうです。
2016年08月07日 06:30撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリヤ谷への下降ルートが見えています。あっちもきつそうです。
1
杓子平を過ぎて、しばらく下りましたが、ちっとも進んだ気がしません。下は見えるのですが・・・。
2016年08月07日 07:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平を過ぎて、しばらく下りましたが、ちっとも進んだ気がしません。下は見えるのですが・・・。
まだ中間地点。にしても、暑い。水の消費が激しいです。
2016年08月07日 08:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ中間地点。にしても、暑い。水の消費が激しいです。
休憩した場所が、ミニお花畑でした。
2016年08月07日 08:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩した場所が、ミニお花畑でした。
1
薊。
2016年08月07日 08:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薊。
3
いろいろお花が咲いていました。
2016年08月07日 08:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろお花が咲いていました。
3
桔梗の仲間でしょうか。
2016年08月07日 08:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桔梗の仲間でしょうか。
1
ようやく、林道に下りてきました。バスに間に合わせるため、休憩も取らず、急ぎます。
2016年08月07日 09:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、林道に下りてきました。バスに間に合わせるため、休憩も取らず、急ぎます。
1
最後はダッシュでバス停へ。何とか間に合いましたが、標高差1800mを下りてきたあげくに、ランすることになろうとは。
2016年08月07日 09:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はダッシュでバス停へ。何とか間に合いましたが、標高差1800mを下りてきたあげくに、ランすることになろうとは。
1
松本まで何とか出てきました。お疲れ。さて帰りましょう。
2016年08月07日 13:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本まで何とか出てきました。お疲れ。さて帰りましょう。
1
車内で一杯。サイコーです。
2016年08月07日 14:11撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車内で一杯。サイコーです。
2
撮影機材:

感想/記録

笠ヶ岳は、もともと7月に計画していましたが、家庭の事情と天候不良でずれ込んでしまいました。しかも、今年は梅雨明け後も、天気がはっきりせず、やきもきしながら天気予報を眺めていましたが、ようやく天候が安定して、素晴らしい山行になりました。
何より、日没・日の出とも素晴らしい光景を見ることが出来、夏山の醍醐味を存分に味わうことができました。特に日没はガスガスの中を頑張った甲斐があり、素晴らしい雲の饗宴でした。

関東在住者からすると、上高地と違って、新穂高温泉はちょっと足の便が悪く、車で行くのは、往復の運転はもちろん、駐車場確保からして厳しい(実際、駐車場はどこも満車でした。前乗りでもしない限り普通に行ったら厳しいかと)ので、結局はバスで行くことに。自由度は落ちますが、結果的にはこの方が単独行では良かったです。

天気図も見ながら、予報晴れを確信したので、標高差1800mを考えて、軽量化を徹底し、靴もトレランシューズにしました。足首のホールドだけ心配でしたが、結果的には大した故障もなく下りてこられました。もっとも、雨が降ったら悲惨でしたが。
水は、山荘が天水利用ということもあり、万一を考えて、3.5リットルと多めに担ぎあげましたが、結果的には往復これでお釣りが来ました。

新穂高温泉から平湯方面へのバスは、おおよそ1時間に1本出ていますが、乗り継ぎがよい955発に間にあわせるため、途中から林道を走ることに。トレランシューズが思わぬ形で役に立ちましたが、さすがにきつかったです。もっともその甲斐あって、ギリギリ間に合いました。

諸事情により、なかなか3000m峰にホイホイ行けなくなっていますが、改めて山の素晴らしさを噛みしめることのできた山行でした。
訪問者数:407人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ