ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933917 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

三伏峠より塩見岳・間ノ岳・北岳縦走

日程 2016年08月03日(水) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー VR46
天候朝のうち晴れ。昼から雨。最終日晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
☆伊那バス 南アルプス登山バス 鳥倉線(越路→鳥倉登山口 360円 荷物代込)
http://www.ibgr.jp/general-route/
☆南アルプス市営バス(広河原→北沢峠 750円 荷物代込)
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/kanko/yama/my-car_bus_taxi.html
☆南アルプス林道バス(北沢峠→仙流荘 1340円 荷物代込)
http://www.inacity.jp/kankojoho/sangaku_alps/minamialps/minamialps_jikokuhyo.html
☆長谷循環バス(仙流荘→高遠 310円)
http://www.city.ina.nagano.jp/kurashi/kotsu_jikokuhyo/bus_rosenjikokuhyo/busjikokuhyo/bus_takato-hase/junkan_hase.html
☆JRバス関東 高遠線(高遠→伊那市駅 520円)
http://www.inacity.jp/kurashi/kotsu_jikokuhyo/bus_rosenjikokuhyo/busjikokuhyo/bus_takato-hase/bus_takatosen.html
☆伊那バス 南アルプス登山バス 鳥倉線(伊那大島駅→越路 1520円 荷物代請求されず)
http://www.ibgr.jp/general-route/
※仙流荘→伊那市駅間は高速バスが複数乗り入れているので路線バス以外も利用できる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間37分
休憩
9分
合計
2時間46分
S鳥倉林道登山口08:4509:44豊口山のコル09:4510:30水場11:03塩川・鳥倉ルート合流点11:1111:31三伏峠小屋
2日目
山行
10時間32分
休憩
45分
合計
11時間17分
三伏峠小屋05:0605:24三伏山06:24本谷山06:2908:22塩見小屋08:4310:12塩見岳10:1810:37塩見岳東峰10:4111:09北俣岳分岐11:1613:09北荒川岳キャンプ場跡地13:1013:16北荒川岳14:33新蛇抜山14:55竜尾見晴14:5615:52安倍荒倉岳16:23熊の平小屋
3日目
山行
5時間23分
休憩
21分
合計
5時間44分
熊の平小屋05:0506:04三国平06:0507:27三峰岳07:2908:45間ノ岳09:0110:11中白根山10:1310:49北岳山荘
4日目
山行
5時間36分
休憩
1時間17分
合計
6時間53分
北岳山荘05:0805:39トラバースルート分岐05:4206:12吊尾根分岐06:1906:36北岳06:5207:21吊尾根分岐07:3907:53吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐07:5908:15八本歯のコル08:1609:48大樺沢二俣10:1011:46白根御池分岐11:55広河原山荘11:5811:59広河原・吊り橋分岐12:0012:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
塩見岳の山頂直下と、間ノ岳の熊ノ平小屋側の岩場、八本歯のコル下のガレ場で神経を使った。北俣岳付近と北荒川岳の旧テン場付近で道に迷った。北俣岳の赤いペンキマークの意図がわかりにくい。全体的には歩きやすい。2日目のCTが長く、エスケープできないので、私のレベルでは夏山限定でしか歩けないと感じた。
塩見小屋から熊の平小屋まで稜線に水場がない(雪投沢方面に下ればある)。陽が射したら暑いルートなので水は多めに持たないと危ない。ギリギリだった。
その他周辺情報仙流荘にて日帰り湯 600円
16時までは食事もできる。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 熊鈴を忘れてしまった。塩見岳〜熊ノ平小屋は人が少ないので持っていると安心かも。

写真

1日目。
鳥倉林道ゲート前駐車場。車両はここまで。水洗トイレあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目。
鳥倉林道ゲート前駐車場。車両はここまで。水洗トイレあり。
1
今年のバス時刻表。8/28まで運行。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年のバス時刻表。8/28まで運行。
林道歩きをバスに乗って短縮する。(CT30分)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きをバスに乗って短縮する。(CT30分)
登山口にも簡易トイレがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にも簡易トイレがある。
全体的に緩やか。歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体的に緩やか。歩きやすい。
1
南らしい雰囲気の森。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南らしい雰囲気の森。
1
湿って滑りやすい梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿って滑りやすい梯子。
1
小屋手前の水場。担ぎたくないのでここでは汲まない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋手前の水場。担ぎたくないのでここでは汲まない。
2
塩川小屋分岐。塩川小屋方面は通行不可。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩川小屋分岐。塩川小屋方面は通行不可。
三伏峠小屋。
テント700円。缶ビール600円(常温)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋。
テント700円。缶ビール600円(常温)
テン場。浸水を嫌って上の方が人気がある。
張ったらすぐ雨が落ちてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。浸水を嫌って上の方が人気がある。
張ったらすぐ雨が落ちてきた。
3
雨足が弱った隙を見て、水を汲みに行く。
往復30分以上かかったと思う。遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨足が弱った隙を見て、水を汲みに行く。
往復30分以上かかったと思う。遠い。
2
少し心配になるぐらいダラダラと下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し心配になるぐらいダラダラと下る。
やっと水場。ラジオが鳴っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと水場。ラジオが鳴っていた。
1
尾根に戻って、花畑散策。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に戻って、花畑散策。
この後21時頃まで雨が降っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後21時頃まで雨が降っていた。
2日目。雨は上がった。まだ薄暗い森を塩見小屋へ向かって進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。雨は上がった。まだ薄暗い森を塩見小屋へ向かって進む。
三伏山から塩見岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏山から塩見岳。
1
緩やかに下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下って行く。
朝日が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が美しい。
塩見岳が輝いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳が輝いている。
2
塩見小屋の手前からやっと急になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見小屋の手前からやっと急になる。
1
森林限界を超えて尾根に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えて尾根に出た。
1
来た道。本谷山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道。本谷山。
1
仙丈ヶ岳方面。ガスが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳方面。ガスが・・
1
塩見小屋。建て替えられて綺麗になった。昔来た時と雰囲気があまり変わらない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見小屋。建て替えられて綺麗になった。昔来た時と雰囲気があまり変わらない。
1
塩見岳へ取りつく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳へ取りつく。
2
一気に湧き上がるガス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に湧き上がるガス。
稜線のアザミはかわいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のアザミはかわいい。
1
険しい岩場。石を落とさないよう慎重に歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩場。石を落とさないよう慎重に歩く。
1
塩見岳西峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳西峰。
2
東峰。東峰の方が狭い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰。東峰の方が狭い。
1
山頂から先は未踏のルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から先は未踏のルート。
1
ザレた斜面を急降下する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた斜面を急降下する。
1
北俣岳付近で道を見失う。赤いペンキ印を辿ると、西の谷側に下る道へ誘導される。たまたま居合わせた方が間違いを指摘してくれた。尾根通しに歩く。西の谷に下ってはいけない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北俣岳付近で道を見失う。赤いペンキ印を辿ると、西の谷側に下る道へ誘導される。たまたま居合わせた方が間違いを指摘してくれた。尾根通しに歩く。西の谷に下ってはいけない。
2
間違える人が多いのか、本線に戻るトラバース道がついていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違える人が多いのか、本線に戻るトラバース道がついていた。
2
蝙蝠岳方面への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳方面への分岐。
北荒川岳手前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北荒川岳手前。
1
ダケカンバとマルバダケブキの花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバとマルバダケブキの花畑。
3
今回の縦走で一番印象的な場所だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の縦走で一番印象的な場所だった。
2
北荒川岳直下の旧テン場。現在は幕営禁止。
トラバース道に迷い込んで道を見失った。
小屋に当たったら左へ曲がり、ザレた斜面を上がって尾根に出る。
雨がついに落ちてきたのでここでカッパを着る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北荒川岳直下の旧テン場。現在は幕営禁止。
トラバース道に迷い込んで道を見失った。
小屋に当たったら左へ曲がり、ザレた斜面を上がって尾根に出る。
雨がついに落ちてきたのでここでカッパを着る。
1
北荒川岳山頂あたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北荒川岳山頂あたり。
1
登山道が川になった。雷が鳴っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が川になった。雷が鳴っている。
1
樹林帯から頻繁に尾根に出る。落雷が怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯から頻繁に尾根に出る。落雷が怖い。
1
新蛇抜山(しんじゃぬけやま)分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新蛇抜山(しんじゃぬけやま)分岐。
雨足が弱まってうっすら向かいの山が見えだした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨足が弱まってうっすら向かいの山が見えだした。
1
熊ノ平小屋着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ノ平小屋着。
1
テント600円。
テン場見取り図。至る所に湧水が湧いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント600円。
テン場見取り図。至る所に湧水が湧いている。
1
テン場。水が非常に美味しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。水が非常に美味しい。
3
ロケーション良し。フラット。
正面の山は間ノ岳かと思っていたが、農鳥岳だった。
雨が上がって、夜は星がたくさん見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロケーション良し。フラット。
正面の山は間ノ岳かと思っていたが、農鳥岳だった。
雨が上がって、夜は星がたくさん見えた。
3
3日目。すっかり晴れた。毎日朝は天気が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。すっかり晴れた。毎日朝は天気が良い。
塩見岳。昨日歩いた尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳。昨日歩いた尾根。
2
農鳥岳への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳への分岐。
間ノ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳方面。
1
振り返ると熊ノ平小屋が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると熊ノ平小屋が見える。
3
三峰岳。仙塩尾根への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰岳。仙塩尾根への分岐。
1
農鳥岳。
またしてもガスが上がって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳。
またしてもガスが上がって来た。
岩稜歩き。ルートを間違える。ザックが振られる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜歩き。ルートを間違える。ザックが振られる。
1
間ノ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂。
1
北岳山荘へトラバース道を下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘へトラバース道を下って行く。
ライチョウのヒナ。人に寄ってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウのヒナ。人に寄ってくる。
2
肩ノ小屋まで移動する予定だったが、たどり着く前に雨に降られそうだったので北岳山荘泊りに変更。テント800円。ビール500円(自販機。冷えている。)
案の定、テントを張ったら昼から雨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋まで移動する予定だったが、たどり着く前に雨に降られそうだったので北岳山荘泊りに変更。テント800円。ビール500円(自販機。冷えている。)
案の定、テントを張ったら昼から雨。
2
夕方。雨は昨日より早めに上がった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方。雨は昨日より早めに上がった。
3
小屋の回りに咲く花々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の回りに咲く花々。
穂になりかけのチングルマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂になりかけのチングルマ。
1
夜は星が綺麗だった。西の空が雷で光っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は星が綺麗だった。西の空が雷で光っていた。
4日目。小屋の前からご来光。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目。小屋の前からご来光。
2
尾根ルートを行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根ルートを行く。
1
八本歯のコルへの分岐。ザックをデポして山頂へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルへの分岐。ザックをデポして山頂へ向かう。
肩ノ小屋から来る人々が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋から来る人々が見える。
地蔵岳のオベリスクと八ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳のオベリスクと八ヶ岳。
1
間ノ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳方面。
分岐に戻って八本歯のコルへ下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻って八本歯のコルへ下る。
終わりかけのタカネビランジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終わりかけのタカネビランジ。
2
横になったり後ろになったりして慎重に下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横になったり後ろになったりして慎重に下る。
今日は土曜日。天気予報は快晴。
凄まじい数の登山者が上がってくるのが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は土曜日。天気予報は快晴。
凄まじい数の登山者が上がってくるのが見える。
二俣。大樺沢はさえぎるものが無く、暑い。離合待ちでなかなか下れない。じりじり焼かれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣。大樺沢はさえぎるものが無く、暑い。離合待ちでなかなか下れない。じりじり焼かれる。
2
樹林帯の日陰にほっとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の日陰にほっとする。
白根御池分岐。まだまだ上がってくる人々。すごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池分岐。まだまだ上がってくる人々。すごい。
広河原山荘。
吊橋を渡って右へ行くとバスターミナル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原山荘。
吊橋を渡って右へ行くとバスターミナル。
後日、バスで鳥倉林道に向かい、車両を回収。
しらびそ峠で赤石岳を眺めて帰った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後日、バスで鳥倉林道に向かい、車両を回収。
しらびそ峠で赤石岳を眺めて帰った。
1

感想/記録
by VR46

南アルプスの深い森をひたひた歩きたいと思い、このルートを選んだ。
期待通りの静かな山歩きが楽しめてとても満足できた。
塩見岳〜熊ノ平間は長い距離の稜線歩きが続く。落雷の音におびえながら後悔した。早立ち必須。反省。
訪問者数:241人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ