ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934056 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

チャレンジし過ぎた中年ハイカーの憂鬱 越百山〜南駒ヶ岳〜空木岳周回

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー goldengate
天候晴れすぎで暑い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈川ダム駐車場
連なる2つの駐車場で5、60台駐車できそう
登山届ポストあり トイレな〜し
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間19分
休憩
1時間24分
合計
12時間43分
S伊奈川ダム上駐車場04:0004:38福栃平(南駒-越百分岐)04:3905:10下のコル(四合目)05:1105:22上のコル06:11上の水場06:45越百小屋06:5007:25越百山07:3508:31仙涯嶺08:3309:39南駒ヶ岳09:5810:36赤梛岳10:3811:35空木岳12:0512:55木曽殿山荘12:5613:05木曽義仲の力水13:1213:29見晴台13:3014:14仙人の泉14:40北沢 吊り橋15:18うさぎ平15:2215:39金沢土場15:4016:43伊奈川ダム上駐車場16:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
計画タイムに対して、
越百山で大幅貯蓄41分(やったぁ)
南木曽岳で貯蓄25分に取崩し(まだまだ余裕だね)
空木岳でわずか貯蓄3分(あれれ?)
木曽殿山荘からはとうとう借金生活11分遅れ(やばいかも)
うさぎ平で雪ダルマ借金34分遅れ(もう返済厳しい)
ゴール地点で自己破産47分遅れ(もうどうでもいい)
※ご利用ご返済は無理のない計画で
コース状況/
危険箇所等
●越百岳〜空木岳の稜線歩き
私見ですが、”フォーリンダイブ”といったような危険個所は2、3か所くらいだろうか。多少登り&下りづらいところはあるが、安全に気を配れば問題ないと思う。岩場やハイマツに覆われたところではルートミス注意。

●空木〜木曽殿山荘下り
稜線歩きより、空木〜木曽殿山荘のアスレチック&急下降の方が神経使った。このV字鞍部は高い壁と壁の間にあるようでエゲツない。

●偽ピークのオレオレ詐欺攻撃
ハイカーの心を弄ぶ”偽ピーク”に心折られぬよう、稜線上で見上げる頂きを勝手に山頂と思いこまないようにする。

●満腹後のお代わり攻撃
『北沢吊り橋』で「終わったぁ!」などと安堵してしまうと、その後続く低山ハイク並みの山道に心砕かれてしまうので気を緩めないようにする。

写真

オカルト的な写真
暗い...怖い...寂しい...
2016年08月07日 04:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカルト的な写真
暗い...怖い...寂しい...
おお、レコで観た”越百小屋エンブレム” いいね
2016年08月07日 04:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、レコで観た”越百小屋エンブレム” いいね
2
”赤い彗星”的な仕様だな
2016年08月07日 04:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”赤い彗星”的な仕様だな
樹林帯をひたすら登る
2016年08月07日 06:21撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をひたすら登る
初めての展望!当初行く予定だった御嶽山
2016年08月07日 06:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての展望!当初行く予定だった御嶽山
2
思い出深い越百小屋前で自撮りしてたら...
2016年08月07日 06:46撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思い出深い越百小屋前で自撮りしてたら...
1
偶然御主人が現れる!この後、看板娘とも少しだけ会話
2016年08月07日 06:45撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偶然御主人が現れる!この後、看板娘とも少しだけ会話
2
ヤマハハコ
2016年08月07日 06:47撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
アキノキリンソウ?
2016年08月07日 06:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ?
恵那山
2016年08月07日 07:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山
1
越百山ピークまであと少しだ
2016年08月07日 07:20撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山ピークまであと少しだ
越百山からの御嶽山&乗鞍岳
2016年08月07日 07:24撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山からの御嶽山&乗鞍岳
2
富士山と南ア南部の峰々
2016年08月07日 07:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南ア南部の峰々
1
南ア北部の峰々
2016年08月07日 07:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア北部の峰々
1
あれ?もしかして八ヶ岳?
2016年08月07日 07:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?もしかして八ヶ岳?
俺の中に眠る小宇宙(コスモ)よ〜アルプス流星拳!
2016年08月07日 07:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俺の中に眠る小宇宙(コスモ)よ〜アルプス流星拳!
5
深い緑で険しそうな南越百山への稜線
2016年08月07日 07:29撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い緑で険しそうな南越百山への稜線
見下ろせば越百小屋
2016年08月07日 07:43撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろせば越百小屋
下って振り返る越百山
2016年08月07日 07:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って振り返る越百山
2
そして目指す仙涯嶺と南駒ヶ岳。すごく険しそうに見る(武者ビビリ)
2016年08月07日 08:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして目指す仙涯嶺と南駒ヶ岳。すごく険しそうに見る(武者ビビリ)
2
短パンでも負けずとハイマツ漕ぎ(実際は大したことない)
2016年08月07日 08:04撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短パンでも負けずとハイマツ漕ぎ(実際は大したことない)
仙涯嶺着いた。次は南駒ヶ岳。しかし、ピーク毎に結構登り返すな
2016年08月07日 08:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺着いた。次は南駒ヶ岳。しかし、ピーク毎に結構登り返すな
2
仙涯嶺山頂手前の岩場
2016年08月07日 08:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺山頂手前の岩場
1
仙涯嶺は荒々しい山
2016年08月07日 08:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺は荒々しい山
6
ミヤマトリカブト
2016年08月07日 09:06撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマトリカブト
1
もうすぐ南駒ヶ岳山頂!(でも偽ピーク)
2016年08月07日 09:07撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ南駒ヶ岳山頂!(でも偽ピーク)
ウメバチソウ
2016年08月07日 09:08撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
1
この辺はお花畑
2016年08月07日 09:10撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はお花畑
ハクサンフウロ
2016年08月07日 09:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
1
偽ピークから”シン・ピーク”を望む
2016年08月07日 09:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽ピークから”シン・ピーク”を望む
2
つ、疲れた...南駒ヶ岳山頂
2016年08月07日 09:42撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つ、疲れた...南駒ヶ岳山頂
5
歩いてきた稜線
2016年08月07日 09:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線
1
これから向かう空木岳。ん、なんか近く見える
2016年08月07日 09:55撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう空木岳。ん、なんか近く見える
3
ずっと見えてる美しい御嶽山
2016年08月07日 10:03撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと見えてる美しい御嶽山
イワツメクサ
2016年08月07日 10:05撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
激下った
2016年08月07日 10:14撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下った
1
美しい風景
2016年08月07日 10:18撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい風景
3
歩いてきた稜線を今日は何度も振り返る。大変だったけど綺麗だ
2016年08月07日 10:22撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を今日は何度も振り返る。大変だったけど綺麗だ
3
摺鉢窪避難小屋を見下ろす
2016年08月07日 10:29撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺鉢窪避難小屋を見下ろす
1
(はぁはぁ)...待って(はぁはぁ)...ろよ(はぁはぁ)...うつき(はぁはぁ)...だけ
2016年08月07日 10:58撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(はぁはぁ)...待って(はぁはぁ)...ろよ(はぁはぁ)...うつき(はぁはぁ)...だけ
1
イワギキョウ
2016年08月07日 11:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
荒々しい岩肌と緑の草木のコントラストは美しい
2016年08月07日 11:16撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい岩肌と緑の草木のコントラストは美しい
ラストスパート!!頑張れ俺、負けるな俺
2016年08月07日 11:16撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストスパート!!頑張れ俺、負けるな俺
今度こそ間違いない、山頂ロックオン
2016年08月07日 11:29撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ間違いない、山頂ロックオン
1
着いた。ポージングする気力もない
2016年08月07日 11:38撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた。ポージングする気力もない
1
見下ろす駒峰ヒュッテ
2016年08月07日 11:40撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろす駒峰ヒュッテ
木曽駒ヶ岳へと続く稜線。すごくすごく遠い...
2016年08月07日 11:41撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳へと続く稜線。すごくすごく遠い...
今までの山頂とは違って空木岳は大賑わい。300名山→200名山→100名山とつないてきた稜線歩き
2016年08月07日 11:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までの山頂とは違って空木岳は大賑わい。300名山→200名山→100名山とつないてきた稜線歩き
あとは下るだけなのだが、何だか険しそう(嫌な予感ほどよく当たる)
2016年08月07日 11:55撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下るだけなのだが、何だか険しそう(嫌な予感ほどよく当たる)
1
燕岳山頂付近にも何となくありそうな風景
2016年08月07日 12:10撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂付近にも何となくありそうな風景
1
今日一番の辛いアスレチック
2016年08月07日 12:18撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一番の辛いアスレチック
今日一番の辛い下り。そしてその向こうにも壁。この鞍部のVはキツイな
2016年08月07日 12:43撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一番の辛い下り。そしてその向こうにも壁。この鞍部のVはキツイな
1
ここまですごく時間かかりました(汗)
2016年08月07日 12:55撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまですごく時間かかりました(汗)
1
メニュー一覧
2016年08月07日 12:55撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メニュー一覧
1
空木岳山頂が分からん。木曽駒からの最後の登り返しは、強い心をもって挑まなければならんな。
2016年08月07日 12:56撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳山頂が分からん。木曽駒からの最後の登り返しは、強い心をもって挑まなければならんな。
シナノキンバイ?
2016年08月07日 12:57撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ?
木曽義仲の力水はお花畑
2016年08月07日 13:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽義仲の力水はお花畑
シダの下山道
2016年08月07日 13:25撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダの下山道
「やっと吊り橋に着いた〜」山道が終わることを期待していたが、大いに大いに大いに(3回言います)裏切られる
2016年08月07日 14:38撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「やっと吊り橋に着いた〜」山道が終わることを期待していたが、大いに大いに大いに(3回言います)裏切られる
1
飛び込みたい
2016年08月07日 14:39撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び込みたい
「う、うさぎ平...着いた...」感無量
2016年08月07日 15:20撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「う、うさぎ平...着いた...」感無量
2
林道(車道)を急ぎ歩くなどという気力は一滴も残っておらず
2016年08月07日 15:27撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道(車道)を急ぎ歩くなどという気力は一滴も残っておらず
渡渉ポイント。あまり綺麗な感じではないけど背に腹変えられない。恒例の頭からザブン。
2016年08月07日 16:08撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント。あまり綺麗な感じではないけど背に腹変えられない。恒例の頭からザブン。
2
撮影機材:

感想/記録

今回チャレンジした”中ア南部主峰縦走ハイク”(←ネイミング長い)

右手には南アルプスと富士山、八ヶ岳まで望め、左手には美しい御嶽山が間近に見える。前方には遥か続く険しくも美しき稜線、そして後方には歩んできた稜線を確認できる。素晴らしい稜線歩き。最高の時間が過ごせた。

しかし、
結論を言うと...見事に打ちのめされた山行であった。

後悔と反省が色々とあるのだが、やはり力不足は否めない。
計画時間をオーバーしたが、それも想定内の状況であり、無事下山はできた。
でも何だか素直に喜べない。達成感も沸いてこなかった。


憂鬱: 気持ちがふさいで、晴れないこと。また、そのさま。


今回のレコは表題通り”憂鬱”さ漂うレコ...
※気持ちがふさいでしまうので閲覧注意(笑)


■登山前日に頑張り過ぎ
久々に庭の手入れでもしようかと朝から張り切った。家族から熱中症を気遣われたが、「夏の山道を何時間も歩ける体力を持っているのですよ。なめたらいかんです」と笑って答えるも、早々と午前中でダウン。軽い熱中症だろうか、クーラーの効いた部屋で2時間ほどお昼寝する顛末であった。


■過酷なコース選び過ぎ
稜線歩きがしたくて山行リストを物色。『越百山〜空木岳周回』が目に入った。強者どもが自分試しにとチャレンジするこのコース。自分にはまだまだ荷が重いと考えていた。しかし、最近の自分のコースタイムや達成者のレコなどを参考にしていると段々その気になってくる。ダメならの南駒ヶ岳でエスケープすることも可能だし、小屋での補給、最悪宿泊もできる。例えタイムオーバーだとしても、最後は7劼曚匹領啼司發。日が暮れたとしてもヘッデン歩きでどうにかなるだろう。


■今回もまた眠れなさ過ぎ
今回もまた山登り前夜の眠れない夜を過ごす。昼寝までしてるので普段以上に目はギラギラ。完全徹夜での出発となった。

駐車場には多数の車が停まっているのに、誰も出発しようとしない。闇夜が怖い大人は意を決して独り進むことにした。暗い夜道、単調な登り、心地よい気温...段々眠くなってきて体が重い。


★越百小屋での会話(今回唯一の楽しい思い出)
想い出の越百小屋に到着。小屋をバックに自撮りしていると偶然小屋のご主人が現れる。

御主人「何時から上がってきたの?」
私「4:00です」
御主人「なかなか早いね」
私「そうですか」(クールに装うも内心褒めて頂いて嬉しい)
御主人「どこまで行くの?」
私「南駒ヶ岳。可能なら空木岳まで行きたいですけど...」
御主人「ふ〜ん、気を付けてね」
私「ありがとうございます」

その後小屋の近くのお花を撮っていると、今度は可愛らしい少女(看板娘)が現れる。

私「おはよう」
少女「・・・・(おはよう)」(声がか細くてちょっと聞き取りづらい)
私「今日はお客さん沢山いるの?」
少女「・・・・」(オッサンに警戒心発動中だろうか)
私「お客さん沢山泊った?」
少女「14人」
私「へぇー沢山泊ったねぇ」
少女「・・・・」(愛らしいお顔で訝し気に私を見つめる)
私「確か時々ブログに出てるよね?」
少女「・・・・」(首を横に振る)
私「あれ?時々みてるんだけど...ブログ出てるよねぇ?」
少女「・・・・」(今度は首を縦に振る)
私「そうか、じゃあまたね」

愛らしい少女は立ち去る。多分普段は利発な子なのだろうが、小屋の周りをウロウロしているオッサンに警戒心MAXだったのだと思う。少女との会話後、小屋内から御主人の気合い?奇声?の声が森に響いていた(いったい何の雄たけびだったのだろう)。

※私の越百小屋想い出
http://www.yamareco.com/modules/diary/131305-detail-119628
※越百通信←登った日は少女の誕生日だった!おめでとう言えなかった
http://blogs.yahoo.co.jp/ladylovekie


■越百山で調子に乗り過ぎ
越百山登頂は計画タイムを大幅に短縮。「あれ?貯金できちゃった」これは嬉しい誤算であった。そして「俺はできる漢なのかもしれない」などと調子に乗ってしまい、さらなる時短をどこか心の片隅で目指していたのだ。

晴天の眺望は最高。前方には遥か連なる美しき稜線、右手には南アの峰々シルエット、左手には迫力の御嶽山...思わず歓喜の声を上げる。山頂は完全にボッチ状態。記念写真の(恥ずかしい)ポージングも気兼ねなしだ。


■暑さと不慣れな稜線歩きで苦しみ過ぎ
先を見渡すと仙涯嶺と南駒ヶ岳のギザギザ稜線。武者ビビりが私を襲う。ここからが正念場だ。

恐れていた岩場はそれ程ではなかった。『信州山のグレーディング』によると仙涯嶺−南駒ヶ岳間は上から2番目のD難度。重太郎新道、不帰の瞼、西穂と同等レベルとなっている。ここを問題なく歩くことができたことは嬉しかった。

とはいえ、慣れない稜線歩きでは神経を使うので徐々に体力を削られていく。今回は石を落とさないをしなように細心の注意を払って歩いた。

晴天の絶景稜線歩きは至福の時間ではある。だが、ピーク毎に訪れる降下と登り返しは結構キツイ。そして、標高あるとはいえ徐々に気温も上がり、汗のかき方が凄まじい(下界では想像を絶する猛暑日だったらしい)。今日はいつもに比べ状況が違う、もっとペースを落として歩くべきだった。


■南駒ヶ岳で褒められてまた調子に乗り過ぎ
とりあえず、第一目標の南駒ヶ岳到着。偽ピークに心挫かれたくないので、GPSで山頂までの距離を確認しながら登ったのだ。危うく何度か騙されるところだった。

山頂には8名ほどのハイカーがいらっしゃった。軽い会話を交わすと、越百山−空木岳のOneDayに感心されていた。う〜ん、こうなっては引き下がれない。稜線歩きに入ってからペース落ち始めたが、まだ体力もあるし、痛めている左ひざも持ちそうだ。越百山よりも空木岳の方が近くにも見える。「よし!行ける行ける!」この後の苦しみを露知らず、頑張り過ぎる中年ハイカーは意気揚々と先へ進んだ。


■スタミナがいきなり切れ過ぎ
ここからは急激にスタミナが奪われた。汗の量が凄いので熱中症、脱水症状気味だったかもしれない。ブドウ糖と塩分タブレッツ、即効チャージのエナジージェルも使ったが量が足りなかったようだ。足が鉛のように重くなり、小休止しながらでないと登れなくなってきた。


■心に余裕がなくなり過ぎ
ここの稜線歩きは素晴らしい景観である...のだが、楽しむ余裕が徐々に薄れてきている。疲労困憊でなんとか空木岳到着。山頂一帯は美しい花崗岩の景色(燕岳っぽい)、更に続く木曽駒ヶ岳への稜線は美しい、それらを堪能しつつ達成を喜ぶ...ところなのだろうが、何となくそんな気持ちになれない自分がいた。

とりあえず写真を撮ろうとすると、10名程の若者と引率の年配者の方が記念写真撮っていた。その後撮影が終わると、山頂標識の周りに座り始める。「すみません、写真撮ります」と言うと移動してくれた。それでも数名が動こうとしないので、「ここで休憩しちゃ駄目だよ」と語気を荒立ってしまった。そう、心に余裕がないのである。これに関しては後で大いに反省となった。

食欲もあまりわかず、2個の菓子パン(このチョイスもイマイチだった)を水で流し込む。


■心折れ過ぎ
空木岳から下山始めると、まずはアスレチックが続く。大きな段差が増えるので、負傷中の左膝が大きく曲げられず難儀する。さらには左足をかばい過ぎて右足の調子も悪くなってきた。

アスレチックが終わると木曽殿山荘が眼下に見える。結構な急下りだ。登ってこられるハイカーさんもいるので、ラクしないよう細心の注意を払い一歩一歩着実に下りていく。スタミナ切れの注意散漫が事故を招きかねないからだ。

この急下りで登りのイケメンハイカーさんと出会った。

イケメンさん「あそこに見えるのが山頂ですか?(ハァハァハァ)」
(あれは偽ピーク、真ピークは遥か先だけど何か可愛そうで言いづらい私)
私「あれは山頂ではない...ですねぇ」
(私の責任でもないのだが、何となく申し訳なさそうに答える私)
イケメンさん「そうですよね...ありがとうございます」
私「頑張ってください」


木曽殿山荘に到着する頃には越百山で稼いだ貯金は底を尽き、借金タイムに突入した。

ここからの下山は真に萎えた。どんどん疲れが山積していきスタミナが無くなる。歩みも更に遅く雪だるま式に増え続ける借金地獄。あきらかに計画タイムを見誤ったようだ。最近の山行ではタイムの前倒しも多かった為、自信過剰になっていた。うさぎ平までたどり着ければ最後の7劼藁啼察Bさえ動けばヘッデン歩きも可能なので安心はしている。

自己を奮起したり、ボヤキでストレス発散したりして黙々と歩き続ける。『木曽義仲の力水』では冷たくて美味しい水を補給(持参の2ℓではまったく足りなかった)。でも、水をいくら飲んでもエネルギー不足は解消されない。


■最後の最後で打ちのめされ過ぎ
吊り橋に到着。「やった、やっと終わった。ここからは楽な道になるはず」と思った。しかし、実際にはそれほど楽な道ではなかった。地元低山ハイクくらいの負荷はある普通の山道。それなりに登りもある。終わったと思ったところにこの負荷はカウンターパンチをくらったようなダメージがあった。

うさぎ平からの灼熱林道7劼任狼泙圧の呂倭瓦ない。たっぷり1.5Hも時間をかけ、トボトボと今日の反省を考えながら歩いた。

駐車場に着いたときには安堵の気持ちはあったが、清々しい達成感はなく、何だか憂鬱な気分。素晴らしいコースだったにもかかわらず、途中から疲労でハイクを楽しめ
なくなったかことが悔やまれる。危険はなかったし想定内で踏破できたのだが、あまりのペースダウンに気持ちも沈み気味だった。


■過ぎ去ってあとがき
忙しいこともあったが、レコを書く事自体気がすすまなかった。このような気持ちは初めての事。ファストハイクでロングコースにチャレンジすることは楽しいと思うのだが、ハード過ぎるのは軟弱な私には向いていないようだ。う〜んサジ加減が難しい。

”早く遠く歩く”ことが楽しくなり始める一方で、他の山での楽しみ(食事、お花探し、写真etc)を削ることに疑問を持つこともあった。人生と同じ、全てはバランス”心地よさ”が肝要なんだよね。

訪問者数:624人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/6
投稿数: 413
2016/8/12 13:13
 すごい(#^.^#)
おもしろ〜〜〜いレコでした
読んでて楽しい…。

超百〜空木を日帰り周回するなんて…スゴイなぁ。
もっと自分をほめてあげましょう…
次回はももっともっと歩くのかな
お疲れさまでしたぁ〜〜〜
登録日: 2013/10/31
投稿数: 184
2016/8/13 19:10
 お気持ちわかります…
顔出ししちゃいましたね。
自分の登山は真の意味で楽しんではいないのでは?と、私も多々あります。
でも、こうでもしないと目当ての山に登れなかったりしますよね。
ひんぱんに来られないですし。
中年なら尚更です。今思えば若くて時間もたくさんあった学生時代に山にはまっていれば…と。(前も言いましたっけ?)
だから今はこれで良いんだと思います、常にそういう自問がある内は!
とにかくメチャ歩きお疲れ様でした。

憂鬱な気分とありますが、今はお気持ち変わっていらっしゃるんじゃないでしょうか。
オッサンなのによくやった俺! と(^^)
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/8/14 6:46
 Re: すごい(#^.^#)
akakiriusagiさん こんにちは
バタバタしてお返事遅くなりました。

そうですね。
遠い目標だったこの周回を達成できたのですから、
素直に喜べばいいんですよね。

後半があまりにも疲労困憊してしまって楽しめなかったこと。
体調がよろしくなかったのに強行したこと。
これらの事が悔やまれました。

とりあえず、
このレベルの日帰り山行は限界を超えている....
「もっと歩く」なんて無理ですよ〜
でも数日たって、
またトライしてみたい自分がいました(懲りないですね)

昨日は御嶽山をゆっくり歩いてきました。
景色を楽しむ余裕がありました
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/8/14 7:06
 Re: お気持ちわかります…
kajugumiさん こんにちは

諸事情もありまして基本OneDay登山の私。
行きたい山を盛り込み過ぎてロングの山行になることもしばしばです。
欲張り過ぎず分割すればいいんですが、
逆算すると年間で山に登れる回数ってそんなにないんですよね〜
健康な肉体もいつまで維持できるか分からないし...

レコにも書きましたが、
”早く遠く歩く”ことは楽しいし達成感もあります。
今回のようにギリギリのチャレンジを達成して
”よくやった俺”という気持ちもあります。
でも、
後半に楽しめないほど疲労困憊したのではちょっと本末転倒かなぁ...

軟弱な精神の持ち主の私は、
自分を見誤らないようにしないといけませんね

そして数日経ち、
”喉元過ぎれば熱さを忘れる”
今度は逆回りでトライしてみたい自分がいました。
そう馬鹿なのですよ

追記:
以前のレコでは結構顔出してました。
顔隠して撮ったり、
画像処理するのも面倒だったので...

皆さんも結構顔隠してるし、
なんか顔出すのが気恥ずかしくなってきて、
あまり映らないようにしてました。

でも今回はなんか出しちゃいましたね〜

※長文失礼
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/8/14 18:01
 お疲れ様でした。
goldengate さん こんばんは。

このコースは本当に疲れますよね!
吊り橋以降の登り返しは、勘弁して下さいと言う感じです。
私は2年連続で行っていますが、毎回登っている最中に
「もう二度と登らない」と思いながら登っています。
それが不思議なもので、終わってしまえば何故かまた周回したくなるコースです。
来年は逆回りを計画しています。
goldengate さんも木曽殿から空木へ登る、ドM急登に挑戦しませんか?
楽しいレコありがとう御座いました。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/8/15 7:04
 Re: お疲れ様でした。
rupmoさん こんにちは

本当に疲れました
体調の問題や炎天下の状況とかもありますが、
力量不足を感じました。

実は rupmoさんのレコ参考にさせて頂きました。
ありがとうございました。
あのコースを10H切るとは凄いですね。
しかも水不足の状態で...
滝汗っかきの私は2Lでも全然たりませんでしたよ

歩く技術、体力、精神力だけでなく
コースに挑む準備をきちんとされている。
頭下がる思いです。
(お金忘れるというハプニングはありましたけど

タイム的には参考にできませんが、
また rupmoさんのレコ参考にさせて頂きます。

追記:
数日経って、
「今度は逆回りでドM急登チャレンジしてみたいなぁ」
などと思い始めています。
あんなに苦しんだのに...お馬鹿ですよねぇ
登録日: 2013/6/14
投稿数: 8
2016/8/16 21:33
 すごいです。
南駒大好きで記事を見てたら
 すげぇなぁ、このルートを日没前までに踏破するとわ。。。うらやましいなぁ。
と感心し、文章読むと
 すげぇーなぁ、リズムがあってとても惹きつけられる文章だなぁ。
 こういう文章書けるってのは才能だなぁ。。。うらやましいなぁ。
 特に心情表現がうまい。
と、思い
 他の記事も読んでみたいなぁ
と探すと
 色々登ってるなぁ。。。おっ、猿投山様の記事あるやん
と思い読むと
 ありゃ、ありゃ、この人猿投山の達人ブログ誉めてくれて、2度絡んでる人やん!
とびっくり。
これからも何かと参考にさせて頂きます。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/8/19 1:46
 Re: すごいです。
uonakaji (猿投山の達人)さん こんにちは

恐縮です
いつも楽しく拝見させていただいている”猿投山の達人”さんから
このようなお言葉頂戴するとは...

今回のコースは本当に疲労困憊でした
「もうこのコースはないな」と思っていたのですが、
数日経ちあの辛い思い出が薄れつつあります。
う〜ん懲りませんねぇ

ここ最近
暑さもあってか猿投山ご無沙汰してます
今週末は登りに行こうかな。

”猿投ディープ”なブログ
また楽しみにしております。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 47
2016/8/27 23:34
 お疲れさまでした。やりましたね(*^_^*)
goldengateさん,こんばんは。

今ごろになって,このレコに気がついて,
遅ればせながらのコメントでごめんなさい。

越百〜空木周回,やりましたね! お疲れさまでした。
なかなか大変だったようですが,
レコを読ませてもらってる方としては,とってもたのしいレコでした。

でも,越百〜仙涯嶺〜南駒〜空木,いい稜線ですよね。
ボクも1ヶ月前を思い出しました。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/8/28 11:20
 Re: お疲れさまでした。やりましたね(*^_^*)
hushiyamaさん こんにちは

レコにも書きましたが、
心が折れた山行でした
でも今は「また行きたいなぁ」などと感じています。
いやいや懲りませんね〜

力不足もありますが、
体調管理や状況に応じたペース配分等々課題もあったと思います。
(hushiyamaさん含め)行動時間10H切って踏破する方の体力に脱帽です。

本来はレコにコメすべきなのでしょうが、
『三俣山荘でテント3連泊』素晴らしい4日間のようで良かったですね
拠点から色々と山を巡るという山行っていいですね〜
今回の山域や立山、白馬岳辺りは見どころ一杯そうですし、
いつかこんな風に長期滞在してみたいです(できれば温泉ありで

それに赤沼千史さんにもお会いできていいな〜
私も「日本の名峰 絶景探訪」いつも観てました(再開望む)

しかし、
連日長時間の山行(特に2日目は凄い)をこなすとは...
速いだけでなく回復力の凄さに驚きました

追記:
なんかココで感想言うのもおかしな感じがしましたので、
hushiyamaさんのレコにもコメいたしました(すみません)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ