ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933883 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山須走口お中道周回★全く別顔の富士山横歩き

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
御殿場駅ー須走口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
48分
合計
4時間39分
S須走口 五合目09:2409:29古御嶽神社09:3310:51須走口登山道 六合目10:5811:32須走口登山道 本六合目12:0113:36須走口下山道 砂払五合目13:4414:01古御嶽神社14:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
須走口6合目からのお中道と本6合目からのお中道は途中連絡しておらず、吉田口6合目まで行かないとUターンできませんが、いずれも山と高原地図に記載のあるルートです。 ただし、砂払への直行ルートは地図にはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

真っ青な空の須走口 ずいぶん久しぶりです 空気が乾燥して気持ち良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青な空の須走口 ずいぶん久しぶりです 空気が乾燥して気持ち良い
4
須走口は樹林帯スタートで小鳥の鳴き声が心地よい雰囲気です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口は樹林帯スタートで小鳥の鳴き声が心地よい雰囲気です
1
背の高い木の枝は一方向を向ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背の高い木の枝は一方向を向ています
3
見えてきました 近くて遠い山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました 近くて遠い山
5
丹沢方向 雲がじゃまで良く見えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方向 雲がじゃまで良く見えません
3
上を見ると砂走 ズームで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見ると砂走 ズームで
4
フジアザミかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジアザミかな
2
オンタデのようで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデのようで
2
?良く分からなかったのですが 調べたらムラサキモメンヅル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
?良く分からなかったのですが 調べたらムラサキモメンヅル
5
日本では分布が限られており、 高山植物が少ない富士山では異色の存在だそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本では分布が限られており、 高山植物が少ない富士山では異色の存在だそうです
4
やたらと多かったです ホタルブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やたらと多かったです ホタルブクロ
これつぼみでしょうか ひげがあってかわいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これつぼみでしょうか ひげがあってかわいい
たった一か所だけトリカブト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たった一か所だけトリカブト
4
この赤さはメイゲツソウ(フジイタドリ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤さはメイゲツソウ(フジイタドリ)
5
見えてきました 六合目長田山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました 六合目長田山荘
着きました 3〜4名休憩中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました 3〜4名休憩中
長田山荘の横にお中道入口ありこれも立っています 帰りにここに出てくる予定でしたが・・・途中で変更しました シャクナゲの季節はとてもすごいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長田山荘の横にお中道入口ありこれも立っています 帰りにここに出てくる予定でしたが・・・途中で変更しました シャクナゲの季節はとてもすごいです
本六合目 瀬戸館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本六合目 瀬戸館
かんかん照りの中到着 昨日はものすごい人で7合目以上の山小屋に泊まれなかった人が瀬戸館に50名くらい押し寄せたそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かんかん照りの中到着 昨日はものすごい人で7合目以上の山小屋に泊まれなかった人が瀬戸館に50名くらい押し寄せたそうです
3
砂走が近いです  砂まみれになりますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂走が近いです  砂まみれになりますね
3
さて今日の本題 瀬戸館の横を入るとこの道標 ブル道は立ち入り禁止になっていますがこちらは行けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて今日の本題 瀬戸館の横を入るとこの道標 ブル道は立ち入り禁止になっていますがこちらは行けます
すぐに鳥居があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに鳥居があります
のぞくと風穴のようで冷たい風が吹き出ていました しばらく覗いていたら体が冷えてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞくと風穴のようで冷たい風が吹き出ていました しばらく覗いていたら体が冷えてしまいました
3
鳥居から下界を臨む 雲海が近づいて来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居から下界を臨む 雲海が近づいて来ました
吉田口方向へ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口方向へ・・
2
岩にはペンキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩にはペンキ
灌木は枝が切り落とされ歩きやすくなっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木は枝が切り落とされ歩きやすくなっています
河口湖方向 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖方向 
2
山頂方向を見るとずいぶん上まで緑に覆われています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向を見るとずいぶん上まで緑に覆われています
2
振り返るとズームならまだ瀬戸館が見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとズームならまだ瀬戸館が見えています
2
この花はこのルートだけで見ました トモエシオガマ スクリュー状のねじれ付き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花はこのルートだけで見ました トモエシオガマ スクリュー状のねじれ付き
5
しばらく進むと木の枝の間に吉田口下山道が見えました これはズームなので本当はまだかなり先です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと木の枝の間に吉田口下山道が見えました これはズームなので本当はまだかなり先です
下りになるとその先は・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りになるとその先は・・
溶岩流跡(不浄流し)に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溶岩流跡(不浄流し)に出ます
3
そして吉田口下山道がまるみえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして吉田口下山道がまるみえ
2
本来のお中道はこの下山道に合流するのですが以前何回か歩いたことがあるので・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来のお中道はこの下山道に合流するのですが以前何回か歩いたことがあるので・・
今日はショートカットで下のお中道に直滑降しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はショートカットで下のお中道に直滑降しました
1
灌木帯を縫うように また這うように ルートを選びながら進んでいくと・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木帯を縫うように また這うように ルートを選びながら進んでいくと・・
いったん開けた場所にでましたが再び灌木帯へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん開けた場所にでましたが再び灌木帯へ
上の山小屋から雪崩とともに流れてきたのかな? このほかペットボトルも一つありました 思わぬ人工物です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の山小屋から雪崩とともに流れてきたのかな? このほかペットボトルも一つありました 思わぬ人工物です
あれ、これはもっとびっくり ここ歩く人いるんだ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、これはもっとびっくり ここ歩く人いるんだ??
遠くから見ると赤テープに見えますが樹皮がめくれているだけでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから見ると赤テープに見えますが樹皮がめくれているだけでした
過去の記憶を頼りにこの辺かな・・と思った辺りに下のお中道がありほっと一安心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過去の記憶を頼りにこの辺かな・・と思った辺りに下のお中道がありほっと一安心
2
展望が一気に開けますがあいかわらず雲が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が一気に開けますがあいかわらず雲が多い
3
コントラスト補正で河口湖大橋確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コントラスト補正で河口湖大橋確認
2
須走口方向へ進んで溶岩流跡横断
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口方向へ進んで溶岩流跡横断
標高2400m超えですがずっと緑の中を歩いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2400m超えですがずっと緑の中を歩いています
2
この道標前からあったっけ?と思案しましたが ここで長田山荘には戻らず砂払い吉野家へ直行することにしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標前からあったっけ?と思案しましたが ここで長田山荘には戻らず砂払い吉野家へ直行することにしました
すぐ近くにこれもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くにこれもあります
2
どこが道?と若干分かり難いですがバリルートに慣れた人なら踏み跡で判断できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこが道?と若干分かり難いですがバリルートに慣れた人なら踏み跡で判断できます
それにしてもかなりの大木が多い しかも古木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもかなりの大木が多い しかも古木
幅の狭い溶岩流跡通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅の狭い溶岩流跡通過
再び大木地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び大木地帯
赤テープ結構ありますが間違えやすいところになかったりしますので要注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープ結構ありますが間違えやすいところになかったりしますので要注意
ほぼ横移動なのでハイキング気分です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ横移動なのでハイキング気分です
大木の倒木も結構ありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大木の倒木も結構ありました
そこらじゅうにシャクナゲが群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこらじゅうにシャクナゲが群生
3
こんな景色が続きます 富士山の6合目を歩いているとは思えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色が続きます 富士山の6合目を歩いているとは思えません
2
いいですねとても
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいですねとても
1
楽しみもつかの間 突然開けて・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみもつかの間 突然開けて・・
2
山頂が見えて・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えて・・
4
須走口登山道に合流 登山道を下らずここから下山道に横移動しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口登山道に合流 登山道を下らずここから下山道に横移動しました
4
砂払5号 山頂まで行ったときはここまで下りてくるとヘロヘロでもう歩く気力もない所ですが 今日はまったくの余裕 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払5号 山頂まで行ったときはここまで下りてくるとヘロヘロでもう歩く気力もない所ですが 今日はまったくの余裕 
2
少し下ると山中湖がクッキリ 丹沢の山々も少し見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると山中湖がクッキリ 丹沢の山々も少し見えてきました
4

感想/記録

もう富士山の山頂に行くことはないでしょう
なぜか? ここ6年で5回ほど山頂まで行きましたが富士山での高所順応が無理な体質だということがはっきりして、ただつらいだけの登山は止めることにしたからです。山頂で休憩していてもどこか落ち着かず早く下山しなくっちゃ、となってしまってちっとも楽しくありません。

その代わりということでもないのですが、須走口の6合目付近は緑が多くかつ植生や地形の変化も多彩でとても楽しい場所なので毎年歩いています。ほとんど通る人がいない(今日は誰とも会わず)のでとても静かな歩きができましたし、初めて歩いた砂払吉野家への直行ルートは原生林の中を歩いているような感覚も味わえ、次から次へと現れる年輪を感じさせる木々の姿はどれも魅力的でした。

今日は日に当たる場所は暑かったですが、日陰は涼しく快適で高原の散歩気分を味わえました。やはり2400mを超えると空気が違いますね。

上下のお中道をショートカットしたときは、灌木間をぬうように通れる場所を見つけながら歩きましたが、明らかに人の踏み跡と思われる個所が多数あり、かつ写真のように落とし物があったのには驚きでした。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ